カテゴリ:2014年1月・2月( 7 )

花びらのようなYMに

今週の初め2度目の東京でした。

天気予報では2日目は又雪が降るように…
先日の東京での大雪を思い不安でしたが 雪降ることなく
無事に戻る事が出来ました。

都内にはまだ至る所に雪が残り…
その後の寒さを物語っていました。

気温も低く 風は冷気のように頬をさします。

雨水を迎えたにも関わらず まだ寒さは続いています。
雨水とは 降る雪が雨へと変わり 氷が解け始める頃の事です。

なのに此処に来ての大雪はすごいですね。

暦の上では春だと言うのに 
ただただ先の楽しみとして 待つことになるのでしょうか?

a0255892_8393940.jpg

                             花びらのように春のYM展のDM


今回の展示会は夏の終わりでした。
私たちの周りではこの様に半年先の暮らしを思いながら…
これから先の楽しみを思い描く事から始まります。

これが結構大変なことでもあり
だからこそ面白くもあり これまで続けられて来ているのでしょうね。

作り手と自分との戦いだと思えています。

その位 自分たちを素敵にしてくれる洋服の魔力が 面白いと感じています。
知れば知る程奥が深くて…

そう簡単には 素敵にもしてもらえずのようです。

だから毎回戦士の如く 乗り込むかのように…
しかもエネルギー満タンで望みたいのですが 日ごろに追われそれも中々難しく…

東京から戻り イベントの準備と続きます。

a0255892_8411953.jpg

                   DroguerieでのYMの世界を紹介しましょう


今回は私の大人としての憧れでしょうか…ワイエムファション研究所の春
“ 花びらのように春のYM展 ” が金曜日から始まりました。

忙しい中イベントの為に毎回来店して下さり 感謝で一杯です。
今回もYさんのお陰で素敵な空間が生まれています。

YMらしい 花びらのような春ができあがり
この時だけの空気感を味わって頂きたいと思います。

出逢いも20年以上もさかのぼりますが…

この世界で働いた事もない私でしたが
人一倍の好奇心だけは持ち合わせていたようにも…

その頃 私の原点となる一つがYMとの出逢いでした。

素敵な服があると聞けば 迷うことなく何処までも出かけていました。
今思うと大胆な行動をしていました。

a0255892_845478.jpg

                        春の目覚めのように
                        太陽の日差しを浴びて移り行く色


YMと初めて出逢った時のこと… 
恥ずかしいのですが どう着こなせば良いのか分からない状態でした。

今までに余り見た事がない 素材や色デザイン全てに圧倒され
その場に自分の居場所がないと感じた事を良く覚えています。

“ どうしよう? ”

後悔していたのかも知れません…
しかし 今さら逃げる訳にもいかず 多分頑張ったのでしょうね。
自分以外の方々が 華やかでキラキラして見えていました。

そんなYMでしたが 今では欠く事が出来ない
個性的で自分らしさを引き出してくれる とても大切な存在となりました。

a0255892_8471526.jpg

                    YMの花畑に
                    ストックとチューリップを添え 香り豊かに


ヤッコさんの考える 自分の着たい服に対する情熱が優しさに変わり
そのものに身を任せば 自信が持てるような不思議な力を頂けます。

ゆっくりと時間をかけて 分かり合えるおしゃれです。
 
今思えば 知らないとは とても大きな勇気を生むようです。

ただこの世に素敵な物は無いかと ただそれだけでしたから…
ゼロからのスタートでもありましたし
誰一人相談する人もなくでした。

そんな時の出逢いを頂けた事や
これまで温かく見守って下さった事に対しても 感謝で一杯です…

ただ後悔だけはしたくない! 
すでに始めていましたから 後戻りは出来ないと思いはありました。

ただ今よりも若く もっと体力があった頃ですから
一生懸命に がむしゃらに走り続けていたように記憶しています。

a0255892_8513320.jpg

                             窓越しに並ぶ白いシャツは
                             春に着たいと思わせます


今は ほんの少しだけ 
この地で 穏やかに素敵に暮らす為には何をと考えます。
したいことは何かと 想い描く事が出来るようになり始めて来ています。

その為には 沢山の事が繰り広げられます。

その一つひとつが自分のこの足で稼ぐ事が一番の力となり
全ての源となります。

何をすれば 皆様に喜んで頂き 笑顔に触れる事が出来るのか…

おしゃれには定義はなくと思っていますから
だから 何をどうすれば良いのと考えてしまうのでしょうね。

私は自分磨きをしてさえすれば 
知らず知らずの内に 内面から溢れる魅力で満ち行き
気が付けば 素敵な大人として成長している…が理想です。

a0255892_8544172.jpg

                      春色のYMのシャツの中に寄り添う
                      八重咲きのチューリップが より色を添え


私の周りにはそんな方で溢れているようです。
そこに幸せな私がいます。

今日もドゥログリーは春の香りに包まれています。

冬の間 眠っていた感覚を取り戻すかのように…
梅に続き 菜の花も咲き始めているようです。

もうすぐ 河川敷や土手などに可愛い黄色の花畑が広がり 
春へと誘うでしょう…

p.s.
今回のブログも遅くなってしまいました。
ご心配頂いた方もあるかなって思いますが ただただ忙しさに追われての事…
とても元気に歩いています。

27日(木)までYMの世界を繰り広げています。
是非YMの世界観をお楽しみ頂ければと思います。

                                    Droguerieの時間
                                          2014.2.23
by aoikusah | 2014-02-23 09:02 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

