<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

野球観戦に

先日 人生初めてと言っていい程の体験をしました。
本当は二度目ですが…一度目は20年程も前の事です。

多分その時も初めての事だったので その光景を薄らと覚えています。
神宮球場でヤクルトと阪神戦だった様に…

そう マツダスタジアムへナイター観戦に 子供たちに誘われて行って来ました。
それ程野球に詳しい訳でもなく 何となくルールが分かる程度の私ですが
誘いを受けた事への歓びと嬉しさが一番で…

a0255892_18354697.jpg

                               マツダスタジアムにて
                               歓声の渦の中


試合開始は18時からでしたが 随分早くに着いてしまいました。
1時間半程前でしたが スタジアムの中はすでにファンの人たちで賑わっていました。

さすが地元カープです。
赤のユニホームを着ている人 帽子 タオル メガフォンなどで身を固めた人たちで溢れ
続々と球場へ吸い込まれ行くかのようです。

その光景だけでも驚き
次第に自分の中にも その空気がみなぎって行くのが分かる程でした。

私たちも一応応援グッズ 飲み物 フライドポテトなどを求めて席へと…
新緑を思わせる程の緑の芝と 柔らかな土の色とのコントラストが
ライトに照らされ美しくて 感動でした。

気が付けば ほぼ満席へと

そして試合開始!

a0255892_18381465.jpg

                            少し目線を変えて
                            とにかく 熱気! 熱気!
 

一旦試合が始まると 応援たるものがまるで生き物のように動き始めます。
人の波がワァーワァーと歓声と共に動きます。

スゴイ!

カッコイイ!

いつしか私も その渦の中にいました。
単純な私ですから 誰よりも早くに参加していたのではと…

こんな体験は初めての事 もちろん試合も楽しめていましたが
私にとっては この球場の中に居る人たちが同じものを見 同じ時間を共有し
こんなにも楽しみながら一つになれる事のエネルギーに触れた事が
一番の私への贈り物になった様です。

a0255892_18151599.jpg

                       Droguerieの秋のはじめ その1
                        山ぶどうの房が色づき始めました


そして この場に居合わせる多くの人たちが このエネルギーの中に居る事が
大切な要因になっているのではと感じました。

共有時間4時間余りでしたが それぞれが違う人生のストーリーを持ちながら
時を共に過ごし 仲間となり 楽しみ 喜びと素敵な時間を頂きました。

最近この様な時間を過ごしてなく とても新鮮で
この歳にて時めき 興奮してしまいました。
こんな時間をくれた子供たちに感謝です。
ありがとう。

a0255892_18182048.jpg

                          その2
                           配置換えをされた cafe' bon
                           少し大人っぽく


と考えてみると 私は随分と片寄った人生を歩んでいるのでしょうか?

仕事大好きな私は ほとんどの時間を仕事中心での物の見方や過ごし方をしています。
そして リフレッシュする為に音楽を聞いたり 旅したり 美味しい食事を頂いたりと…
今いる場所から離れ 自分を客観的に見る努力をしている様です。

つまり 行き詰まりによる気分転換です。
その方法はそれぞれ違うと思うのですが 野球観戦もその一つになり得ます。

自分には無縁のものだと思っていたものが 以外とハマルかもしれません。
とすれば もっと前向きにチャレンジしてみるのも
今までの自分とは違う自分が見付かるかもしれません。

a0255892_18204054.jpg

                            その3
                             今日のDroguerie
                                 外は時より雨模様


まだまだ未開発の自分と出逢えるとすれば これからの人生が又楽しくなりそうです。
身体は歳と共に少しずつ減退するかもしれませんが
これからは これまで培ってきた知力が強い味方となるでしょう。

今ブログを書きながら ふと外を見ると
青空のもと ちぎれ雲が浮かび木々達が風に吹かれて気持ち良さそうに揺れています。
いつの間にか秋風にと変わっている様です。

車を走らせていると 稲を実らせ穂を揺らし
後もう少しと収穫の時を待つばかりのように…
そして その上を赤とんぼが飛び行き…
栗の木にも随分大きくなったイガグリたちが沢山実らせています。

a0255892_18225171.jpg

                    その4
                     B.stuffの秋 今注目のカイロス
                      9月20日~26日 秋のB.stuff展開催


