カテゴリ:2015年3月・4月( 9 )

春の雨音での目覚め

今日の目覚めは雨音から
久しぶりに聞く心地いいやさしいしずくの音…
さなかに小鳥の声も “ チィチィ ピピピー ” と聞こえてきます。

時折車が通り過ぎるタイヤの音
雨水をかきわける “ シャーシャー… ” とそれなりに心地いい

私が感じている音が一体どのくらいあるのでしょうか。

a0255892_134473.jpg

           今が満開の時 Droguerieの春お薦めの一品です
           白の花を咲かせるアカシアも今を盛りと山を染めていますが
           このピンク色は珍しく皆さまを魅了しています

考える事なく日々暮らしていますが
想像している以上に耳から聞こえて来る音たちの存在に驚きます。

普段は自分が聴きたい音だけで生活しているのでしょうか?

人の持つ意識と集中力で聞き分けているのでしょうか?

騒音 雑音などと言われている音たちにも
暮らしの中で生まれている音
そんな事を感じさせてくれた今日の雨
久しぶりに身体が安まっているようです。

生命の神秘に時めいた4月も今日で終わり
明日からは暦の上では立夏
あおあおとした緑 さわやかな風が気持ち良い五月晴れの季節を迎えます。

a0255892_13121811.jpg

                   健気に咲くなんじゃもんじあやの花
                      愛おしくて…感謝です

もうすぐゴールデンウィーク

この時とばかり頑張って非日常を味わう良い機会ですから
皆でお出掛け!
素敵な笑顔があちこちから生まれそうですね。
まだの方は今からでも計画してみては

わたしは仕事ですが
仕事も楽しみながらの日々ですから
さらに楽しみながらを心がけてみることに致します。

居ながらに
身体の五感をすべて開放し何に出逢えるのか頑張ることにし

あえて今を見直し新しい事として受け止めれば
それもまた楽しそうですね。

a0255892_13404663.jpg

               今朝のやさしきパートナーのバラの花
                    いつしか会話が始まる

今食卓でブログ中
グラスに入れた白いバラの花を目の前に置き
時折眺め会話しながら 元気と幸せをいただきながら書いています。

自分にとっての 楽しいこと幸せなことは 
全て自分の手でいただくものと考えていますから

人に求める前に まずは自分の力で
それでも出来ない時は お願いしてして頂ければ感謝となります。

人は皆 持ちつ持たれつですから
それでバランスがとれています。

a0255892_1346516.jpg

                 母から譲り受けたスズランの花
                 今年も顔を見せてくれています

お願いばかりだと相手が疲れてしまいそう?

相手の立場に置き換えれば自分のすべきことが良く見えてきます。

自分の事となると棚の上…甘いようです 
しかも人には意外と厳しく…批判的
もちろん私も然りでしょう。

だから自分がされて嫌なことは決してしないこと
そんな小さなことの積み重ねが教訓となり
人としての品格を学んでいます。

a0255892_1319268.jpg

                    雪の下の花が咲き始めていま
                    雪のような小さな花びらが


わたしもまだまだ途中
最近は何が起きようとも
なるようにしかならずで
焦ることなくひとつづつ向き合いながら

“ ケセラセラ…なるようになる… ” こんな風に

そんなやさしいゆったりとした気持ちでいられるように少しなりました。

これが年を重ねていくこと

すこしは大人になれているのでしょうか。

                         Droguerieの時間
                                 2015.4.30
by aoikusah | 2015-04-30 11:57 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

藤の花咲く頃 …B.stuffと

初夏を思わすほど…爽やかな春の中にいます。

生命が宿る全ての条件が整い 
やっと無機質な冬からの脱出
ゆっくりと時を計りながら…静かな生命の誕生が始まろうと

a0255892_19204472.jpg

              バックたちにシラナミの梢をプレゼント
              新芽が芽吹きやさしい春を装いかけます

暦では春を迎えながらもまだ寒いこ頃
どこからともなくやさしい香りがただよう先に 梅の花が満開を迎えていました。

それからは
猫柳 万作 木瓜(ぼけ) こぶし 蕗の薹 土筆 すみれ たんぽぽ
椿 トサミズキ チュウリップ 桃 木蓮 雪柳 小手マリ 菜の花 桜 
花水木 山吹 藤 つつじ…と咲きつづき

