カテゴリ:2017年3月・4月( 10 )

筍をいただく

今年の筍は時期も遅くて収穫も少ないようです。

近くの市場でもやっと出始めたころ
春の風物詩のひとつとして私の中では筍は欠かせないもののひとつです。

a0255892_19155133.jpg

竹林に子孫を育み
そのやわらかな大切な命をいただく旬の味覚です。

熊の毛に包まれたような硬めな筍をより美味しくいただくために
まずは新鮮な筍の見分けが出来ることが大切でしょう。

美味しい筍の見分け方として

 ・穂先が黄色いものを選びましょう。
  緑や黒いものは育ちすぎで「えぐみ」が」強いです

 ・切り口の色がより白くみずみずしいものを選びましょう。

 ・より重いものを選びましょう。
  軽いものは水分がなくなり鮮度が落ちています。

 ・形がずんぐりしていて皮の色つやがよく出来るだけうすい茶色のものを選びましょう。

 ・泥がついている場合は泥が乾いてないものを選びましょう。

 ・根もとの赤い粒々が小さくて少ないものを選びましょう。

これだけの知識があれば美味しい筍を頂けそうですね。

後は灰汁ぬき

お出汁で時間をかけて丁寧に
手間暇をかけた程は美味しいご馳走に辿り着くでしょう。

a0255892_19172778.jpg

自然の恵みに感謝しながら
今日も美味しく筍ごはんと煮物
昨日新玉葱をいただきましたからサラダにしていただくつもり…

季節を味わう一番幸せな時間

至福の時

今日は昨夜から降り続いた雨の一日

春雨なのか新緑の山々に霞が立ちこめ幻想的な風情をただよわせています。

a0255892_19190810.jpg
a0255892_19195604.jpg

目先の青紅葉にやさしい雫がひそみ

その一つひとつに小さな宇宙がひろがる

雨後の素敵な景色

雫がおしえてくれる小旅行のように心弾む

いつの

どの景色にも

想像をこえる感動を覚える

                        Droguerieの時間
                              2017.4.26


by aoikusah | 2017-04-26 18:00 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

春香る膳

ここのところバタバタとしていて
久しぶりの更新となりました。

何度も書きかけては…書き終えなくて断念の繰り返しの日々

そんな日々を過ごしている間に

地上は生命の誕生に満ち溢れはじめています。

冬の間立ち枯れていた木々たちが
自分らしい新芽を我先にと競うかのように山は新緑で大きく膨らみ神秘的

今は山ツツジや藤の花たちが新緑に色を添え
待ちわびた春の景色です。

そんな春めく素敵な季節
月に一度の「夕暮れ時のBAR」も22日に楽しみながら終えることができました。

回を重ね慣れて行くはずなのですが
毎回ドキドキが増すばかり

やはり今回も緊張しながら6時オープンを迎えていました。

毎回皆さまにご迷惑をおかけしているはずだと思いながら
おおらかなお客さまに助けられているようです。

そんな「夕暮れ時のBAR」を少し覗いてみましょう。

a0255892_16414619.jpg
a0255892_16355867.jpg
a0255892_16370311.jpg
a0255892_16374760.jpg
a0255892_16383842.jpg
a0255892_16390994.jpg
a0255892_16395289.jpg

「食」は人を最大に幸せにするもの

この時代だから

身心を元気にする

一番の近道のようです

夕暮れ時のBARがしていたい

私のエゴ…

笑顔に会える

笑い声がたからかに

非日常の素敵な時間が

美味しい肴と酒で生まれる


                     Drogierieの時間
                          2017.4.24


by aoikusah | 2017-04-24 16:14 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

桜もおわり

4月に入り山が一気に新緑に目覚めています。

山桜が咲きはじめ
山が白くぼんやりと…それだけでも幸せでした。

そのうちに木々たちがこぞって新芽を付け始め
色とりどりの若葉色を競うように山が膨れはじめています。

今この時

山々が眠りから目覚める神秘なとき

私の一番好きな山の景色と出逢うとき

今見ている景色は明日には見ることは出来ない瞬間
だからこそ私の心を震わせるほどに魅了するのでしょう。

今こうしてパソコンに向かう先に広がる山々が
わたしを優しく包んみ英気を注いでくれているようです。

一年の中で一番好きな季節

やさしい陽ざし

爽やかな風

とてもきもちよく

お店までのわずか道のりですが心弾みながら通う道となります。

そんな中4月8日「cafe bon」リニューアルオープンさせていただいています。

a0255892_17145560.jpg
a0255892_17213828.jpg
a0255892_17223272.jpg
a0255892_17231860.jpg
          「cafe bon」メニューのなかから
              春のやさしい献立…一度食べて頂きたいと思います