自然は巡っています…
毎年の事ながら 自然界も自分の仕事をきっちりしている様子に心撃たれます。

では 私たちも早目の秋を楽しむ事はいかがでしょうか。
その恵みに感謝し楽しむ事が 相手を受け入れる事になります。

この秋は これまで以上におしゃれをしようと思っています。
より深く秋を満喫する為に
より高く自分を高揚させる為に

今日の私は 音楽と一杯のコーヒーから目覚め
皆さんの秋を目覚めさせる事へと集中する為に まずは自分が秋の装いへと

a0255892_18291642.jpg

                           その5
                            深緑色のフェルトのハット
                            秋の装いに


そして 気分もどんどんと変化します。

今の自分は黒が気にかかり…

この何年かは 黒から少しずつ離れていました。
理由は 年齢も手伝いなのか似合わなくなり 着れなくなり…

そこで 原色が駄目な私に力をかしてくれたのが白でした。
どんな組み合わせでも 白をプラスする事で表情を綺麗に 豊かにしてくれるのです。

しかし 昨年頃より
“ 黒を着てやろう! ”
“ 大人として着こなしたい ” と思う様になりました。

歳を重ねると 次第に綺麗な色を着なければと ちまたには囁かれていますが…
私には苦手な色でしかなく 似合わないのです。

a0255892_1841262.jpg

                           その6
                            Clarksのコンビの紐靴
                            秋は足元から


どんな色でさえ いつまでも初々しく 若々しく素敵であれば最高です。
しかも 自分らしくが一番大切になります。

流行だからと言っても 似合わなければ台無しです。
そう思うだけでファイトが出てきます。

皆さんも一緒に いまだ見ぬ自分と出逢う為に…

                                        Droguerieの時間
                                             2013.8.30
by aoikusah | 2013-08-30 18:44 | 2013年7月・8月 | Trackback | Comments(0)

秋はおしゃれから

お盆を過ぎた頃になると 毎年の事の様に
今年も後4ヶ月余りと 一年の早さを確認させられている様に思います。

今年の夏は特に猛暑が続き 今も尚 暑さが続いている事もあり
秋の到来を強く待ち望んでいます。

a0255892_1526419.jpg

                Droguerieの秋の装い その1
                 トゥモローランド リバティープリントのワンピースに
                 ジージャンをはおり 足元はブーツで決まり


この頃 朝晩ともなると少しだけこれまでとは違う気配が忍び寄り
夕方ともなると ツクツクボウシやヒグラシの蝉の声を耳にします。

やはり 時は少しずつ秋へと進み行き
日が落ちる頃には リンリンと鈴虫の音が聞こえ
夜ともなると 小さな音楽隊となり賑やかに聞こえ始めます。

どんなに暑い暑いと騒いでいても 自然界は緩やかに
季節は秋へと近づき始めています。

朝目覚め窓を開けると これまでとは違う爽やかな空気と風を感じ
夕暮れ時も早くなり 虫の音と共に少しもの悲しい気持ちへと…

a0255892_15322539.jpg

                     その2
                      B.stuffのピーコック色の可愛いバックと
                      青いマフラーをプラスし ぐっと秋らしく


この夏にしか生存しないもの達が 後もう少しと頑張っている。
儚い姿や声に聞こえたりしています。
何故か自分もそこに重ねてみたりしています。

今ある命だからと言えども 永遠にあるとは限らない。
だから 明日の為に今を楽しみながら後悔しない様に頑張っている。
只これが続く日々が今日となり 気が付けばこの歳に…

a0255892_15373258.jpg

               その3
                クリケットのマフラーをブルーからオレンジに変えて
                どちらがお好みですか


一体どれだけ楽しめているのでしょうか?

