カテゴリ:2014年11月・12月( 8 )

今年最後に

今日も木枯らしが舞います。
しかしこの2、3日は陽射しが暖かそうに迎えてくれています。

心も穏やかな時が過ぎていますが
木や葉影が揺れ動けば 冬の気配へと呼び戻されてしまいます。

部屋には暖炉の薪がめらめらと炎を静かに燃え
心もゆらゆらと温かく
何もかもが どうでも良いかのように溶け始めます。

a0255892_14405363.jpg

                   暖炉の炎は身体中をゆっくりと
                      心から優しく包みます


暖炉からの薪の燃える匂いが 
私の煩悩までもを幻想の世界へ運んで行く 幸せな時間が流れています。

暖炉に火を入れるまでには多くの働きが必要

まずは暖炉の掃除から
煙突の掃除
とここまでは自分たちで出来る事なのですが

薪の手配ともなるとお願いするべきことに
冬を迎える頃には裏の壁際に薪が積まれ
そんな優しい冬支度をして頂き心からの感謝を思います。

a0255892_14484913.jpg

                Droguerieの薪は家の廃材を使います
                     パパさんに感謝です


そのお陰様で
私たちはこんなにも和む時間と空間を頂けている訳ですから 
寒いと言えない…
こんなにも温かい幸せを沢山頂いています。

外でのわずかな騒音からも
その仕草までもが伝わり 暖かな冬の景色として気持ち良く広がります。

クリスマス おめでとう!

皆さんはイブをどのように過ごされたのでしょう?

私にもクリスマスカードが…画像と共にメールで届きました。

a0255892_1791374.jpg

                     ニューカレドニアの景色


それはニューカレドニアからの便りで
真っ青な海と空が…庭から眺める素敵な景色でした。

私もその場所に身を置き…
すると
何もかもがそのまま止まったように 大らかにゆったりとして来ます。
寒さも忘れる素晴らしい景色が広がります。

多分その気持ちをお裾分けとして…ありがとう

此処にいながら頂ける
地球の裏側から届く温かい至福とて味あわせて頂きました。

H様たちの優しさに心から感謝です。
a0255892_14563379.jpg

                  今日のDroguerie 冬の景色です


しかし私には今年最後の大仕事が まだ手つかずのまま残されています。
そう!我家の大掃除です。

12月から始める予定にしていましたが…やはり無理でした。
中々自分の事となると追われなければ出来ない自分に…消沈ですが
ここに来てまだ可愛い自分を感じていたいようです。

可愛いと言ってはいますが単なるいい訳で
これからの伸びしろとして…課題として捉えています。

a0255892_1521352.jpg

                  これからが真の寒さを迎えますが
                   中庭にすでに春の足音が潜みます


この一年を振り
ここにきて 30年の月日の重さを少しずつ感じられて来ています。

今年の一番のご褒美は 
少しずつですが小さな素敵なご縁を頂き始めた事でしょうか。

30年もの間には辛いこと 苦しいこと 逃げたくなること沢山ありました。
しかしそのお陰で今の自分と出逢うことが出来たと思います。

気落ちすれば下を向き
そんな下向きさから 
小さな幸せを見つける技を学んだように思われます。

a0255892_15141164.jpg

                可愛い1才 優花ちゃんから頂きました
                  優しいお目目が愛おしくて


どんな大変な時でも
 
心を開くように目を開き 耳を澄ませば 

草むらに咲く小さな花や 小鳥のさえずりのように

自分の周りには沢山の幸せが沢山あることを知りました。

これからも同じ道ですが

もっと多くのことを

そして多くの事が待っていてくれると信じて

今年最後のブログとさせて頂きます。

来年までしばし…

                                    Droguerieの時間
                                          2014.12.25
by aoikusah | 2014-12-25 17:15 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

冬のしつらい…お正月

12月に入り毎週のように 大寒波により日本列島が荒れています。

私の住む室積は
瀬戸内で山と海に囲まれた温暖な所に位置していますから
雪は珍しくて…

先日も少し早目の雪に思わず外に駈けだし
子供のように “ すごい 雪だ… ” と無邪気にはしゃいでいました。
しかしこれも珍しい事として 素直に反応してしまいます。

a0255892_14564496.jpg

                     ししとうがらしと和紙で
                      お正月飾りをつくりました

報道で見る北国の景色には憧れてしまいますが
暮らすを思えば大変な事なのでしょう…?