今は庭のアカシアの木にピンクの花(藤の花に似ています)が咲きはじめ
その足元には雪の下の葉が色濃く群生しています。

a0255892_1926829.jpg

                     シクラメン色の小さなバック
                     使うほどに薫り始めるように

しかしこの季節に何故 “ 雪の下 ” と言う名前を?
そこには
葉の上に横を向いて咲く白い小花を降りかかる雪にたとえた…美しい名前
もう少し先 初夏の頃…その光景と出逢えるでしょう。

やっとポカポカの陽気になりました。

山が桜の花で薄ピンクに染まり始めたころ
雑木たちがいっせいに芽吹き  
爽やかな色とりどりの新緑へと様変わりしていきます。

a0255892_19302694.jpg

                     定番のバックが揃います
                   使うほどに味わい深く変わります

わたしを幻想へと誘い…感無量
そう!
この瞬間から希望の景色へと心弾み 夢心地の世界へと引き込まれ
生きていることへの感謝に変わります。

山が雑木たちの梢で満ち溢れ
小鳥たちとの合唱をも競って楽しんでいるよう…。

そして今は
その隙間をうめるように薄紫の藤の花が咲き始め 初夏へと季節を促しています。

昨日より “ 春のB.stuff展 ” が始まりました。

準備の中
お馴染みや はじめましてのBagたちが寄り添い
ギャラリー青い草での居場所をまず決めていきます。

a0255892_19344344.jpg

                  小さめなショルダーが並びました

全てがわたしが支配しているかのようですが
実は反対…私こそが逆に動かされているのかも知れないと感じています。

Bagと真剣に向き合いながら
集中して迷うことなく一度でことを決めています。

どの子も素敵に見てもらいたい…それが私の仕事
そうでなければ作り手の皆さんに申し訳ないはず

a0255892_19384540.jpg

                メッシュは希少価値の高い馬革を使用し
            軽くて使うほどに艶やかに馴染み生涯持ちたいひとつです

一日に何度もバランスをみながら
居場所を変えながら皆様との素敵な出逢いを募ります。

ここに鎮座したBagたちからは
本物の証のように革の薫りがやさしさをも放ち
此処とばかりに良い顔をしてみせているようです。


                                  Droguerieの時間
                                          2015.4.25
by aoikusah | 2015-04-25 18:54 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

大役を終えて

今朝は小鳥のさえずりと共に爽やかに目覚め
しばらくその会話に耳を傾けたまま
心地いい時間を楽しんでいました。

先週は目まぐるしい時間の中

11日のAyaのファッションショーと16日のベルソーのオープンと続き
この二つの大役をどうにか無事に終える事が出来ました。

a0255892_12423679.jpg

                    ついにショ―が始まります
                Ayaのデザイナー小原洋子さんから登場

10日にAyaさんたちをお迎えし
それからの半日…休む間もなくバタバタと準備と打ち合わせ
その緊張感は夢心地のような…何とも不思議な感覚
時空を越えた幻想のように過ぎていました。

その忙しく動きながら過ぎ行く中
身体にエネルギーが満ち溢れていくのが分かる不思議な体験をしていました。

a0255892_1312987.jpg

                 今やAayのパートナーが2人に
                 優しい高井さんが素敵なモデルとして

私たちはYMの時にショ―は経験させて頂き
今回は二度目となります。

大変でしたが
それ以上に皆様の楽しそうな笑顔と出逢えたことがよみがえり
Ayaさんたちと一緒にその感覚を再度味わいたいとの思いがありました。

ステージを組み立てて行くのは大仕事
だからこそ 人を感動させる程のことが起きるのだと。

Ayaさんたちは初めてのこと
観客の前をモデルとして “ 歩きながら見せる… ” はやはり緊張
足はガクガク顔はひきつり…だったようですがそれは最初だけ?
その後は緊張感に負けないほどの素敵な笑顔で
堂々と歩かれていたように拝見していました。

a0255892_13183677.jpg

                リネンのワンピースとパンツを重ね
                さわやかなおとなの着こなし…素敵です

初め良ければ全て良し…とにかくするからには完璧を目指すの根性でのぞみ
本当に頑張って良かった!
そう思える結末をいただいたようでした。

素敵な小原さん(社長)の笑顔が皆さんの心をわしづかみ
“ わー可愛い…素敵ね ” の連続で
誰もを魅了する優しいオーラをゆっくり降りそそぎながら歩かれていました。

