<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

季節は春へと

早いもの1月も終わりとなります。

北国の方々には申し訳ないほどのもの
この2.3日は寒さが厳しく
最低気温マイナス2度 最高気温が5~7度と
“ この寒さを乗り越えてみろ… ” 
と冬将軍が春待ちわびる私たちを試されているようです。

しかしこの寒さの中にも 凛として育つ立派な野菜が沢山ある事に感動します。

冬になると 野菜が食べたくなりますが
身体が要求している…これも自然の摂理なのでしょうか?
風邪や冷え 肌荒れなど冬に見る症状ですが
冬の野菜は通常の栄養力が何倍ともなり
これらに効果をもたらすようです。

我家の晩御飯に ほぼ毎日のように煮もの野菜が2.3品上がります。
考えてみると冬は野菜の宝庫かも知れませんね。

良く使うものとして “ 小松菜とほうれんそう ” は特に万能として
そして大根や里芋など…に付け加えて春菊などの香草も好んで使います。

a0255892_14311130.jpg

                    選ぶ時…茎が太くて
                  葉が先までしっかりと伸びているもの


久しぶりの豆知識として

 小松菜について
   旬は12月~3月
   寒さに強く 霜を受けるほど甘みが増し
   葉が柔らかく美味しくなる不思議な生命力の野菜です。
   鉄分 カルシウム ビタミンA.C が豊富なのもうれしいところ。
   沢山ある時は茹でて冷凍保存することも出来ます。

 ほうれん草について
   別名冬葉とよばれるほどの冬野菜の代表です。
   旬の冬どれほうれん草のビタミンCは夏の3倍も
   鉄分も豊富で貧血気味な方にはお薦め
   夏ものと比べ栄養価が高く 甘みも増して美味しいです。

我家は三つ口とグリルのコンロを使っての ササッと簡単料理です。

まず一口目は土鍋でご飯を炊き始めます。
私の料理時間はご飯が炊ける時間が出来上がりの目安としています。
ですから食材の旨味を生かしたシンプルな料理を心掛けています。

昨日の献立を紹介してみたいと思いますが
気が付けば何時もの事…出来上がれば即効 “ いただきます ” と
そう画像がいつも用意が出来ずにいます。

野菜三品
さつま芋のの煮もの 冬野菜色々と豆腐のすき焼き風煮もの 春キャベツと昆布のオイル和えでした。

a0255892_14372459.jpg

                     ほうれん草と揚げの煮びたし
                         以前のものです


毎日が楽しむ食卓
どれも美味しく頂きます。

もうしばし 冬野菜が楽しめる時として寒さに感謝でしょうか?

しかも もうすぐ春は目の前に…
おしゃれが気になる季節…想像するとワクワク ウキウキして来ます。

白が好きな私はもちろん春にも白は欠かせないと
つまり一年中 白無きおしゃれはあり得ないようです。

それほど白と言う色は夢のような色として 私の中では最高な存在としてあるようです。

Druguerieには毎日のように春の新作が届き すでに春満載でお届けしています。
久しぶりに春のおしゃれを少し紹介してみましょう。

a0255892_1414574.jpg

                      白には言葉を見失います
                       森の妖精のように…


a0255892_147420.jpg

                    刺繍をのせた白シャツに
                      麻の白色のスカートを

a0255892_1413420.jpg

                  木綿の黄色のワンピースに
                  優しいブルーと黄色のシルクのストールを


いかがでしたか?
白が着たいと思われたならば 早速白シャツからいかがでしょうか?

もうすぐ立春 暦では春を迎えます。

春とは 何かと小さな変化を見つける喜びを思う時としてあるように思われ
季節の中でも とびきり好きな季節となります。

a0255892_14174081.jpg

                 少し大人なチューリップも素敵です


草木が芽吹き

花が咲き

小鳥が高らかに歌い舞う

そんな遠くでひそやかに行われている仕草に

心時めきはじめます

季節がめぐるは

日々の暮らしの中で

ふとした瞬間にポッポッと密やかな音を立てながら

その瞬間に立ち会える喜びのようなものかも知れない

                            Droguerieの時間
                                  2015.1.29
by aoikusah | 2015-01-29 13:17 | 2015年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

等身大の大人に

今週も先週に引き続き展示会へと行って来ました。

B.stuffやMIYACOをはじめ他社も回り
素敵な出逢いを頂いて来ました。

しかし大寒を迎えたこの時期の出張は試練と思えるほど
まだ薄暗い中…手足も凍りそうな寒さの中ですが
東京での皆さんとの再会や素敵なものたちとの出逢いを思うと ワクワクして出かけています。

実は “ こんなに大変なのに… ” と思うことも
しかし それ以上に随分と楽しんでいるようです。

a0255892_1339575.jpg

                  B.stuffの特別ゲスト 堀田さん
                   彼一押しのメッシュのボストンと共に


大変な時こそ頑張れば 必ず報われると信じていますから
その難題を乗り越えた時の充実感は自分だけのご褒美とし
これまで以上の大きな至福が用意されているようです。

その繰り返しをしながら少しづつですが大人として成長させて頂いていると思っています。

これまでの経験が今の自分を作り
山あり谷ありの人生のほうが面白く愉快に暮らせそう…負け惜しみ?

