<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東京 日帰り旅

昨日は日帰りで東京へ行って来ました。

飛行機に乗れない私には
新幹線での日帰りは海外への旅に匹敵する時間を過ごす事になります。

半年前に尾てい骨を痛めてからすこしおっくう…なんて愚痴に
しかもまだ若いので今日も朝から仕事頑張っています。

梅雨が開け夏本番の日々を過していましたから
東京の涼しさに驚きました。

聞けばまだ梅雨明けしてないとのこと
(東京も28日に梅雨明けしたそうです)
小さな島国日本ですがやはり北から南まで広いようです。

a0255892_11494536.jpg
          母の米寿のお祝いに息子たちから

昨日の一日は殆どが移動の中 様々なことをして過しています。

うたた寝したり

普段あまり出来ないメールをこまめにしてみたり

連絡事項をチェックしたり

これからのスケジュールを確認、計画

飛びゆく景色に想いを馳せたり

入道雲やひこうき雲に夏のけしきを

飛びゆく雲に物語を想い…

その景色のすべてに色彩を学んだり

4時間20分の新幹線の旅は楽しい時間として頂いています。

東京での滞在時間4時間は展示会と東京との出逢いをいただく大切な時

展示会を終えると
大好きな場所で時間が許す限り刺激的に開放をもとめてさまよい
そんな時間が東京でのひそかな楽しみ 一番の癒しと学ぶ時となるのです。

行くは良い良い帰りは怖い…の心境
帰りの時間は腰との戦いがはじめります。

a0255892_11521886.jpg
            夏の風物詩…金魚たちはとても元気

帰りは夕日とともに
空がオレンジ色に輝き 日没まで神秘的な色どりにたそがれ
そして稲は程良く成長…爽やかな緑の絨毯がどこまでも続く田園風景が広がります。

その景色たちに夕日は真夏の日暮れ時の絵画をのこしていきます。

a0255892_11535591.jpg
           今のDroguerie…さわやかな空間が

旅での一期一会の最高の贈り物

何処にいても何をしていても

地球に降りそそぐ

心時めく旅の美術館のなか

そんな素敵な時間をいただいた私は

貯えたエネルギーをどのような形に変えることができるのでしょうか?

今なのか…少し後なのか…

そな小さな積み重ねこそが

これからの創作力に誘うでしょう


                     Droguerieの時間
                         2016.7.30





by aoikusah | 2016-07-30 11:31 | 2016年7月・8月 | Trackback | Comments(0)

今日はモロヘイヤ

季節は早く大暑をむかえています。
大暑とは最も暑い真夏のころのこと 皆様はいかがお過ごしでしょうか?

この頃になると夏バテの対処法として様々な工夫が伝えられています。

土用うなぎもそのひとつ
私もすでに頂きましたが「美味しい」
しかも何気に身体が元気になったように感じてしまうのが不思議です。

うなぎにはビタミンAやDが豊富で
ビタミンAは一串に大人三日分の栄養らしいです。

しかし基本夏バテしないので…痩せたい自分にはただ精がつくだけ
もっと頑張れそうです。

a0255892_15575303.jpg
a0255892_15583763.jpg
a0255892_15590766.jpg
            「食」の空間でのお薦め
            「夏野菜のおしたし」お出汁にゆっくりつかります
a0255892_16032066.jpg
a0255892_16035444.jpg
             これで完成です
             美味しく出来ました「いただきます」

昨日は我家の畑で採れたお野菜たちで献立を
きゅうり なす ミニトマト なたまめ オクラ モロヘイヤを収穫

初収穫のモロヘイヤをお浸しに
ビタミン ミネラルが豊富で夏のネバネバ野菜とし定着

はじめは癖があり苦手な食材だと
しかし我家で採れたもの
早速定番のお浸しから…癖がないと言えば嘘になりますが
さほど大したものではなく 
身体い良いものとして美味しく頂きました。