“ さすが貫禄だ ” 
何時かそんな素敵な大人になりたいとみとれていました。

a0255892_13241436.jpg
                    即興でお客様を変身させていただきました  
                 お二人とも自分の変身ぶりに驚かれ
                 自分の分身に出逢えたような感覚でしょうか 

   
観客と私たちが共に一つのステージに立ち
Durogerie全部が笑顔に包まれ楽しく踊っているかのようでした。

しかもこれ程までにおしゃれに興味をもっていて下さることが嬉しく
楽しい時間を共有し響き合いながら
沢山の幸せを頂き感謝で幕が降りました。

a0255892_1353775.jpg

                  二日間の緊張を笑顔にかえて
                皆で記念撮影を…みんな感無量の心地で


ありがとうございました。

そしてショ―の4日後16日に “ Berceau ” のオープンを迎えます。

事はなりゆきから…
しかしすると決めた以上は精一杯させていただき完成させたい!
皆さまの笑顔に出逢える日を思い
やっとここまで漕ぎつけてきました。

そして小さくても幸せが一杯詰まった夢の空間が生まれました。

a0255892_13585093.jpg

                   素敵な看板ができました
                   庭にひきつめられた檜のチップが香り立ち
                   まるで森の中にいるようで癒されます

14日15日と最後の仕上げです。
商品の陳列…しかし中々思うようにいかず一日目が終わろうと
焦る気持ちが時間の無さに拍車をかけ追い詰め
久しぶりの壁に当たります。

子供服と雑貨のお店
優しい空間だけでは “ ゆりかご ” にはならない
何かが足りない…
もっと簡単な可愛らしさが必要なことに気がつきます。

a0255892_14132926.jpg

                  優しい空間が生まれています
                春のうららかな日差しの中で…ゆりかごのように

手芸屋さんで布を買い三角のオーナメントを作り始め…
それが吉と出るか凶とでるか?
神様はやはり存在していたようで いきなり優しい可愛らしさが生まれ
そこからは一気に夢の空間が広がりはじめました。

後は16日のオープン当日をドキドキしながら迎え
当日だけはBerceauの皆さんと一緒に感動の瞬間を過ごしながら
至福の時をいただきました。

a0255892_14175212.jpg

                    Bercoauの皆さまです
                   はじめまして…のごいさつから

我が子を旅立たせる親の思い
これからの成長が楽しみ

しかし旅は始まったばかり 
どのような冒険が待ち受けているのか それも又楽しみのひとつでしょう。

Droguerieも24日から始まる “ 春のB.stuff展 ” へ向けて準備がはじまります。

a0255892_14271467.jpg

                      素敵な庭ができました
            これから樹木が定着しさらにやさしく迎えてくれるでしょう


いつも

することがある喜び

している時の楽しさ

考えながらは

出逢えるものいただく時

そんなこんなが

生きていること

                               Droguerieの時間
                                    2015.4.19
by aoikusah | 2015-04-19 12:09 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

沢山の役割をいただく アヤとベルソー

先週無事にYM展を終える事が出来
皆で力を合わせ一つの目標に向かう厳しさや楽しさを実感したばかり
しかしその感動に浸る暇もそこそこに…次の企画へと向かいます。

明日 小原さんたちをお迎えし
最後の打ち合わせ そして準備と慌ただしく
しかも限られた時間の中で繰り広げられる事の大きさに
緊張すること間違いないでしょう。

a0255892_21492380.jpg

                 Ayaの素敵な看板が届きました

そう 春のコットンハウスAya展が始まろうとしています。

しかも私はもう一つ大切な仕事をこの数カ月させて頂いています。

お客様のお店 “ Berceau ” を立ち上げる事
昔より建物や空間作りにも興味があり好きな分野

今回も自分の事以上に燃えながら
我が子を育てる思いで現場へも足繁く通い
少しづつ形が見え始めると今までには無い多くの感動と
まだ見ぬ自分の笑顔までもを頂いているようです。

