カテゴリ:2013年11月・12月( 8 )

今年最後 冬の空から

前回 100回目を迎えましたと報告させて頂いたばかりですが
今年最後のブログとなりました。

しかも101回目 何となく初々しい気持ちになるのは何故でしょうか?

昔 “ 101回目のプロポーズ ” なんてドラマがありましたが
何だか その言葉の響きに 心が動揺しているのかも知れませんね。

a0255892_1627545.jpg

                            今日は雨 Droguerieの冬の庭
                            カタバミの葉に 雨のしずくが光る

“ 光陰 矢の如し ” と言いますが
まさに其の通りで 年明けと共に気が付けば年末を迎えています…なんて 
少々言いすぎかも知れませんが それ程早く感じています。

ここで1年を振り返る事に…

どの年も ほぼ同じ繰り返しの歳月を過ごすように思えますが

お正月は久しぶりにゆっくり家族で過ごします。

元旦には 新年の思いを胸に気持ちを引き締めて
今年も頑張ろうと意気揚々と始まります。

厳しい冬の1月 2月を寒い寒いと過ごし

春を待ちわびながらの企画を考え

気が付けば初夏を迎えており…

暑い暑い夏をどうにか乗り切り すでに秋となり

紅葉に感動しながらも 又寒い冬へと戻っています。

a0255892_16334246.jpg

                               雨に濡れた紅色の山茶花
                               黄色のおしべが印象的


四季折々どんな企画で皆様に楽しんで頂けるのか?
わざわざ来店して頂く程の価値があるものなのか?
などと…

もう少し 自分の気持ちに余裕があれば 
もっと自分も楽しみながら進める事が出来るはずなのに 
出来ずにいます。

考える時間が長々と続き 結論が出せずにいたり
まだ考えられる もっと出来るはずだと
ついつい欲が出てしまう…
そう 私のこの性格に問題がありそうです。

もっと集中出来れば良いのでしょうが いつも追われてばかりのように思えます。

“ 楽しかった! 来て良かったです。良い出逢いを頂けて…又来ますね! ”
なんて ただその一言が聞きたくて 頑張っています。

a0255892_1645469.jpg

                             土の隙間から
                             ヒヤシンスの小さな芽を発見


何事も全力投球ですが
昨日の自分と今日の自分は 思いも感じるも違うはずです。

その時の素直な気持ちで
最高地点に ひたすら駈け登るかののように身体が動きはじめ
わたしにとって 最高に楽しい時へと変わって行きます。

今年も新しい出逢いを頂きました。
皆さんに感謝しています。

一つのご縁から 又新しいご縁を頂き
今年は特に沢山の素敵な出逢いを頂き 幸せな年となりました。

大切にしなくてはいけないものが 又増えました。
私にとって 幸せの財産です。

勿論 これまでにご縁を頂いている方々は
尚の事大切にしなければと 思いは深くあります。

しかも慣れ親しむと ついつい家族のように甘えてしまうこともあったりと
嬉しくて 嬉しくて…

a0255892_16473962.jpg

                          第二弾 ここにも小さな水仙の芽が
                          健気で愛おしい


今年も皆さまから多く優しい気持ちを頂き 心から感謝しています。

ドゥログリーの今年も お客様 友だち メーカーの方々 スタッフ 家族 自分と
沢山の笑顔で溢れていたようです。

もしそうで無いとしても 溢れていたと思いたいです。
強引でもそう思ってしまえば 結果 “ 全て良し ” となると信じていますから。

そして その時々は充分に楽しんでいるはずなのです。
時として 良い事より悪い事の方が心にしばらく淀む様に思えますから…

1年を振り返り 両手をあげて “ 幸せでした ” とは 中々言い難いかと
次に繋げて行く為にも 少しの余韻は残しておいた方が良いかも知れませんね。

最近 良く空を見ます。

冬の空が こんなにも素敵なこと 今まで気が付かずにいました。
寒いとついつい下向きに 足早に歩いていますから…

今この時を絵として残すとすれば…
墨絵のように優しく描くでしょう。

筆にうす墨を一杯含ませ 太くゆったりと一筆で運びそうです。

a0255892_1654714.jpg

               少し早目ですが 搗きたての関東の角餅が届きました
               丸餅以外を頂く事がなく とても新鮮


冷たい空気の中の 青い空 白い雲 やがて茜色に染まる夕焼けの空 
そして紅色へと深く色を変えながら
やがて闇夜の月明かりへと…

冬の空や雲の色は大人色とでも言うのでしょうか 心に沁み入るようです。
いつまでも眺めていられる程に 愛おしくも切なくも…

しかも心模様のように 少しずつ変化しながらが たまらなく魅了されます。

時の流れ 季節の流れを思い
こんなにも素晴らしい芸術が 常に潜んでいる現実をもっと見つめて
より深く生きる事を考え直さなければと 教えられているようです。

心の目で写された景色は 記憶と言う引き出しに 
それが ひとつひとつ積み重ねられて行きます。

気持ちが沈んだ時 何かを求め 必死にもがきあえぐ時など
きっと脳裏から その時々の景色を呼び起こしてくれるでしょう。

a0255892_16592415.jpg

                  杵で搗いたお餅は さすが伸びが違います
                  旨味 甘みがあり 美味しく頂きました

“ 半身半眼 ” に

つまり 目で見えないものが心の目で見えるような
強い成し得る心があれば 見えないものまでもが見えてくる…
そんな感じではないでしょうか?

心に響くものを沢山見られる環境は 世界中で誰もが同じこと
それが出来る人は 心豊かに優しく穏やかになり
全てが自然から頂く事が出来る恵みなのですね。

私も ドゥログリーへの行き帰りに空を見上げ
身体中の酸素を入れ替えるが如く 深呼吸をしてしまいます。

たったこれだけで
これから始まる1日の元気の源となり
そんな人たちの思いを 自然は気持ち良く受け止めてくれているようです。

何一つとして話しかけてはくれませんが
心の声で聞いてみると
“ 安心して ゆっくり歩いて大丈夫! ” 
なんて言われているようです。

何ひとつとして 一人ではできない事ばかり…
来年も 自然の恵みを沢山頂きながら皆さんに感謝し
私の命の源に貯え 今以上に楽しむことを願います。

a0255892_165116100.jpg

                       庭に小さな万両が一本
                       赤い実を付け 新年を待っているような


やはり 根はとても未熟な私がいて

力尽き 負けてしまいそうな時も…

そんな時は 無限大に広がる大空を 見上げる事にしましょう。

ps. 今年一年ありがとうございました。
   来年も宜しくお願い致します。
   ドゥログリーの日々の暮らしを もう少しお届けできればと思います。
     12月29日~1月5日はお休みを頂きます。
   新年始めのブログは 1月9日を予定しています。
   素敵な年末年始を お迎え下さい。

                                      Droguerieの時間
                                           2013.12.26
by aoikusah | 2013-12-26 17:05 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

記念すべき100回目

昨年の1月から始めたブログでしたが 今回で100回目を迎えています。
1日遅れとなりましたが 記念すべきかのように外では雪が舞っています。

長くもあり短くもあり…
そんな思いでしょうか?