刻んでお味噌汁やスープに
ドレッシングやタレと混ぜて冷ややっこにのせるのも美味でしょう。

きゅうりはほとんどが水分で出来ているので身体を冷やし夏の水分補給には優れものです。

採れたてはそのままスティックにしてボリボリ頂くのが最高に美味しい!
後は塩もみして酢のものやポテトサラダにしたり

私は焼き飯の具に…きゅうりと玉葱と卵とシンプリですが
ごま油かオリーブ油で炒めたものがとても美味しくて好きです。

その他にも炒めものや煮ものにもいれています。
何かしら夏の香りが…是非お試しください。

そして夏を代表する薬味
みょうが しそ 青柚子がありますが
この季節の料理にすべてに使いたくなります。
食べると爽やかさが口に広がり少しの苦みがさっぱりと
さらに食欲をそそりそうで怖いものが…

さっと茹でたソーメンにはさらに生姜 ねぎを加え
ツルツルと喉越し良く頂けば最高の夏のご馳走となるでしょう。

 
a0255892_16111226.jpg
 きょうはこの器で地物の鱧をいただきたいです
          透き通った白い身がより美味しそうです


旬の味は最高の出逢いの味

巡る季節を楽しむ五感の一つとしてもっと感じていたいと思うもの

日々の暮らすを満喫

今日も照りつける太陽

野菜たちは旨味を凝縮しているのでしょうか

そんな美味しい出逢いに

感謝をいただきます

                      Droguerieの時間
                           2015.7.26



by aoikusah | 2016-07-26 13:23 | 2016年7月・8月 | Trackback | Comments(0)

夏野菜の花

夏のイベントもやっと一段落 普段のDroguerieに

末野さんのアクセサリー 仮屋園さんのガラス 伊集院さんの土鍋
作家さんたちのエネルギーを刺激的だと心地良く過させて頂きました。

今は古巣に戻ったかのように
さりげない普段時間を楽しんでいます。

午前中は山や海風が玄関戸からテラスへ吹きぬけ
一日のはじまりを知らせているよう

日中はすべての外気から切り離したようにクーラーの中に身を投じ
しかしすべてを閉鎖してしまうと息苦しくも感じながらの午後時間に

a0255892_18171805.jpg
            紫陽花が秋紫陽花へと色を変え

外に目を
太陽の照り返しに草花たちも色濃く立ち向かい
木々たちは素敵に葉影をつくり風が梢をやさしくゆらす仕草

空を見上げれば
まっさらな青空に入道雲がもくもくと立ちのぼり
いかにも暑いぞ!と言われているようです。

そんな時でも夏バテしらずの私はとても元気
今日も何を食べようかなんて時めきながら

しかし只今ダイエット中の身のうえ
とはいえ自分の性格は…まぁそんなところですから
余りハードではなく少しづつでいいかなぁ

2年間で8キロ増
この半年で4キロ減

このまま頑張って欲しい…と人ごとのようですが
しかも今でもお腹ぷくぷく
今思えばどうなっていたの…半年前が怖すぎますが現実

すべてが需要と供給
そのバランスが崩れ始めた時からデメリットが生まれ
自己管理を問われます。

一日の運動量と一日の総カロリーの足し算と引き算を見極めればいいだけのこと

しかし毎日の晩酌は「お疲れ様」譲れないカロリー

だからこそ身体にやさしい献立を考えながら
しかも美味しくは当たり前

美味しい=引き算の料理を頂けば身心ともに健康になりそうです。

家庭菜園で
今日もきゅうり 茄子 ピーマン ししとう ミニトマト いんげんなど収穫

a0255892_18154239.jpg
a0255892_18203785.jpg
a0255892_18210069.jpg
a0255892_18212454.jpg

a0255892_18214603.jpg
        きゅうり いんげん ミニトマト 茄子 ミントの花たち


採れたてのお野菜で
今夜の献立

庭のハーブで香り付け

ガラスの器に盛り付けすれば

最高の料理のできあがり

                    Droguerieの時間
                        2016.7.19





by aoikusah | 2016-07-19 18:08 | 2016年7月・8月 | Trackback | Comments(0)