やはりするからには絶対妥協せず完璧を目指したい思いで臨みます。

a0255892_21521393.jpg

                   生まれたてのベルソーです
                  明日からの庭造りが始まり楽しみです

“ Berceau ” ベルソーは仏語で “ ゆりかご ” という意味で
子供服と雑貨のお店となります。
その名のように
そこにいるだけで優しさに包まれる夢の空間を思い描いていました。

そんな私の思いを形にしてくれているのは甥の正博君
若い彼には多くの経験が必要…勉強になればと多くの思いがつのります。

彼との二人三脚でのこの数カ月色々ありましたが
やっと4月16日(木)にOPENを迎かえます。

a0255892_17403183.jpg

              カッスルガーデンのエンブレスレースのブラウス
                     大人の優しい一枚として


今 最終段階まで
そしてこれからの1週間何が出来るかを考える中にいます。

やさしいお店に仕上がり
皆さまにも一度見て頂き 何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

今年に入り毎月楽しいことをして行きたいとの思いから
4月はAya…11日(土)からの始まります。

a0255892_21555678.jpg

                     やっと準備にとりかかりました

この一ヶ月は打ち合わせと慌ただしく
しかし大変だったのはAyaさんたち…とても感謝しています。

あと二日
すべての荷物が届き その出番と順番を待つ緊張がただよう中
私たちが出来る最終のおもてなしをと考えています。

そして素敵な晩餐と…当日を迎えているでしょう。

しかも予測ができぬほど 大きく素敵なものが用意されているように思え
今からドキドキ ワクワクしています。

内容として

Ayaから3月に出版された「心地の良い服やさしいスタイル」
この本を映し出すステージが用意され
本の中で紹介されている小原さんのアンティークコレクションも展示され
素敵な空間が見て頂けそうです。

a0255892_2159537.jpg

                 アンティークのものが沢山届きました
                  ひとつひとつ丁寧な仕事がうかがえます

そしてもう一つ
AyaとDroguerieとのファッションショー
これは私からお願いした企画
ショ―をみて頂く事に大きな役割があると思ったからです。

Ayaとの出逢いは四半世紀前のこと
しかし今もその頃と何も変わらなくあり続けている事の意味を

“ お久しぶり お元気でしたか…? ”

そのやさしい笑顔は25年間変わることなく存在し
私はそのさりげない仕草に大人として魅了され続けています。

a0255892_17312038.jpg

                    Ayaから素敵な花かごが
           大好きな自由が丘の “ ブリキのジョウロ ” から届きました


そんな方の手がける服が皆さんに何を伝えたいのか知って頂きたくて
ファッションショーを望みました。

Ayaの世界がどのような思いで展開されているのか?
私自身も再確認したくて
もっと深く理解できればと 今から楽しみとしています。

今回はAya自らの提案が見られ…しかもモデルとしてもステージに立たれます。
もちろん私たちもDroguerieからも
…らしいおしゃれを見て頂きたいと思いはつのります。

a0255892_2233935.jpg

                    庭のジュンベリーの木
                春の盛りと可憐な花を咲かせています


服は暮らしのひとつの道具とするならば

心地いい優しさに包まれるもの

気づけばいつもそばにあり

わたしに元気と自信を

今も

きっとこれからも…

素敵な暮らす道具のひとつに

これがショ―をする意味

全ては感じることから始まります

                     Droguerieの時間
                             2015.4.9
by aoikusah | 2015-04-09 11:26 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