雪の狭間に

今日は小さな日々の中から 

立春を過ぎた頃より 日本列島が雪の嵐で吹き荒れています。
まだまだ2月は寒いとは知りつつも 驚異的な雪で
日常にも様々な支障が及んでいました…

皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私と言えば 自然の摂理には敵わない訳で 何時もの如くされるがままに
ならば それを楽しむ術を捜すだけのこと…

a0255892_17515362.jpg

                         T様より頂いた写真より その1
                          小枝の先の葉 霧がかかり結晶となり


雪降る景色を呆然とただただ眺め 心も雪のように…
冷たくも 優しくも 暖かくにも気持ちは移り行き

薄化粧の景色に ほんのりその時を香り

銀世界には 自然の神秘と命を覚え その深さに感銘しながら
今の自分と重ねながら ひと時を楽しむのでしょう。

もうすぐ春だと思いながら…

先日 母より “ 蕗みそ ” が届きました。
春一番の山菜 春の味覚です。

若芽に蓄えたエネルギーが 独特の香りと苦みを作り出すかのように…
私たちが冬の間に眠っていた身体を 目覚めさせてくれる大切な味となります。

新陳代謝を促す春の苦みです。

早速夕食に
まずはそのままでお酒のつまみとして
“ 美味しい! ” 

そして 炊きたてのご飯にたっぷりとのせて…
やはり “ 美味しい ”

口に入れた瞬間に 蕗のとうの春の香りがひろがり
苦みが味噌の甘みと絡み 春の味として幾度となく繰り返し 堪能するばかり

春の恵みに感謝 そして母にも…

単細胞の私ですから
身体中の細胞たちが春と目覚め 動き始めたかのような気がしてきます。

a0255892_1757057.jpg

                       その2
                        凍りつく川のせせらぎを前にして
                        桜の大木に霧氷の花が咲く


そしてこの数日で 我家の古木の梅の木にも春の訪れが
まだ一分咲きですが 白梅の花が咲き始めてきました。

いつの頃から 此処に立ちつくしているのか定かではない古木…
剪定されることもなく 優しく佇み
毎年沢山のドラマを見させてくれています。

こんなにも厳しい寒さの中を いつ どの瞬間で まず誰から咲くのか…
と相談しているのでしょうか…?

決して華やかとは言えない梅の花だからこそ
見れば見るほどに愛おしくなる花の姿に 
次第に 優しい穏やかな思いが湧いてくるようです。

きっと控えめな歳半ばの花の精が 潜んでいるのでしょう。

丁度私もその年ごろ…いやいや想像はもっと年老いた静かな花の精のはず…

a0255892_1812836.jpg

                         古木の白梅の花が可憐に咲き始め


梅の開花の頃はまだ寒い日々のころ
障子越しに 暖かい春の陽ざしの中で眺めていたいと思わせてしまいます。

そんな可憐な白梅の木に
今年も咲いてくれて “ ありがとう ” と
これからしばらく 楽しめる時を頂く事になります。

今朝も冷え込みが続いていますが
ゆっくりとですが 春の足踏みが近くに感じられるようになりました。

ドゥログリーから数分の冠梅園の “ 梅まつり ” も
今週末からと予定されています。

斜面一面に咲く梅林は 春の訪れをいち早く告げてくれているようです。

私も春を迎える支度なのか
身体から冬間に蓄積された不純物が流れだすかのように
体調のバランスが取れにくい季節を迎えます。

いつものお守り 整体へと向かいます。

まだ薄暗い早朝から車を走らせながら 車窓の景色も楽しみます。
そして 着く頃には気持ちの良い朝を迎えています。

a0255892_1853441.jpg

                       その3
                         雪解けが つららとなり
                         雪解けのその瞬間の時 落ちる雫


その日はとても風が強く
街路樹の木々が ユサユサ ワサワサ と大きくしなやかに揺れ
思わずその動きに心魅かれ 目が釘付けとなりました。

街路樹とは言え同じ姿 形は ひとつとして無く 皆個性的に立ち尽くしています。

その木々の枝たちが風に舞う姿に 人の仕草と重なりつつ
 
人が手招きしているように…こっちこっちと誘われ…

もっともっと頑張りなさいと応援してくれているようにも…

こんなにしなやかに踊れているわよ!見ていてね…

なんて風のいたずらに心穏やかになり 
まるで絵本でも見ている様な錯覚を覚えるほどでした。

こころ ワクワクと弾み 顔 ニヤニヤとほころび行く自分に気付き
おとぎの国へと迷い込んだように 嬉しくなり得ています。

a0255892_181440100.jpg

                     その4
                      銀世界の中に赤い木の実を残した木と
                      白い雪が吹雪の中に存在する



遠く見える工場の煙突からは 真横に煙が流れています。
これが現実の強い風 寒さを一層増す冬の風…

季節ごとの風が 周りの景色をも様々に変えている…

雲が流れ 空気も流れ その中にある景色すら流している風に 思いを寄せれば
これ程までに 多くの環境に様々な風が吹いている事を認識します。

ここまで来れば北風ではなく
空の色や 冷たくても空気の気持ち良さに 南風を感じてしまいます。

もうすぐ春一番も吹くでしょう。

昨日 久しぶりに私に沢山の刺激をくださるT様が来店され
まずはお元気そうで嬉しくて…

相変わず仕事に趣味にと充実した日々を過ごされている様子

カメラと共に季節ごとの場所へと向かい
今日は西へと明日は東へと…どこまでもと…

その身の軽さたるやどこから来ているのでしょうか?

