カテゴリ:2013年9月・10月( 9 )

今治のタオルと

今日で10月も終わりです。
今年も残すところ2ヶ月となりました。
当り前の事を確認するかのように書いていますが…

朝晩はここに来て急に寒くなり始めましたが 日中は気持ち良く温かくて
師走を迎えるのは まだまだ先の事のように思われまれますが
これまでの10ヶ月の早さを思うと 止めようのない早さがきっとそこにありそうです。

私のこれからの2ヶ月は ドゥログリーの
盛り沢山の企画をより楽しくする為に 必要な時間となりそうです。

勿論 私は楽しみながら頑張るのですが 皆さんも付いて来て下さいね。
足並みをそろえて…イチニ イチニ!

a0255892_15143751.jpg

                              親孝行の旅 高知へ
                                  瀬戸大橋を渡る


自分の毎日の暮らすを考えると 数多くの道具を使っています。
身の回りにあるものは ほぼ全てとなります。

考えてみると 必要だから買い求めている訳ですから 当り前のことなのですが…

朝の目覚めから夜眠るまで どれだけの物たちの世話になりながら
暮らしているかと考えてしまいます。

ただ使えればいい…そんな時もありますが
殆どが 使うからには満足感 充実感を求め
しかも 気持ち良く長く付き合えるものを捜しています。

その為に より最良な物との出逢いを求め続けていると思います。
日々進化している中 また新たな出逢いが生まれてくるのではないでしょうか?

しかし今の時代 あまりにも便利になり 少し過剰的に見えています…
私は 古き良き時代から受け継がれている物が心地良く好きです。

a0255892_15172484.jpg

                  瀬戸大橋は全長12,300mを
                  異なった3つの形で形成され海に浮かぶ巨大な橋


その中で少しずつ進化し融合しつつ その時代と共にが理想的だと思うのですが
便利が故に見失いがちになることも生まれ…
時間の余裕が 逆に工夫をすることの楽しさを忘れさせているようです。

心あるものこそ本物だと…
効率が悪くても 手間ひまかけられたものには心奪われ
そこに流れるエネルギーを感じ 魅かれてしまいます。

そこで何故だか “ タオル ” について

そう! 今朝も顔を洗い 早速タオルのお世話になりました。
この様に朝の目覚めから夜眠るまで 当り前のように毎日何度となく使っています。

a0255892_15331711.jpg

                          桂浜にて太平洋を臨む
                          キラキラと輝く水平線を彼方に


ドゥログリーは 四国の今治タオルを置いています。

タオル業界の国内生産は 消費量の全体の2割と聞き驚きました。
その半分の1割が今治で生産されている…その現実に寂しさを覚えます。

どの業界も 国内で賄われることの難しさに改めて直面しました。
まず 材料となる綿から輸入となる訳ですから…

お店ではコンテックス社とご縁を頂き 10年ほどになります。

コンテックス社について

1934年 四国今治にて創立。
工場では昔ながらのシャトル機械や かつて名機と呼ばれた 「 TOYODA織機 」 が
今も現役でタオルを織り続けているそうです。

タオルを織る速さは 現代の3分の1の速さです。
糸に負担をかけない様にゆっくりと織りあげる為 綿本来の柔らかさを残し
独特の風合いを生み出すことが出来るそうです。

a0255892_15362298.jpg

                             ウールの様な温もりを感じ
                             思わず触れてみたく


素材となる綿糸は オーガニックコットンを始め 世界各国の優れた綿花を厳選され
四国山系の天然ミネラル水をたっぷりと使いながら
植物性の純石鹸や天然抽出オレンジオイルなどで
ゆっくり丁寧に洗いあげているそうです。

「 時代や流行に流されないロングライフなタオル 」
「 シンプルで質の良いタオル 」 がコンセプトとして今に…

私がまだ小さな頃のタオルの印象は余りなく…何となく薄くて少し硬いような…
後はギフトで頂くタオルは柔らかくて厚く 気持ちは良いのですが吸収性が少なく
一度水洗いしてから使っていたような記憶があります。

今ここに置かれている今治のタオルたちは数種類ですが
どれも少しずつ異なった個性を持ち 生まれてきています。

皆様の好みも多種多様だと思われますが
私は柔らくて少し張りのある 薄めのタオルが使いやすくて好きです。

やはり タオル1枚にしても その良さを知らずにはお勧め出来るはずもなく…
少しずつ知識として触れてみると
“ これは使ってみたい… ” と思う様になります。

毎日使うものだからこそ
肌に優しく気持ちの良いタオルを厳選したいと思われませんか?
一日の始まりが 大好きなタオルとの出逢いからなんて癒されそうです。

a0255892_15385869.jpg

                             空気の様に柔らかい肌触り
                             気持ち良く癒されます


今一番のお薦めは “ ガーゼチェック ”

空気のような “ ふわふわ ” とした肌触りが気持ち良く
グランドには麻がブレンドされた糸が使われており 乾きが早く使いやすく…

12月には “ NUNO ” が新しく登場します。

一般的な布は たて糸とよこ糸の2種類の糸で作られていますが
タオルは もう1本ループを作る糸が存在しています。

その揺らぎ感を持たせた 「 スローなタオル機械 」 で織りあげられ
気ままに自由に使って頂けるタオルが新しく生まれ
従来のタオルを越えた布に変身しているようです。

“ NUNO ” に触れた瞬間 心魅かれ 私も今から出逢える日を心待ちにしています。
皆様にもお薦めしたいタオルのひとつになりそうです。

我家では頂いたタオルも多く使いますし もちろん今治のタオルも…

今の時代 国内生産された物たちを
大切にしなければいけない時代が来ていると思います。
せめて自分が選ぶ時には MADE IN JAPANと決めています。

タオル1枚から認めてあげたい…毎日使う物だから。
毎朝気持ちいい目覚めを頂くために…
ふわふわした優しいパイルに触れることから…

p.s.
お知らせが二つあります。

a0255892_15414946.jpg

  手編みされたニットに
  世界で一つのTINAのストールを巻き…展
      11月15日(金)~20日(水)

 これから迎える木枯らしの頃
 こんなにも感性豊かなフェルトのストールに身体も心も暖かく癒されそうです。
 TINAの色 造形 感性のすべてに歓喜の声が鳴り響きます。

 15日にはTINAより来店されます。
 制作の原点でもある 秋月の今やフェルトについてお話したり
 楽しいひと時を過ごして頂ければと思います。


もう一つは会席のお知らせです。

   小春日和膳
 11月30日(土)12月1日(日)2日(月)

a0255892_1547375.jpg

                               今年1月の会席にて


 季節の出逢いを楽しんで頂きたくて始めてしまいましたが
 皆様に嬉んで頂けている心地良さに これまで続けられています。

 今年は三回目ですが 秋冬の旬の身近な食材でのおもてなしです。
 すでに この日に向けて格闘の日々が始まっていますが 毎回のこと
 一つひとつの食材と自分とのその時々の出逢いが 献立へと導かれている様です。

 何ひとつとして特別があるわけでもなく 今を五感で楽しむことへの挑戦のような…
 今年最後の食での企画です。

 一日20食限定  ¥2100

 小雪の頃 寒さが進み雪が降り始める頃となります。
 そんな中で 暖かな陽ざしに包まれることがあり そんな日を小春日和と言い
 そんな暖かな献立でおもてなしをさせて頂きたいと思っています。
 只今ご予約受付中です。

                                         Droguerieの時間
                                              2013.10.31
by aoikusah | 2013-10-31 15:52 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

