<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オープンを迎えて

やったーーー!
ついにオープンを迎えることができました。

a0255892_13510580.jpg
                     Droguerieの工事のはじまり…
a0255892_13541955.jpg
                      オープン前日
                      凛とした空気の中に生まれたての空間が
                      暖かな電飾がさらに優しく照らしていました

前日までの最後の最後まで身体が動く限り…
云い過ぎかと思われるかもしれませんが…精根付き果てるまで
それでも完璧とは云えないところが魅力…?
a0255892_13592068.jpg
                    1階に新しい空間が
                    土壁に和の提案を…
                    今は「アンティークの小さな器展」を開催
a0255892_14032605.jpg
                       優しい朝の陽ざしの中
                    たくさんの花の香りに包まれて最高の幸せを

しかも前日からお祝いのお花が続々
こんなにも素敵なお花たちに囲まれることは生まれて初めて
夢のような時空が流れ始めています。

初日は沢山の方々に喜んでいただいていたようでした。
素敵なハプニングなども…生まれていましたが

今日は生まれたての空間を
何も語らずして画像だけででお届けしたいと思います。

a0255892_14122067.jpg
                    2階の「relief」メンズショップ
                 100年の歴史を提案しながら本ものにこだわり
                 西も東も海が垣間見れる素敵な空間が生まれました
a0255892_14234402.jpg
                      2階のテラスに小さな森が
                   もみじの紅葉もはじまり…木の香りに癒されます

お話は次回ゆっくりと…

                            Droguerieの時間
                                2015.10.24



by aoikusah | 2015-10-24 13:43 | 2015年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

最後の追い込み

こんなにも清々しい秋晴れに見守られ
最後の追い込み 総勢で今日も早朝から頑張って頂いています。

本当に天候に助けられている
この10日余り秋晴れの日々が過ぎています。

a0255892_12064072.jpg
                    優しい建具屋さん
                アンティークのガラスを入れてドアを作って頂き
                最後の微調整をノミで…真剣に

皆さんの頑張りに応援歌を…
そして ここまで来れば気持ち良く23日のオープンを迎えたいと強く思います。

今は「…?」の状態に見えていますが
最後の追いこみ
電気屋さん 建具屋さん クロス屋さん 大工さん ペンキ屋さん…と休みなく

a0255892_12185704.jpg
                    電気工事やさん
                    今は屋根裏の仕事だと…
                    今回は昭和な…導線を見せる…花形の仕事を

今日で一応完成の予定
そのゴールをひたすら目指し全精力で突進している。

職人の方々を見ていると
知力も体力も進行しながら尚且つ判断も臨機応変…まさに尊敬です。
本当にどの職業も「かっこいい!」の一言に

a0255892_12253347.jpg
                   大工さん
                   黙々とどんな仕事もこなしていきます
                   気づけばすべてが最高の仕上がりに…感動です

わたしも小さい時からこの環境で育ちました。

木の香りに包まれ
機具の騒音までもが心地良く活気溢れ
すべてが慣れ浸しむこととして心落ち着き
幼き頃の思い出までもが脳裏に
亡き父の幼き頃の思い出までもがよみがえります。

同じ建物でのリニューアルですので
初めから立ち合えていることに大きな意味があるように感じています。

a0255892_12295482.jpg
                   若いふたりが最後の仕上げを
                   幼なじみの二人は楽しそう
                   ここまでの道のりをかえりみていたのでしょうか

23日にわたしの中で何が起きてくれるのでしょうか?
大冒険に漕ぎだす入り江のボートのように期待で胸が張り裂けそうです。

最近のブログも工事の事ばかり
身体の隅々までがオープンのことで一杯のようです。

オープンまで後4日

予定では最後の2日で全体のディスプレーを完成させることになります。

今は嵐の前の静けさ
脳裏に何も降りて来ない状況ですが

自分を信じている訳ではありませんが
神が必ず味方してくれると信じているのでしょう。

来るものなら早くその日を迎え
半と出るか丁と出るか…勝負したい!

多分その2日間は時間の許す限りドタバタしているでしょう。

a0255892_12341947.jpg
                    1階も変わります
                    土壁となり懐かしい風が舞う
                    そんな空間が生まれれば嬉しいのですが

しかし何処までしても
これで良しもなく
終わりもないこと分かっています。

最高に頑張った充実感だけは味わいたい

今はそれだけで…

                         Droguerieの時間
                               2015.10.18



by aoikusah | 2015-10-18 17:29 | 2015年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

林檎のように

このところ慌ただしい日々が
今はいろんな業者さんが入り混じり戦場のよう
一日がすさましくうごめいています。

しかし何ひとつとして手が出せないもどかしさ
こちらには時間はあれども技がない
本当に上手くいかない
だからこそジレンマが生まれ 人に優しくなれたりするのでしょうか