冬はやはり 雪のようです。

a0255892_1818255.jpg

                         その5
                          ふかふかとした真っ白い雪の草原を
                          野うさぎが可愛い足跡を残し


その時その場所までもの時間を費やし 逸る気持ちを抑えながら迎える時
頂点に上り詰めた自分が其処にいる…

どのような思いなのか どれほどの感動なのかしら…

その瞬間を捉えるべき一コマとして 写真に写し出される事に…

行く事が出来ない私には 見せて頂く映像が私の心の旅となり
いつでも見られるようにと頂いています。

今回はブログにて その雪の旅を皆様と一緒にしてみたいと思います。

零下の世界へ誘われて…

人は成す術もない自然を目の前に 何を感じ思うのでしょうか?

                                    Droguerieの時間
                                          2014.2.13
by aoikusah | 2014-02-13 18:20 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

雪が降る

立春を迎えたその日 私は東京にいました。
夏の展示会で2泊3日の旅の途中…

一番寒くて辛いこの季節の展示会となります。
その日 東京は雪になると天気予報で…
とにかく 寒くない様に沢山着こんで出かけることにしました。

東京の冬は 無機質のビルの谷間を吹きさらす風で 一層寒く感じるようです。

こんなにも大勢の人たちで溢れている大都会の中
見知らぬ人達が 交差するほどに足早に行きかう街

その中に佇ずめど 気持ちを交わす人は誰もいない… 
寒さが手伝ってか 心までもが寂しくなってしまいます。

a0255892_19029100.jpg

                              午後7時の渋谷駅
                              大粒のぼたん雪が降り


やはり予報通り 夕方より大粒のぼたん雪が深々と降り始め
見る見るうちに雪一面の銀世界へと… 

その頃 吉祥寺の展示会場にいたのですが
隣の公園の木々の枝先まで雪が積もり 幻想的な景色となり 
どうせ寒いのならば 雪との遭遇は嬉しくもありました。

傘をさし歩いていると “ ボソォ ボソォ ” と
傘の上で積もり行く雪の精が 静かで優しく聞こえ共に歩きます。

目には大粒のぼたん雪
かき氷機の刃金から サクサクと削り落ちる優しい綿のような雪が舞い
久しぶりに見る雪に感動していました。

大きな口を開け 降る雪を食ベていた子供の頃を懐かしく思い
深々と冷え行く現実との狭間に 心の温まる景色を想います。

今や汚染された雪となり
少し悲しい環境へと…

皆さん足を止め この立春の日に降る雪をカメラで写されたいる方々が多く
この日のこの時の記念として…

a0255892_193118.jpg

                         外は冬
                         室内に小さな花壇が出来ました


そしてこの日も お友達と一緒に食事の約束をしていました。
日比谷線の恵比寿駅に6時に待ち合わせをし
少し早目の時間でしたが 寒くてホームで待つことに…

皆思いは一緒らしく
早目の集合となり そのまま八丁堀 “ 伊藤家のつぼ ” へと
予約の時間まで少し早く 駅のベンチで時間の調整を
これもまた他愛の無い話に盛りあがり 楽しい一時に…

いざ出発!
程々にお腹も良い感じに空いて来ました。

私たちが一番乗り…
ご主人の心温まる料理を堪能できる時間は 私たちを至福の時へと誘います。

a0255892_19574.jpg

                            優しいピンク色のラナンキュラス
                            香りも優しく


美味しい食事は 美味しいお酒へと…
今日良く頑張ったご褒美として…明日から又頑張る活力にもなります。

何を食べても “ おいしい ” と大きな声で言えるこの時が素敵すぎます。

旬の物や季節の先取りされた物に 手間ひま惜しまずの料理たちに
伊藤家の感性と愛情を感じ 心奪われてしまうのでしょう。

いつも満席 勿論今日も満席です。
皆の笑顔が溢れ 会話も弾み 幸せの真ん中にいるようです。
ついつい長居をしてしまいます。

又来させて下さいね…

何事も永遠に続く事はなく 楽しい食事会も終盤を迎えます。

外は 降り続いていた雪は止み 冷たい風が温まった身体を誘います。
今日も一日が心地良く終わろうとしています。

a0255892_1971989.jpg

                       優しいオレンジ色のラナンキュラスは
                       まるでバラのように美しく


2日目は “ ギフトショー ” へ

毎年春と秋の2回開催され 出展社数2400社が世界より集結しています。
感動するほど心ときめく出逢いを求め 毎回出向いています。

今回のテーマは “ 創造と発見 世界に広げようギフトの輪 ” でした。
人と人 心と心のコミニケーションのひとつとしてのギフトが
素敵な出逢いとその輪を広げる為にあると…