今こうしてブログを書いていることが 不思議なほどです。

a0255892_16202859.jpg

                      一年の感謝を込めて
                      cafe' bonで作っているVlane Ventを贈り


2年前 ブログを始める理由はいくつかありましたが 大きく2つありました。

一つ目は 東北の震災から
1年後 皆さんが復興に向けて頑張っている姿を見るたびに
今の自分に出来る事は無いかと…

まさに自分への挑戦がしてみたくなりました。
“ 何事もやれば出来る ” を試してみたく…

文章もDMに書く程度でしかなく 勿論自信があるはずもなくて…
その気持ちは今も変わらず続いています。

始めるからには自分で決めた最後まで 成し得なくては意味が無いことになり
せめて1年は続けたいと思いながらでした。

a0255892_16235366.jpg

                          お世話になっているJ様から
                          可愛いアレンジを頂きました

二つ目の理由としては

お店を始めて25年が過ぎ 
大切に育てて来た ドゥログリーという小さな空間がある事を
ひとりでも多くの方に知って頂きたいと

室積という自然豊かな環境の中
山を背に置き 目の前にはキラキラと輝く穏やかな海が広がり

ここには そんな優しい静かな時間が過ぎている事など…
そんな日々の暮らしを紹介したくての思いからでした。

年が明ければ3年目を迎える事となりますが

1週間に1度の更新と決め 
これなら出来そうと…しかし意外と大変でした。

a0255892_1626472.jpg

                       B.stuffより素敵なバックが届きました
                       深い緑色に心魅かれます


無事に更新を終えると 安心する暇もなく1週間が過ぎていて
又次の更新日が迫りくるの繰り返しで 
今まで味わった事の無い時間の早さが 怖くなるほどでした。

やはり 今までした事の無い “ 文章を書く ” が こんなにも大変な作業だとは…

まず何を書けば良いのか?
どう文章を進めていけばいいのか?
何処まで書いても大丈夫なのか?

そんな簡単な事すら分からなくて…
それを考えているだけでも 1日2日と時間だけが過ぎて行きました。

いつも同じ事の繰り返しを ただ書いているようにも思えたり…
私なりの言葉でしか書けないし 自分に出来る限りで臨んでいますが
未だ不安になる事も多くてが本音です。

今思えば 私は32歳でドゥログリーとの縁を頂きました。
まだ若く 何も分からずに其処に居たようでした。

a0255892_16312583.jpg

                     今日のDroguerie 今日のcafe' bon


この28年間 私なりに多くの事を学んで来ていると…
沢山笑い 悩み 泣くを幾度となく繰り返しながら

まだ若くもあったその頃も 無我夢中で走って来たように思えます。

そのひとつひとつの道のりがあってこそ 今に繋がるとすれば
若き日の自分にも感謝し
還暦を迎えた今の自分にもエールを贈りながら
これからも続く道を 皆様と一緒に楽しく歩けて行ければと願います。

これまでも 全てが順風だとは言えない時もあった様な…
しかし そんな時でも落ち込む暇もなく 
前に進む事しか考えずにいたようです。

a0255892_16352252.jpg

                           お正月に小さな松の盆栽を


子供の頃は親に守られぬくぬくと育ち

一人立ちする成人になればと…
それでも後を振り返れば
誰かが見守ってくれている安心感だけは求めていた気がしています。

そして家庭を持つ事で 初めて責任を負うことが始まり 守る側へとなります。

これからが人生の本番へと
新しい人生の始まりにふさわしく 荒波へと漕ぎだす一歩のように思います。

この上なく幸せかと思えば奈落の底へと…そんな繰り返しが何度となく…
そうこうしている内に年を重ね 
心も身体も鍛えられ 気が付けばたくましくも優しくも大人へと…

“ 若い時の苦労は買ってでもした方が良い… ” との言葉がありますが
若い時は がむしゃらに頑張れる気がしています。

若い時は体力があり元気ですから…

老いてはというと 体力がない分 知力が身に付いています。
豊富な人生経験から 穏やかで広い心を与えられるようです。

私もまだまだその途中ですが…
素晴らしき先輩たちに寄り添い お話を沢山聞きながらもっと大人になりたいと

a0255892_16391869.jpg

                           今年一年ずっと傍にいてくれて
                           ありがとう しょうたくん
                           ゆっくりお休み


人それぞれ皆違う道ですから
とりあえずは人に迷惑をかけずに穏やかに過ごせる事を望みます。

人は決して一人では生きて行けず
楽しく過ごすには仲間が沢山いてくれれば良いですね。
幸せも沢山生まれそうですし。

“ 類は友を呼ぶ ” の如く
自分と似た性格は理解しやすく 一緒にいてもとても楽ですね。

自分が幸せになる為には まず相手を幸せにしてあげれられる事ではないでしょうか?

人の幸せを嬉しく思える事で すでに自分も幸せを頂いていますし
そんな小さな幸せを 沢山見出せる人になりたいと願います。

自分の中では記念すべき100回目!
かなり緊張していましたが 何ひとつ何時もと変わることなく終わりそうです。

“ まだまだ未熟だ! 格好付けるには10年早い ” と
神様から言われている気がしています。

a0255892_1643480.jpg

                    大好きなミヤコから お花が届きました
                    沢山の方に見て頂きますね


このまま もう少し続けてみようかと思います。
皆さまに支えられ ここに来てやっと 自分の生活の一部になり始めた所です。

今でも不安は一杯ですが
自分の気持ちを書く事で 伝える嬉しさが少しだけ分かりかけている様です。

つたないブログにお付き合いして頂き 感謝で一杯です。

今日もありがとうがざいました。

そして これからも宜しくお願い致します。


                                        Droguerieの時間
                                             2013.12.20
by aoikusah | 2013-12-20 16:45 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

今年最後の企画を迎えて

早いものですね。
12月を迎えたかと思えば ほぼ半ばと…

今年最後の企画展 “ 冬のしつらいと暖かコート展 ” も今日までとなりますが
“ ギャラリー青い草 ” が皆様に嬉んで頂ける空間へと生まれ変わり
“ いつまでもここに居たいわね… ” などと言って頂き
今年最後でもありますし 今週一杯の日曜日まで楽しんで頂くことにしました。