a0255892_13591134.jpg

              MIYACOの展示会にて
         長崎の山茶花さんが特別ゲストとして初夏の麻のコートを
                    モデルより よりモデルらしく素敵でした


神様は皆さんに試練は平等に
そこで泣いていては幸せが逃げてしまいそうで怖いです。

私はいつも笑っていたいから
そんな時は “ ようこそ いらっしゃいませ… ” くらいの余裕を持っていたいと思いながらも
実は難しいことですね。

私もまだまだ素敵な大人になる修行の身ですから
日々精進したいと思います。

a0255892_13453184.jpg

                   今開催中 “ 冬に春をおもう展 ”
                 素敵な春の花が咲いたように春の装いも


先日の事です
新聞を見ていたら素敵な言葉に出逢いました…紹介してみます。

“ 大人らしさってなんだろ? ”

  雨が降るたびに傘は買わない

  また会いたくなる人になっていますか?

  旬の野菜や魚が分かりますか

  人を許す事が出来ますか

  近くにいる人を大切にできていますか

  使命感を持っていますか

  忙しくしていても笑顔…

 あなたは自分の年齢くらい大人になれていますか?

いかがでしたか?

a0255892_13493813.jpg

                今年の春はDrugerieはイエローの春が
                        春のダリアが素敵ですね

私はこの何気無い言葉に囚われてしまいました。
何故ならばこの一つひとつの問いかけに深く感銘を受けたからです。

素敵な大人になる意味の奥ゆかしさをさり気げなく書かれているのですが
自分を突き詰めてみると

大人として大丈夫なの?ともう一度

ここでも私の存在を意識することになりました。

                       Droguerieの時間
                              2015.1.25
by aoikusah | 2015-01-25 13:04 | 2015年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

今年初めての展示会へ

今年初めての展示会に行って来ました。
私の大好きなAyaと恵比寿辺りに…

今回は夏展
さらされた木綿や麻が爽やかに語りかけています。

外は厳しい冬の時を予感させるほど寒くて凍えそう
しかし会場は白や生成りの夏服で溢れ心弾みます。

会場に入るとまず正面のディスプレイから見る事にしています。
何故ならばテーマがそこにあるからです。

a0255892_11171655.jpg
   
                   Ayaの春のおしゃれが届き始めています
                 白の麻地に黒のエンブレースのが大人で素敵です


Ayaは特にアンティーク雑貨と花と布が共にその時の景色を作り
此処に来るまでの作り手の想いを映し出し
その空間を優しくも やや緊張にも感じさせてくれています。

そして素敵な出逢いを私たちは頂くことになります。

私にとっての展示会は私とメーカーの闘いの場
そして素敵な仲間としての再会の場所として

お互いに立場は違えども
していることは同じこと
皆さんに喜んで頂く為に 皆さんの笑顔と出逢う為に
日々切磋琢磨していると…独り善がりですが思っています。

ですから日々の掛け合いも とても大事なこととしてさせて頂いていますが
Ayaさんのように 
自然体で向き合えるメーカーに出逢えた喜びは幸せなこと
これからも宜しくとお願いしたくなります。

a0255892_1113302.jpg

            Ayaらしいレースの白いブラウスが優しく並びます
                    早春の一枚として着たくなります


人は皆違います。
姿形が違うように 一人として同じ人は存在しない。

ないものねだりでしょうか?
自分以外は皆素敵に思えたり…そんな自分を悲観したりと揺れ動く時もあります。

私はいつもが迷いの中をさまよいながら…
今もしたい事が山のように広がります。

私のしたいことは夢と現実の狭間

少しづつでも前を向き歩いていたいと

夢は儚く消えるもの?

しかし夢は見るもの見つけるもの

わたしは黄色のタンポポが大好きです

暑さ寒さにも負けぬ 

ほど良いたくましさを持ちながら

自分の事は自分で責任を

綿毛を広げフワフワとどこまでも飛びながら

自分の居場所を見つけます

大切な一粒の種をまく

タンポポといっしょに いつか自分の杜を…

a0255892_19383166.jpg

                     タンポポではありませんが
                  玄関前にあるヤマブキの綿毛が気になります


                                    Droguerieの時間
                                           2015.1.16
  
 

PS.  
  早春のDroguerieイベントのお知らせです。

  ① 冬に春を思うとき展
   1月23日(金)~29日(木)

   冬の一番寒い頃ですが ここまで来れば三寒四温の日が訪れ始めています。
   日が少しづつながくなり 春間近を予感するほどに…
   蕗の花も咲き始めるころ
   凍てつく地の下では春の支度が着々と進んでいるようです。
   Droguerieでも春を一足先に満喫して頂きたくて 
   着々と春の支度が整い始めています。
   ポカポカ春の気配を感じてみてはいかがでしょうか。