2度目の更新

すでに夕方5時半
2回目にチャレンジしますが半信半疑

何を書いたら良いのか…まだ分からない
そのままパソコンにむかいながら
何か降りて来てくれれば良いのに…まだ駄目だ

少し手を休めて

しかしこうして今は土鍋に囲まれながら
やはり「食」は好きだな…なんて
しかも人が幸せだと感じる瞬間も「食」につきる…

本当に美味しいものを食べている時は
ひたすら笑みを浮かべながら無言でガツガツ
作り人はその姿に幸せをいただきます。

今回の料理も
伊集院さんの温かい献立に皆さん美味しい笑顔であふれていました。

a0255892_19134859.jpg
a0255892_19150953.jpg
           前回の企画から
            仮屋園宏道さんのガラス展のもよう

わたしも皆さんに日々の暮らしの中で
どんなに小さくても必要なもの
これがあればもっと楽になるはず
知らないことを知ることで知識として…などなど
幸せだと思えるためのお手伝いをさせて頂いています。

それは難しくない
多分ですが
自分の好きなものたちとどれだけ巡り合えるかのような気がしています。

最高もなく最低もないこの世
普段の暮らしが最高なことに中々気が付かない
しかも一番簡単で一番難しいことのようにも思えています。

a0255892_19182095.jpg
a0255892_19191419.jpg

幸せの存在

自分がそれを受け止められている?

目の前に存在しながらも見過ごしていない?

すべはて自分の手で掴むもの?

ものごとは思い方ひとつで一転

どうにでもできるもの

どちらを選択する…?

わたしは「はじめまして」の本を出して半年
行く先々で「世界で一番幸せな人」と言われはじめました。

戸惑いながらも…そうかもなんて

幸せだと思う瞬間から幸せに

その反対もその瞬間から

あなたはどちら…?


                    Droguerieの時間
                        2016.7.11





by aoikusah | 2016-07-11 19:03 | 2016年7月・8月 | Trackback | Comments(0)

土鍋の春夏秋冬

またブログが更新出来ず
心くじけたわたしがいます。

この最近企画づくしで目まぐるしく
出来ることは楽しく喜びとなっているのですが
年齢でしょうか?
悔しのですが疲れた身体が存在しています。

60過ぎると疲労回復がままならぬように
気持ちだけはまだまだいける!そう思いたいのですが…悲しいかな足が痛いなどなど

そんなこんなで更新の遅れが2回に

ブログもそんなに期待はされていないと分かってはいますが
やはり自分の中での決めごとですから
短くても良い
今日2回分更新したいと思っています。

しかし出来なければ…

それはその時のこと

今「大地に花咲く土鍋展…伊集院真理子の世界」を開催中

a0255892_17083637.jpg
         伊集院さんをお迎えして2日間料理教室を
        楽しくて美味しく…素敵な時間をいただきました
a0255892_17131478.jpg
a0255892_17135015.jpg
a0255892_17142109.jpg
昨年からさせていただいています。
春夏秋冬でさせていただくと決め
昨年は「春」
ですから今年は「夏」

もちろんわたしも土鍋はほぼ毎日のように使います。

土鍋は「煮る」「蒸す」「炒める」「焼く」すべての料理が出来
ガスの火種と土鍋があれば最高の食の文化がはじまり
そこに旬の食材が加わることでより効果的に季節を美味しくいただけています。

わたしにも40年間愛用している土鍋があり
その頃はまだ若く贅沢?…しかし思いきって欲しくて求めたものです。

大好きなものは自分を支えてくれる道具として一生ともに歩めるもののようです。

贅沢品ではなく
生活する上で必要なものとして
最高のものと出逢えることができれば
心穏やかにいつも笑顔で暮らせそう

今一番心魅かれる絵柄は「トロピカル」

a0255892_17152152.jpg
a0255892_17155388.jpg

きっと「彼女しか描けないはず…」
そんな風に思わせ…こころをわしづかみされ離れない

話を聞けば「3.11」の時様々なことが彼女の周りに
そのころから絵が描けなくなり暗闇の中にあけ暮れ
そんな中…あるとき目の前に光がさしこみ…描けた絵が「トロピカル」だと
こんな話を聞きながら

しかし 何も語らずとも魅かれていた

子供のように

素直で元気いっぱい

わたしの道具の一つとして

毎日使っていそう

じゅうーじゅうー 

ことこと…

口福のとき

                       Droguerieの時間
                            2016.7.11

by aoikusah | 2016-07-11 16:49 | 2016年7月・8月 | Trackback | Comments(0)