灯りの泡

10月も後一週間残すところとなり急に寒くなり始め 暖が欲しいと思う様になりました。
衣替えも秋から冬へと急ぐほどに…
とは言え 日中は丁度過ごしやすい陽ざしを感じています。

ドゥログリーも 晴れの日にはテラスを開放し
気持ちの良い 優しい秋風を思う存分楽しむ日々を過ごしています。

a0255892_16103754.jpg

                        灯りの色々を紹介してみます
                         透明なガラスのカットが光を放つ


今日はあいにくの雨ですが これも台風27号の影響なのでしょうか?
今年は台風が多く 心痛める出来事が続いています…

この地球で繰り広げられる成行きに 何ひとつとして逆らうことは出来ずにいます。
自然の悪戯にしては酷い!
今の現状が 未来への意味ある大きな道しるべとなるはず…

秋は空気が澄み渡り 甘い香りが風と共に運ばれてきます。
ついつい クンクンと鼻をきかせてしまいます。
そして何時ものように ニンマリとつい笑ってしまいます。
私が幸せを感じた時の仕草らしく 気が付けば何時も笑っているようです。

その香りとは 庭木や街路樹にも多い金木犀です。
我家にも 子供の小学入学時の記念樹として植えた金木犀が一本あります。

毎年この頃になると 窓を開けると
“ おはよう ” の挨拶をするかのように甘い香りが届き…
何とも心安らぐ瞬間…今日も素敵な一日が過ごせそうな爽快さを頂きます。

a0255892_16133676.jpg

                          透明なガラスと
                          緑のガラスのバランスがステキ
                          優しい灯りが


この頃 車を走らせていると ススキと背高泡立草が何処までも続いています。
ススキの穂が風に吹かれ 優しく揺れ
その傍に 黄色の花を付け
どっしりとした背高泡立草が寄り添うかの様に立ちすくんでいます。

この2種の対照的な植物が
秋の澄みわたる高い青空の下に広がる風情ある景色となり 心魅かれます。

一見相反しているかのように見えていますが
本来はどちらも同じなのかもしれませんね。
美しい 優しい 強いなどと決めつけているのは 見る側の気持ち次第なのかもと…

a0255892_16164596.jpg

                       乳白色のシェードに 赤のフリルの縁取りが
                       廊下を優しく照らし


同じ景色を見ても 明暗を分けたり…
とすれば 今の自分の気持ちの目で物事を判断しているのかもしれません。
そう! 何事も思い方で皆丸く治まると思えば…
感謝 感謝で行きましょう!

勿論 迷うこともあるでしょう。
その時はまず 自分を信じてしてみる事…その結果は 結果次第で又考えて…
前向きに頑張るだけです。
どうせするなら 楽しみながらがとても大切に…
それに 倍楽しめた方が幸せも倍増する様な気がしませんか?

また話が脱線してしまいました…
こんな秋の夜長の過ごすひとつとして
“ 灯り ” を楽しんでみてはいかがでしょうか?

a0255892_1623177.jpg

                      階段の踊り場に 小さな白のシェードが
                      周りを温かな空間へと


皆さんにとって 心地良い照明とは何でしょうか?

実は 太陽光と体内時間に関係するようです。
光の強さや色 位置は
人の身体に備わっている体内時計と密接に関わっているそうです。

太陽の日の出と日の入りは低い位置にあり オレンジがかっています。
その時間帯は休息時間に入っており 日中の青白い光の中は活動的になる。
これは無意識に感じる心地良さにつながっているそうです。

つまり 昼間は明るく爽やかな照明が心地良く
夜は暖色で低い位置にある照明が落ち着くと言うのは 理にかなっているのですね。
とても理解できます。

a0255892_1627525.jpg

                        優しく照らされる灯りの下
                        いつもの様にお気に入りのソファーで


私も これまで無意識にその光景を再現したくて
自分から灯りを求めていたのかもしれません。
古いランプやシェードが好きで…
巡り逢えた時に一つひとつ集めたものですが 少しだけ家で使っています。

私の自己満足の世界だと思いますが とても癒されています。
夜の静けさの中に鈍いガラスから灯りがこぼれ 周りに優しい影を落とします。

ただその景色と そこに流れる時間と 大好きな物たちに囲まれて過ごすひと時が
自分には何よりの至福となっています。
言葉にならないほどの幸せに包まれながら 満たされて行きます。

a0255892_16295716.jpg

                         自由が丘のアンティーク屋さんで
                         偶然見付けたキャンドルホルダー


これからの季節は 身近で楽しめるキャンドルやアロマも素敵かと思います。
自分の為だけの 秋の夜長の過ごし方としていかがでしょうか…

日暮れと共に家々に明りが灯り始めますが それぞれ光の色が違うようです。
やはり その家庭の灯りも味のひとつになるのでしょうか。

とても不思議に思われますが それが又楽しくもあります。
しかも どの灯りもが温かく感じられています。

灯りの中 笑ったり 泣いたり 喧嘩したり
居眠りしたり 音楽を聞いたり 食事をしていたりと
どの一コマもが 家庭の温かさが満ち溢れている様に想像してしまいます。

灯りには そんな幸せを想像させる不思議な力を持っていそうです。

a0255892_16342543.jpg

                          赤いガラスのキャンドルスタンド
                          偶然お花屋さんで見付けました


この秋の夜長に 自分だけの灯りを捜してみるのも楽しそうではないでしょうか?
心弾むような心の灯りも素敵ですね…

街中が幸せの灯りで溢れたら 闇夜も幸せな数だけ日溜まりが浮きはじめ
あっちもこっちもフワフワ フワフワと…
そこにはきっと 皆の笑顔があるはずですから…

                                           Droguerieの時間
                                                2013.10.25
by aoikusah | 2013-10-25 16:36 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

今も変わらぬこの地にて

10月半ばともなりますと やっと秋らしくなりました。
今年はいつまでも暑い日々が続いていましたから 待ち遠しい秋でした。

涼しくなり始め これからおしゃれが楽しめる季節となり
ドゥログリーでは すでに秋から冬への装いへと変りつつあります。

この最近の異常気象による暑さでしたが やはり9月になると暦の上ではすでに秋…
気持ちは既に秋へと誘い始めているようでした。

a0255892_1559514.jpg

                        西荻窪にある古道具 ルミディより
                        プロバンスの香りと共に 荷物が届き


おしゃれな方々は 暦の季節で装うような気がしています。
まだまだ暑くて着れない季節ですが 捜す時には出逢いが無いことをご存じで
お気に入りが見つかれば喜んで頂いています。

中々自分に似合い 素敵に見えるバランスを持ち具える服との出逢いは
そうそう無い事を これまでの長き経験から熟知されているようです。

私の周りの方々は 生きている限りおしゃれをしていたいと思い始めています。
私も同様…

女性として選ばれ 誕生している訳ですから
女性として出来る事 楽しめる事をもう一度考え直し
これからの残りの人生をもっと素敵に…

今の時代は男女平等だと言われていますが それはそれで良いと思うのですが
時として男は男らしく 女は女らしくも大切だと思います。

やはり バランスのとれた美しい形ではないでしょうか?
勿論これが全てではなく 例外も沢山あるとは思われます。
まずは私も反省から始まりますね…

a0255892_1615130.jpg

                          嬉しくて 一つずつ紹介してみます
                          グレーの包み紙にピンクの紐
                          素敵な予感


話が少し脱線してしまいましたが つまり女性として素敵になりましょうって事です。
しかし おしゃれになるのは意外と難しく 日々の学習と努力が大切になります。
そう簡単には素敵な女性への道は開けずです。