やはり一長一短 何事も全て良しは難しい事としてあるようです。

急な冷え込みに心身ともについて行けずにいます。

a0255892_1559742.jpg

                    富山県五箇山和紙のお獅子
                 山の清らかな水に恵まれ職人の手で守られながら


Drogerieの暖炉のこと
毎年の事なのですが
どのタイミングで火を入れればいいのかと思いを巡らせていますが
ちらつく雪に今ここでと…
昨日暖炉に今年初めての火を入れました。

小さな暖炉ですがDrogerie全体を優しく隅々まで暖めてくれています。

薪がパチパチと音を立て メラメラゆらゆら炎を燃やし
ストーブの上のやかんは優しい湯気を立ちこめ
静かな時が流れます。

a0255892_157291.jpg

                      40数年前の母が娘を思う…
                   やっと日の芽をみたように嬉しそうです

いつまでもこうして眺めていたい…
心も身体もポカポカとほっこりして来るようです。

そう考えると
寒い冬の過ごし方も色々と…ゆっくりですが心暖まる時間を頂いています。

それからもうひとつ
今年最後のイベントが始まっています。

“ 冬のしつらいと暖かコート展 ” (18日~24日)

2階ギャラリー青い草にて お正月のしつらい
皆さんが楽しみに待っていて下さる企画の一つになります。

今年は植物の力をかりて 
南天を沢山活け込むことで 神聖で素敵な空間が生まれています。

a0255892_153153.jpg

                 素敵な南天の杜が生まれています
                  お正月を迎える支度を考えます

ここで久しぶりの豆知識

南天は日本原産の落葉低木
南天の音が
“ 難天 ” ( なんをはなれて吉句てんずるという心なり ) に通じるところから
古くから松竹梅や万年竹と同じく 正月の祝いの花に用いられているようです。

お正月は 新年の事始めとして何かしらの覚悟をと…そんな気持ちになります。
ですから自分へのけじめとして
新たな目標や目的を持ちたい日としても 大切な意味ある日としています。

そして
お正月は年神様やご先祖さまをお招きをする儀式として
一年の収穫に感謝し 豊作を願う儀式としても大切な行事でもあります。

日本列島 皆でお祝い出来る年初め 賑やかな光景が浮かびます。

a0255892_15545590.jpg

              京都羅工房さんにて手描きして頂きました
                 縁起の良い吉祥の図柄です

何故だか心が弾み神聖な時として
それを形にして心から念を頂く事も大事なことして受け止めています。

ですから “ しつらい ” は “ 室礼 ” としても頑張りたいと思います。

同時に 暖かくて軽くて着やすい…そんなコート展もしています。
年末年始に暖かくしてお出掛け出来ますように…

a0255892_17305153.jpg

                    着心地のいい暖かなコート
                    冬だからこそ綺麗な色で軽やかに

素敵な大人としてドンドン前を見て歩いて欲しい…と望みます。
ベーシックからカジュアルまでを
ダウンからウールまで 
今年最後まで精一杯頑張る気持ちで!

今年も後10日余りとなりましたが

身心共に 暖かく健やかに気持ちの良い年越しが出来れば最高に嬉しいですね。

a0255892_17363519.jpg

                 お客様のT様より30年のお祝いにと
                 白い花籠を…初心に帰るように
                 嬉しくて

                 
暖炉の傍に腰をかけ

心穏やかに本を読みながら美味しいコーヒーを頂き

暖かな家の中から 風に揺れる木々たちを眺め

風舞う木枯らしの音を静かに聞けば

心の風景を探る静かな時を頂き

最高に満ち足りた素直な気持ちを呼び覚まされます。

そして これからを想像する時間までもを頂けて

そんな寒い冬も たまらなく好きです。

                           Drogerieの時間
                               2014.12.19
 
by aoikusah | 2014-12-19 13:35 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

誕生が続き…最高

息子たちに待望の赤ちゃんが生まれ
とりあえず新しい家族に逢いたくて 11日12日と東京へ
そして昨夜戻りました。

そこには皆の笑顔が溢れていました。

そして なりたてのパパとママとベビーが存在し
最高の幸せと少しの不安とが見え隠れしながらも…安堵です。

後は子供が自然に親に育ててくれるはずですから…大丈夫!