恥ずかしがり屋さんも 照れ屋さんも 自分の思いをギフトにして託す事で
意志の疎通をはかる事が出来るように…

その日は10時から夕方6時まで 歩き回り捜し求めていましたが
心振るわせるものに 出逢えない自分がいました。

私が世の中に 何を求めているかが大切な事で
今のままでも 色あせない魅力を感じられれば…それで良いのでしょう。

a0255892_19182293.jpg

                         コットンハウスAyaから
                         エンブレースのポーチが届きました


若い時とは違い 多くを知り行く中 そうそう感動は生まれずにいます。

もっともっとの要求に押しつぶされそうになったり…
し続ける難しさを年々重ねているようです。

同じ事の繰り返しを どのように楽しむかが今後の課題のようです。

2日目の夜は A社の方と食事をご一緒させていただきました。
其の夜も刺激的な晩餐と…

同じ目的を持つ同志のように 刺激と勇気を頂きました。

後輩の私とすれば まだまだ未知の世界を知り
するべき事も多くと思う機会となりました。

自分の経験では出逢えない世界を …
人の歩まれた時間と空間の供給を許された時に
未知の世界を覗きみ出来る喜びに 学ぶ事も大きく

a0255892_19214694.jpg

                  CERASUSのブレス
                  ターコイズ ソーダライト アイオライトの天然石が
                  様々な真鍮のチェーンに遊ばれて


自分がこれから先も 出逢えないはずの話を聞きながら
ドキドキしながら 楽しい時間を頂いたことに感謝しております。

そんな時 春の芽生えのように私の中で
小さな何かが生まれ始めているような気がしていました。

私自身もまだ見ぬ得体のしれないものが…

東京の雪の中で 心の春が訪れたようで うららかな気持ちで帰路に着き…

昨日の山口は雪となり 夕方にはすっかり銀世界へ…

今日から始まる春の企画に花を咲かすようにと
今朝は雪も止み 雪解けの滴が春の小川のように…

チュウリップ ラナンキュラス ヒヤシンスなどの春の花たちの優しい香りにのせて…

a0255892_19145442.jpg

                     エヌビュローのベージュのタフタのスーツを
                     光沢と張りが程良く 素敵に

 p.s.
   少しだけきちんとした服展
    2月8日(土)~14(金)

  やがて 暖かくなり桜の季節を迎えます。
  これから迎える様々な節目の時へと…
  少しだけきちんとおしゃれ出来るお洋服を 提案させて頂きます。
  MIYACOのレースを中心に お届けしていますが
  自分らしくある為の着こなしを 春の香りと共に見つけましょう。
  より素敵な自分と出逢うために…
  心よりお待ちしています。

                                       Droguerieの時間
                                             2014.2.8
by aoikusah | 2014-02-08 19:26 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

冬の雨に春をみる

深夜 心地いいリズミカルな雨音に 夢の又夢のように目が覚めてしまいました。
久しぶりに聞く優しい雨の音です。

しばらく子守唄のように聞いていたのですが…
いつの間にかスヤスヤと眠りに付いていたようです。
気が付けば朝を迎えていました。

今朝の空気は春の如く優しく ひと雨降る度に春近しのようです。

雨の音と共に久しぶりに爽やかな時が 私を優しく包み込んでくれているような…

雨が降るにも関わらず 鳥たちのさえずりも弾み
“ チィチィ チュンチュン チョッチョッ ピュピュ … ”
様々な声なのですが 擬音語にすると
今ここで聞こえている楽しそうな彼らの語らいが 上手く伝えられずにいます。 

いつもと違う声高らかな声が こだまのように気持ち良く…
何をおしゃべりしているのか教えて欲しいほどです。

a0255892_17322599.jpg

                        Droguerieの玄関の入り口に置かれた
                        小さなバスの花壇に 春の花を
  

外の気配が知りたくて障子を開けてみました。

深々と優しい雨が降り続いていますが 
テラスの先の山ぼうしの枝先に 雨だれが花のように咲き 

その一つひとつのしずくの中に違う世界が潜み 覗き見したいと心弾み
まだ見ぬ春の景色を想像してしまいます。

昨日までは 静かな部屋に エアコンの音 ヒーターの音 外で行きかう車の音だけが…
ただ機械的な音にしか聞こえずにいました。

昨日と今日 たった一日 されど24時間の時の流れが
私の想いを此処まで変えるとは驚きます。

時間と空間がなさる業とすれば 自然界は 全ての未知数であることを再び思い
いずれ訪れる春を 信じて待つことも楽しみへと変わります。

しかもこの時期は 私の要注意な時としてでもあり

体調を崩しやすく
勢いよく走って来た証のように…
一年のお疲れ様のご褒美のようにも…
欲しくは無いものを頂く憂鬱さは はかりしれません。

a0255892_17343945.jpg

                        黄色の小さなラッパスイセンの花が


悔しいけれど 珍しく気持ちが低迷しています。
でもここで負けてなんかいられない…と思いながらも
こうして書いているブログも 文字が中々前に進まずにいます。

健全な身心から 全てが始まるようですね。

昨夜から 優しく降りそそぐこの雨が
私に春の息吹を吹き込んでくれたかのように
負のオーラをかき消し 勇気づけてくれているようです。

しかも この最近沢山のお陰様を頂いています。

日頃お世話になっている方々に 一年の感謝を込めて
年末に心ばかりの贈り物 ( cafe' bon のスタッフが心をこめての手作りお菓子 ) を
お届けしています。

“ ありがとうございました とても美味しく頂きました ”
とお礼の電話を頂き 温かい会話も弾み 二度目の幸せを感じています。

気持ちでさせて頂いた事が その気持ち以上のものとして返されることも多く
とても恐縮してしまうのですが…

a0255892_17402487.jpg

                              ここ数年咲いていない山椿に
                              5つ蕾がつきました


そのひとつ お年始の挨拶として
素敵な本 “ コトバの森 ” が届きました。
素敵なご夫婦が手掛ける服は ドゥログリーでも欠く事の出来ないもの
こだわりの もの作りを提案されている “ S社の芙杏さん ” からでした。