“ お正月のしつらい ” です。
これから迎えるお正月に 少しでもお役に立てればと
和の心地良い空間で 静かにお待ちしています。

a0255892_17353375.jpg

                        松葉とクロガネモチ 赤の水引を使い
                        小さなステージを作り


11月に入り これまでに4回の企画展が続いています。

2階のスペースも忙しく早変わり…
終日を迎えたかと思えば 2日後3日後には次の初日を迎えていました。

自分で決めた事ながら 少々頑張らなくては追いつかない程で
余韻を味わう暇もなく…

スタッフには大変な思いをさせましたが
楽しむをこの上なく満喫し得たのではと 身勝手ながら思っています。

私はとても充実し楽しかったです。

しかも 私は裏方の仕事が大好きで…
表舞台に立つよりは むしろ性にあっていると思っていますから…

小さな事を手仕事で進め作りあげて行く作業 工程がたまらなく魅力的で
又それを考える作業も大好きなのです。

a0255892_17473858.jpg

                         階段下のステージ
                         刈り取られた稲穂をあしらい


そんなに簡単に生み出せる訳ではありませんが
色々と頭の中はグルグルと 目はギョロギョロと動き回りながら…

しかも 何かを見つけようと鬼気迫る時など
挑戦する気持ちと苦しみあえぐ切なさとが入り乱れ
そこが又快感なのかも知れません。

今この時となった瞬間 つまり時間の限界まで来ると
身体が勝手に動き始めます。

まず小さな図面を描きます。
この時は まだ大まかな器材の配置です。
これまでを結集して30分~1時間位はかかるでしょうか?

小さな小さな空間ですが 皆さんの笑顔と出逢う為には
これまで以上のものを生まなければ絶対に許されない!
そんな気持ちで臨んでいます。

勿論 自分が楽しくなければ感動はあり得ないので…これが自分との闘いとなり
これが又幸せな時間となるのです。

a0255892_17494671.jpg

                      大きな壺に10本の南天を活け込み
                      迫力のあるお出迎えを


会席が終わり “ 冬のしつらい展 ” までに3日程ありました。

1日目 倉庫から道具を運び出しました。

小さな和ダンス 大きな和ダンス 畳 建具など…

2日目 レイアウトの完成までを終えて…

ここまでくれば出来上がったと言ってもいい程概要が見え始めてきます。
これまでの道のりが 自分の中では長くもあり半信半疑でもありで
やっと先が見え始め 少しの安堵となります。

3日目 ここまで来れば後は植栽を活け込み仕上げ…

新年に向けての器やお正月飾りなどでの細やか演出となるのですが
何時もの事 時間が足りず作業は深夜にまで及ぶことになります。

見て下さる方々の期待を思うと この最後の仕上げまでが気が抜けず
ひとつひとつに命を吹き込み最終を迎えます。

a0255892_1752320.jpg

                       床の間を飾る
                       冬に頂く ”ん” の付くお野菜を飾り


非日常の夢ある優しい出逢いにしたくて
皆様がその空間を目にした瞬間から響きあいたい!と願いをこめて…

毎回なのですが初日はお客様の反応が怖くて
自分の思いが伝わるかしら…など
不安でその場所に居られず いつも遠くで見守ることになります。

最近嬉しい事に 若い方に
“ お正月のしつらいが気になるようになりました… ” と声をかけて頂きます。
少しずつ大人の階段を登られているようですね。
きっと日本人のDNAが 背筋が伸びるような心地良さをもたらせているのでしょう。

和のおもてなしの心は 人に見せびらかすのではなく
気づけば “ こんなにも私の事思って下さっているのかしら… ” と
奥深きものではないでしょうか?

そして そっと気付かせるような…

そんな思いの方々が寄り添えば
まずもめごとはこの世からなくなるのではと

a0255892_17551476.jpg

                大きなガラスの器の中に
                小さなかぶと二十日大根とで おめでたい紅白に


少しずつの気持ちの持ち方で幸せになれるとすれば
相手を攻める前に まず自分を思い直す事から始めましょう。

そうそう完璧な人はいないと思うからです。

私はと言えば反省も沢山しますが この性格ですから前向きに考えて行きます。

勿論 自分も含めてですが 人の性格はそうそう変われるはずもなく…
ここまで来れば 何となく理解出来る様になりました。

つまり相手に求めるよりも 求めなくて上手に進める方法を考えれば良い事です。

私もまだまだ修行中だと思いながらです。
“ 押しても駄目なら引いてみましょう ” の精神でゆったりと行きましょう。

a0255892_1805969.jpg

                        ニッチにクロガネモチの枝を活け
                        大好きな影を作り 楽しむ


今思えば未熟さ故の滑稽な話があり…

“ 目は口ほどにものを言う… ” と聞いていました。
どうしても誤解を解きたくて でも自分の言葉で言えなくて
私は相手の目を見て自分の気持ちを一生懸命に語りかけていましたが
しかし 何ひとつとして理解してもらえず…終わりました。

自分で自分が分からなくなる時も
しょせん皆個性の塊 分かり合えなくて当り前なのかもしれませんね。
求め過ぎるのではないでしようか…

今から40年以上も前の話です。

その時の教訓は “ 思いは言葉にして伝える ” でしたが…
やはり今でも私には無理のようです。

攻撃するよりされる方が楽だと…わたしには
後は自分が思いを変えれば幾らでも楽になれるし…誰も傷つかずに終わります。

a0255892_1842914.jpg

                             新年を迎える為に
                             新しいキャンドルを添えて


今年も色々とありましたが
何ひとつと無駄な事はないと信じています。

楽しい事はより楽しく

苦しい事 悲しい事も次の楽しい事へとつながって行くはずですから…

あともう少し 皆さん頑張りましょう。

                                      Droguerieの時間
                                           2013.12.12
by aoikusah | 2013-12-12 18:08 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(1)

無事会席を終えて

ついに師走を迎えてしまいました。

慌ただしく 会席も皆様に喜んで頂きながら無事に終える事ができました。
ありがとうございました。

何時ものことですが 次の会席を決めた時から すでに準備は始まっています。
まず気持ちの中で充分に向き合いながら 何かヒントは無いかとアンテナを張り巡らせ
素晴らしい出逢いを求めていますが そう簡単には見つかるはずもなく過ごします。

気が付けば後2ヶ月 後1ヶ月へとなり…
さすがに1ヶ月前には献立を決め 試作に取りかからなくては間に合わなくなります。
すでに待ったなしの状態に…

a0255892_13534770.jpg

                              小春日和膳の献立


一度目の会席の会議の前には スタッフにも食と向き合う良い機会でもありますので
自分の力で献立を考える様にと宿題を出します。

大変だと思いますが 考える事でお客様への思いが生まれます。
まずはそれからがスタートのような気がしていますので 精一杯考える様にと

一度目より二度目と 回を重ねるごとに食への意識や食材のバランスなど
少しずつですが理解出来る様に…

採用まではもう少しですが かなり成長はしているようでこれからが楽しみです。
若い人たちに覚えて欲しい事が沢山なのです。

その都度課題として テーマやイメージを決めて臨みます。

この度は “ 冬の始まりの季節に何を思う ” でしょうか?
何もない状態で臨むよりは 深く向き合うことが出来ると思うからです。

a0255892_13522775.jpg

                           前菜の四品
                             何度も試作を繰り返し
                             辿り着いた かぶ豆腐


やはり私にとって “ 食 ” の企画は かなり大きな存在としてある様です。

この2ヶ月は 何をしていても食が頭から離れる事なく過ごしていました。
何をどの様に進めて行けば良いのかと 思いは募るばかりでした。

ここに来て急な冷え込みが始まり 身心共に温まる料理…?

