七夕ときゅうり

7月もすでに4日

もうすぐ七夕
小暑の季節をむかえます。

「七夕」の言葉は子供の頃を思い出させますね。

笹の葉に願いを込めて短冊を…なんて素敵な風習かしら

今日は台風の影響で一時大雨をもたらせていましたが
今は小雨模様となり一安心…このままで

そして昨年より待ち望んでいた
10年ぶりの西荻窪にある古美術商「Le Midi」との企画
「南仏の古道具展」が始まり6日まで開催しています。


a0255892_17154207.jpg
a0255892_17161394.jpg

前日から「Le Midi」の小林尚子さん来店していただき
初日を控え慌ただしく準備にとりかかり
2階のギャラリースペースを18~20世紀の南仏の世界へ

時間の経過と共に次第にその造形が映し出されはじめると
時めき興奮状態の中でお仕事していたようです。

彼女の選ぶものたちへの思いに少しでも近づければ…そんな思いでいました。

300年もさかのぼる人生は不可能ですが
その時代を想像することで
今の自分にエネルギーを頂けそうに思えるのは不思議です。

そして時代を超越したものたちに
学び創意工夫をいざなわれる

心時めくものとの出逢いをいただき
その後自分たちがその物たちと楽しむ時間いただくでしょう。

a0255892_17164917.jpg
a0255892_17180638.jpg
a0255892_17184416.jpg

日本のものたちも同じく世界の方々を魅了しているはずですから

無論日本の文化や伝統も大好き
ですから自分たちで伝承出来ることはして行きたいと強く思います。

お店でも まず季節を特に大切にした室礼をさせて頂いています。

日本人は感性豊かに暮らしを楽しむ達人ではないでしょうか?

春は桜

夏は海

秋は紅葉

冬は雪

こんな風にこよなくすべてを受け入れていますよね。

ですからは
爽やかな素材で彩る夏支度に工夫をしながら
まずは整理整頓掃除は言うまでもなく…人それぞれで良いのです

私の場合はものが溢れているのは少し苦手ですが
清潔感の中にも
愛着のあるものたちに囲まれた工夫をし楽しみながらの暮らしが心地いい

今の気持ちに素直なしつらいは

五感に響き

心地いい刺激を放ちます


                       Droguerieの時間
                            2017.7.4


   ps.
    前回の「BAR」での献立で
    「きゅうりのゼリー」の作り方のリクエストがありました。
    夏野菜の定番…簡単なので是非作って見て下さい。

a0255892_17322643.jpg

     (材料) きゅうり  3本
          はちみつ  大3
          砂糖    40g
          ゼラチン  8g
          レモン   1個
          水     200cc

     (作り方) ① 水 砂糖 はちみつ ゼラチンを煮とばす
           ② きゅうり3本をすりおろしてしぼる
           ③ ①の粗熱がとれたら②しぼり汁とレモン1個分のしぼり汁を入れ
        


                     



# by aoikusah | 2017-07-04 17:00 | 2017年7月・8月 | Trackback | Comments(1)