「身体に優しい食の空間」として
優しく大切に育てられた食材と出逢い
その食材の素材を生かし
その季節を感じられるような献立

32年前の想いをもう一度
まだ初々しく若き時でしたが
今も何も変わることのない思い

しかし32年の時間は単純に考えても四半世紀以上に…
ものごとの考え方が複雑からシンプルにと移行しているようです。

若き時には経験も浅く
あれもこれも気になり悪戦苦闘しながらてんこ盛りで

しかし「時は金なり」
時間から多くの経験と知識をいただきました。

今はそれらを学びとし

笑いながら楽しみながら

五感に響く「衣食住での提案」ができれば…


                     Droguerieの時間
                          2017.4.17



by aoikusah | 2017-04-17 17:00 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

Ayaのショーと桜

待ちに待った桜がやっと開花しはじめ
まだ一分咲きですがこの週末には最高の花見が出来そうです。

日本中が桜の開花に湧き 
花を肴に飲めや歌えの宴の時を楽しむでしょう。

a0255892_17543292.jpg

3月31日から始まった「春と初夏のAya展」も後半にさしかかっています。

31日と4月1日の二日間は東京よりゲストをお迎えして
恒例のように「ファッションショー」を楽しんでいました。

毎回飽きられないよう…ドキドキしながら
今回は3部仕立てに分けて「パンツ スカート ワンピース」の着こなしを提案させて頂きました。

皆さま真剣にご覧になられ
その真剣な眼差しに
モデルの一人として凄く手ごたえを感じつつこちらこそ高揚していました。

a0255892_17560924.jpg
a0255892_17565811.jpg
a0255892_17574092.jpg
a0255892_17583093.jpg
a0255892_17592301.jpg
           40分あまりのショーが全て終わりました
                     モデルさんたちの緊張がとけた瞬間

参加された方々は30代の方から80代の方まで幅広く
年齢を越えた魅力あるAyaであることを改めて知る…

コットンハウスAyaとの出逢いも私が30代初めのころ
その時のことは今でも鮮明に覚えています。

青春時代に住んでいた「中野」
その中央線沿いのある「三鷹」のアトリエまでドキドキしながら尋ねて行ったこと

そして始めて「Ayaの服」と出逢った時の感動は素晴らしく

今まで見たことのない生地の素晴らしさやデザイン
その感性の豊かさに感銘を受けていました。

しかもその時からのお付き合いですからざっと30年近く
今も変わることなく進化を遂げつつ
飽きることなくさらに私たちを魅了してやみません。

a0255892_18024343.jpg
           二日間お疲れ様でした
                 休む暇もなく東京へ…ありがとうございました

そんな30年の思いを胸に

「一期一会」の素敵なショーを夢に

一人でも多くの皆さまと素敵なAyaを分かち合えた事が心地良さに

a0255892_18060413.jpg
            向井さんいつもありがとう
                   今もこんなに素敵に咲いています

桜のように

花を咲かせて

はじめて

ここに

桜の木の存在を知る

ひらひらと


                   Droguerieの時間
                        2017.4.4


by aoikusah | 2017-04-04 17:05 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