本当に驚く程の感激で…嬉しくて
人を思えば そこには必ずと言っていい程
相手の思いもそこにあるようです。

贈られた方の感性に触れ 私の大切なものが 又ひとつ増えたようでした。

その本の中に
 “ 身心一如 しんじんいちにょ ”
   心と体がひとつになり
   物事に集中している様子のこと。
   ただし 明確な目標と
   強い意志がなければ
   その一体感は得られません。
   気持ちが進まないときは
   “ その時 ” を感じるまで
   待つことも必要でしょう。 

a0255892_17512688.jpg

                          つくしひな ( 博多人形 )
                          美智子妃陛下御買上賜品として


読ませて頂いている時 今の私の心が そこにあると思いました。

そう! 身体を休める事も大切な仕事として…

これからは少しずつ 身体のリズムを調節しながら
今の自分と 向き合いながらが大切だと思い始めています。

しかし欲張りなのかなぁ 
絶えず歩いていたいし…感じていたいと強くなるばかりです。

勿論 今は自然に身を任せていますから 流れるままにいます。
素敵な出逢いを夢見ながら…

自分だけの視野からでは 想像できない広がり行く範囲で
はかり知れない大きなものが
人と人とが繋がり 起こりえるその数だけ
素敵な刺激が増えて行くようです。

a0255892_17552654.jpg

                          バレンタインデーがそろそろですが
                          私は自分の為にチョコレートを


そんな関わりを頂けることが とても幸せで 嬉しくて…
自分を取り巻く人たちに感謝ですね。 

一緒に居てとても楽しく 居心地が良く… 
同じ体内時間を持ち合わせているのでしょうか…不思議です。

こんな素敵な雨の日に
これから始まる一日を思います。

小さなちいさな波紋がゆっくり広がりますように…


                                   Droguerieの時間
                                          2014.1.30
by aoikusah | 2014-01-30 17:58 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

無機質な冬に

一年の内でもっとも寒いと言われる 大寒を迎えています。
この厳しい冬を忍ぶ… 春を待つための大切なひと時なのでしょう。

植物や動物たちも 万物が眠りの時へと…
優しくも 力強くも 自らが生き抜く術を長い年月を経て学んで来たように…

落葉した枯れ木も 冬の象徴ですが 私には寂しそう 可哀そうとは思えず
丸裸になれども 何時も凛々しく見えています。

自分の事を誰よりも熟知し 
その上で 我が身を守る為に葉を落とし 厳しい冬に備えます。

土の中でしっかりエネルギーを蓄え いずれ訪れる春を待つ為に…

しかし 冬の寒さの中でも芽吹き 生命の素晴らしさを教えてくれる物たちもいます。
マンリョウやナンテンの赤い実は 厳しい冬に咲く花のように見えています。 

a0255892_2012848.jpg

                                 Droguerieの庭に咲く
                                 健気な赤の山茶花の花


そして椿や山茶花も 粉雪の降る中 
黄色のめしべを見せびらかせながら 元気に咲いています。
固くしっかりとした 濃い緑色の葉に守られながら…

誰も寒い日には 家から出たくなくなりますが
健気に咲いている花たちを見ていると 挨拶をしなくてはと…ついつい庭へ

冬の景色は 零下に近い大気だからこそ神秘的にも映り
凍りつく気配の中で見せる姿に 感動してしまいます。

空は青く澄みわたり 雲を低く落とし 素敵な鈍よりの冬の空へと
不思議と癒され 感性をもくすぐる楽しめる冬の空へと…

いつの日も その時々の楽しみ方があるようです。
何故か 穏やかで優しい気持ちに満たしてくれる 冬の景色です。

寒いからと言って 何も事を起こさないのが一番悲しいかも知れません。

寒すぎて外出できない日には 家の中での楽しみ方を見付ければ良い事…

a0255892_20155136.jpg

                               薄紫色のニオイスミレ
                               スミレの香りに心は春へと

私だったら
まず 普段より少し丁寧に掃除をし 心のリフレッシュをします。
居心地の良い空間が生まれる事で 心地良い気持ちと時間が流れ始めます。

冷えた身体には 温かい飲み物と好きな音楽を聴きながら
本を読んだり 庭を眺めたり 瞑想したりの時間を過ごすでしょう。
この上ない至福に包まれそうです。

今の私には少し難しいようですが
毎日のように 朝のひと時 このような過ごし方を少しだけ持つようにしています。

私の一日の始まりに大切な時となり
“ 頑張ろう ” “ 生きている ” と思う瞬間のようにも思えます。

人は皆十人十色で 考え方も 捉え方も違うかも知れませんが
今の私が思う “ 生きる ” は
“ 生きるもの達と出逢うためにあるのでは… ” と思われます。

皆 ひとりではなく
万物と何かしら関わりながら 暮らしています。
その一つひとつと向き合う事が 人をより深く感動させてくれているようです。
その感動から 元気を頂き生きるエネルギーへと変わり行き…