一年の終わりに相応しい料理…?

旬の食材は何かしら…?

今のこの時期に何をお出しすれば 皆さん喜んで頂けるのかしら…?

五感に響く料理は…?
などと頭の中は複雑に入り乱れながら過ごしていました。

年に3~4回の季節ごとの会席となります。
出来上がりは その時々の完璧でなければ…
勿論 お代を頂き食べて頂く訳ですから当り前のことです。

a0255892_1442230.jpg

                          朱塗りの椀に
                          利尻の昆布でゆっくり寝かされ
                          飴色に輝く地鯛 
                         

今の自分に出来る限りで臨みます。
それを 自己満足だと言われればそれで終わってしまいますが
想いは皆さんの美味しいの笑顔がそこにある事なのです。

回を重ねて行くと 殆どがリピーターの方々となり
食べ終わると “ 次は何時ですか? ” と尋ねられるので
“ また連絡させて頂きますね ” と お返事させて頂きます。
とても有り難くて嬉しくて嬉しくてなのです。

当日を迎える2日前から仕込みは始まります。

私の片腕となってくれている MさんとSさんが頑張ってくれています。
想いは私と同じはず…

毎回献立を考える時 テーマを決めますが
今 自分が思う事を単語として並べてみたりしながら
冬 年末年始 一年の感謝 旬の食材など…

a0255892_1482918.jpg

                    お豆腐とキノコの煮凝り風に
                    キノコたっぷりの餡に 香り豊かな柚子をのせ
                    ヤマブキの葉を蓋にあしらい


そして特別ではなく 日々暮らす食事の中に取り入れて欲しい献立にしたいので
その都度手に入る旬の食材を使い 
ひと手間かける事で 美味しいごちそうになる料理が私の理想となり
この会席をしている意味なのです。

ですから 食べて頂き そのまま家庭でも作って頂ければと願います。

どれもが簡単に出来るものばかりなのですが 感動すると言って頂いております。
きっと ひと手間をかける事が大切なのですね。

そのひと手間は 食べて頂く方への優しい思いから始まる気がしています。
美味しい料理を食べさせてあげたい…なんて

口福になって頂きたいとの思いが 料理上手へと導くような気がします。

私は和食が大好きです。
出汁による旨味を思うと 何を食べても “ 美味しい ” と言ってしまいそうです。
それから “ 塩 ”  “ 醤油 ” も好きな味となります。

a0255892_14131970.jpg

                      旬の食材を 出汁と旨味で優しい味に
                      料理と器のバランスを考えての盛り付けを


今回も “ 小春日和膳 ” と いつも和食で臨みます。

ここで お料理教室です。

① かぶ豆腐のあんかけ
   かぶ  250g
   牛乳  175g
   水   175g
   塩   少々
   板ゼラチン 4枚 
 
  ① かぶは皮ごと 牛乳 水を15~20分程柔らかくなるまで煮る。
  ② かぶだけを取り出し ミキサーにかけ こしきでこす。
  ③ 元の煮汁の中にかぶを戻し 温め直す ( この時 全体量450cc )
  ④ 戻した板ゼラチンで固める。

② 豆腐とキノコの煮凝り風
   キノコ各種 ( しいたけ しめじ 舞茸 しらたけ エノキなど ) 
   木綿豆腐
   柚子

   だし  500ml 
   酒   50ml
   醤油  10ml
   味醂  30ml
   塩   少々
   片栗粉 少々

  ① キノコは一口大に切る。
  ② キノコを湯通しする。
  ③ 出汁にキノコを入れ 沸騰させずに少し煮詰め 片栗粉でとろみを付ける。
  ④ 温めた豆腐を器に入れ 上からキノコのあんをかけと柚子皮の千切りを添える。

③ 長芋とセロリのそばつゆ漬け
   長芋
   セロリ
   そばつゆ ( 家庭ごとの味で )
  
  ① 長芋とセロリの皮をむく
  ② 一口大に切る
  ③ 6時間以上そばつゆに漬け込むと出来上がり

a0255892_9534273.jpg

                        デザート
                        林檎の柚子煮に白花豆
                        紅葉した庭木の山ぼうしの葉を添えて


どれも簡単に作れて 美味しく五感で味わう一品となります。

今回も皆様から “ 美味しかったです ” と沢山の声を頂きました。

本当は 料理を運ばれた時の皆さんの表情や一口目の顔をそっと見たかったのですが
スタッフが気を遣ってくれて 皆さん “ 美味しい ” って言われていますよ!って
時々声を頂きながら 厨房で頑張って料理の仕上げを楽しんでいました。

大変でしたが喜びも大きく 毎回幸せを沢山頂いているようです。
 
長い道のりですが 終わりと同時に安堵するのも束の間
もっとしていたかったと思う気持ちもあり…程良い疲れと共に余韻を残します。

a0255892_14163894.jpg

                          お出迎えする しつらえの花は
                          テラスに咲く 紅白の山茶花を活け


やってよかった!!
最後に皆様の笑顔がそこに沢山あったことが 何よりの幸せでした。

そして “ 今度はいつするの? ” って聞かれましたが
“ 来春でしょうか? ” とお答えしました。

少しばかりのお休みと 充電の時を頂きましょう…

感謝の気持ちで一杯です。


p.s.
 冬のしつらいと暖かコート展
    12月6日(金)~12日(木)

今年最後の企画となります。
気持ち良く新年を迎える為に大切にしないといけない しつらいを提案しています。
皆で過ごす団欒を思い描きながら
青い草の空間を心ワクワクと 進めてきました。

a0255892_15422769.jpg

是非皆さまにも一緒に楽しいひと時を過ごして頂ければと願います。
そして 暖かく過ごす為の素敵なコートも 少しだけですが見て欲しくて…


年末年始のお知らせ
 12月29日~1月5日まで お休みさせて頂きます。


                                    Droguerieの時間
                                           2013.12.4
by aoikusah | 2013-12-04 14:18 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(1)

企画にのぞむ

11月も今週で終わりです。
“ 楽しむをいっぱい詰め込んだクリスマスと イヴに装うMIYACO展 ”
無事に迎える事が出来ました。

初日より沢山の方に見て頂く事が出来 嬉しくて…
少し早目のクリスマスを味わって頂けたこと
そこに皆さんの笑顔があったことが 一番の私の幸せでした。

ほっとしているのも束の間 気持ちはすでにに30日から始まる会席へと向かいます。

クリスマスとMIYACOの二つの企画 
スタッフ皆で作業に追われ バタバタと走り回りながら
少しずつ出来上がる瞬間に触れての 楽しい2日間を過ごしました。

a0255892_17323265.jpg

                幸せいっぱい詰め込んだクリスマス展をお届けします
                    H様から頂いた満開のユーカリの木と
                    白樺の落ち葉にて