命の誕生がこんなにも周りの人たちを温かく幸せにしてくれることの素晴らしさを
改めて思う機会を頂いたようでした。

a0255892_164460.jpg

                          病院へ車を走らせ
                          並木が優しく迎えてくれるように


もちろん 言うまでもなく愛おしくて可愛くて
いくら見ていても飽きなくて…ずっと見ていたくて

こんなにも優しい心地良さが 私の中で揺り籠のように何時までも揺れているようでした。
息子たち家族に感謝です。

何があっても今の気持ちを忘れないでいて欲しい
それが出来れば きっと皆で幸せになれるでしょ。

人生 何時の日も晴れの日ばかりではないでしょう?
時には嵐の日も訪れるでしょう?
しかし必ず治まり晴れの日は戻って来るはず
その日までは ゆっくりと時を待ちましょう。

a0255892_169534.jpg

                            横浜の赤レンガ倉庫へ
                             久しぶりに帰る時間まで


自分一人が大変だと思えば…大変となり
大丈夫だと思えば大丈夫となるでしょ

誰もが歩む同じ道…

思いを変えれば それもまた楽しくなるはず…の人生が私は好きです。

いつも笑っていたいですから…
“ 笑う門には福来り ”
誰しも怒っている人の傍よりも笑っている人の傍に居たいと思いますよね。

久しぶりに沢山の赤ちゃんたちに出逢えて
幸せのエネルギーを頂き帰りました。

a0255892_16142256.jpg

                 歴史ある港町の姿を残しながら
                  クリスマスを待ちうける楽しそうな笑顔が溢れて


11日はDroguerieの30年の誕生日でしたが
新たな命の誕生にすっかり忘れていました。

新幹線の中で携帯がメールを受信しています。
スタッフからの可愛い “ おめでとう ” の文字が…感激でした。

皆さんからも心温まる思いを沢山頂いています。

a0255892_16241618.jpg

                           お祝いの電報が届きました
                            心からの感謝です


今日は朝から幸せな気持ちに
スタッフ皆からと素敵なお花を頂きました。

皆の思いがそこにある…そんな優しい花束でした。

30年間の感謝を思います。

お客様にも幸せのお裾分けが出来るようにと正面のテーブルに置かせて頂きました。

a0255892_16304789.jpg

                    Droguerieの近くの素敵なお花屋さんから
                       最高の贈り物として
                      優しい言葉と共に頂きました


これから始まる1年は思いも深く楽しみながらと思います。

いつのタイミングでか…?

皆様と一緒にお祝いが出来る日を楽しみにしています。

皆様ありがとうございました。

                                   Droguerieの時間
                                         2014.12.13
by aoikusah | 2014-12-13 16:53 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(1)

30年への冒険

ついに師走を迎えています。
昨日と今日の繰り返しの結果…だけなのに
すでに気持ちが引き締まります。

そこには一年の始まりと終わりの日としての意味が
自分へのけじめとして意識させているようです。

年頭に思いを募らせ 始めていますから
一年を振り返ることとして
この12月は大きな意味をもたらしているのでしょう。

a0255892_1813175.jpg

                        雨上がりの今朝のテラスのようす
                            健気に咲いている白い山茶花


しかし Droguerieも後2回 素敵なイベントが控えています。

12月5日(金)~11日(木) 手編みされたKIのニット展

12月18日(木)~24日(水) 冬のしつらえと暖かコート展

この慌ただしい時だからこそ
最後まで心時めく自分と寄り添い励ましながら 
素敵な年の瀬を迎えて頂きたいと願います。

a0255892_18183398.jpg

                       明日から始まるKIニット展のようすから
                            全部が着たくなるほど素敵です


明日から始まるKI(石田和江さん)のニットたちは
一度持たれた方々にとっては すでに最高の相棒となっている様子
そして一度着られた殆どの皆様がリピーターになられています。