私の理想は そんな素敵な方が溢れるドゥログリーであること
そして街中が笑顔で溢れ…考えただけでもステキです…

その為には おしゃれは不可欠だと考えていてますが おしゃれの定義も難しくて…

そこで もうすぐ29歳を迎えるドゥログリーの今を 少しだけ覗いてみて頂けますか?
29年前 室積に小さなお店が誕生しました。
小さくとも思いはいっぱい詰まっていましたが
まだまだ未熟な私がそこに存在していたようです。

初めから “ 衣 食 住 ” で提案させて頂き 今も何も変わらずここに居ます。

a0255892_1653380.jpg

                    包装紙を開けると
                    中からフランスらしい可愛い色合いのお菓子が
                    Kさん行きつけのお菓子屋さんより

“ 衣 (服) ” について…
ここに用意されている服たちは 年齢もサイズも関係なく皆様に着て頂いています。
勿論全てではありませんが…

ですから 親子で兼用されることもあり
20代の方も70代の方も 同じ服を着て頂いております。
おしゃれは年齢で着るものではなく 気持ちで着るものであり
幾つになれども着こなすだけの魅力があれば 何を着られても大丈夫のはず…

そんな方は自分の思いと共に似合われ その服は自分を決して裏切ることもなく
そして今の自分がより素敵に輝けるための服が一番大切な課題となります。

デザイナーの顔が見え そのものの良さが理解できた時
皆様と向き合える気がしています。
後は自信を持って本物を気持ち良く着て頂くだけです。

とりあえずでは駄目 後悔も駄目
自分捜しの服だと思うので じっくりとお話しながら
素敵な笑顔と出逢えるまで真剣に向き合います。

a0255892_1695726.jpg

                             無花果で出来たビネガー
                             料理するのが楽しみに


どんな素敵な方でも それぞれコンプレックスを持たれているらしく…
信じられないのですが…

勿論 私は山のような課題を抱えています…
つまり そのマイナスをプラスに変えられるとしたら

そう! 嫌いな自分が大好きな自分へと変われますし より魅力的にも…
それが出来るのが服の持つ魔力だと思います。

何度となく その経過を見てきています。
どんどんと回を重ねる度に若々しく素敵に変わられていくのが
見ていて嬉しくて嬉しくて…

皆さん これまで休むことなく頑張って来られた方々です
だから これからの人生もっと笑って楽しみましょう! と言いたいです。

まずは 全てに開放されるような気持ちのおしゃれから始めましょう。
それが出来れば 次は実践ですね。

a0255892_1612318.jpg

                       ポストカードと写真が
                       写真には室積産のさよりの干物が写って


つまり装いですが 着飾るのではなく 品良く自分らしさが大切です。

やはり誰もが認める素敵な方はおしゃれ上級者
見た目だけではなく 内面も優しく素敵な方ですね。
私もそんな方に憧れてしまいます。

誰もがそんな憧れる方になれるとしたら 自分磨きをするしかないと思われませんか?

その為に この小さなお店はあります。
いつまでも一緒に考え 迷いながらを共にして行けたらと願います。

小さな幸せが沢山 が好きです。
いずれ見る夢を夢見て…

そして “ 食 ” “ 住 ” について
考え方は全て “ 衣 ” と同じですが 食べると住むは相手を招くが増えてきます。
“ おもてなし ” の心でしょうか。

伊達正宗は美食家として知られていますが こんな言葉を書きとめているそうです。
“ 人に振舞ふしあらば 料理第一と心得よ ”

相手の好みを前もって調べ 嫌いな物は出さないように
数少なくとも季節にあった料理を…
さり気なく この様なおもてなしをされれば大満足でしょう。
心ばかりの料理であれ 相手を思う気持ちこそが何事にも勝ります。

a0255892_1615030.jpg

                            10月12日 室積花火大会より
                            写真大好きなT様の撮影


そこで盛り付ける器も 大きな役割を果たすことになります。
料理を思い 季節を添える…魯山人に学ぶところでしょうか。

招くにあたり 部屋のしつらえもとても大切です。
綺麗に掃除された気持ちの良い室内に庭先の花を活け 心をこめた料理でもてなす…
これがこの国の文化ではないでしょうか?

この全てが完成されずとも 気持ちが問題ですから…
暮らし上手になれれば 今以上に楽しみながら過ごせそうです。

こんな日々の暮らしの積み重ねが 皆さんの心の財産となります。
一人の人生の先輩として 周りの方たちに幸せのお裾分けを差し上げて下さい。

こんな小さな海と山に囲まれたお店から
小さな幸せを求め続け 発信し続けたらと 今も尚思い続けています…

a0255892_1811082.jpg

                    玄関の横のベビーバスに植えられている花たち

p.s.
先日小包みが届きました。
10年来のお付き合いをさせていただいている
東京の西荻窪で古物商 (ルミディー) をされているKさんからでした。

ワクワクしながら開けてみると 想像以上の感激の数々がその中に詰め込まれ…
Kさんは南仏を専門に回られ 来仏されると3週間~1ヶ月は滞在される様です。
今回のお土産が プロバンスの香りと一緒に送られて来ました。

その中でも 一番驚いたのは写真でした。
先日室積の地物の干物をお送りしていましが
それが南仏での思い出の写真の中に写っていて
国境を越えた “ さより ” に感動でした。
エー!エー!と何度も連呼で…素敵過ぎて カッコよすぎです!

いつも行かれるお菓子屋さんの可愛いお菓子たちや その他にも色々と…
早速頂きましたが 人生初の美味しい可愛い味を堪能しました。

心から感謝をこめて ありがとうございました。

a0255892_1874797.jpg

                                  19日からのDM

もうひとつ お知らせがあります。
19日から “ 山粧うようにYMも…展 ” が始まります。
山々が紅葉を始めるかのように YMも色彩やかに染まり行くそんな景色に…
19日は YMから来店されます。
皆様とお逢い出来る事を とても楽しみにされています。
実りの秋を自分のこの手で収穫して頂きたいと思います。
大きなかごをお持ち下さい…心の…                                   
                                             
                                      Droguerieの時間
                                           2013.10.17
by aoikusah | 2013-10-17 18:22 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(2)

釣瓶落としの日暮れに

もの静かな秋の暮らしの中 どことなく丁度良いは寂しさを伴うようです。
絶えず何かを求めている状態が 身体も反応するみたいで…

暑くもなく寒くもなくて丁度良いは 一番過ごしやすく最高のはずなのに
ただ気持ち良く快適に過ごす毎日に どうしても違和感を感じています。

日々の暮らしの中 何かを見出す喜びを求めているのかも知れません。
もっと肩の力を抜いてみてはと思うのですが…

皆さんはいかがですか?