いつも時間との戦いとなります。
勿論今回も例外ではなく 慌ただしく過ぎゆく中 後5時間…後3時間と
時間の過ぎゆく速さに追いつけず…
気が付けば 残り1時間で仕上げなくてはという状態に…

終わりの時間を決めてしなければ 永遠に続きそうです。
それまでも頑張ってはいましたが それからは倍速で身体にムチ打って最終を迎えます。

事前に構成は立てますが 同時に考えながらも進めて行きますから
思いのほか時間を費やしてしまいます。

少しずつ出来上がる過程も 楽しみながら進めています。
皆様に喜んで頂ければ…夢が届けられればとの思いから…
自分とも闘いながら 苦楽の2日間を過ごさせて頂きました。

無論 完璧ではありませんが 
自分の中では 一つの事をやり終えた充実感や達成感はあり 
ほど良い疲れが心地良さへと変わります。
しかし 身体は少々疲れ気味のようです。

a0255892_17371836.jpg

                 白いボールの中に幸せをいっぱい詰め込んで
                 フワフワと飛び行き


今回のクリスマスのテーマは “ 夢を泡にみたて… ” でした。
白い球を赤色とりどりの裂き布でリボンに結び 泡と見立てました。
その中に夢をいっぱい詰め込み
フワフワと何処までも飛び続けることが出来る…なんて想いです。

夢は子供だけの世界ではなく 私たち大人もまだまだ夢の途中なのですから…

今回のブログの中で ドゥログリーのクリスマスを紹介させて頂きます。

まずは 大人が子供たちの為に夢を
それにはまず 自分が大いに楽しむことも大切
そして 世界中の全ての人に素敵な夢を届けたいとの想いが今に

私もクリスチャンではありませんし 異国の文化としてですが
すでに子供の頃から慣れ親しんで来ている 毎年の心待ちにしている行事のひとつとして
楽しまない訳にはいかず…

それでも私は…? なんて方も
せめてクリスマスの飾りの一つでも お気に入りの場所に置いて見て下さい。
きっと夢心地に…

a0255892_17431883.jpg

                      階段の踊り場を玄関にして
                      手作りしたリースを飾り お出迎え


ドゥログリーでも 北欧のおもちゃがお待ちかねです。
どれもが丁寧に心をこめて作られ その細やかさや色合いに作り手の温もりを感じ
私たちの心までをも ふっくらと暖かくしてくれているようです。

もしこのブログを見て頂けていれば
画像を通して 幸せの泡が届けられます様にと祈ります。
そして “ 可愛い ” “ 素敵 ” なんて そんな小さな幸せがあって欲しいと願います。

これも自己満足なのかもしれませんね。
もし願いが叶うとすれば 私たちはとても幸せです。

でも 決して押しつけではなくて
すでにそれ以上に 私やスタッフは沢山の幸せを頂いているのですから…

a0255892_17464029.jpg

                     手作りされたドイツのサンタクロース
                     口から煙をもくもくと


皆さんは イブまで後1ヶ月も楽しめる訳ですから 日々頑張ってみて下さい。
楽しむ為に頑張るって 不自然な気がしますが
何事も 無理をすることから始まる気がしています。
幸せも倍増するはずですから やはり頑張ってみて下さいね。

そして 皆さま心待ちにされていたレースMIYACOとなります。

大人の装いに欠かす事が出来ないのが レースではないでしょうか?
米澤美也子さんの手がけるレースには あらゆる要素が潜んでいるようです。

貴賓高くエレガントに 乙女の様に可愛くチャーミングにと 様々な表情を見せられて
まだ気付かぬ自分の魅力を引き出す魔法のように感じてしまいます。

毎日慌ただしく暮らす中で 無意識に女性としての魅力を摸索している私たちなのでは

ゆえに おしゃれをする時 
繊細で優しい素敵なレースに包まれたくなるのではないでしょうか?
私もその一人です。

a0255892_17483828.jpg

                 MIYACOのジャケットコート
                 手刺しゅうの優しさが心まで暖かく包みます


以前は レースは大人の女性だけの装いだと思っていましたが
レースは誰のものでもなく 着たいと思われた方に優しく寄り添います。

流行もなく 世代を越えて愛され続けるレースの世界が永遠に…今もここに
当然今の私は 幸せに満たされています。

そして30日から始まる会席 “ 小春日和膳 ” に向けて ひたすら最終段階へと…
今も尚 試行錯誤している時間が続いています。

いつもの事ですが 迎えるまでは不安で一杯ですし
初日を終えるまでは緊張は解けません。

最善で臨まなければ 皆様にも食材にも失礼になる訳ですから…

今の会席はcafe' bon 3周年を迎えた時に
何か皆様にお礼がしたくて の企画が始まりとなります。
それから皆様にお声をかけて頂き 今日まで続いています。

a0255892_17555138.jpg

                          30個の夢の泡が飛ぶ中に
                          小鳥の巣を


食べる事 作る事の楽しさや 幸せを感じて頂ければ私たちは幸せです。

旬の食材を使い 五感で楽しみながら頂く料理は最高だと思います。
食事を皆で共にする歓びも…

食いしん坊の方は 美味しいものを食べている時は絶対に笑顔になります。

食文化は 私の人生の中でとても大きな存在となっています。
身体の源 
つまり 生きる事の一番大切なエネルギー元となるのが食文化だと思うからです。

今や “ 旨味 ” が味覚の一つとして 世界で注目されています。
鰹と昆布の出汁で食材本来の旨味を引き出します。

こんな生意気な事を言ったら プロの方から叱られてしまいそうですが
日本人として生まれた以上は 私の身体の中にも “ 出汁 ” が好きなDNAが
しっかりと根付いているようです。
嬉しい限りです。

a0255892_1802485.jpg

                        紅葉したドウダンツツジの木に
                        ガラスのオブジェを飾り


今はどの野菜も一年中店頭に並び 旬がいつなのか分からなくなる程です。
会席でお出しする 旬の冬のお野菜を少し紹介してみます。

まずセロリから…11月~5月が旬
 独特な香味で好き嫌いがはっきりしている野菜ですが
 江戸時代にはオランダ三つ葉と呼ばれていたそうです。
 カリウムが豊富で ビタミンCも多く
 香りの元の成分アピインは イライラを鎮める働きがあるそうです。

長いもは11~12月が旬
 長いもは 分解酵素であるジアスターゼを 大根の3倍も含んでいる
 生で食べる唯一の芋です。
 消化しづらい麦飯と合わせて食べるのも その為だそうです。
 美肌効果 老化防止 疲労回復など バランスの良い健康野菜のひとつです。

小松菜は11月~4月
 ビタミンCと食物繊維で美肌に
 カルシウムが多く 骨粗しょう症予防に効果があり
 ビタミンDを含む茸と一緒に食べると 吸収が倍増されるそうです。