a0255892_20193966.jpg

                          オリジナルレース
                          グレー地に大好きな花柄を黒一色で 


“ しあわせ ” も又 一緒だと思います。
自分がどう受け止めるかだけではないでしょうか?
良くも悪くも 二つにひとつの選択となります。

生きて行く上で 不足を思わない人は まず居ないでしょう。
ただその思いを開放出来る人は 早く幸せを手の中に掴める人かと…

例えば 庭に花が咲いています。
この事から何が生まれるでしょう。

可憐な姿を見ることから…小さくて綺麗と時めき

香りを匂うことから…ほのかに甘い香りに包まれ優しく想い

手にとって触れることから…ビロードのように柔らかくて癒され

皆に “ 見て!” と声をかけることから…みんなの歓声が生まれ

花を摘み花束にして差し上げることから…みんなに幸せを届けられ

こんなにも多くの幸せの波紋が広がります。
気が付けば こんな小さな幸せはゴロゴロと其処かしこに…

小さな花にも心があり その心と会話が出来るとすれば
人生何倍も楽しくなれそうです。

a0255892_19224631.jpg

                      オリジナルレース
                      ハシゴレースを10色の糸で楽しく 素敵に


もっと自然に触れることが出来れば 自分を見つめる事にも繋がりそうだし
その瞬間から 皆生まれ変われるような気がしています。

私たちは自然の中で共存しているのですから…

何も変わらないと思われがちな 冬枯れた庭 山々 空 太陽…
耳を澄ませば鼓動が聞こえ 小さな変化は毎日のように繰り返されているようです。

私たちと何ひとつとして変わりなく…

見つけた者の勝ちですね!
見つけた数だけ心豊かに過ごせるでしょう。

この冷たく無機質な冬の時間だからこそ
研ぎ澄まされる感覚の中で ゆっくりゆっくりと過ごすことも
冬の素敵な暮らし方のひとつでしょう。

これから迎える春を 待ちわびる準備として

春になればと心の中で想像しながら その時を待つ…

ゆっくり休息して 春の日の為に力を貯える時としても…

a0255892_20272844.jpg

                        一針の芸術 エンブレース展のDM

p.s.
 一針の芸術 エンブレース展
   1月24日(金)~30日(木)
 昨年の夏からの想いがやっと形になりました。
 まだ生地が生まれたばかりです。
 エンブレースは 一度に千本の針と糸とで織りなす芸術です。
 複雑に柄を浮き出し その姿に心魅かれます。
 自分の人生のひとつとして 何時もそばに居て欲しいと願うひとつです。
 皆様に素敵な出逢いをして頂ければと願いながら…
 久しぶりに3柄オリジナルを作らせて頂きました。
 これから始まる素敵な大人時間をエンブレースとともに…
 ひと手間かけられた本物は 心も身体も優しく包み込みます。
 この期間に一度ご覧下さい。
 心からお待ちしています。

a0255892_20313294.jpg

                                 Droguerieの時間
                                       2014.1.23
by aoikusah | 2014-01-23 20:34 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)

いつ だれかが 気付く

昨夜 戻りました。

今年初めての展示会で 東京へ行って来ました。
いよいよ今年も始まった という実感がしています。

そして来週も と続きます。
毎年の事ですが ほぼ月2度のペースで上京しています。

私は飛行機が駄目なので 新幹線 “ のぞみ ” での4時間20分の旅となります。
本を読んだり 考え事したり 景色に想いを馳せたり 眠ったりと
気持ちの旅も 中々良いものです。
身体は少し疲れるかも知れませんが…

a0255892_18214944.jpg

                         下坂やつき作
                         久しぶりに貝ボタンが入荷しました


その週末には
去年の夏より温めていたエンブレース展が いよいよ始まります。
皆様の反応が心配で 正直ドキドキしていますが 勿論ワクワクもしています。

まだ どの様にして見て頂くかは思案中なのです。
やはり何時もの事 切羽詰まらなければ動けない私がまだいます。

ですから 私自身もどの様な展開になるのか
今からとても楽しみにしています。
 
今年初めての企画です。
良いスタートが切れればと 不安で一杯なのです。

今朝の目覚めは 疲れがまだ残っているのか身体が重い…
そんな時には障子を開け 外の気配を感じる事にしています。

冷たい空気の中 日差しも優しく 
小鳥のさえずりが聞こえ 気持ちの良い朝を迎えています。

小鳥たちは 朝から元気一杯のようです。
“ 空気は冷たいけれど ほら! こんなにも気持ちの良い朝ですよ!頑張って… ” 
と 言われているようです。

さえずる声には不思議と心温まり 癒され 自然と元気と勇気が湧いてきます。
しかも 春の気配までを感じてしまう私は変でしょうか。

本格的な寒さは これから始まろうとしているのに…

それとも小鳥たちの 春を待ちわびる心の響きなのでしょうか?
“ 春よ来い 早く来い… ” と

a0255892_18242424.jpg

                    B.stuffより春物が届き
                    アップルグリーンの小さめなBagが春らしく


すでに1月も半分が過ぎてしまい 時間の早さは相変わらずに…
気持ちの焦りを感じています。

いつも上京した時には 時間が合えば お仲間と夜ご飯を頂く事にしています。
今回は子供たちも一緒に 年の初めの新年会でしょうか?