もっと素直に秋を満喫するだけで充分でしょ!
それなのに何時も何かを捜し求めているようで…

今の私は ザワザワと落ち着けずにいます。

a0255892_1339850.jpg

                    中庭に植えたパープルファウンテングラス
                    チョコレート色の葉が秋風に吹かれ


今朝も爽やかな秋風に吹かれ お店のテラスで美味しいコーヒーを頂きながら
何とも気持ちの良い時間を過ごしています。

でもその瞬間 次は何をしようかしら…?
なんて思ってしまうのです。

どうしてゆったりと過ごせないのかと 自分が不憫に思えてきますが
むしろ私は少しばかり欲張りなのかも知れませんね。

こうしていながらも 思いは空中遊泳しているようです。

a0255892_13423973.jpg

                      テーブルの上に置かれた蕾のホホトギスが
                      薄青の花びらを開かせて


気が付けば 隣の駐車場の土手に第2群の彼岸花が綺麗に咲き
儚げな秋に華やかな色を添えています。

この季節に見る色彩やかな景色となり もう少しで出逢う山の紅葉のように
土手や畦道を彩る姿に 美しさを覚えてしまいます。

今 私の心に残るこの季節の草花を紹介してみても良いでしょうか。
秋桜 鶏頭 すすきも昔から親しまれていますが
私の中の秋の草花です。
野の花は楚々として 可憐で優しく 品良く たくましく 全てが憧れる花たちです。

コスモスは “ 秋桜 ” にふさわしく 叙情的な趣きで群れ咲く優しげな花

高く澄みきった青い空 山の緑 秋桜のピンクや白と まるで絵画のよう…
秋からの私たちへの贈り物だと思えるほど 可愛く元気になる景色となります。

a0255892_13453045.jpg

                         社員旅行にて写した 阿蘇のコスモス


自然が主張すれば本能的に感じ取り
素直に人は それを求めて旅へと出かけて行くようです。

不思議です! これも自然界の摂理による導きなのでしょうか。

子供の頃は名前から想像するものがあり 少し苦手でしたが
大人になり 鶏頭の花も愛おしいと思うようになりました。

大きな花は色鮮やかで力強く 柔らかな葉を付けた太い茎もたくましく
この季節には なくてはならぬ花のひとつでしょう。
庭 道端 畑と何処かしこと 様々な色 形で咲いている姿に何故か懐かしさを覚えます。

a0255892_1347437.jpg

                                赤のケイトウの花
                                力強くも優しくも


そしてもうひとつ 忘れてはならぬ秋の代表 すすきです。

すすきは “ 薄 ” と書き
一年中通して姿を楽しませてくれますが それでも秋は特別です。

細葉のそよぎと銀色の花穂がなびく姿は 静かに穏やかに心揺さぶる景色となり
日本の “ 侘び ” “ 寂び ” には欠かせない風情のひとつだと思います。
優しくもあり力強さも感じてしまう すすきです。

a0255892_13513088.jpg

                          庭に一株だけ すすきがいます
                          青空に向かい光を放ち


そんな秋をもっと捜したくなりませんか?

しかし この頃ともなると
日が傾いたかと思うと あっという間に空が茜色に染まり 日が沈んでしまいます。

まさに釣瓶落としです。
秋の夜長の始まり…

そう!
秋の夜長を楽しむかのように コオロギたちの虫の音が賑やかに聞こえています。

先日 いつものようにうたた寝をしてしまい
夜中に目が覚めると まだ虫の音が聞こえていました。

“ 秋の夜長に鳴き通す… ” とありますが 本当だと確認できたこの時に
子供の頃の童謡に触れた思いと重なり ウフッ!て笑ってしまいました。

a0255892_1354637.jpg

                          青いコアオハナムグリが
                          白いフジバカマの花粉を食事中


こうしている間にも 万物の生き物たちから
五感を通じて色々な秋をすでに頂いている事に気が付きます。

何かを求めようとしなくても 自然にその真ん中にいるようです。
しかも 理屈もなく肌で心地良く感じているようです。

秋だからとはいえ 無理に出かける事もなく今のままで充分楽しく過ごせます。

心休まる野の花を飾り 旬の食材で料理を楽しみ そして頂き…
映画を見たり 美術館へ出かけたり 積みためた本を読んだりと
近くにして楽しむ事は沢山ありますね。
食欲の秋 芸術の秋 読書の秋 スポーツの秋…と
それから貴方にとっては何の秋に…

a0255892_1432458.jpg

                          庭のメープルの葉も色づき始め


私はこんな繰り返しですが かなり楽しめていると思います。
自分の思いひとつで 幸せの渦の中へ誘うことが出来るはず…

釣瓶落としの秋の夜長に思うことは数々ありますが
今が一番笑顔になれることを…

                                         Droguerieの時間
                                               2013.10.9
by aoikusah | 2013-10-09 14:05 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

二度めの天草と南阿蘇 そして飯田高原へ

28日29日とお休みを頂き ありがとうございました。
お休み中に来店して頂けた方々もいて下さった様子に 申し訳なく思っています。

皆様にご迷惑をかけてしまいましたが
そのお陰で素敵な二日の旅が出来ました。

何事もそうですが 楽しみはその時を待つまでがワクワク ドキドキ…
何が待っていてくれるのかしら…
素敵な出逢いがあればと胸が時めきます。

この旅も色々な出逢いを頂きました。

a0255892_14181346.jpg

                          旅の写真を
                           湖のように穏やかな有明の海


旅とは 自分を異空間へ時間と距離を費やし移動し 
時めきや素敵な出逢いを得るものだと思っています。

非日常の過ごし方は 遠慮せず思いっきり子供のように
無邪気にはしゃいでみたりも 時には良いのではと思います。
でも 人それぞれです
無理する事でもなく 当り前に楽しめればと…

私は何時も誰かの笑顔が見ていたくて 何かないかと捜しているような気がしています。
笑いの中には笑顔が沢山になりますから。

でも こうして時には皆でワイワイ ガヤガヤと賑やかにも良いものですね。
一人も 二人も 沢山でも それぞれの楽しみ方がありますが…
皆での旅は絶えず笑いと満腹があり 最高の時間を頂きました。

a0255892_1421375.jpg

                          島にある天草空港へ
                          小さな飛行機が見れなくて残念


旅の一番の感動は偶然目の前に繰り広げられる景色でしょうか。

28日 まだ薄暗い中5時半に出発しました。
やがて日が明けて行き 九州に入り海沿いにと…

昨年は満潮で見る事が出来なかった有明海の干潟を目の前にし 
その広大さに感動です!
干潟には電柱が立ち 道が出来 車が走る…
これは何だと思う車窓がしばらく続き 目が釘付けとなり
不思議な力を感じる スゴイ景色です。

お昼は天草にて 昨年同様 “ 海老の宮川 ” で海老会席を頂き
車海老を堪能しました。
一人10尾を頂いた計算になり…皆のお腹もスゴイ!
それだけ美味しいって事ですね。

a0255892_14244370.jpg

                         海水を引き上げ 櫓の上から減水します
                         自然の力を借りながら


そして塩を求めに “ はやさき ” へと向かいました。
この完全天日塩とは 数年前に偶然出逢ったものでした。
ウロウロと迷い込んだ先で櫓を見つけた…
そこが今は 年に数回塩を求め通いつめる場所となっています。

誰もが当り前のように調味料として こよなく愛しているひとつが塩だと思います。
塩が何から出来ているのかなどとは
誰もが知っている事と…海水からですね。

a0255892_14303540.jpg

                        クルージングの待ち時間に
                        近くにある海中水族館へ
                        イルカの一人遊びと可愛い声に癒され

豆知識
地球の70%が海水です。
その3.3%が塩 そして96%が水です。
その96%を蒸発させると3.3%の塩が採れるそうです。
日本の伝統的な製法は釜炊き製法で国内の9割が…