感動のショ―でした

春の盛りを楽しむ時間も心のゆとりもなく過ごした週末でした。

27日にヤッコさんの到着を待ち
今や全国ネットで有名になりました光駅までお迎えに行きました。

久しぶりの再会に嬉しく…車中で
“ 東京はさくらが咲きはじめたのよ… ” と
映したての桜の画像を見せて頂きながら

a0255892_13413661.jpg

                   YMさんよりお祝いに
                 素晴らしいお花をいただきました

島田川河川敷に咲く菜の花
その土手に今にも咲きそうなふっくら蕾桜の並木を横目に
うららかな日差しの景色を背景に会話がはずみ
そして室積へ

スタッフ皆での大歓迎です。

久しぶりにbonの特製カレーを食べて頂き…束の間の休息に
お疲れだと思いながらも笑顔のヤッコさんに励まされるかのように

a0255892_13435517.jpg

                    モデルが着る衣装の打ち合わせ
                     決まるまでもがすでにショ―の始まり

“ では 始めましょう…!” の一声で

明日の本番に備え 会場作りとファッションショーの打ち合わせと
全てに有余がなく…気持ちは焦りながら事は運ばれます。

会場の準備が始まった頃営業の平原さんも到着され
そこから一気に会場がYMらしく出来上がっていきます。

その間 私も自分の持ち分を手早くこなし次への準備へと
時間を同じくし…とりあえず一段階として終え
皆が心していたショ―への打ち合わせと続きます。

a0255892_13532110.jpg

                  衣装合わせを真剣にすすめていきます


ヤッコさんたちとDroguerieのスタッフ皆でのミーティングが始まりました。
“ まずは… ”
本番さながらの真剣さにふるい立ち 自分たちも本気で向き合います。

何が何でも成功せさせたいと
言葉の一語一句に迫力を感じていました。

“ 今日の段階でほぼ完璧な95%まで完成させないと… ” と言葉も強く
始めて経験する厳しい現実に戸惑う暇もなく緊張が漂います。

a0255892_13564445.jpg

                緊張がつづき表情も真剣でかたくなりがち
                          …少し笑顔がでるように

私はするしかないの精神で来ていますが
心配なのはスタッフ
しかしその心配も束の間…皆の顔つきが変わり始めていきます。

ヤッコさんの気はくにただただ従うのみ…ついて行くのみ

衣装合わせから始まり
モデルとしての歩きかた
ナレーションのしゃべり方
時間の配分
ショ―全体の運び…

すべてが明日本番の30分のために費やされていきます。

a0255892_144367.jpg

                     時間を確認しながら
                        最終の打ち合わせに入ります

時間ギリギリまで打ち合わせ…後は明日の本番までに手直しを

当日28日も早朝から打ち合わせを繰り返し…
メークもヘアーもモデル仕様に変身することで さらなる勇気をいただき
ここまで来れば成功したい!

皆の気持ちを一つにし
円陣を組み “ がんばるぞ… ” と気勢をあげて

a0255892_1492528.jpg

                    本番前にもう一度
                 歩き方を練習しながら…緊張がピークに

ついに本番

招待の皆様への挨拶
音楽が流れナレーションが心地良く聞こえ始めます。

モデルは皆様に楽しんで頂くように精一杯の笑顔で堂々と歩きたいのですが
身体が震え…
“ これが最後の出番です ” と云われた時は
安堵と矛盾していますが “ もうおわり… ” と

しかし これから成果が動きだし
本当の意味での始まりとなり
次への挑戦が許される時をいただいたのでしょう。

a0255892_14134041.jpg

                   すべてを終え…みんなで
               ほど良い疲れと感無量の時をむかえていました

こんな素敵なショ―の贈り物を頂き

一秒一分の時間の重みを思い

さらなる飛躍へと繋げるよう

世界へ羽ばたけ

しかもこの時に

粋な計らい

桜が咲きはじめ

一年に一度の出逢いをいただいています

a0255892_14174664.jpg

           皆さまからやさしい言葉や気持ちを沢山にいただきました
                感謝でいっぱいです…ありがとうございました
                そしてこれからも宜しくお願い致します

                                     Droguerieの時間
                                             2015.4.1
by aoikusah | 2015-03-31 18:07 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(1)

YMのファッションショーが始まる

久ぶりの休みに何をしようかと戸惑いながら
ゆっくりした目覚めから始まる休日時間
春めく中…外へと気持ちは誘われていきます。

久しぶりに車を走らせ

思いがけず…早咲きの桜が咲いていたり
しかも 錦川の沿線の雑木たちにも色が付き始めたりと
景色は少しづつですが 春の装いへと支度が整い始めているようでした。

a0255892_19555719.jpg

                    春にいち早く咲く野のスミレ
                    可憐の姿から…華やかな香りを
                    わたしはそんなスミレに憧れます