楽しむは苦しみの裏返しでもありますから
そう思うと 頑張って乗り越えて来た年月ともなるのですね。
しかも これからも続く道のり…
となれば 後悔するのではなく結果良しとしたいものです。

お盆も過ぎ 季節は処暑となりました。
処暑とは暑さが少しやわらぐ頃のことです。

Droguerieもすっかり秋らしくなり…
涼しげな色模様から実りの秋色へと 気持ちも豊かに実りゆく感じでしょうか?

毎年の事ながら 季節の変わり目は初々しく思え 感動してしまいます。
そして四季ある国に生まれた事に感謝しながら…

a0255892_15432184.jpg

                    その4
                     evam eva の 綿 麻 ウールのコートを着て


この秋は何と出逢えるのか 今から楽しみです。

しかし涼しさが立つ頃になると 何故そこはかとなく寂しくなるのでしょうか?
過ぎ去りし日々に思いをはせているのか

これも素敵な感情の秋のもてなしだとすれば
嬉しく受け止め より楽しめればと思います。

これからがやっと おしゃれを楽しめる季節となります。

“ 私をどう表現しようかしら… ”
“ これまでとは違った自分に出逢ってみたい… ”
“ いつまでも素敵でいたい… ”
“ もっと自信が欲しい… ”
“ でも その為にどうすればいいのか分からない… ”

この今の気持ちがすでに 一歩も二歩も前に進めているのではないでしょうか。

a0255892_15474186.jpg

                   その5
                    大人可愛らしくを秋に
                    レイのペチパンツにウールのワンピースを重ねて
                    グレーで色をまとめ ストールで色を足し


自分がしたい事 なりたい人への目標を持つ事が一番大切なことです。
これがはっきりと決まれば 後はそれをひとつずつ学習するだけですから…

沢山の知識を持っている周りの方々から見て学ぶこと
そして影響を受け 模索する事がまず大切かと思います。

先人の偉大な方々でも
尊敬し 崇拝出来る方々を真似る事から始めている様に見えています。
そして 自分の経験から得たものたちをブレンドしながら 新しい姿へと導く
それが絶えず新しい今の自分なのです。

私が思うおしゃれは やはり衣食住の均整がとれていることです。

着飾るだけでは おしゃれな方とは認めたくないのです。
暮らしを楽しむからには 全てにおいての知識が必要だと思うからです。

だからこそ 誰もが簡単に出来ない事
選ばれし者だけにと錯覚しがちですが 本当は誰もが出来る事です。
これも努力するか しないかだけでしょう。

a0255892_15522626.jpg

                      その6
                       evam eva の綿麻の黒のコートで
                       シンプルに


私は今でも夢は持ち 叶わなくとも
夢の又夢を見続けていたいと思っています。

和気あいあいとし 何気無い会話が弾み言いたい放題!
皆で刺激し合い 素敵な大人になりたいと思う人たちで溢れる
誰にも頼ることなく 自分の事は自分でする 自分で出来る!
そうなれる様に
Droguerieはその為にありたいと思っています。
大人の寺子屋のように…

人はやはり外見 つまり姿 形から興味を持つことが多いと思います。
つまり第一印象 見た目が大事になります。

その為にには 自分を良く知る事が大切に
そして それにたし算 ひき算しながら磨きましょう。

“ 私は これ! ”

なんて決めずに これからは妖怪のごとく七変化も…大いに楽しみましょう。
おしゃれな人は 世の中をよく観察しています。
つまり 知識力も豊富ゆえ会話も楽しく弾むでしょう。

人から見られていると意識すればする程 若さも生まれ行くでしょう。

a0255892_1557815.jpg

                    その7
                     秋の木漏れ日の中 大好きな洋服と音楽
                     至福の時を頂きます


これからは今まで培ってきた経験や持久力を土台として
若き者たちに負けない深き力で…

これからの人生もっと おしゃれをしながら今日を楽しめれば
貴方の周りにも 楽しい時間が生まれ行くでしょう。

さあ 秋に向けて歩き始めましょう…

                                       Droguerieの時間
                                             2013.8.23
by aoikusah | 2013-08-23 16:00 | 2013年7月・8月 | Trackback | Comments(0)