このはやさきの塩は天日製法で行われている為 有機質を含んだ塩となり
人工的な熱を加えない自然の力
風と太陽だけで水分を蒸発させる製法で作られています。

a0255892_14345117.jpg

                         30分の海の旅へ
                         下から見上げる五橋も素敵に


完全天日塩は 四角形で宝石のようにキラキラと輝き
サラサラしていて旨味のある塩です。

今は生野菜 刺身 天ぷらなどこの塩で頂いています。
塩本来の味が楽しめますし 素材の味も引き出してくれている様です。

そして五橋を巡るシークルーズを…
天草五橋と点在する島々を海から眺めるコースを予約していました。

わたしも下から見上げる五橋は初めての事…
しかも夕日にさしかかる頃
太陽 青い空 青い海 白い波しぶきと壮大な景色に言葉もなく
ただただ見つめるばかりで…

海風も気持ち良く肌を通りぬけて行きます。
30分のクルージングでしたが 美しい景色に大満足となりました。

a0255892_14441440.jpg

                          有明海に沈む夕日
                          自然の恵みに感謝するほどに


そして熊本へと戻り 夜の宴会の始まりです。

天草の魚介や馬刺しなど旬の食材を頂き 熊本の夜を満喫しました。
私は美味しいお酒も少し頂き…

2日目は水前寺公園からスタートです。
気持ちの良い目覚め 日本庭園を散策します。

そして南阿蘇へと向かい 流れ行く秋の車窓を楽しみながら…
何処までも続く雄大な平野や優しい山肌に いつもの事ながら心奪われてしまいます。

どんな季節でも楽しませてくれる南阿蘇は
私にとって 癒しとパワーを頂く場所となっています。
いつ来ても裏切られた事のない景色です。

a0255892_14522168.jpg

                           目の前に広大な景色が広がり


地元の方のお薦めもあり 昼食は阿蘇の近く
高森にある 炭焼き地鳥の店 “ らくだ山 ” で頂きました。

待ち時間1時間と少しでしょうか?
次から次へとお客様が続々と溢れんばかりに…
やっと順番となり名前を呼ばれ…

囲炉裏に炭が入り 甘さ控え目な醤油ダレに浸かった地鳥が
一人前300グラムとかなりのボリューム大でしたが
気が付けば完食している現実に皆で驚きつつも
美味しくて 又食べたくなる味でした。

そして阿蘇から九重へと車を走らせ…
その周りに群生する すすきの景色に身も心も静かに溶けていきそうです。

a0255892_1454856.jpg

                       生まれたてのすすきの穂が
                       阿蘇一面に広がり 優しく風に吹かれ


すすきの花言葉は “ 心が通じる ”
万葉集では 恋を忍ぶ歌にすすきが多く詠まれていたそうです。
やはり秋という儚い季節に 想いを馳せるのでしょうか?

そして最後の目的地 九重 飯田高原へ
野菜を食べるのがテーマの “ Weed ” です。

10年程前より訪ねているのですが 行く度に何かが変化していて…
初めての時は 高原の中にポツンと佇む感じでした。

久しぶりに訪ねると 森の中へと景色を変え…
優しい雑木たちに囲まれ 可愛い雑貨屋さんが出来ていたりと…

素敵な空間と時間がここにはあり 私のお気に入りのひとつです。

a0255892_14564579.jpg

                     Weedに併設された 可愛いパン屋さん


庭を探索し お芋のケーキとコーヒーを美味しく頂きながら
旅の終わりにまったりとした心地良い時間が過ごせたと思います。

すでに時間は帰りのラストタイムとなり 家路へと…
夢のようにも ゆっくりにも 早くにも思える二日間の旅でした。

非日常だからこそ 1日24時間をどう過ごすかで
満足感も150%へと冒険出来そうです。

皆で過ごした二日間を
どの様な気持ちで これから始まる自分時間に変えられていくのか楽しみです。

今は4日から始まる “ Ayaと軽井沢の旅展 ” にむけての準備に追われています。

すでに小さな高原軽井沢が出来ました。
気持ちは心から始まります…

Ayaの皆さんの 優しい気持ちがお届け出来ればと思いながら…
すでにAyaから皆様へと 小さな贈り物が届いています。

そして私たちからの贈り物は…
五感で感じて頂ければの思いで きっと優しい風が吹いているはずです…

そして皆様と一緒に どの様な旅が出来るかとても楽しみにしています。

                                       Droguerieの時間
                                             2013.10.3
by aoikusah | 2013-10-03 14:59 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

ただただ…

もうすぐ10月を目前としております。
つまり 今年も後3ヶ月余り…
毎年のことながら 一年の早さを痛感しております。 

これからの年末まで 自分とどう向き合うか考えながら
もうすぐ又一つ歳を重ねる現実を受け止めない訳にもいかず…

そして毎年の事ながら 今年を振り返ります。
色々あったけれど それなりに頑張っていたのではと…

相も変わらずですが 特別後悔することも余りなく
これだけでも幸せな日々だったと嬉しく反省しています。

a0255892_11352879.jpg

                                高く澄みきった青空に
                                半月の月が薄らと見え


しかし まだ3ヶ月今年も楽しめる時間が残されているとすれば
これからどの様に過ごすかで 今年の反省も嬉しい結果になればなどと…

ブログを書き始めてから 自分自身と真剣に向き合えているような気がしています。
時間に追われていたとしても 必ずこの時間はいる訳ですから…
どんなに忙しくても 時間は捻出できるものだと…

今の時代 沢山の方がブログやラインなどで自分表現をされていますが
まだその現状に付いて行けてなく…

ただ私の場合 ドゥログリーの存在を皆様に知って頂くことが第一でした。
それから 自分が不得意 苦手な事への挑戦もありで始めた事なので
文章も書けるか不安でしたし 続けられるかも不安…

不安だらけでのスタートでしたから する事に意味があり
今は続ける事に意義があると思っています。

a0255892_11392787.jpg

                          テラスに毎年顔を出すフジバカマ
                          赤と白の可憐な花を咲かせます


毎回何を書けば良いのか考えてしまいます。
そうそう日々の暮らしの中に感動する話題があるはずもなく 毎回模索の渦の中…
しかも 時間に追われ始め…
毎回こんな感じで臨んでいます。

今こうしていながらも
朝の日差しが気持ち良く 部屋の中まで優しく届き
木々もそよそよと風に吹かれ揺れています。

窓越しに木の葉影がゆらゆらと陰を落とし
小鳥がさえずり 車のエンジン音が聞こえ 行き交う様子…
秋ののどかな ゆったりとした気持ちの良い時間と空間がここにあります。

a0255892_11413068.jpg

                           テラスのブドウ棚の実りを迎えて
                           小さな房が七色に輝き


何かを見出したくて見つめている時…
しかも何ひとつとして頭に浮かばない時は とりあえず今の状況から書き始めています。

不思議な事に 手が止まることなく走り始めるのです…

しかも直接パソコンに入力する事も出来ず 
ノートに一度書き何度も読み直しながら まず文章を完成させ
それからやっとパソコンへ入力しています。

しかも つい最近までスタッフに入力してもらっていましたが
自分が決めた事 少しずつでも迷惑をかけないようにと思えるまでに…
しかし 今でも丸裸では自分でこなせなくて 手助けしてもらいながらです…

a0255892_1146650.jpg

                        昨年植えた白の彼岸花が
                        気が付けば顔を出してくれていました


最初は文章を入力するだけで4~5時間かかっていました。
今はその半分くらいに…
それでも出来る事が嬉しくて…

いつの日か気負うことなく普通に出来る日が来るのかと 心配になる程のレベルです。

ですからその時まで頑張ってみる事にしていますが 挫折するかもしれません。

お陰で字も書くし 辞書も引きます。
勉強になる事も多く まさに60での手習いでしょうか…

しかも このつたないブログを読んで下さる方がいて下さる幸せ
とても感謝しています。

a0255892_1148138.jpg

                     年末に向けて器が入荷し始め
                       和田一人作
                       七福神が描かれ 幸せがこの手の中に…


書きながら何を書いているのか 大丈夫なの…?
毎回同じ事ばかりを書いているのでは…?
と そんな不安だらけでいるのですが…

この性格です。
仕方がない これが今の自分に出来る事で終わってしまいます。

でもしている事で 少しでもどこかで皆さんと繋がっている気がして嬉しくて。
独り善がりかもしれませんね。

a0255892_11581942.jpg

                         工房 青
                           鬼と龍の平盃
                           少し小さめですが 小鉢としても