2時間半
その時間が長いのか短いかと言えば
私には時めきながらですから束の間のよう
私の癒しの場所欅に着きました。

いつ伺っても何も変わらない時間がやさしく流れています。

さっそく季節のケーキセットを

私は小豆と桜のシフォンケーキとコーヒー
彼は苺のロールケーキを注文…

しばらくして…目の前のケーキに五感が順番に反応していきます。
“ おいしそう…美味しい… ”
心で歌い叫びながらの大合唱
大満足での幸せのひと時を過ごしていました。

a0255892_2011625.jpg

                      のどかな春の景色に
                        黄色の絨毯が広がります

                        
他愛の無い暮らしがこんなにも人を穏やかにしてくれる
たまにはこんな時間の過ごすことの大切さを思うとき

先日の新聞に

 始まりも

 終わりも

 ひとは一人

 だから二人が

 いとおしい

ためらいの無い言葉だからこそ
思わず深くうなずいていたようです。

大人としての暮らしに華をそえる 素敵な言葉に又出逢いました。

皆様にはもうひとつ華を添えるお知らせが

a0255892_2074385.jpg

                       ファッションショーの構成として
                    ヤッコさんが描いて…感謝の気持ちでいっぱいに

今週の週末28日(土)に
ヤッコさんプロデュースの企画として
30周年目のお祝いとしてDroguerieで開催いたします。

東京と山口とで
何度も打ち合わせをさせていただきながら
しかもかなり本格的な魅了的なショーが用意されていると確信

全体の構成はもちろんヤッコさん

日本のおへその部分東京で何がなされているのか?
なんて想像しながら見て頂ければと思います。

私もスタッフもこの時を緊張し待ち望み
まだまだ先のこととしていましたがもう目の前にきています。

a0255892_1021599.jpg

                気持ちの良い白のピンタックシャツ
                  春に欠かせないアイテムです

気持ちの上では何度も想像をしながらリハーサルをしていたつもりですが
本格的な最終の打ち合わせは
来店される27日(金)の午後からとなります。

私もヤッコさんと久しぶりの再会に心弾み
花咲くこのときに 沢山の華を咲かす事でしょう。

このブログに出逢った方は是非ショーをご覧頂ければと思います。

a0255892_2013952.jpg

                   タンポポのようにいつも笑顔でいたい

ひとの力を頂くときは

素直な自分になればいい

きっと明日から

倍の力となり

倍楽しくなるでしょう

こんな簡単なことを

みんなしていない…

                                
                             Droguerieの時間
                                   2015.3.26
by aoikusah | 2015-03-25 19:55 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

春にリネンを

春分の日を迎え暦ではすっかり春なのに
なかなか春爛漫にならずでいるようです。

昨日はうららかな春のころ…と
心浮きたち 春を求めてふらふらと出かけたくなる陽気でした。

今日は少し肌寒くなりましたが
気持ちは春を求めて高鳴り すでに春への飛行を始めています。

a0255892_1243724.jpg

                        春の日射しの中
                     Droguerieの庭にも早咲きの花たちで

待ちに待った花咲く季節の到来です。

花と同じく私も
身体中のすべての扉を大きく開き
今年の華をどう咲かすか
心は爽やかに燃える時に

私が一番好きな季節です。

a0255892_12472940.jpg

                  こごめ桜は満開の時を
             小さな白い花たちは春風を楽しんでいるかのように

この世のもの全てが解き放されるかのように
大らかでゆるやかな日々へと

春風が吹けば 春の香りに満たされ身心ともに緩やかになり
空を見上げれば 青い空白い雲に 透きとうるほどの心をもらう
そして素敵な出逢いを予感する今日をいただく

これが私が毎日家とお店の行き帰りの日々となり
春を思う時に…

その春に着ていただきたい服への思いが

毎年の事
星の数ほどの服が季節ごとに生まれ
その中から自分だけの一枚を見つけることは至難の業でしょう。

a0255892_1435398.jpg

                    エバムエバの麻の白シャツ
                    ざっくり仕上げた生地が柔らかく
                    永く着ながら自分のものに

そこで春夏はリネン素材のワンピースやシャツを!