その理由として
軽くて暖かくてシンプル…ゆえに開放的な着心地の良さに心身ともに暖かく…
しかも憎らしいほどに素敵でおしゃれに着てしまえるのです。
そこに皆さんが求められる訳があるようですね。

a0255892_18234638.jpg

                  軽くて着心地が優しく
                  しかも心くすぐる程におしゃれでほっこりします


自然の力のたくましさと優しさが共有しているように感じられます。

年末最後に心待ちにして頂いているイベントのもう一つに “ 冬のしつらえ ” があるようです。
“ 毎回とても楽しみにしています ” とお声を頂いています。

生まれ持つDNAの中に組み込まれている “ 侘び寂 ” の世界を垣間見たい
日本の伝統文化を楽しみたい
そんな和の心に触れたいと思われるようです。

a0255892_18293952.jpg

                        次回のDMの写真から
                        紅白の山茶花のはなをしつらいに


今や家の事情も床の間や畳もない佇まいへと変わりました。
便利さを追求した末の事ですが 少しだけ寂しく感じてしまいます。

先人の方々に叱られてしまいそうですが

時間に追われて…なんて言い訳をしながら でも気持ちが大切と思い
私もとりあえずの年末年始をさせて頂いています。

そこで今ある物を使い 
Droguerieらしさでの
おもてなしをさせて頂きたいと企画しています。

a0255892_1836238.jpg

                      季節のもの マンリョウの赤い実に
                      愛おしくて宝石のようなしずくがひそみ


その頃にはDroguerieも30年目を迎えています。

これから始まる一年は 
今まで暖かく見守って下さった皆様への30年分の感謝を思い
これまで以上に楽しい企画 提案が出来るように頑張りたいと
色々と試行錯誤している最中です。

そんな中 最近ひとりで思うこととしてこんな事を…

私も久しぶりにひと皮むけた自分と出逢いたい!

今までの自分ではない

そんな自分と出逢いたい。

私に足りてないもの

はたしてそれが何なのか?

a0255892_18541147.jpg


頑張ってみますが出来るかどうかは不安?

その結果は
今の自分が一番楽しみにしている事になるでしょう。

素敵なドキドキしながらの未知の一年へ進め!

まずは自分の知らない世界へ…

冒険の旅へ…

                                   Droguerieの時間
                                          2014.12.4
by aoikusah | 2014-12-04 19:02 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

寒さゆえ気持ちは暖かく

11月最後のブログとなります。
次回は師走…駆け足のように早く過ぎてしまいそうです。

先日 お客様のI様より素敵なお花を
さり気なく “ おめでとう ” と他のお客様への配慮のように小さな声で
白の胡蝶蘭を頂きました。

a0255892_18514246.jpg

                   純白で気品高く凛々しくもあり
                     優しく全てのものに染まる色として…


しかも その演出のさりげなさが最高に素敵で
セロファンで包まれる訳でもなく 
オリーブグリーンのリボンが茎を束ねてあるだけでした。
それが簡潔でカッコよくて 
その方の感性の素晴らしさに感服させられてしまいました。

いつもブログを読んで頂いている様子
なので30年目のお祝いに…
思いがけないサプライズに大きな幸せをいただきました。

その幸せのお裾分けに 今回のブログで紹介したいと思ったのですが
そこで問題が発生します。

a0255892_18593096.jpg

               こんなにも素敵なオリーブグリーンのリボンが
                   優しく結ばれただけで…


さて…このリボンの色を伝えたいと思うのですが今の私には深緑?
しかも一番の要となるべき大切な所ですから

緑色について調べてみることに…

一言で言い表せないのが当たり前…300~500色位?あり
途中までは数えていたのですが 余りの多さに途中で断念…
その中でオリーブグリーンと呼ばれる色を選びましたが
改めて言葉や単語の難しさを学びました。

しかも この色はこれからの人生で忘れない色としてありそうです。

そしてこの頃になると一年を振り返る季節ともなり
一年の感謝を込めて贈ったり贈られたりの気持ちのやりとりで幸せをいただきます。

a0255892_11423779.jpg

                1年の感謝を込めて贈るもの
           今治kontexのオーガニックコットンの優しい肌触りです


普段はお世話になりっぱなし…
甘えっぱなし…
お世話焼いたり焼かれたりの繰り返し…など

この季節は 日頃の感謝に気持ちを添えての贈り物が出来る時でもあります。
その方の笑顔を思い浮かべながら何にしようかしら…
なんて考える時間も贈り物の一つとして 
相手を思う大切な事のように思われます。