秋の気持ち良さは 高い青空と様々な雲に表されているように思われます。

昔よりこんな言葉もありますね “ 天高く馬肥ゆる秋 ” などと…
秋は空が高く澄みわたり 馬も食欲が増し肥える…
私も同じ
秋の食材は危険区域…
日々の体重のなり行きが心配になりながらも 我慢する事もなく美味しく頂いています。

空を見上げると 入道雲からうろこ雲 鰯雲 鯖雲に変わり 優しい雲が流れています。
鰯雲が姿を見せ始めると 鰯が大漁だと言われているそうです。

何ともこの国の表現の美しさに 文化の深さや愛情を感じてしまいます。
万事が相手を思い 優しく思い巡らせ 楽しむ心が潜んでいるように…

a0255892_1224639.jpg

                       宮原靖尊作
                         赤絵で描かれた花の楕円深鉢
                         年末年始の料理に


私も先駆者の方々に見習い もっと日々を楽しみ 
小さなひとつひとつを見逃さず 受け止め 受け入れながら
残り3ヶ月余りを一層楽しむ事にしたいと思います。

今日で秋のB.stuff展も終わりますが 沢山の方に見て頂きました。
本物とは何かがお届け出来ていたら良いのですが…

ドゥログリーにはいつも B.stuffは傍にいます。
これからも見ていて欲しいひとつです。

p.s.
今日はお知らせが2つあります。

① 9月28日(土)29日(日)

a0255892_12143169.jpg

                              昨年の社員旅行の思い出より

   ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが
   この2日間は社員旅行の為お休みさせて頂きます。
   私たちも思っきり楽しんで沢山のエネルギーを貯えてこようと思っています。
   宜しくお願い致します。

② 10月4日(金)~10日(木)
      Ayaと軽井沢への旅展

a0255892_1271849.jpg

   山々の景色に色を添えながら自然に語りかけ 少しずつ紅葉へと移りゆく季節です。

   今回はドゥログリーに森を創り 軽井沢の高原と化し
   皆様と一緒に旅に出かけた気分で楽しんでみたくて…
   小さなカフェテラスもご用意してご招待したいと思っています。

   4日は三鷹の森よりAyaの方が来店されます。
   より楽しい時間が流れます様に…
   心からお待ちしております。   

                                      Droguerieの時間
                                            2013.9.26
by aoikusah | 2013-09-26 12:20 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

彼岸花の季節に

秋風が立ち始めたかと思えば 9月も半ばを迎えています。
やっと忙しく空気が動き始めたように感じています。

いつまでも暑さが続く中  時間をもて遊ぶこともあり
そんな時は少々重くるしい自分と向き合う事がありました。

しかし ここまで来れば後は一気に年末を迎えていそうです。
季節の行事やイベントへと 忙しく過ごせそうです。

a0255892_1584336.jpg

                              気が付けば青空の下
                              彼岸花が咲き始め


そして これから始まる企画を考えると気持ちが弾み
私にとっては やはり休む暇もなく 動き続けられる事が一番幸せのようです。

色々と詮索する事もなく 目の前に置かれている事を懸命にこなしていく…
ただそれだけの事が幸せに思えます。

意外と時間があり過ぎると 足並みが崩れてしまい
方向性を見失いがちになりませんか?
がむしゃらに走っている時は その最中にいながらも考え悩み
そして行動へ移せそうで…

そう!何か頑張っている事で さらに新しい出逢いも生まれ
また走り続けられている…そんな気がしています。
私にはこれが一番の過ごし方のようです。

何でも良いので 目標を掲げている事が
有意義に楽しく日々が過ごせると思いながら

とは言え 全てが完璧な訳でもなく…
だからこそリベンジしたくなり 次の課題へと目標が見つかります。

a0255892_15105817.jpg

                          気持ちの良い秋晴れの下
                          彼岸花に蜜を求め 飛びゆく黄アゲハ


この様な事が 人生果てしなく続く道のりだとすれば
私はいつまでも歩いていたいと願います。

敬老の日も過ぎ もうすぐ秋分の日を迎えます。
秋分とは 昼と夜の長さが同じになる日の事です。
これから益々日が短くなり始め 秋の夜長が始まります。
この夜長をどの様に過ごされますか?

ゆっくり考え 自分なりの時間割でアクティブにも優しくも楽しめると良いですね。

先日車を走らせていると 田んぼの土手に彼岸花を見つけました。
まだ群生している程ではありませんでしたが 今年一番の彼岸花でした。
季節を花より教わります。

彼岸花はまず花が咲き 咲き終わり枯れてしまえば やっと葉が出始めます。
共にこの世に姿を見せる事はなく “ 葉見ず 花見ず ”
とも呼ばれているようです。

この花の持つ因果なのでしょうか…何故か寂しさを覚えます。

a0255892_10134513.jpg

                          今日は中秋の名月
                          まばゆいばかりの月明かりが


我家の庭先にも 数本の彼岸花が咲いてくれていています。
今年も変わることなく咲いてくれると 楽しみに待つことに…

もうひとつ 曼珠沙華 とも呼ばれていますが
天に咲く赤い花から そう呼ばれているそうです。
一本の花から六つ程の赤い花が咲き 空へとめしべとおしべを伸ばしゆきます。

何とも風情のある姿ではないでしょうか。

稲刈りの頃 黄金色の稲穂と土手の緑と彼岸花の赤…
この 現世のものとも言えぬほどの迫力に言葉にならず
自然が創りだす最高の芸術のように 心を動かされます。

a0255892_1517633.jpg

                     彼岸花の隣に咲く 楚々とした金平糖の花
                     本当は溝蕎麦と名乗るらしく


今朝 目の前の土手に 昨日まであるはずもない彼岸花が見事に咲き始めていました。
こうしてブログに書いている矢先の事…
自分の事言われていると気が付いたのでしょうか? けな気です…

この秋に見る大好きな景色のひとつです。

この様な日々の暮らしの中で
一体どの位自然の営みに気が付いてあげられているのかと思ってしまいます。

最近思うのですが
歳を重ねる事は老いるのではなく より深く生きる事が出来る素敵な事のように…
何をしていても楽しいし幸せだと感じたりと…

a0255892_1524236.jpg

                           季節外れのタンポポを見付け


皆様も勿論の事と思いますが 私にも少し夢があるのです。
夢も時間と共に少しずつ変わりますが 未だ持ち続けています。

もう少し若ければ 野心をむき出しに戦いを挑むところですが…
性格もあり やはり無理なような気がしています。

しかし どんな夢でさえ持ち続ける事が大切だと…
その事を考えている時はとても幸せで 夢は大きいほど楽しいでしょ!