3月の旬なもの

3月の「夕暮れ時のBAR」25日終えました。
皆さま賑やかな中とても楽しそうにすごされていました。

もちろん気を使って頂き「美味しい」の声も沢山かけて頂き
安堵したり調子に乗ったり…忙しく楽しい時間を共有していたようでした。

そんな中わたしはひと皿一皿を丁寧に心を込めて仕上げていきます。

何故なら
全てが「一期一会」その一皿との出逢いを大切にしたいからです。

a0255892_18413087.jpg
             今回も画像にできず
                  しかし3枚だけ撮っていましたので


今回で5回目となりますが月に一度は「はじめまして」の心境
毎回初々しく時めきながらの反面不安も抱きつつとなります。

そしてバタバタと忙しく動く時間は束の間
慣れた頃には終盤をむかえています。

わたしたちはこれからよ!
もっと頑張って…お付き合いしてほしいのに…なんて勝手なことを
全く迷惑なことです。

「BAR」を始めた意味は色々でしたが
中々思うようには…
しかし楽しんでしている事には変わりなく嬉しい限り
皆さまとのそんな時間の共有がわたしの幸せとなります。

自分でも良く分からないのですが
やはりこの「状況」が大好きなようです。

何事もそうですが
「好き」こそが何事にも負けぬ「力」と「勇気」と「頑張り」が頂けるようです。

a0255892_18450354.jpg
a0255892_18454499.jpg
a0255892_18463988.jpg

旬の味はこの上ない恵み

神様からの贈りもの

3月も春満載の食材でおもてなしさせていただきました。

小さな息吹をいただく春の膳

春の風物詩

若竹 そら豆 菜花 わらび グリーンアスパラ 小松菜

新わかめ ホタルイカ 浅利 地物の魚たち…など

こんな食材を目の前にすればワクワク

春に乾杯

                    Droguerieの時間
                           2017.3.27


by aoikusah | 2017-03-27 18:08 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

春の足踏み

ここに来て足踏み…

何だか心地良いリズムが身体に戻り
この最近絶好調…なんて思っていましたが

時間にも余裕があるはずなのにこの先に進めない…いつものように
とは言え軽やかさは感じつつの自分もいます。

つまりは同じ道のりは物足りずのようで
何かしら進化したい自分捜しをしているようです。

a0255892_18174259.jpg
a0255892_18185079.jpg
a0255892_18192784.jpg
             18日の花のアレンジ教室にて
                  向井恵美子先生をお迎えして
                春満載の花たちと会話しながら楽しいひと時を


自分に語りかけたい
「どうして同じではいけないの…」と

今日は今日の
明日は明日の頑張りで良いはず

しかも人は絶えず進化しているはず

今が自分のベストであるとすれば
それが今の最高の自分と向き合っているはずだから
結果オーライ…!

今は25日の「夕暮れ時のBAR」とまたまた格闘中

しかしこれこそが今の自分を
いろんな意味で試されているように感じてしまうのです。

後2日

自分の崖っぷち

まだ始めたばかりの「BAR」

もうすこし足踏みしながら

春風のように

素敵な笑顔をさそう

そんなやさしい口福をいただくために

はやく

25日の自分に逢いたい


                     Droguerieの時間
                             2017.3.22

  ps

    cafe bon  リニューアルオープン
      4月8日(土) 12時~


a0255892_18393600.jpg
a0255892_18404277.jpg
       桜エビとブロッコリーのパスタと苺のアイス


  花が咲き 若葉が萌え 小鳥が歌う…生命が輝く季節を迎えています。
  しばらくの間お休みをいただきご迷惑をおかけしていましたが
  この度「cafe bon」としてリニューアルすることになりました。
  初心にかえり「食」の楽しさや大切さを…四季を愛しみつつ
  地元の食材にもこだわりながら提案できれば嬉しい事としオープンいたします。
  詳しくはお問い合わせください。





by aoikusah | 2017-03-22 18:05 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

トゥモローランドの服と出逢う

この最近沢山の素敵なご縁をいただき
久しぶりに満ち足りた時を過ごしています。

皆それぞれ価値観も思想もちがい
中々和気あいあいってことも難しいのが現状
しかも仲良しごっこは甘過ぎて苦手…

それに分かり合えないからと言って人としての価値は決まる訳でもなく

それ以上に刺激的で尊敬できる方に出逢うと奇跡が起きたほどに自分と同化してしまう
単純なわたしなのです。

そこが又自分の好きな所

しかも「自分が好きだ…」だなんて簡単に言える人も珍しい…と疑問が

a0255892_17464000.jpg
a0255892_17471495.jpg
a0255892_17475073.jpg

しかし昔は
ちょっぴり臆病で
なんて伝えると
皆さんの反応は「えー嘘…」と驚かれてしまいます。

やはりこれまでの人生の経験と体験から
多くの喜怒哀楽を味わいながら
やっと今の自分との出逢いを頂いてきたようです。

「はじめまして」の繰り返しを重ねた数だけ学び
それ以上に知識や人としての優しさまでもいただいているようです。

今回は少しだけ春のおしゃれのアイテムを紹介してみたいと思います。

まずは「トゥモローランド」

Droguerieの代表的な存在として30年近く一緒に過しています。

その中でもわたしがはじめてトゥモローランドを訪れたとき
一目惚れしたブランド「ギャルリー・ヴィー」がありました。

それからのお付き合いを頂いていますが
今なお一目ぼれのまま…魅了され続けています。

a0255892_17492449.jpg
a0255892_17495859.jpg
a0255892_17503878.jpg
a0255892_17511878.jpg
a0255892_17514463.jpg
          いかがでしたか?
          上質な素材にこだわり流行に左右されずシンプルで着心地良く
          自分の魅力を引き出してくれる…そんな提案は変わることなく
          素敵なわたしの大切なものに移行される…