私もこれからを思うと多忙の日々が予測されますが
今は未だ のんびりゆっくりとした時間を過ごしています。

a0255892_1984033.jpg

               暖かいウールのストールも喜ばれそう


今はこうしてブログを書いていますが 
部屋の窓から見えている景色は
Droguerieの屋根と黄色く紅葉した葉をかすかに残したアカシアの梢
その奥に紅葉を迎えた山々が雨雲に包まれて寒々しく佇んでいるようです。

何となく気落ちして来ます。

冬は自然界から色が消え 無機質な世界へと誘われて行きます。

もちろん
冬はそれが良い…
冬はそれで良い…
しかし せっかくならば
その冬ならではを楽しむ事にしましょう。

a0255892_1911347.jpg

                   12月5日(金)から始まる
              KI 石田和江さんの手編みのニット展から


寒いからと言って背を丸くするのではなく
寒いからこそ堂々と胸を張りながら寒さを受け入れ楽しみましょう。

まずは暖かなおしゃれから…

軽くて上質で肩の凝らない緩やかな着こなしを頑張って始めましょう。

a0255892_19313646.jpg

               この季節にグリーンのセーターと
               ヴラスブラムの軽くて暖かなロングコートを
               シンプルな大人としての着こなしです

暖かな食卓

暖かい想い

いつの間にか雨も上がり太陽の日差しが心に届き

私の気持ちを小春日和に少しだけウキウキと暖かく…

                                    Droguerieの時間
                                          2014.11.27
by aoikusah | 2014-11-27 18:16 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

大人なクリスマスを

10日後は師走を迎えています。
月日は待ってくれる気配もなく刻々と時を刻んで行きます。

ここに来てようやく時間に負けない有意義な日々を過ごしたいと焦ります。
しかし中々思うようにいかずに格闘しながらの日々を過ごしています。

21日 昨日より ギャラリー青い草 にて 
“ 星の数だけ祝福されてのクリスマスとMIYACO展 ” が始まりました。

a0255892_19273052.jpg

                 カフェもクリスマスに模様変えしています


世界中がワクワクしながら待ち続ける大イベントですから…
私の中でもかなり大きな存在としてありました。

今週に入り さすがに気持ちは焦りだし
まずレイアウトから
何となく考えていた事を形にしていきます。

その配置が決まれば全体を想像出来るようになり…
ここで大きな勘違いが何時も起きるのです。
本当はこれからが大変な作業が山のように有るのですが
あたかも出来た様な錯覚におちいります。

a0255892_19314444.jpg

                 ニッチがコーヒーの香りに包まれて
                    キャンドルの灯かりで


2日前からは仕上げの作業に取りかかり始めるのですが

森の中に住む妖精たちと一緒に過ごすクリスマスにしたくて
今年も自然の恵みとして杉や檜を少し頂きに 近くの山まで車を走らせます。

欲張り過ぎずに丁度良い加減を頂きます。
わずかな枝さえも残さずに…感謝しながら全部使い切り
最後に残る小枝は 
逆に愛しくて皆に見てもらえるように カフェのテーブルに飾りたくなるのです。

自然の恵みに感謝し感動しながら完成して行きます。

a0255892_19355416.jpg

                         今年は大人な感じに


クリスマスのものたちは小さくて可愛いものばかり…

ドイツやフィンランドで手作りされた木のおもちゃ
森に住む妖精たちもたくさんいます。

ハートを持った女の子の妖精や男の子
今年はどの子とご縁を…
なんて考え その子たちの居場所を見つけながら森を作ります。

自然の恵みから生まれ 人の手の温もりの中で育ち
やがて私たちの心の中に幸せを運んでくれているようです。

今年のクリスマスは少し大人な感じて仕上がりました。

a0255892_19384676.jpg

                   山の恵みに感謝して
                     温もりのあるフェルトを飾りに


クリスマスを迎える支度は家族皆でしましょう。
私も子供の頃を振り返れば 
その時の楽しさが懐かしく思い出され…心が温かくなります。

準備もスタッフみんな良く頑張ってくれていましたが
夕方母より電話があり

“ ささげを煮たのだけれども おむすびにして皆にあげようかと思うのだけれど… ”
と遠慮気味に

“ もちろん皆喜ぶに決まっているよ…! ”