“ そんな夢みたいなこと言って… ”
なんて言われたら そこで終わってしまいますので
誰にでもは話せないでいます。 
夢うつつ話に付き合って下さる優しい方は そうそういないと思われますから…

でも そんな同志と知り合えれば もっと楽しい夢が見られそうです。
そんな日を夢見て頑張ることが 私の秋の楽しみ方のひとつになりそうです。

a0255892_15264977.jpg

                        ドウダンツツジを迎え 小さな森が完成
                        明日から始まるB.stuffの準備へと


しばらくは 高い青空の下に広がりゆく彼岸花の表情が気になりそうです。
稲刈りされた田んぼ まだ黄金色の田んぼ 川沿いにと
その場所で 時刻と共に変わりゆく景色の恵みを楽しみたいと思います。


p.s.
 秋色に添える
   ひと手間の世界 B.stuff展
      9月20日(金)~26日(木)

秋のビースタッフ展が始まります。
この度も 東京の風花さんよりドウダンツツジを送って頂く事にしました。
ギャラリー青い草を秋の森にし
気持ちの良い陽ざしの中 木漏れ日の下でゆったりと…

a0255892_18444819.jpg

B.stuffの神髄による皮に対する思いが 職人の方々の匠な技で作られた
世界で一つのBagとして生まれています。
そのBag達に出逢って頂ければと思いながら
この時間と空間だけは 森からの恵み ドウダンの力を借りながら
きっと 優しい空気と風が流れているでしょう。

a0255892_10125738.jpg

皆様の笑顔と出逢えると 私も今から楽しみです。
心よりお待ちしております。

                                         Droguerieの時間
                                                2013.9.19
by aoikusah | 2013-09-19 15:28 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

今のドゥログリーと私

今朝は秋晴れの気持ちの良い目覚めです。
いつしか すっかり秋となり…周りも何となく静かで穏やかです。

空を見上げても夏の空とは違い 秋空へと変わっているのを感じます。
その空にはやはり赤とんぼが飛んでいます。
秋の虫の代表ですね。

空気も美味しいし…
つい最近まで 呼吸することすら苦しいと感じていたのが嘘のようです。
季節は巡ります。
やっと涼しくなり始め おしゃれが楽しめる季節となりました。

ドゥログリーもすっかり秋に様変わりしています。 
色も深まり空気もしっとりと穏やかになり 時間もゆるりと…

今日は 今のドゥログリーと私の心の景色をお伝えしてみることに…

a0255892_1648172.jpg

                             Droguerieの秋の装いを

9月に入り急に秋へと様変わりしています。

秋と言えば まず思い浮かぶのが
食欲の秋 読書の秋 芸術の秋 実りの秋 旅 紅葉 スポーツと満載ですが
皆様はどのような秋を過ごされますか?
まだ秋は始まったばかり 考えただけでもワクワクしてきます。

私だったらまず食べることからでしょうか?

そろそろ新米が出始める頃ですね。
つやつやに光る焚きたてのご飯が口の中に入る瞬間 笑みがこぼれ
おかずがなくともご飯だけで美味しい!
想像しただけでよだれが…

より強く秋を満喫するとなると
栗ご飯に松茸のお吸い物と 少々贅沢な取り合わせも良いですね。
この季節の出逢いです…これも頑張っているご褒美だとして頂きたいですね!

その他にも蕎麦 おはぎ 鍋物など沢山あり過ぎますが
これからゆっくり楽しみながら頂く事にします。

次は何と言ってもおしゃれです。

a0255892_16512431.jpg

                         ベーシックな服に
                         綺麗な水色のベレー帽とストールを巻き


秋風を感じられた頃 すでに夏ものは片付けました。
昔から早目のおしゃれが好きな私は 少々暑くても秋物を着てしまいます。

暑いからと言って いつまでも夏では自分が許せなくて…
誰よりもいち早くその季節を楽しみたいと思うのです。
ですから 私の中ではすっかり秋を満喫しています。

秋の装いに包まれ 心地良く秋風に身を任せ
カフェのテラスで物静かに想いを寄せながら美味しいコーヒーを頂く…
たまにはこんなひと時も…私にとって 至福の時です。

鳥が鳴き 秋の草花が風に揺れ優しく影を落とし…その中に…
こんな過ごし方は この短い今の時だけの事
夏を頑張って来た私たちへのご褒美だとすれば これを楽しまない法はないでしょう。

a0255892_16534686.jpg

                   ベルギー製のリバーシブルで楽しめるストール
                   巻き方を変えてみました


おしゃれをする事で身が引き締まり ワンランク上の自分と出逢え
それ以上に自分の心の居心地の良さも覚えるでしょう。

おしゃれは誰の為でもなく 自分の為にするものです。
これが出来ている方は魅力的な方で ドゥログリーのお客様に学ぶところです。

その方々の周りには 気持ちの良い空気が漂い
前向きで会話も楽しく その時々の楽しみ方を熟知されているようです。

2020年オリンピックが東京で…素敵な夢が又ひとつ増えました。
これから7年後 自分のことを想像してみて下さい。

私は多分今と変わらなく日々を楽しんでいそうです。
人生一生学ぶことだらけ…
人に学び 自分に学び…と 走り続けていたいと願います。

還暦を過ぎたこれからは 毎年一歳ずつ歳を引き算していくつもりなので
どんどん若返る予定です。
まずは気持ちが大切!

a0255892_1655511.jpg

                           ベレーとストールの色を変え
                           素材と色で遊び


ドゥログリーは年齢が幅広く 3世代の方々で楽しんで頂いています。

つい先日の事 今年大学生になられたお嬢様とお母様で…
お母様が何か見たくてと一緒に来店され
その時
“ ここには貴方にむくものはないわね? ”
“ 大丈夫です。お出ししてみますね! ”
“ エー!あるの? ”

こんな 会話から始まり…早速試着して頂き 全身を紹介させて頂きました。
すると彼女は 鏡に映る自分に大興奮
“ キャー 可愛い! モデルみたい! ”

一瞬にして緊張していた表情も緩み 満面の笑みが溢れ 夢心地へ…
洋服の魔力を再確認した時となりました。

身に纏う服はただ着飾るのではなく
その着る方の魅力をより引き出す為のひとつの方法なのです。
だから 何でも着れれば良いのは間違っていますし
自分が自分らしくなる為のものなのです。

a0255892_1732755.jpg

                          綿カシミアのベーシックなTシャツ
                          これからの季節の優れものとして


皆様 意外と自分に何が似合うか分らず不安の様子で…
そんな方々の手助けが出来れば幸せです。

ドゥログリーのおしゃれの基本は ベーシックな組み合わせに
小物を使って表情を加えて行きます。
流行も意識せず その方の今の気持ちを大切に考え
より素敵に より元気になって頂ければ最高だと思いながら…

自分の事がもっと好きになれる様に…
身だしなみを整える事が自分に自信をもたらせてくれると考えています。

今のお薦め
綿カシミアのTシャツは素肌に気持ち良く これからの季節のインナーにまで
活躍しそうで欠かせないひとつです。

ウールカシミアのストールは べーシックな服に色を添え明るい表情をもたらせてくれる
これも外せないひとつですね。

a0255892_1773550.jpg

                     メルフォードの新色 素敵なグレーです
                     履くごとに皮が軟らかく 馴染みます


ブーツもそのひとつになります。
これまでも 苦手だと言われた方々にもお勧めして履いて頂きましたが
今では手放せなくなる程に…
おしゃれは足元からと言われている程ですし 着こなしがとても簡単になります。
一番近道なおしゃれの仕上げです。

何だか楽しくないですか?
この瞬間を味わえば その気持ちがフレッシュな魅力を呼び覚ましてくれると思います。

cafe' bonも 秋のデザート マロンプリンが始まりました。
この季節 テラスでゆっくりと現実逃避のひと時を 自分の為だけに使うことも…

a0255892_17103369.jpg

                          実りの秋は まず栗から
                          マロンプリンと紅茶のゼリーに
                          マロングラッセをのせて


ドゥログリーはこんな小さな空間ですが 気持ちだけは大きな夢をお届けしたいと思い
まずは自分が迷みながら楽しんでいれば
必ず素敵な出逢いを頂けると信じているのでのです。

これから迎える秋を 皆様と一緒により楽しみたいと願います。

私だけの小さな秋を見つけるために…

p.s.
昨日まで東京でした。
今回は一つ目的があり 久しぶりにオリジナルレースを作る事に…とは言っても半分だけ
図柄はある中から選び 生地と刺しゅう糸の色合わせを自分で決める…