「GALERIE VIE」について

  装うこと 味わうこと 住まうこと
  そのすべてに自分ならではのスタイルを創りだすために
  ギャルリーヴィーは
  変わらぬ自分らしさを発見できる
  生活のギャルリーヴィーです

  余計なモノすべてが削ぎ落とされた空間
  時の流れを知らせる自然の光
  デザインが過ぎないウェア
  季節が感じられるやさしい色
  装いによろこびを与えてくれるアクセサリー
  旅を楽しむかのように個性的なグッズ
  イマジネーションがふくらむ美しい時間

  すべてはパーソナリティーを表すために

これが「GALERIE VIE」のコンセプトのようです。

これを読んだとき
わたしが携わる人たち全て皆おなじであることに
驚きをかくしきれません。

やはり人が好き
そこに尽きるように感じてしまいます。


                     Droguerieの時間
                          2017.3.13



by aoikusah | 2017-03-13 16:53 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

旅とビースタッフ

今日は久しぶりに春らしい陽気となっています。

花や鳥たち…そして私も
ぽかぽかと温かい陽ざしに誘われ 心も身体も解き放たれていきます。

草花たちもこぞって新芽から可憐な花を咲かせ始めようと
良いですね…

a0255892_17471545.jpg
a0255892_17480256.jpg
          大好きなすみれやムスカリたちを
                    寄せ植えしてみました

この温かさで眠りについていた生命たちが目を覚ましますね。

この季節がとにかく好き
すべてが「始まる…」これからだ…そんな元気をいただく瞬間

静かでいて険しい冬の無機質な空間から

やさしくも爽やかで清々しい生命の誕生の時へ

地球上の小さな地 
その日本で繰り返されている四季の移ろうとき

四季ある一年に想いを馳せながら
今から始まろうとしている春に心躍ります。

しかも人生の始まりのように春には様々なドラマも生まれていきます。

そこで「贈る…」の2弾として
真心を込め私からあなへ

a0255892_17531484.jpg
      桜まう…料理好きな方へ
        より美味しくくすてきな贈り物…器は食を楽しむもの
a0255892_17562787.jpg
           伊集院真理子さんの作品
                   手描きの桜にこころ魅かれます

a0255892_17583287.jpg
                日本の生活雑貨
                      すり漆小判合わせ弁当箱
                              長野県…栗×ひのき

それからもうひとつお知らせがあります。
今日から「春の旅…B.stuffのBagとともに」が始まりました。

時めく春を意識しはじめると
「風と共に…」風のようにすべてに恋しそのまま旅立ち

今のわたしは草原に
緑いっぱいの草むらの中をさまよう

風の音にこだましたり
テントウムシたちの小さな生き物たちとハミングしたり

そんなさりげないひと時…そこに行かなければ味わえないおもい
そんな少しの変化がひとつの記憶としてとても大きな意味をもたらします。

旅に出ると

自分の中の景色が色を変える

時間と空間を旅することで

まだ遭遇していないはずの自分と出逢う

そんな自分と旅にでる

きっと

素敵な出逢いが…あなたにも

                    Droguerieの時間
                          2017.3.10

    ps.

    春を旅する
    ビースタッフのBagとともに
      3月10日(金)~16日(木)

a0255892_18031945.jpg

  今一番心躍る春をむかえています。
  冬の間この時を待ちこがれていた生物たちが温かい陽気に誘われて
  こぞって動き出す頃。
  ひと雨ごとに春らしくなりスミレやタンポポとやさしい草花たちが顔を出し
  喜んでいるようです。
  うららかな春は旅したくもなります。
  そう!
  心弾む旅には素敵におしゃれしてワクワクしながらお出掛けしましょう。
  しかも軽くて使いやすいビースタッフのバックと一緒に…
  心よりお待ちしています。



by aoikusah | 2017-03-10 18:05 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