今さらなんて!…思われるでしょうが
もう一度リネンについての知識を再確認しましょう。

リネンと言えば “ 麻 ” のこと。

しかし日本語の “ 麻 ” には色々な原料になる植物があるようです。

“ 麻はしわになる ” というイメージがありますが
これは残念なことに値段を安くするためにラミー(芋麻)を混ぜたものがしわになりやすいのです。

a0255892_1258670.jpg

                ミヤコとデニィールの麻のワンピース
                少し粗めの織がやさしく落ち感をさそい
                これからの季節に似合いそう

リネンはフラックスと言う草からとれる麻のことで厳密には“ 亜麻 ”ということ。

フラックスは工程が複雑なためシルクと同じほど高価なもの

そしてアイリッシュリネンとは
ヨーロッパの北部の涼しい地方(ベルギー.フランス.オランダ)で栽培される亜麻科の一年草
品質の向上を安定させるため連作はしないなど
本物だけを愛するヨーロッパの伝統社会の歴史を築き上げたものがアイリッシュリネンと呼ばれています。
つまり最高品質のリネンのこと
そこまで分かれば
リネンの魅力にはまります。

a0255892_1334098.jpg

               こんなにも麻がやわらかくてしなやかで
                  肌に触れるとさらりとふんわり

コットンのように安くてやさしい質感
吸水性 速乾性が優れ 肌に触れるといつもさらりとし

手入れは洗濯機で しかも毛羽立たないなめらかさ

ナチュラルなのに上質感がありエレガントでしかも丈夫

こんなにも相反する美しい魅力をもつのがリネンなのです。

何十年も変わらないで私を素敵にやさしくし
暮らしを引き立ててくれる美しいものがあるとしたら
あなたならどうしますか…?

私はすでにリネンに夢中
そして心地良い暮らし満喫しています。

a0255892_137336.jpg

                ものの良い証のように生地の端を使います
                    すべてを物語るかのように

リネン

日々のすてきなひびき

古き昔から

愛されはぐくまれながら…

やっと自分のペースで生きてみたくなった時

大切なものが何かが分かりはじめたころ

そんな大人な暮らしに

リネンと寄り添い

これからもさらに

素敵に進化しながら

変わらない暮らしの中に


                      Droguerieの時間
                           2015.3.22
by aoikusah | 2015-03-23 11:43 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

伊集院さんと出逢い

春の食材を待ちかねていたように
13日から “ 伊集院真理子さんの365日の土鍋展 ” が始まりました。

伊集院さんとは今回が初めての出逢い

a0255892_1604127.jpg

                    土鍋展へ…春の花入れ

イベント前日に初対面のご挨拶 “ はじめまして… ” から

休む間もなく荷物の確認や展示など
そして明日から始まる料理の仕込みと
機敏な段取りまでを手早くこなされて行きます。

やはり “ ただ者ではない ” と思わせるほど…
a0255892_14442322.jpg

                      一足先に桜を愛でる

私も前日まで展示会で留守をしていましたから
作品とも初対面
箱から出される鍋たちに…ついついニンマリの連続

美味しい食事を頂いている時も笑顔が溢れますが 素敵なものとの出逢いも同じこと
“ キャーすごい…すてき… ”
出逢う度にため息交じりの歓声が続きます。

a0255892_1673697.jpg

                      伊集院さんの咲かす桜が
                     みごとに満開を迎えています

感動しているばかりでは事は足りずで
料理教室の準備を一気にすすめ
気づけば空萌える夕刻に

伊集院さんは神奈川の平塚から…早朝からの移動そして準備と
かなりお疲れのはずですが 元気ハツラツな素振りに
少し先輩として 尊敬すべきものを沢山いただいたようです。