“ じゃぁ 後で取りに来て… ”

皆にその事を伝えると大喜びで…

“ これからもっと頑張れます! ” とはしゃいでいました。

a0255892_19434564.jpg

                 MIYACOのレースのように素敵な花かごに


手前味噌かも知れませんが 母の作るおむすびは本当に美味しいのです。
母なりに皆に気を使ってくれているようで嬉しく
ありがとうの感謝でした。

今回はMIYACOの服と一緒にと考えていましたから…大人のクリスマスとなり
素敵なレースと可愛い妖精たちとで素敵な空間が生まれています。

一つのものを造る時は皆の気持ちが寄り添い その瞬間はとても輝くことになります。

a0255892_1946967.jpg

                クリスマスとMIYACOの服たちが寄り添い…


そんな中 サプライズが一つあり
TINAの長谷川さんより荷物が届きました。

とても軽く振ってみても音もせず
“ なに? ” と興味深々

届いたことが嬉しくて 直ぐに開けてみることに
黄緑色の包み紙がオレンジと黄色のフェルトの紐で素敵に結ばれていました。

紐をほどき出て来たものが
箱の真ん中に赤のフェルトでハートがズドンと…思わず

“ キャー可愛い…! ”

とてもチャーミングな手紙も添えられていました。

a0255892_19514738.jpg

                  心臓がはみ出しそうなハートでしょ


響き展の時のお礼として送られて来たのでした。
箱の中にはフェルトのリングが9個入っていました。

“ エー可愛い過ぎ…! ”

スタッフみんなも大感激の嵐で大変な騒ぎに…

大きなハートからノックアウトさせられた激的な幸せを頂いたようでした。
こちらこそ嬉しくて感謝で一杯になりました。

そんな最中の出来事でしたから クリスマスも幸せの中で完成を迎えました。
1週間だけの異空間の出来上がり…
だからこそ その日の為だけに頑張れる事としてあるのでしょう。

a0255892_19553679.jpg

                色とりどりのフェルトのリングが…可愛い!


一期一会の繰り返し

だからこそ同じ出逢いはしたくても出来ない出逢いとして分かっているのです。
27日まで開催しています。

きっと可愛い妖精と出逢えますよ!

今年のクリスマスはどのように過ごされますか?

私のイブはとっておきの魔法のリキュールで乾杯を…

                                      Droguerieの時間
                                            2014.11.22
by aoikusah | 2014-11-22 18:13 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

友との旅

前回に引き続き土曜日の更新となりました。
とはいえ この最近はほぼ週末でしょうか…?

今週も展示会へ…そしてその延長として友との旅( 鬼怒川温泉 )へ行って来ました。
子育てを終えた50歳の時から始めた幼なじみとの旅ですが
気が付けば12回目を迎えています。

1年の時の早さを感じながら
共に元気に過ごしている事を確認する旅としてあるようにも…

a0255892_17485690.jpg

                       日光 鬼怒川の清流下りを楽しみました


今は盛岡 千葉 東京 山口と住まいは違いますが
同じ故郷を持つ同志として50年前に戻れるのが不思議です。

しかも まだまだ皆現役として…お互いに刺激し合えています。

出逢えば
“ 変わりなく元気そうね… ”

お別れの時は
“ 又来年も元気に会いましょうね… ”
と約束し東京で又の再会を約束しての別れをしています。

a0255892_175258100.jpg

                     鬼怒川に架かるつり橋からの景色です
                            本当に怖くて…


保育園から高校までずっと一緒に過ごした友ですから
何を言われたとしても今さらで終わってしまうようですね。

肩に力を入れることもなく…
会話が弾まなければ無理に弾ます必要もなく…
自然体でいられる不思議な存在なのです。

普段はほぼ音信不通なのですが
1年に1度だけ…まるで七夕のようにこの紅葉の頃を楽しみにすることとなります。

そしてその日を迎え
ゆっくりとたっぷりと時間をかけてのんびり旅が始まりますが
再会しての2日間は楽しさ故に束の間の時間として過ぎてしまいます

a0255892_17573935.jpg

                       ワールドスクエアへ 代々体育館
                         気持ちの良い紅葉の中
                            世界を25分の1で回ります