春に贈る


最近の私は少し元気がなかったようでした。
別にこれといった理由もある訳ではなく
何だったのでしょう。
                                     
すべきことに迷いを感じ
考えても考えても…身動きが取れない状態
次第に集中力も低下
そんな状態でした

今やっと等身大の自分を受け入れられるように
するとめきめきと元気が戻りました。

a0255892_15130277.jpg
           前回のBARで「菜の花のお浸し」を作りました
           少し残った食材の菜の花を小さな小鉢へ
           口福からさらに別の幸せをいただいています

今日は「Droguerieの小さな春を…贈る」を幾つかお届けしてみたいと思います。

この最近 春と云う季節がらか
雑貨をお求めのお客様が多い気がしています。

お世話になった方へのお礼や
お母様の誕生日のお祝いになんて

其々の思いを込めて「贈る」という仕草が暖かく幸せに感じてしまいます。

本来ならば「感謝」の気持ちだけで充分のはず
ですが思いが深ければ何かしら形にして相手の方に感謝の気持ちを贈りたくなります。

a0255892_15200900.jpg
            大人のぬり絵です
            リラックスしたい…集中力を高めたい
            自分だけの楽しい時間を過すには最適
          
a0255892_15262446.jpg
a0255892_15280547.jpg
         リネンの生地の厚さは糸の太さや密度によって風合いを変えます
         厚めの生地はクロスやエプロンに使われます
         リーノエリーナはマスターズオブリネン認定の最高のもの
         リネンは毎日気軽に使えてナチュラルでエコロジーの素材です
         「リネンのある暮らし」をお楽しみください



そういえば私も子供のころから「贈り物」が大好きで
何か事あるごとに
相手の喜ぶ顔が見たくて…そんなふうに覚えています

  
それからどんな風にラッピングしよう…なんてワクワクしたりもしてていたようにも

不思議ですが今も何も変わらぬ自分がいる事に驚き
やはり私には天命なお仕事…最高の幸せを頂いているようです。

又私ごと…脱線してしまいました。

a0255892_15484146.jpg
        今治タオル
         コンテックスが創業時代から培ってきた方法を継承する
         「TOYODA織機」かつての名機が今でも現役で織り続けています
         オーガニックコットンをはじめ世界各地の優れた綿花を厳選し
         四国山系を源とする天然ミネラル水を使い…
         「シンプルで質のいいタオル」です


でもこんな風に様々なドラマが生まれ
ひとつの「贈る」を通してさらに多くの人たちを思う幸せの輪が広がるようです。


                      Droguerieの時間
                            2017.3.7


by aoikusah | 2017-03-07 14:47 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

京都「kiln」へ

今回も反省から
2月は2度の更新しか出来ずに終えてしまいました。

自分の決めごとを出来ずに恥ずかしく気落ちしています。

理由は色々とありますが
そんなことは関係なく成し遂げれなかったことが残念

しかしそう考えても何も始まらないので
今月はいつもよりも多めに更新出来れば嬉しい事になります。

a0255892_16404075.jpg
a0255892_16420777.jpg

私用で土日と東京でした。

そのまま月曜日京都に寄り戻りました。

昨年末たまたまテレビを見ていて偶然でしたが 料理人「堀越雅代さん」を知りました。

その番組の中でのこと
一瞬にして魂を揺さぶられてしまうほどの衝撃

「凄い人がいる…」

その言葉以外出てこない
テレビからも自信たるオーラが眩しくもやさしい
しかも人としての魅力も充分伝わる…

彼女の作る料理が食べてみたい

その瞬間までもを味わってみたい

すべてを見てみたい

感じたい

そんな思いが抑えられなくなり
多分テレビを見られて方は皆私と同じ気持ちになったはずでしょう。

今はお店を持たずに活動されているようでした。

京都四条の高瀬川沿いにある「kiln」というお店を以前手がけ…なんて

ならばそこへ
なので行って来ました。

a0255892_16425512.jpg

感想は
簡単に「素敵でした…」なんて言葉には出きるはずもなく

何故ならば全てが感性的なバランスに感じたからです。

重厚な佇まいではありましたが開放的で明るく
年齢問わずにいただけそうなメニュー

素敵…

次回はディナーを頂きに

時間を気にする事なくゆったりとすべてを味わいたい…

すべての五感を開放…

わたしが今捜し求めている答が

そこにありそう

                   Droguerieの時間
                        2017.3.1


by aoikusah | 2017-03-01 15:42 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)