a0255892_16101157.jpg

                    裏山に咲くやぶ椿のころ
                           その景色に青椿をおもい

私も出張からの続きでしたが 疲れも無く興奮しながら
彼女の作品への興味と 
しかも料理とのコラボと待ち望んでいたこと

この二日間はアシスタントをさせていただき かなり充実した時間をいただきました。

土鍋と言う古来から受け継がれてきている伝統と文化を次世代へと進化させながら繋げる仕事として
意味ある事として受け止めていました。

a0255892_16133981.jpg

                      独特な世界観ですが
                   そこにあるものは全てがやさしさから

私のしている仕事も同じ事として考えていますから
ともに響き合える仲間として楽しい時間を共有させていただきました。

土鍋は偉大で凄い
それを楽しく料理して提案されていることに
大きな意味を残します。

a0255892_16154850.jpg

              ここでなされる料理は
                  すべてが身体を思うことから始まる

今の自分の暮らしを見直すこと
健康への自分を取り戻すことへの意味もありそう。

素敵な土鍋たちは19日(木)まで展示しています。

土鍋は冬だけではなく 365日使いうのもとして
しかも “ 煮る 焼く 炒める 蒸す ” と万能な鍋である事

しっかり受け止めながら “ 暮らす ” を頑張りたいと深く思いました。

a0255892_16184972.jpg

                 土から頂くエネルギーに応えるように
                       ヒヤシンスが香り高く放ちます

伊集院真理子さんと出逢い

土鍋と出逢い

料理と出逢い

おいしさに

口福をいただき

健康をいただき

笑顔をいただき

幸せになりました

                            
                         Droguerieの時間
                               2015.3.15
by aoikusah | 2015-03-15 15:06 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)

春のブーツを

春を満喫したいと思えば思うほど
今日もどんよりと曇り空

しかし仕方がない 
春になるための順番があるらしいから…

ひと雨ごとにうららかな春に近づくとすれば…それで良い!

しかも このどんよりとした空気にも
かすみ立つ景色にも春を思い
聞こえくる小鳥のさえずりの心地良さに身体を揺さぶられ
さらなる春の余韻を捜しているようです。

a0255892_2024662.jpg

                  秋に植えられた球根が
               春の陽ざしに応えるように芽を出し始め


ここまで来れば寒いと言えども春めくためと受け入れ
春の暮らしを始めています。

まずはおしゃれから

先日待ちに待った春のブーツが入荷してきました。

15年近くお世話になっている靴のメーカー(メルフォード) さんに
2.3年前から大人が履ける春ブーツを作ってとお願いしていたのです。

足入れが良く履いていて疲れない
身体に優しい靴を丁寧に作られています。

a0255892_2051794.jpg

                 春のおしゃれは足元から始めましょう

“ 良い靴があるよ! ” と
メルフォードの靴を紹介して頂いたのはビースタッフの先代の社長さんでした。

そのころ中々良い靴に出逢えず捜していたころ
見透かされたようで…さすがだと。

そして そのまま会社 (メルフォード) まで…
紹介して頂き…そのまま今に至ります。

今では欲しい靴があれば相談させて頂きながら
履きやすくて素敵な靴が求められています。

a0255892_2075542.jpg

                    バックスタイルも
                        タッセルが表情を豊かに

全てが “ これで良い… ” では駄目
妥協せずに “ これが良い… ” まで捜す
だからこそ日本製にこだわり 皆様にお届け出来ればと
日々Droguerieの成長へと心がけています。

これが今の自分がするべきこと 出来ることとしてあるようです。

早速試してみましたが 軽くてやわらかくて履き心地も良く 安心しました。
自信をもってお薦めしたい一つに加わります。

a0255892_20125575.jpg

                  やわらかなベージュは大人色
                      タッセルをはずしてシンプルに


今やパンツばかりでスカートがはけない方が増えているように

何故?

簡単だから?

少し頑張って時には女の子に戻りましょう。

a0255892_2017819.jpg

                ビースタッフからも春色が届きました
                  まると四角の二面…とても可愛く魅かれます

人生一度きり
どんなスタイルも着こなせる魅力的な大人の女性として輝けるのに

“ もったいない… ”

出来る事を出来ないとはじめからしないと決めつけている方…
人生もっともっと楽しく過ごせるとしたら
してみる価値 あるように思います。

おしゃれは生きて行く為に不可欠なものだと信じています。
何故ならば…
元気の源となるからです。
薬に頼るよりも健康のために副作用のないおしゃれに心がけましょう。

a0255892_202384.jpg

                  久しぶりにピュアな気持ちに
               二度と出逢えない可愛いさに一目ぼれ

おしゃれする人だけが手に入れることが出来るもの

それは自信と身心の健康です。

姿勢を正し

胸を張る

すでにこれだけでも素敵に変身できていますよ!

ここに来て!

日々の暮らすこと

話しましょう…

春よ来い

わたしを見ていて

すてきになれていますか?

                      Droguerieの時間
                           2015.3.6
by aoikusah | 2015-03-06 19:13 | 2015年3月・4月 | Trackback | Comments(0)