知識の一つとして調べていくと 身体に良いものを沢山食べたくなります。

a0255892_17582631.jpg

                       絵画の様にアンティークの額縁に


私たちは365日 3度の食事を頂いていますが
本気で向き合うには 少々荷が重すぎるかと思いながら

これから益々寒くなり 甘みが増し 冬野菜がどんどん美味しくなる季節です。
冬を毎日元気に過ごす為にも 暖かい手料理が食卓に並び
その傍らに幸せな笑顔が溢れていますように…

私は 後少しだけ会席までの道のりを楽しむ事にします。

皆さんの笑顔と出逢うために…

                                          Droguerieの時間
                                               2013.11.28
by aoikusah | 2013-11-28 18:03 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

星の数だけの幸せを

ここに来て 急に冷え込み始めました。
秋に終わりを告げ 冬が来たようです。

時間の経過も日増しに早く 今年も残すところ後6週間となりました。
ドゥログリーでは “ 手編みされたニットに 世界で一つのTINAのストールを巻き展 ”
皆様に喜んで頂き 無事に終える事が出来ました。

a0255892_15535985.jpg

                            Droguerieから見た夕暮れ時
                            自然が創り出す芸術に


石田和江さんのニットは 手編み(機械編み)されているために…
糸と糸の間に空気を含み 軽くて暖かいニットが出来上がります。

一度着て頂くと その着心地の良さに必ずと言っていい程リピーターとなられます。
元々が メンズのニットのデザインから始められている方なので
スッキリとしたシンプルさに加え 素朴で上質な優しさを感じられるものに仕上がります。

今ではKIのニットをとご指名される程 ファンの方が多くいらっしゃいます。
毎年心待ちにして頂いていますが
それでもまだ知り合えていない方々も多いかと…

私も毎年着ていますが 年を追うごとに飽きることなく さらに好きになりえています。
勿論今日も着ています。

皆さんの幸せな顔を思い浮かべながら ひたすらゲージと向き合う格闘を繰り返す…
そんな日々から より素敵なニットが生まれ続けているのでしょう。

ドゥログリーのものたちは 一目惚れは少ないかも知れませんが
いつも自分の気持ちに寄り添えるものを持ち合わせているようです。
皆様に長年着て頂けているのが その証ではないでしょうか?

a0255892_15583374.jpg

                      今日も着ているKIのモヘアのニットです
                      心までもが暖かくなる程に


出逢いからもう少しで15年程かと
その頃から何も変わらなく見えていますが…

でも 毎日365日の積み重ねた思いがそこにあり 
その上で新たな1枚となり 冬を迎えています。

何ひとつ変わらなく見えていることが最高に素敵で
その熟成されたニットを 肌で感じ得る幸せを思います。

“ もの ” “ 物 ” “ 者 ”
つまり 作者の心で作り 物となる訳ですから
その方の優しさや思いまでもが編み込まれ…

だから着ている私たちも その優しさや思いが届けられ より幸せな気持ちに…

石田さんとは年2回 春 秋の展示会でお逢いしています。
毎回色あせる事のない新作と出逢えるのが楽しみで 心弾ませて伺っています。

そこには 謙虚で優しい彼女の人柄と 妥協を許さない作品があります。
その全てが温かく ゆったりとした気持ちにまで…

美味しいコーヒーを頂きながら 新作を目の前にして楽しい会話がしばらく続きます。
いつもと同じに見え いつもと違うはず…
私には それがとても新鮮に見えているのです。

a0255892_167040.jpg

                          庭にヤクシソウの小さな花が
                          可憐に咲いています


変わらない程難しいものはないと 私も思っていますから…
共に30年程に…

同じ事の繰り返しは このままで良いのかと自問自答をしてしまいます。
しかし立ち止まることなく 前に歩みながら 努力しながらの変わりなくは とても難しく…

それが どんなに大変な事なのかと共鳴しあい
これからも “ 頑張りましょう! ” って
お互いに激励し合います。

いつの時代も 自分が何がしたいのかを見失なければ 頑張れそうです。

そしてTINAのストール…
6月の響き展に初めての出逢いを頂いて 今回が2度目となります。

いきなり “ ブラボー! ”
ここにきて何故フランス語なのか…良くは分かりませんが…

やはり日本語での歓喜の掛け声では 伝えようがない気がして
“ ばんざい ” “ 素敵! ” だけではなく
やはり この思いを伝えるには物足りなくて…鳥肌が立つ程の感動ですから…

a0255892_16213552.jpg

                       TINAのストールに囲まれ幸せの日々を


6月の時より はるかに色濃く 色彩やかに映し出されています。
1枚のストールの中に 染色された羊毛での絵画の世界が広がります。

縦糸にコットン 横糸にウールで織られたウールガーゼの上に
時には大輪の花が色とりどりに咲き誇り…
TINAを 色 形で心ゆくまで遊んでいるかの様です。

どの1枚も手に取りたくなり 巻きたくなり…
巻くと もう手放せなくなる程に心を奪い 身心共に暖かく幸せに包んでくれるようです。

しかも軽くて優しく おしゃれ心までもが遊んでいる様子 にくい!
これ程までに計算されているの?
それとも感じるままなの?

いずれにしても
世界に一つだけの物との出逢いが ここで頂ける事への感謝を思えば…
より多くの皆さんへお知らせするのが私たちの役目だと思っています。

穏やかで 海と山に囲まれた大好きなこの室積の地にて
素晴らしい出逢いを沢山頂けています。

今回も KIさんとTINAさんに感謝で一杯です。
これからも宜しくと言い続けたいと思いながら…
しかし ドゥログリーはまだまだ続きます。

23日から
“ 楽しむをいっぱい詰め込んだクリスマスと イブを装うMIYACO展 ” が始まります。

a0255892_16261869.jpg

                          玄関用の大きなリースを作り中
                          やはり生は山の香りがして素敵です


毎年の事ながら 皆様が楽しみに待っていて下さる企画の2つ
“ クリスマス ” と “ お正月のしつらい ” になります。

2階のギャラリー “ 青い草 ” がどのようなしつらいに様変わりするのか
楽しみにされている様です。
私には 少し緊張して臨む事になります。

毎年の事ですから 頭の中の引き出しも底を尽き… 
ここで頑張らなくては 今の自分に負けてしまう結果となる訳ですから
自分に喝を入れながら進めています。

まず 自分がどれ程楽しめているかが問われます。
手作りでおもてなしをとなれば 細やかな作業に時間を費やす事にもなりがちに
でも その作業が楽しく暮らすの原点となります。

a0255892_16285719.jpg

                      聖夜の夜を迎えるまで この場所で


後1ヶ月で世界中で聖夜を迎えますが これ程のお祭りが他にあるでしょうか?
私の周りの方々も 北欧のクリスマスに逢いに出かけられる方も多くいらっしゃいます。

すでに 街路樹などに電飾の準備が施されているようですし…
今年はどの様なクリスマスが待ってくれているのか楽しみです。

クリスマスの楽しみ方のひとつとして 大きな役割として “ 飾る ” がありますね。
昔ながらのお決まりと言えば サンタクロースとクリスマスツリーでしょうか。

その昔 ツリーを飾りながらサンタクロースがプレゼントを届けてくれると信じ
胸を躍らせていた頃の暖かな記憶がよみがえります。

私が子供の頃は 父が山から大きな杉の木 ( モミノキの代わり ) を切り
持ち帰っていました。
その頃は紙製のモール 星 靴 サンタ ベルなどでしたが
ワイワイ ガヤガヤと飾り付けをしていた事 今もはっきりと憶えています。

a0255892_16304974.jpg

                            cafe' bonのテラス側にも
                            リースを一つ飾りました


今思えば 大切に取っておけば良かったと後悔しています。
飾りの一つひとつの色や形までもが 目に浮かびます。
そして 枕元に靴下を置いて眠った事なども…そして朝を迎えます。