いまの自分に出来る事を確実にと思いながらも
気持ちはうわの空
心ここにあらず

a0255892_18431170.jpg
                   1階の壁も土壁で塗り替え
                     和の感じでお迎え出来そうです

23日にオープンを前に かなり工事の行方が気がかり
しかし現場の皆さんの必死の状況にただただ目をみはるばかりの時が過ぎています。

ここのところ
長い間思い描いていた空間が少しずつ形となり姿を見せ始め
生まれたての壁や階段ひとつにも愛おしさを感じています。

職人の方々の技の素晴らしさに触れ
無口な仕事ぶりにも憧れてしまいます。

修行しながらまずは10年20年30年…50年…皆さんベテランの方々
しかもプロ魂を目の前にすれば何も言えない現状…。

わたしも負けず頑張らなくては申し訳ない…そんな気持ちになります。

a0255892_18471508.jpg
                 階段がやっと姿を見せてくれました
                 木の香りに森の優しさと恵みをかんじます

私自身の仕事
皆さまに笑顔をお届けする事
つまり「自分に自信を持って頂く」お手伝いと考えています。
その為の “ おしゃれ ” という訳です。

今の自分に似合うものをさり気なく着こなせれば
かなり充実した日々が過ごせると思われます。

「美しくなること」は「若くなる」ことでもなく
「美しくなること」は「今の自分に素直になる」ではないでしょうか?

しかも美しくとは一体何なのでしょうか?

そう言えば林檎農家の方のこんな話 聞いたことがあります。

美味しい林檎の見分け方にその方の優しい言葉が残ります。
「綺麗だからと云って美味しいとはかぎらない…」
「少しきりょうが悪い方が蜜入りで美味しいときも…」
「意外と大きいより小粒が蜜入りで美味しいですよ…」なんて

a0255892_18512717.jpg
             イギリス フランスのアンティークの小さな器が入荷
                23日からのオープンの企画展でお届けします

つまり人も同じことが云えそうだと
街ゆく人に素敵で魅力的な人を見かければ
ついつい気になり目線で追いかけたくなります。

まずは着ている服からはじまり
どんな靴を履いているの
どんなバックを
すべてが気になり
失礼なことだと知りつつも
意識してしまうことありませんか?

しかしそれ以上に
その方の容姿や顔はあまり見ていないことに気づきます。

つまりは内面から出て来る知性が
表情までもを豊かに素敵にしているのでしょう。

おしゃれは毎日の素敵な暮らしのひとつ

ささやかな大切なことでしょう。


                   Droguerieの時間
                        2015.10.12


by aoikusah | 2015-10-12 17:23 | 2015年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

夢に向かう

ついに10月を迎え
今年も残すところ3ヶ月…怖くなるほど早い これが本音です。

しかもリニューアルオープンが23日に控え
今こうしていても心定まらず
するべきことは山積みのはずなのに浮き足の状態です。

a0255892_10091984.jpg
                     KIのニット展…
                今年は可愛いらしくキュートで素敵です。

今は「KIのニット展」の最中
冬に欠かせないDrioguerieの企画の一つとなります。

KIのニットと出逢い15年ほど
当り前のことですが お互いに15年の歳月が流れ
しかも何も変わることなく
いつも新鮮な気持ちで向き合う事が出来ています。

a0255892_10120915.jpg
                 どれもがシンプルで着たくなります
                 ツィードのカーディガンとモヘアのセーター

何時もが定番のように
普通に素敵

しかし
今の時代
常に変化を求め

最高の進化を打ち出さなくては「良い商品ではない…」
そんなとりあえずの時代を迎えているように思えてなりません。

本物を見据える力がないまま
流行りや報道に流されているように思われます。

そんな時代に石田さんの作りだすニットは
軽くて暖かく…身心ともに優しくまとわれ癒されていきます。

変わらないことの難しさ
本当は一番難しい…極める事に繋がるでしょうから。

a0255892_10153891.jpg
                   黄色とグレーの組み合わせが絶妙
                   軽くて暖かいモヘアのセーター

今日より明日に
このまま少しづつ
時の流れに身をまかせながら
時代に流されないように
いつもふたりでそんなこと

しかも「いつまで続けられるの…?」なんて

そう!時を同じく重ねて来た同志のように…こんな風に思いを語り合える。

焦ることなく
自分だけを見つめることが出来るのでしょう。

a0255892_10184835.jpg
                    秋の実り…今にも弾けそう
                     わたしの秋も実りの秋に

そうマイペースで
「うさぎとかめ」のように

わたしにはどちらも憧れてしまします。

うさぎのように走れる自信があれば走りたい

かめのように焦ることなく自分を信じてコツコツ積み重ねながらも

どんな人生であれ

すべては自分がしていること

…夢にむかう

                       Droguerieの時間
                             2015.10.7
                



by aoikusah | 2015-10-05 09:55 | 2015年9月・10月 | Trackback | Comments(0)