お盆に思うこと

8月を迎え 立秋も過ぎ
月の真ん中 お盆を迎えています。

8月15日は月遅れの盆 そして終戦記念日でもあります。
祖先を迎え 冥福を祈る仏事となります。

この頃になりますと 夏の長期休暇と重なり
民族大移動のごとく 故郷への旅の始まりの方々で賑わいます。

故郷への思いを胸に 沢山のお土産に思いを重ねて…
帰れば待っている人がいる…当り前の事ですが幸せです。

a0255892_15294850.jpg

                          お盆の時
                            車窓から眺める天草の夕日


人は誰もがそんな家族や仲間を持ち
その力を糧に 頑張り生きて来れているのだと思います。

誰とも縁を持たずして 一人だとすれば

良い事があった時 それを一緒に喜んでくれる人もなく
悪い事があった時 叱ってくれる人もなく…

落ち込んだ時 慰めてくれる人もなく
困った時 相談する人もなく…

それでは寂しすぎますね。
しょせん人は 弱き者だと思います。

誰かの支えが必要だし…知らず知らずのうちに 
自分でその支えたるものが何なのか 誰なのかをしっかり捜し
見付けていると思います。

それが出来ない人は 自分とだけ向き合うしかなく…
私には出来そうにありません。
とても弱いし 自信もないし すぐに逃げ出したくなりそうだし…

a0255892_15324159.jpg

                                 有明海に沈む夕日

でも大人ですから そんな事出来ないですが…
心の支えはかなり大きく
しかも ひとりぼっちではない強さが自信へと導きます。

そこで 私が思う素敵な方とは

自分の目標を持ち続け それに向かって黙々と行動に移し頑張っている方は
とても魅力的で美しく引き付けられます。

選ばれた人なのでしょうか?
そうではなく 誰にでもチャンスは平等に与えられています。

やる気があるか ないか

チャンスをものに出来るか 出来ないか

自分との戦いに勝ちえた者が手に入れる一粒の輝きが 大人として魅了し
成功という頂点へ…

格好良い!!

しかも それを維持する事が一番難しい事です。

a0255892_15353872.jpg

                         山影にひっそりと咲く 小さな草花

私の周りには沢山いらっしゃるようで
そんな環境に居合わせる私は 幸せ者です。

何やら 今の私の周りでもザワザワと沢山のものが蠢いている様子…

答えは なる様にしかならず
頑張って前向きに進んでいれば 糸口は必ず見つかるでしょう。

糸が絡まるには それだけの原因があります。
ひとつひとつ時間をかけ 焦らず紐解けば 
何時かは緩やかな時が来るはずです。

その努力をする事が大切かと思います。
するか しないか
この2つの選択が明暗となるでしょう。

a0255892_15365576.jpg

                          やはり山影にて つゆ草を見付け
                          季節は秋を想う頃に


自分がしている事が全て自分に返って来ると信じています。

そして 先人の方々が種を播き 培ってきたものたちが
私の今の幸せへと恩顕を受けていると感謝しています。

今度は私が恩返しする番だと…

その為に 今の自分がある様に思えています。
これも順番だし この歳になり思える事の様に…

“ 徳を積む ”

こんな言葉で書いてしまうと大変な事の様ですが
どんな小さな事でも 自分が皆さんの為に何が出来るかなのだと思っています。

“  してやったのに… ”

“ …のに ”
この言葉は 自分ではなく常に相手に報酬を求めており
攻撃する方向への言葉遣いだと…

自分がしたいと思いした事は 結果がどうであれ
相手には関係ない事として受け入れなければ 人を恨むようになります。

それは絶対いけない事!

a0255892_15581727.jpg

                        山の木陰に佇む アキチョウジ
                        優しくひたむきに咲く 青紫色の花


絶えず自分がしたくてしている事と思えば…
それに してあげられる人がいるだけで幸せです。

親しくなればなる程 わがままになったりと甘えが出てきます。
そんな時は 相手の立場に自分を置き換えれば きっと分かる事…
自分がされて嫌な事は まず相手にもするべきではないと思います。