これは 今も変わる事なく続いている景色のようで 癒されますね。

何時までも 素敵な夢が続きますように

そして 子供たちに星の数だけの幸せが降りそそぎますようにと祈りを込めて…

                                        Droguerieの時間
                                             2013.11.21
by aoikusah | 2013-11-21 08:00 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

整体から学ぶ事

今日はお世話になり始めて10年近くになるでしょうか
私の身体の源である整体の日でした。

何時もより早く起き 6時半には整体へと向かいます。
この時期になると まだ外は薄暗く 
寒さも少し手伝ってか 中々布団から離れがたく…
これから先を思うと 気合いが入ります。

a0255892_1216883.jpg

                              安曇野の紅葉


この時間帯は通勤ラッシュに差しかかります。
それでも皆さんは毎日の事 大変だと思いながら
今日は その道なりに私の居場所があります。
今は月一度の割合で伺っています。

こんなに元気な私ですが 10年程前の頃体調を崩した事がありました。
そんな中 今の整体と出逢いました。

特別無理をしていた訳でもなく 更年期のせいでしょうか…
身体は長年に渡り 少しの積み重ねにて歪みが生じてきていたのでしょうか…
今日から身体のバランスが崩れますよ…なんて事はないはずですから

これまでの何十年間分の蓄積があるとすれば
そう簡単には元の健康体には戻れるとは思えず…
ゆっくりと時間をかけて 元の健康な身体に戻す努力をする覚悟でいました。

a0255892_12185428.jpg

                            大王わさび田
                              透き通る程の湧水が流れ


これからまだまだ続く人生を より元気に楽しく過ごす為に今どうにかしなくてはと…
しかし どうしたらいいのか分からず途方にくれていた頃 
お客様の紹介で今の整体との出逢いを頂きました。

今は誰よりも元気に 薬ひとつ飲まずに過ごせています。
そうは言っても 頑張り過ぎると この年齢では疲れが溜まり始めるようです。
そこで 月に一度の定期検診を受けている感じで今も続けています。
私の心身ともに欠かせない場所に…

a0255892_12242084.jpg

                    テラスの山ぶどうが ついに紅葉し始めました


今日も整体に着くなり 心温まる光景に…
何時も車の誘導にと門下生の方が外で待機されています。

行き交う方々にも勿論挨拶をされていますが
通学時の小学生と楽しそうに追いかけっこを…
子供たちも楽しそうで待っているかのようでした。

大人と子供の関係が 何時の時代も一緒なのかと思う程 微笑ましくて…
彼の大人としての配慮された無邪気さ 優しさに嬉しくなりました。

その時すでに前に一台車が
女性の方が降りてこられて 彼に小さな袋をさり気なく渡されていました。
“ 少しだけど喉飴です… ” と
この光景にも人を思う優しさに包まれ暖かくて…

彼への感謝の気持ちが
“ 寒いでしょ!風邪気を付けて頑張って… ” だったのでしょう。
皆優しい!

a0255892_12261242.jpg

               オーストラリアにて
               ビンテージの素材を用いて手作りされた ワンちゃん


彼は いつ来られるかもしれない私たちを
気持ち良く安心して迎え入れて下さっている事を
当り前の様に思う程に慣れてしまっていたのです。
反省ですね。
ここにはそんな大きな幸せがたっぷり転がっているのです。

皆さんの優しさも 相手を思う譲り合いから生まれ行くのでしょう…
これからの季節は 特に寒くもなり始めます…
若い彼の笑顔が 皆さんの心までも暖かくしているようです。

こんな素敵な一日の始まりを
整体に行く日は毎回頂いていたのだと改めて気が付き 感謝です。
いつもありがとうございます。
そして これからも宜しくお願い致します。

a0255892_12282750.jpg

                          Droguerieの今日
                          ウンベラータの緑が綺麗に


そして待合室での過ごし方…今日は1時間余り
少し眠い時は目を閉じてゆっくりと過ごします。

窓の外に目を向けると 青い空に白い雲と紅葉し始めている銀杏の木があり…
毎回見る景色なのですが 季節と共に変わります。

今日は雲が多く 風が少しあるのか流れも早くて
雲の隙間が まるで絵画のように様々な景色を見せてくれていました。

面白いなぁと見ていると
歩いている像に見えたり…
人の顔に見えたり…
テーブルとイスに見えたり…と次々と展開していきます。

a0255892_12313164.jpg

                    ローズ・ドゥ・ボヌールのハンドクリーム
                    手が荒れる季節に 香りと共に至福の時を


ただ椅子に座っているだけなのに こんなにも楽めている自分がいる。
これも先程彼からほっこりした気持ちを頂いたからでしょうか?

こうして楽しんでいると自分の番に…
先生に見て頂き “ 大丈夫です! ” の一言を頂くと
また頑張って楽しくお仕事が出来る自信が湧いてきます。

施術後 車に戻り彼に
“ 朝は楽しそうで 素敵でしたね… ”
“ でもあれは逆ですよ! ” と

これも彼の優しさなのか
自分の方が子供たちから遊んでもらい エネルギーを貰っていると… 笑顔で
そして又 道行く方に優しく声をかけられていました。
車が走り始めると 見えるまで見送られます。
毎回です。

この場所は今の私 これからの私の栄養の源になります。

こんなにも暖かく守られている時間に 元気と希望を覚えます。
そして帰る頃には朝日が眩しくて エネルギーを満タンにしてくれているかの様に
何処までも太陽が追いかけてくれています。

a0255892_12212887.jpg

                           Droeuerieの庭にて
                             山茶花が咲き始めました


気が付けば元気になれる源は沢山あり
家に着いた頃には かなり身体が軽くなっているようでした。

今日は彼の呼びかけている波が流れ出し 私をとても幸せにしてくれました。
その打ち寄せては帰る波は 幾度となく繰り返し 繰り返し…

こんな繰り返される毎日のことに
温かな幸せな気持ちがひそんでいることを忘れない…

                                       Droguerieの時間
                                             2013.11.14
by aoikusah | 2013-11-14 12:38 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(0)