最近 前回のオリジナルのスカートを着ていると良く声をかけられ “ 素敵ですね ” と
やはり女性はレースが好きな方が多いと…それならば

エンブレースは 機械で織りなす千本以上の針と糸との芸術です。素敵なはずです!
だからこそ 同じ柄でも色でまるで世界が変わります。

作るならば これまで自分が感じてきたもので表現したいと思い…
4柄生地を決めてきました。
年末か年明けには 皆様にお届け出来ると思います。

a0255892_17183144.jpg

                                エンブロイダリーレース
                                前回のオリジナルです


まずは生地が出来上がるのが今からとても楽しみであり 不安でもあり…
この緊張は久しぶりですが 中々いい感じです…

                                        Droguerieの時間
                                              2013.9.12
by aoikusah | 2013-09-12 17:23 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)

旬の秋が

ついに今年も後4ヶ月をきりました。
この最近は台風の影響もあり 雨の日が続いています。

各地で雨による被害も続いており 心苦しく思いますが
自然界に反論する訳にもいかず…
ただ通り過ぎるのを待つだけでしょうか?

今日は西 明日は東と…目まぐるしく荒れています。
この季節風を迎え 通り行く秋を待ち 冬へと…

a0255892_19122791.jpg

                     今すぐ使える大判のストールを紹介します


気が付けば朝晩は寒いほどになり 寝具も厚めの布団を出しました。

日暮れも早く 帰るすがら鈴虫やコオロギの虫の音にすっかり心奪われ癒されています。
本当に秋の夜長を鳴きとおす…心にしみます。

この季節 実りの時期でもあり 私の胃袋がかきたてられます。
今からとても楽しみにしています。

この最近 色々と果物を頂いています。 ぶどう 無花果 梨と…

ぶどうは 大粒で白く粉が吹いているように見えます。
まるで宝石の様にキラキラとして プリプリで瑞々しく 甘みも多くて…
この甘みは 吸収されやすく疲れを癒してくれるそうです。

a0255892_1914530.jpg

                       ざっくり掛けてカーディガンの代わりに


無花果は果物として頂きますが サラダなど料理にも使います。
この時期だけ楽しめる 大切な大好きなひとつです。
豆知識として
いちじくは無花果と書きますが 実の中に白い花を咲かせるからだそうです。

そして梨。
近くにも梨農園が沢山ありますが それぞれの場所で特徴があるのでしょう?
これも嬉しい事です。

どの果物も 収穫のこの季節に向け 一年間を大切に育てているのですから…
瑞々しくて シャリシャリして 歯ごたえがたまりません。
ひとつひとつに丹精を込めた愛情と上品な甘みの口どけに 幸せを頂いています。

a0255892_1916577.jpg

                        グレーのセーターとベレー帽
                        青と黒のフェルトでおしゃれに


勿論果物だけではなく 野菜 魚と目白押しです。

野菜は まず秋ナスでしょう!
今年は我家の菜園でも収穫出来そうで楽しみです。
と思いきや この長雨で日光不足で育ちが悪くなり…今心配しています。

やはり頂くとすれば シンプルに焼き茄子から…
全体を焦げ目がつくまで焼き 熱いうちに皮をむき
たっぷりの鰹節とおろし生姜をのせ 醤油で焼く事で甘みが増し
とても美味しいです。

採れたてで新鮮な物はサラダにします。
紫の皮を全部むき 胡瓜 大根 トマトなど大きめな乱切りにして
塩 胡椒 檸檬酢 少しの醤油 オリーブオイルで和えて…
美味しくて幾らでも食べられます。

a0255892_19194454.jpg

                            庭の山椒の実が色づき始め


後良く作るのは 5ミリ程の斜めの輪切りにして塩水に付けておき それを固く絞ります。
その上に自分が一緒に食べたいものを乗せて頂きます。
私は オクラのみじん切りに磯海苔を混ぜたり 納豆だったり 鯵のたたきだったり 
多分何を乗せても美味しく頂けます。つまり茄子が美味しいということになります。

秋の魚と言えば鯵 秋刀魚ですね。
油がのり 一番美味しい季節です。

海のすぐそばに住んでいるせいか 子供の頃よりお魚大好き…
いつも捕れたてで鮮度が良いからこそ 余り手をかけずに
素材の良さを生かした料理が一番美味しく頂けます。
毎日食べても飽きません。

a0255892_19205090.jpg

                           荒川尚也作のガラスの器
                           茄子のざくざくサラダを入れて


そして秋刀魚は 全てが国産の天然物ですね。
塩焼きに大根おろしとかぼすを添え 最高です!
特に秋刀魚は この時を逃せば食べられないので…

少し自然界へ目を向けてみましょう。

春の七草は 年明けに七草粥を頂いていますからお馴染みかと思いますが
秋の七草もあります。
万葉の頃から親しまれている草花です。

萩 すすき 葛 撫子 おみなえし 藤袴 ききょう…
私たちの身近に 今でも優しい姿で寄り添います。
その気になれば道端などに見る事が出来ます。
いつまでもこんな風景が続きますようにと願います。

今日はお休みを頂いていますが あいにくの雨
秋への衣替えをする事に…

片付け始めると この1、2年着ていないと思われる服が目に止まり
処分すべきか悩んでしまいます。
もう少し様子をみることにして…

でも3、4年着ていない服ともなると やはり着なかったと思ってしまいます。
つまり中々処分出来ずにいます…

a0255892_192448.jpg

                           静岡から送られてきた
                           瑞々しい上品な甘みの梨でした


この最近 “ 断捨離 ” などと言う言葉を良く耳にしております。
不要なものを処分してシンプルに暮らす事なのですが 私もその意見には賛成です。
勿論個人差はあると思うのですが 考え方としてはスッキリして健康になれそう…

昔の栄光に縛られて 何時か又着れるのでは…?
“ 私も若い時がありました… ”
“ 私も細い時がありました… ”
と皆様より耳にする会話ですし 勿論私も例外ではありません。

しかし今の自分を認め 大人として充分にある魅力でおしゃれすれば絶対に負けない!

私たち大人が笑えば 穏やかな空気が漂います。
若い子が笑えば 元気が溢れ明るくなります。

だとすれば 共に笑っていれば最高になりますね。そう!女性の笑顔は百人力!
つまり世界平和にまで手が届きそうです。

a0255892_19271288.jpg

                       6月に収穫した梅を名人に差し上げたら
                       こんなにも美味しく綺麗な梅干しが届き


今日はゆっくりのんびりと一日を過ごし 夕食くらいは頑張って作る事にします。
冷蔵庫と相談しながら…

ご馳走がある訳ではないのですが 母を誘い三人で…

昔からの簡単手料理で 野菜ずくしです。

胡瓜の酢の物 南瓜の煮もの ザクザク生野菜のサラダ 鶏肉のグリル焼き
茹で卵の青海苔マスタード和え 鱚の塩焼き 板わさ 焼きそば
茄子のお味噌汁 デザート…
沢山の様に感じますが どれもヘルシーで野菜の献立です。

でも少し飲みながらとなると危険なコースへと誘われ 自分の重さが気になり…

でも有意義に楽しく一日を終える事が出来ました。

やはり美味しく食事をする事は 皆が笑顔になり 会話も弾み最高ですね。

この気持ちの良い季節に 私たちは何を実らせられるでしょうか?
毎年のことながら…

                                     Droguerieの時間
                                            2013.9.6
by aoikusah | 2013-09-06 19:30 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(2)