とても簡単な事なのに 人という者はややこしい感情が優位に立つ事が多くて…
私も若かりし頃は人間関係で傷付き 学んだ事もありました。

人は自分とは違うこと
大人になってからの丸裸でのお付き合いは 少し危険なこと
本音と立前があること
噂話に耳をかさないこと

でもそのお陰で今があり 生きた勉強になりました。

a0255892_1623463.jpg

                    幸せを呼ぶブルービーを見に…
                    その場所に生息するセージの花の蜜を集めに
                                  …遂に出逢う


そんな時 母より
“ する人より される人の方が良いのよ… ”
“ された事に腹を立てたり落ち込むことは 相手の思うツボだし相手と同格に… ”

それからは
何があれ そんな人になりたくない!!
そう思うと 時間はかかりましたが乗り越えられるようになりました。

今は たとえ何を言われたとしても
自分を本当に理解してくれる人が一人でもいれば…それで十分だと思えています。
とても楽になり そう思える事が幸せに繋がります。

お盆のせいか 少し重い話になりごめんなさい。

皆さんが故郷に思う事とは何でしょうか?
私はそこにある大自然の恵みや 
そこはかとない優しい心に包まれる 温かな居場所の様に感じています。

a0255892_16231024.jpg

                        草原の上を飛び交う赤とんぼ
                        本当に全てが赤で染まっている様に


めずらしく早起きをしました。
とはいっても6時頃…

子供たちがラジオ体操の帰りらしく 首から札を下げて…
“ ただいま… ” と言って隣の家へ…

子供の頃にタイムスリップしたかのように懐かしくて…
50年前の 夏の朝のひと模様と重なりながら 遠くで聞こえる会話を楽しんでいました。

どんなに時代が進化しようとも
日本の良き伝統は守るべし…
久しぶりに気持ちの良い 嬉しい朝でした。
a0255892_1626139.jpg

                             高原に咲く
                             黄色一色に染まるオグルマソウ


                                        Droguerieの時間
                                              2013.8.16
by aoikusah | 2013-08-16 16:36 | 2013年7月・8月 | Trackback | Comments(0)

名残りの夏

この2日3日 少し朝が涼しいと感じているのは私だけでしょうか?
ただ朝のうち雲っているせいでしょうか?
しかし昼間ともなると 熱気で猛暑となり行きますが…

私は 涼しく快適なお店の中で1日を過ごしていて
申し訳ないと思いつつ …
気のせいか どことなく蝉の鳴き声もやや盛りを過ぎたかのようにも感じています。

a0255892_18414116.jpg

                         我家の小さな家庭菜園より
                         紫の可憐な花と 実りの茄子


しかし 外でのお仕事の方々を考えると まだまだ熱中症が心配になる暑さです。
後もう少しと思いながらも この半端ではない蒸し暑さが不快度を増し
身体のバランスを崩すほど…

気力との戦いとなりそうです。
負けないで!!
水分と塩分をしっかり摂りながら 後もう少し頑張って下さい。

暦の上はついに立秋を迎えています。
暑い盛りですが これ以降は夏の名残り 残暑となります。

a0255892_18443899.jpg

                    家庭菜園の胡瓜
                    良く見ると ハートの形をしたツル発見


そう! この時期だからこそ楽しめる 夏と秋の融合が楽しめる季節です。
この時を逃すのは もったいないですね。
もっと楽しみませんか?

確かに今は 異常気象により猛暑が続いていますが
時は秋へと進んでいます。

先日 赤とんぼを見かけました。

田植えをされた稲も すでに30センチ いやそれ以上に成長し
緑深くなった水田の上を群がる赤とんぼが スイスイと飛んでいる姿に
秋はもうそこにと…

紫陽花も色を変え 秋紫陽花へと変容しています。
生命の強さでしょうか
誰からも教わることなく 我が身と闘いながら咲かせているのでしょうか?