行きあたりばったりの旅…移動はレンタカーを借りて気ままな旅

車を戻す時にはガソリンを満タンにして返すこととなっていますから
スタンドにて満タンに

“ おいくらでしょうか…? ”

“ 264円です ”

“ エー! ”

思わず皆して顔を見合せ
いくら距離を走ってないとはいえ2日間ですから…最初は驚きました。

今回も “ 465円 ” と言われましたが もう驚く事はないですね。
今の私たちには時間を気にする事なく近場でゆっくり過ごす旅が楽なようです。

a0255892_1831627.jpg

                  フランスのエッフェル塔だ!
                   しかし東京タワーにスカイツリーが見える?


今回も天候に恵まれ秋晴れの下で素敵な紅葉をはじめ
沢山の自然に心を弾ませていました。

いつも東京在住の友が全てをお世話してくれているのですが
毎回の事として “ ありがとうございました ” と
心からの感謝で始まり終わります。

そして “ これからも末長く宜しくお願い致します ” と伝えたいのですが…

a0255892_1883226.jpg

                    こんなにも心撃つ細やかさに感動
                    25分の1の風景から垣間見られます


そして慌ただしい展示会も今年は今回で終わりとなりました。
次回は年明けと共に始まりますが しばらくは日々の暮らしを楽しむことといたします。

今年もすでに1ヶ月半を残す所になりました。
皆さんは今年の年頭に今年の決意など…されていませんか?

私はと言えば…多分したように記憶していますが
その内容をはっきり覚えてなくて…残念ですが…

a0255892_18172835.jpg

                  花公園にも
                  ベコニアの花が大輪の花を咲かせています


覚えている方々は未だ間にあいますから最後まで頑張って下さいね。
後少しの方にはきっと最良で終われるはずですから もうすこし!

私は浮きのようにフワフワしていながらも頑張る事も出来ると信じたいです。

何をしていても楽しんでさえいれば

頑張ってさえいれば

今年は今年の風の中

a0255892_18203598.jpg

                      手入れされながら綺麗に育まれています


しかしいつも今以上の目標を思い それに向かうべき努力は怠らずに

少しは休みながらも必要だけれども

あくびしながらは駄目かもしれない

そんな思いでゆっくりとたっぷりと

後もう少し…


                                      Droguerieの時間
                                            2014.11.15
by aoikusah | 2014-11-15 18:42 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

つらいことのりこえてね

11月に入っても尚 目まぐるしく動いています。

3日4日は久しぶりに等々力で蕎麦屋をしている娘夫婦と孫たちと過ごして来ました。
まめな方では無い私の家族は普段は余り連絡もとらずなのですが…
良く言われている…何もないのが無事の知らせと

しかし 本当は気にはなりながらも忙しさに追われて
気が付けば時間が合わず連絡も取れずが本当なのかも知れません。

a0255892_16132230.jpg

                         朝 目が覚めるとそこには
                         紅葉の高原の景色が広がりました
                         牧場でロバと馬に…気持ち良さそう…


夏以来の出会いに
孫たちが待っていてくれるのかと少し心配でしたが
玄関で顔を出し待っていてくれていました。
そして駈けより “ けいこさん… ” と抱きついてくれて嬉しかったですね。

着くなり “ お腹がすいた… ” と
蕎麦屋も忙しい時間で お昼の用意は少ししてありましたが…
そこで私の来るのを待っていたようでした。

そうめんの用意がしてありましたので一緒に作る事にしました。
お湯を沸かし そうめんを入れて茹で…ざるに移し水で洗い
孫に教えながら…
 
a0255892_16201178.jpg

                           花奈のフォトグラフです
                             中々素敵に撮れていませんか


“ ヌルヌルを取ると美味しくなるから…おせんたくするようにゴシゴシして… ”

“ わかった… ”

“ 何か他に作る? ” と聞くと

“ 花奈が作ってあげようか? ” と

“ じゃぁ 作って… ”