 ② 少しきちんとした服展
   2月7日(土)~13日(金)

   春の様々なお祝い事に少しだけおしゃれを楽しみ
   いつもより少しだけ頑張って素敵な自分と出逢うための提案です。

 ③ 早春の息吹膳
   2月21日(土)22日(日)23日(月)
    11時~14時   2160円

   春の会席のお知らせです。
   まだまだ寒さを感じながらですが
   この頃となると冷たさを残す風に うららかな陽の光が差し込む時と
   冬の居残りを思いながらも 
   早春を思う
   春の香り立つ山菜や魚を楽しんで頂ける献立に仕上げています。
   もう少し空きがあります…ご予約お早めに…

a0255892_203655.jpg

                    昨夜の我家の春の3種盛り 
               ほうれん草のオイル焼き せりの煮びたし 里芋の煮物

 ④ 長谷川まさこが遊ぶ春のTINA 
        春旅を楽しむ支度展
     2月27日(金)~3月5日(木)

  染色家が素材で遊び色で季節を楽しむ世界です。
  今の気持ちを誰よりも素直に表現され最高に素敵です。
  うららかな春はソワソワしてしまい どこかへ旅に出かけたくなります
  着やすく心地良いおしゃれをして何処かへ… 

 ⑤ 伊集院真理子さんの土鍋展
      3月13日(金)~19日(木)

   土鍋は冬のものだと思われていませんか?
   土からの頂く幸せをこの季節に改めて見て頂きたくての企画です。
   13日14日は伊集院さんに料理して頂きながら
   煮る 焼く 炒めると様々な料理にも万能なことなど
   料理の魅力を一新することに
   土の力をより深く実感して頂ければ嬉しく思います。
   一緒に料理教室に参加されてみませんか…ご予約受つけています。
     日時  13日  11時~
          14日  11時~

   詳しくはDroguerieまでお問い合わせください。
by aoikusah | 2015-01-16 16:40 | 2015年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

年の初めに

2015年を迎えています。

皆様の年末年始はいかがお過ごしでしたか?
私は31日の大晦日は東京にいました。

娘のお婿さんがお蕎麦やさんで その手伝いにと頼まれまして
“ 初めてのお使い ” のようにドキドキ
関東の蕎麦の文化に触れる
やはり幾つになれども初体験は緊張するようです。
 
それにも増して興味深々と
胸が高まりながらの昨年の締め 素敵な時間を頂きました。

大晦日に食べる年越し蕎麦は 一年を締めくくる年の瀬の風物詩でもあり
細く長く幸せが続きますようにと願いが込められています。

除夜の “ 除 ” とは一年のけがれを取り除くという意味で
108つの煩悩の数だけ除夜の鐘を鳴らします。

a0255892_1592498.jpg

                 年明け早々に素敵なお花が届きました。
                   花ちゃんありがとう そして おめでとう


新年を迎える節目に香り立つ蕎麦を頂く
まさに心身の一新を迎えるにはふさわしい習わしだと思います。

まさにその場面に関われた事を感謝です。

そして元旦は早朝から皆で里帰りをし
その晩 家族総出でおせちを賑やかに頂いたのですが
おせちは86歳の母が現役で時間をかけて作ってくれています。

毎年 “ 今年で最後だから… ” と言いながら…
しかしまだまだ出来そうだし 出来る限り母の味を食べていたいと願います。

候の言葉として春の七草がありますが
せり なずな ごぎょう はこべら  ほとけのざ すずな すずしろと

今年も健康でありますようにと願って七草粥を1月7日にいただきます。
私も昨夜いただいたのですが
毎年思うこととして
凄く美味しい訳ではありませんが 
春一番の臭みと苦みが身体を健康にしてくれるように感じます。

先人の人たちは日本の四季を楽しみ
暦をもとに暮らし
その風物詩の細やかさを感じ楽しみ
行事や祭りごとにまで思いを込めて大切に

こうした事は人として 身心共に豊かにし
本来の有るべき姿に戻してくれているように思われます。

そんな思いを寄せながらの年末年始を迎えました。

a0255892_15331628.jpg

                       春の気配がDroguerieにも
                        水仙や菜の花のような香り立つ色


今年の目標は “ 基本に戻る ” です。

今の自分と向き合いながら足元をもう一度確認しながら
しかも楽しみながらこのまま歩いていたいと思います。

継続こそが力なりと信じていますから結果はその後にと

いつもどうりに前を見て 深呼吸しながら歩くことにしましょう。

枯れ落ちた木々たちが常緑の深緑の木々たちと寄り添い

この冬の凍りつくような空気に凛として立ち尽くし

その景色が私の心に力を

春をうっすらと想うやさしい気持ちまでもが

冷たい空気にとけだし

この一年を思うときに

つづきます。

                            Droguerieの時間
                                 2015.1.8
by aoikusah | 2015-01-08 11:51 | 2015年1月・2月 | Trackback | Comments(0)