我が庭の紫陽花のこと…

a0255892_18472493.jpg

                       みずみずしい紫陽花から
                       気が付けば 秋紫陽花へと色を変え


梅雨の頃は瑞々しい白色の花から
今は水分を削ぎ落としたかのような緑の花へと
美しく見事な変身ぶりに 何時もながら感動しています。
そして又 来年へと繋ぎ行き…

やはり 梅雨時期より秋まで咲き続ける紫陽花は
自分の誕生月との重なりもあってか 優しくもあり魅力的な大好きな花です。

そして朝顔…

何故か 昔を懐かしむかのような青色の朝顔が
このうだる様な暑さが続く中も大輪を咲かせています。

a0255892_1850238.jpg

                       織部焼の朝顔の図柄
                       何を盛り付けるか ワクワクします


鉢植えされた 赤やピンクや白の鑑賞用の朝顔とは
違う顔を見せてくれています。

そして10月頃まで咲き続けている花たちに 誰もが目も止めずに
季節外れの名残りの花とばかりに ひっそりと咲き続けているのです。

道端や垣根に強く巻き付け 棚を作り 咲き続けるたくましさに
元気と勇気を学びます。

しかし 何処となく寂しげに見えるのは何故かしら…
私は傍でずっと見ていますよ!

Droguerieのテラスの山ぶどうの棚にも
やっと実り始めた小さな宝石たちがいっぱい…

a0255892_18523776.jpg

                          テラスの山ぶどうの房が
                          ようやく ここまでに育ちました


これからの 初々しい緑から熟した黒紫へと変わりゆく房の姿が
私たちを秋の風情へと導き 楽しませてくれるでしょう。
もう少しでカフェでも飾り 皆さんに見て頂きますね。

どんなに辛い夏でも 秋を迎える序盤と思い
まだまだ夏の名残りを楽しみたいと思っています。

お盆まで後1週間
ここまでが勝負ではないでしょうか?
つまり168時間をどう過ごすかという事になります。

それが難しいと思われる方は 8月いっぱいを…
後24日ありますが ただ毎日を暑い暑いと過ごしていても
何も生まれないと思うのです。

であれば この名残りの夏にしか出来ない事を目標にして
楽しむ事を始めてみませんか?

a0255892_18552486.jpg

                    毎日収穫出来る喜びを頂いています
                    恵みに感謝です


例えば
水盤に水を張り 道端の草を飾る

青柚子 茗荷 大葉など 薬味をたっぷり使って冷たいそうめんを頂く

汗をかきかき かき氷を食べる

胡瓜に蛸と茗荷を入れ 酢の物を

鱧とビールで美味しく

子供のころに返り 花火をする! ちなみに私は線香花火が好きです。

外で皆でバーベキューを楽しむ

山や川へ出かけて夏の音や風に触れる

日本の良き伝統を守り 受け継ぎ
そして 自分の工夫とで楽しむ事は盛り沢山のはずです。

待っていても駄目!

自分からまず率先して始めましょう。

貴方の声かけから 周りの人たちの笑顔の輪が広がって行くとすれば
夏の終わりに素敵な時間の過ごし方が出来るはず…

まず今日は何をしてみますか?

ちなみに私は我家の本当に小さな家庭菜園で
今朝採れた新鮮な胡瓜を使い 夕食を夏らしく…

今日はイカにして…
甲はお刺身 ゲソは軽くボイルして酢の物へ
塩もみされた胡瓜と 軽く炙った油揚げとで

a0255892_18573462.jpg

                          採れたての胡瓜を酢の物に
                          やはり採れたての味は
                          香り豊かで味もしっかりと


そうそう今日は茗荷も入れて より味わい深きに
となると 器も吟味しなくては… 粉引きか焼きしめにしようかしら?

私は今夜が楽しみになりました。

それまでは しっかりお仕事頑張ることにします。

貴方だけの名残りの夏を楽しんで…

                                        Droguerieの時間
                                                2013.8.8
by aoikusah | 2013-08-08 19:03 | 2013年7月・8月 | Trackback | Comments(0)