紅葉を思う

今日11月7日 立冬です。
立冬とは 冬の気配が山にも里にも感じられる頃の様です。

これから秋を満喫しようかと思い始めたばかりなのに
暦の上ではすでに冬を迎えています。
すでに布団が恋しい季節となり 中々起き辛くなり始めています。

今朝外の様子をと障子を少し開けてみました。
あの気持ちの良い澄み渡った青一色の秋空に 清々しさを感じ
今日も何か良い事が起きそうだと勝手に思い 一日の始まりを頂いていましたが
いつの間にか…

a0255892_14592517.jpg

                          秋の夕暮れ 夕日が海へ落ちる時
                          ドゥログリーからの眺めです  

今日は どんよりと雲も低く張り巡らせて
冷たさを思わせながら… 風が吹き 木の葉も揺れ…
ベランダの先にある 山ぼうしの木が紅葉を始めています。
隣の柿の木はすでに葉を落とし 居残りの柿の実に冬の気配を感じてしまいます。

私は昔から障子が好きです。
障子1枚で 家の中から見る景色を劇場に居るかの如く見せてくれます。
さあ!幕が上がります…なんて

障子越しに見る 季節ごとの影映をも楽しむことも出来ます。
紙1枚で創り出す芸術ですが 
開けずとも心の目で想像したり 誰もが見る事の出来る素敵な贈り物でしょう。
勿論家の中での暖かな人の気配も感じることも出来ます。

今や 家の中に障子の無い住まいもありそうで…とても嘆かわしいことです。

昔は 家中をはたきでパタパタ 
勿論 障子の桟も優しくパタパタと 力加減を実践しながら教わっていた様です。
もし万が一 障子紙が破れたとしても 桜の花びらに切った紙を張り補いながらの記憶が
楽しい思い出としてよみがえります。

a0255892_1515052.jpg

                         コートで紅葉を表現してみました
                         燃える赤


最近は手軽に掃ける和箒が欲しいと思い始めています。
掃除機の様に 出したり片付けたりも手間いらずですし…

また話が脱線してしまいそうです…

我家でも 年末の大掃除の頃になると毎年のこと 障子の張り替えをするべきか…
今年はまだ綺麗だから もう1年はこのままで…なんて思いもありますが

それ以上に 障子がある日々の暮らしに和みや温もりを感じ 幸せを頂いています。
東洋における美的理念のひとつ “ 侘び ”  “ 寂び ” の心の様に…

日本の住まいには これからも残して欲しい一つです。

今日も寒くなりそうです。
この1週間で 季節が秋から冬へと様変わりをしているようです。

この頃になると 紅葉も気になり始めます。

a0255892_1543718.jpg

                         紅葉の頃 紫式部が実を付け
                         色鮮やかな青紫色に

そして もう一つ気になる事が…
“ もみじ ” は “ 紅葉 ” と書き
“ こうよう ” も “ 紅葉 ” と…

“ 紅葉 ” を辞書で引くと
 ① 木の葉が赤くなること
 ② 赤くなった葉
 ③ もみじの異称…と

“ もみじ ” を辞書で引くと
 ① 秋に木の葉が赤色黄色に変色すること こうよう
 ② かえで
 “ …狩り ” 野山に行って “ もみじ ” を鑑賞すること
と書いてありました。

今までは無意識に使っていた言葉ですが 
特別 間違った使い方はしていないまでも 何も考えずに過ごしていました。
日本語の美しくもあり難しくもある これが言葉の文化なのでしょうか。

何とも心地良い 私の大好きな感じるままに使えば良いのでしょうか?

私の想う紅葉とは 山全体が燃える盛りを描き
その中でも “ もみじ ” はひときわ彩やかな色を見せつける。

a0255892_15125423.jpg

                             銀杏の様に 黄色く紅葉


日本人の心に深く染みいる詫び 寂びを
これから始まる紅葉の景色からも楽しみたいと思います。
山々の木々が冬支度をする最高の見せ場 散りゆく前の潔い盛りです。
より大きな感動を 精一杯受け止めたいと…

後もう少し…
その時の出逢いが今から楽しみです。

この頃になると 山茶花の花が咲き始める頃になります。
ドゥログリーの庭にも蕾を沢山付けています。

落ち葉の頃に花を咲かす 何とも優しい心遣いをする木の様です。
椿に似ていますが 少し小ぶりの花を
寒くて厳しいこの季節に咲かせ続ける健気な花ですね。

a0255892_15175140.jpg

                         優しいオレンジ色に
                         TINAの紅葉したストールを巻き


これから迎える寒い頃に見せてくれる 数少ない花の一つに感謝でしょう。
しかも寒くなり始めると 窓の外へと目が向かなくなり
時々はそっと顔を出し 山茶花の花のご機嫌を伺ってみることにしますね。

私たちは皆友だち 仲間ですから…

ドゥログリーも11月を迎え すっかり冬へと 暖かなウールで包まれています。
急な冷え込みに冬支度を戸惑いながら…

わたしも同じこと…

今年に入り どうも自分のスタイルが決まらずにここまで来ています。
自分に対決するかのように色は “ 黒 ” でと挑戦してみましたが 思う様にならず
半ば諦めざるを得ないような…悲しい!

a0255892_152212.jpg

                            短丈の 赤のツイード
                            軽くて気持ち良く


しかし おしゃれは決めるべきものではなく
今の自分の気持ちに素直に向き合うことが一番だと思う様になりました。
負けたのではなく 辿り着いた所がそこにある…

今の自分が心地良い着こなしが より気持ちも高めてくれている様です。
何でも頑張れば出来る訳ではないこと
その時々に寄り添う事の大切さを教わった気がしています。

今年は これまで以上におしゃれをしたいと思っていましたが
今のところ不発に終わっています。
でもまだ2ヶ月の有余があります。

素直になれた自分と これから始まる冬を楽しむ事にすることにして…

今朝も 小さな畑で秋ナスが10本 ピーマンが3個 オクラが1本収穫できました。
私には夢のような出来事です。

自給自足と言えば語弊がありますが その位感動しています。
せっかくの収穫です… 綺麗に洗い 野菜大好きな母に届ける事にしました。

a0255892_15261412.jpg

                             ミヤコの素敵な布バック
                             一つひとつが手作りされ


自然に感謝と共に 子供と一緒で相手を思い 認める大切さを実感しています。
そのお陰で もう少し収穫出来そうです。

毎晩 たっぷり茄子の入ったお味噌汁と幸せな食事を頂きながら
こんな日々の繰り返しが一番の幸せだと思いながら…

今は坦々と流れるこの時間をどのように過ごすかが課題でしょうか?

ゆるやかな道を歩くために…

                                      Droguerieの時間
                                            2013.11.7
by aoikusah | 2013-11-07 08:00 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(1)