老いも若きも一緒に 賑やかで楽しい時間を共有する事ができました。
優しい皆さんと子供たちに感謝です。

しかし老いと書きましたが 自分では決して思っている訳ではなく
ただ流れとして書いていますが…
気持ちはとてもピュワで 若者には負けていない自信も少しあり…

その会食の時間 4時間位でしょうか?
色んな話が飛び交います。

まだまだ したい事が沢山あるわね!…あれも これも なんて…

その時Sさんが
“ 今年の目標は何にする?
  こんなこと考えるのは この先短い私たちが思う事なのよ!
  だって振り返っても 私だって若い頃にはこんな風には考えてない気がするわよ… ” 
って言われてしまいました。

子供たちに尋ねると
“ やはり そこまでは考えていない気がします ” と

a0255892_18283467.jpg

                      ヤッコマリカルドのピンタックのシャツ
                      二枚を重ねて着てみては


人生の予測がつく
後10年 20年となっている今の私たちだからこそ
こんな考え方をしているのかも知れませんね。

私も今から40年前では その時々を頑張っていただけのように
その時をただ ただ一生懸命に…

でもその自信すら 今考えれば不安に思われます。

だからこそ 残りの人生ともなると 
後悔しない為に…もっと前向きに 歩きたいと思うのでしょう。

一度きりの人生 無駄にしたく無いですね。
どう頑張っても 折り返し地点は遥かに過ぎていますから…

自分の人生は 自分で決めて歩くものですが
そうそう思う様には成らずで
それが又 楽しむ事にも繋がり行き…

思いのままに成る人生は ただ時間が流れているだけのように終わり
波乱万丈だからこそ 
その時の何倍も楽しく過ごせ 幸せを感じられるのではないでしょうか。

川の流れのように身を任せる時もあれば 時には逆らう時もと…
それもまた必要な時間だとすれば 向かい撃つしかないでしょう。

新しい自分と出逢うためにならば…

あくまでも理想ですが 大人となった今は
苦しい時こそ楽しい事を一杯考え 笑って通り過ぎたいと思います。

しかも こんな他愛もない会話が 楽しくて 嬉しくて…
仲間って素敵ですね。

それに 子供たちの成長も少しずつですが垣間見る事が出来ます。

その一人で T君がとてもユニークな経歴を持ち 
今はイラストレーターとして 無茶苦茶頑張っているようで…

a0255892_18323768.jpg

                     tarouryu作
                     浮世絵のバックページを手掛けています
                     彼の世界観がうかがえて


今回 “ HAIR MODE ”
雑誌の連載に抜擢され その作品を見せて頂きました。

10年以上も彼を見ているせいか その現実に感動して…
勿論 その才能にも驚かされています。

皆様にも見て頂きたくて写真を撮って来ました。
夜の室内での明りの為 写りが悪くて何となくですが…

彼の独特な世界観があるようです。

彼の目標も 険しく長く続く道のりですが
一歩一歩と自分の夢に近づいている様子に エールを送りたいです。

“ 良く頑張ったね!おめでとう! ” と

  
そして我が子たちも 少しずつですが顔が締まって来ていると…

 
彼たちにも夢があり その夢に向かう準備を今頑張っている段階ですが
これからも続く 長い茨の道でしょう。

a0255892_18375721.jpg

                        オリーブとオレンジリーフの香り
                        パッケージの色と香りに魅かれます


“ 若い時の苦労は買ってでもした方が良い ”
と昔から言いますが
若き時の身心には 乗り越えられるだけの力があるようです。
多くの経験を積んで欲しいと願います。

私も母からその昔 良く言われた言葉のひとつです。
何度となく 心の中で繰り返しながら…

今の私たちには 子供たちのような若いエネルギーはありませんが
その分 感性と経験から来る知力はあるはずです。

その年齢ごとの頑張り方はあると思いますから
今の私の歩み方で この一年を始めてみる事にしています。

一生懸命歩いている姿は誰も美しく 魅了されます。

しかし真の美しさは 誰も知らない所でコツコツと成されており…

この時が一番輝いている時でしょう。

いつ だれが 気が付くのでしょうか?

                                         Droguerieの時間
                                              2014.1.17
by aoikusah | 2014-01-17 18:41 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(1)

孫から教わる年の始めに

明けましておめでとうございます。

2014年を迎えています。
早くも10日が過ぎようとしていますが
今までになく 新年の目標が見つからないまま来ていました。

大人になれば成る程 単純にならずなのでしょうか?
今朝 久しぶりに気持ちの良い目覚めをしました。
外では小鳥がさえずり のどかな1日を予感させてくれていました。

そう!

重い身体や気持ちを 奮い立たせるのではなく
今の自分の気持ちに素直になれば良いこと

昨年 還暦を迎え これから続く道のりを考えれば
決して弱気になっている訳ではなく 

これから始まる第二の人生を もっと楽しむ為にも
改めて健康の見直しを考える事を目標に…

a0255892_17231969.jpg

                               新年のご挨拶に
                               ぜんざいを皆様に接待を


これまでは ただ夢中に走ってきました。
諦める事をせずに ひたすら前だけを見て頑張っていたように思えます。

しかし これからの5年10年先を考えると少し難しそう… 
この1年は これからを楽しむ為の
“ 身体のリズム捜し ” を目標にしてみる事にします。

どう考えても 若いとは言えない大人となり
これから先の過ごし方を考える 良い節目になりそうです。

しばらくは 気が付けば何時ものように走っていそうです。
それでも出来るうちは花 幸せなことですね。

今でも 若者に負けないだけの自信も少しはありますが…
ここで深く考えなくても 必然的にその時期は来るはずです。

しかも こんな風に考えている事が
すでに何処かで 不安を感じている証拠なのかも知れないですね。

そして “ 今を大事に大切に! ” と とても強く思います。
後悔だけはしたくないので…

明日と言う未来は 
誰にでも与えられている訳ではないような気がしています。

だから明日ではなく 今日を楽しみたいと思うのでしょう。
今日 そして又 今日の繰り返しと…

a0255892_17265856.jpg

                   新しい年を迎え 暖炉に初めて火が入り
                   温かな空気が流れます


これから迎える1年2年が 自分の中で何か大きな流れに変わる予感がしています。
“ 時の流れに身をまかせ ”
ではありませんが 必然的な事が偶然のように来そうです。