“ わかった… ” と冷蔵庫を開けてきゅうりを取り出し

“ かんたんだからね ” とマナ板と自分の包丁を出し 半分に切り始め…

“ 小さい方が良い…?” なんて聞かれて

“ 冷蔵庫からマヨネーズだしてね… ”

  きゅうりを切っただけの料理でしたが
  初めて孫から頂く料理として嬉しくて 早速3人で頂くことにしました。

“ いただきます ”

“ おいしい? ” と 聞かれて

“ おいしいよ! ” と

“ たくさんたべて…まだあるからね… ” と言われ本当に愛おしくて…

“ もっと美味しくなるように少し作っても良い… ” と聞くと

“ エー…いいよ… ” あまり乗り気ではなさそうな返事が
  薄焼卵を焼き ハムとを細く切りテーブルへ

“ 出汁の中に入れて一緒に食べてみて…美味しい? ” 

“ おいしい!おかわり… ”

そんな他愛もない会話が心地良く癒されて行きます。

a0255892_16273034.jpg

                    青空 紅葉 爽やかな空気の自然豊かな中で
                              気持ち良く散歩ができました


今回は久しぶりに娘達の家族旅行に一緒に…楽しいひと時を過ごして来ました。
花奈は8才 玄太は5才になりましたが 相変わらずはしゃいでは泣き…まだまだ子供
大変そうですが誰もが通る道…やはり可愛い…

2人から久しぶりに手紙を頂きました。

家族としての意味も深く 優しさと愛されていることに感激します。

花奈はホテルの備え付けのメモ紙に書いて 手渡ししてくれました。

  表書きに
   元気でね。
   つらいときものりこえてね

何でしょう…驚いてしまいます。
娘と顔を見合わせて笑ってしまいましたが
子供は神の子なのでしょうか…かないません。

今回も楽しい事色々とありましたが 
2人からの温かい手紙が最高の贈り物となったようでしした。

日々は家族と言えども色々あります…
しかし言葉なくとも理解し合える大きな存在としてあるようです。
これから又頑張る力を頂いたように元気がよみがえります。
素敵な時間をありがとう。

a0255892_16332092.jpg

                        YMらしいステージが出来ました
                         今が盛りの紅葉にも負けないほどの


4日5日は東京での展示会でした。
すでに街の景色はイルミネーション…冬のクリスマスの中へ誘われます。

6日は7日から始まるYM展の準備
中々身体の切り替えがつかないまま時間に追われて走りだし…
そのうちYMモードのスイッチが入り始めます。

a0255892_16365755.jpg

                        後染めの発色と
                        ガーゼなどの生地感に優しさを思い
                             着心地の良さを感じます


私が一番好きな時間として

今回はYMと皆様を結ぶ空間をどのように提案したいのかが身体を巡ります。
しかもDroguerieでは無くてはならない服ですから…大事です。

何時もの事 走り始めると楽しくて楽しくて…
気が付けば後もう少しの所まで進んでいます。

後は仕上げ…
此処からが勝負と気合いが入ります。
それは自分の身体がその場所の空気と一体になれば一気に出来上がります。

今回もYMさんからお手伝いに来て頂き
準備の段階で本物のYMの魂をスパイスとして頂き…一緒に仕上げさせて頂きました。

a0255892_1648365.jpg

                        マンサクの木も紅葉し始めています


秋の紅葉のように
木々たちが来年の春に備え冬支度を始める命の盛りのように色付き
しかもYMには たくましさや優しさまでを感じてしまうのです。
そこには人の思いが手仕事として丁寧にされているからかと

そんなものたちに出逢いをして頂きたい機会として…

7日初日を迎えました。
賑やかな中 皆さん楽しそうに過ごされている様子に幸せを頂きます。

するべき事のある幸せ

自分の居場所がある幸せ

感謝出来る幸せ

して頂ける幸せ

健康である幸せ…

a0255892_16431324.jpg

                   Droguerieの庭にも山茶花の季節が来ました
                     寒くなり始めるとそっと…貴重な冬の花として


そして楽しいことを まだまだ見つけ

楽しいこと まだまだしたい…

孫から教わる

つらいことのりこえて…これからも

                                      Droguerieの時間
                                             2014.11.8
by aoikusah | 2014-11-08 17:16 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)