私たち世代は コツコツと積み重ねてができ
その結果として 達成感をもたらせていた時代だったのではと…

しかし今は 目に見えないものに支配され
先の見通しさえ出来ない程の早さで
全ての物たちを包み込んでしまう怪獣のような生き物が 
出来てしまっているように思えてなりません。

私には理解出来ず ついて行く事さえ難しいようです。
時代錯誤のように…

そして疑問も沢山残ります。
 
人としての 気持ちや感情 動物的な本能の行き先が見えないのです。 

人としての誇りや昔ながらの人情など…
人が本来持っている温かさなど…
何処へ行ってしまったのでしょうか?

“ ありがとう ”

“ ごめんなさい ”

こんな初歩的な挨拶が出来ない人たちが 機械人間のように感情をむき出しにして
今や怖い社会へと…

昔はのどかで平和的でしたが…
しかし本当は 今も昔も何も変わってないのではと思う事も沢山あります。

全てが変わった訳ではなく 
ただ一部が破壊されているように…

そこには 家庭環境が大きな存在となるのではと思います。 
今や殆どが核家族となり 束縛されない自由を求めて来ました。

昔のように大家族 何世代もの家族が一緒に暮らすなどあり得ない!

a0255892_17262100.jpg

                     いちごのアイスが始まりました
                     温かい暖炉の前で 果肉たっぷりのアイスを


私たちの世代には まだ我慢したり 皆で助け合ったりと 
わいわい賑やかな縦割りの生活がありました。

私も3世代の家族で育ちましたが 
子供ながらに 叱られてばかりいたとよみがえります。
しかし それが躾でした。
今思えば感謝です。

人としての教えを何時からか教えなくなり 勉学だけを優先するように
人の価値はそんなものではないはずなのに…

やはり家庭の中でされるべきが “ 躾 ” だと思います。
勿論 私も完璧ではありませんが
誰かがまずその一歩を踏み出さなければ 何ひとつとして変われずではないでしょうか。

例えば 朝起きた時
 “ おはようございます ”

食事の時
 “ いただきます ”
 “ ごちそうさまでした ”

出かける時
 “ 行ってきます ”
 “ 行ってらっしゃい ”

帰って来た時
 “ ただいま ”
 “ おかえりなさい ”

寝る時は
 “ おやすみなさい ” など

子供の様な質問ですが 皆さんどれだけの挨拶が出来ていますか? 

日常な事ですから 全部大丈夫な方も多いかと思われますが
ついつい…少しずつ言わなくなった方々も…

私も甘えてしまい ついつい省いたりと反省しています。

挨拶くらいと思われるかもしれませんが 
この少しが 大きな歯車を変えてしまうほどの力になる事にも…

a0255892_1738861.jpg

                             少し早目の春の気配が


気持ちの良い毎日を過ごす為にも まず大きな声で挨拶をしてみましょう。
今 こんな当たり前の事が出来ない大人たちが 増ているのではと心配になります。

今年は “ 原点に戻る ” を考えながら
自分に 素直に前向きに 邁進したいと思います。

今年も始まったばかりですが
時間が異常に早く流れ始めていますから 今から後悔しないように
沢山学び 多くの出逢いを求め 素敵な一年になります様にと願います。

その為に 自前の笑顔を皆様へ差し上げて下さいね。

お正月 久しぶりに子供と孫たちが帰郷し 賑やかな幸せな時間を頂きました。 
 
私の中で孫に教わる事が又ひとつ… 

彼女たちも核家族です。

しかも 二人とも仕事をしているので
家族みんなが大変な思いをそれぞれがし 良く頑張っていると応援しているのですが…

何時ものように姉弟喧嘩が始まりました。
原因は何時もの事 他愛もない事ですが 本人にしてみれば大きな問題なのでしょう。

弟の一言 “ Hは好き嫌いが多いよね ” が私を傷つけたと…
3歳と6歳とのやり取りです。

今だと皆いるし 分ってもらえると思ったのでしょうね。
すねて泣きだしてしまいました。

その時のことです。

泣きじゃくりながら
“ わたしのきもち だれも分かってくれない!
  一人で家に帰り じゅくに行ったり 
  お母さんがたいへんだと思うからがんばっているのに…
  がまんいっぱいしてるのに Gはわかってくれない
  へいきでHをきずつける… ” と

今までの溜めていた思いが噴き出したかのように…
子供だと思っていましたが 大人と同じ感覚に触れ
切なくてたまりませんでした。

食べれない事が悪いと言われたと思い 傷ついたようでした。

a0255892_1739399.jpg

                        広島空港にて
                        姉弟で撮り合っていた写真の一コマ
                        Gのかげ


そんな彼女と話しているうちに
どんな大人よりも思いやりがあり 強くて 優しく 愛おしく思い
健気で私も泣いてしまいました。

まだ6歳の子が こんなにもしっかりと自分の意見を持てる事にも驚きながら
小さな身体と小さな心で格闘していたのです!

生まれてまだ6年の知識の中で と思うと感動してしまいました。

私たち大人が これから先考え無ければいけないこと事 沢山あると…

私は彼女の10倍生きている事にも…

                                        Droguerieの時間
                                               2014.1.9
by aoikusah | 2014-01-09 17:43 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)