カテゴリ:2012年5月・6月( 9 )

地球はまるい…?

Droguerieは今 末野美由紀 シルバーアクセサリー展をしています。
京都のお友達の方が身につけているアクセサリーを見て とても素敵だったので 
たずねてみました。
そして そのまま紹介して頂き 早速連絡をしてみることにしました。

タイミング良く 出張があるので その帰りに立ち寄りたいとの事でした。
とても素敵な方で 自分をしっかり持たれて 
私の方が正直少し緊張気味でした。
今思えば 相手の方がもっとドキドキだったのでしょう。

そして一年後の約束で…。
一年後が つまり今なのです。

沢山の作品との出会いも初めての事。
身に付けると 豹変するかの様に 身体の一部になりゆく とても不思議な…。
さりげなく雅に見えるのです。

a0255892_17563543.jpg

                        大きさの違う淡水パールを アレンジして
                                            ジレイ風に 

普段着にでも何の抵抗もなく しっくりと…。
こんなの初めての事で
作品ひとつひとつにタイトルがあり それもやはり彼女のセンスなのでしょうね。

そこにストーリーがあり 思い出があり そして作品となりえている様子
じっくりと向き合いたいと思わせます。

単純に売れるものを作るのではなく 作品を通して自分を表現している
つまり 自分の世界を持たれており 感動したものを作品として形にしている。
そして 見ていると 私を手元に置いてと言われているかの様です。
どれもが優しく 温かいアクセサリーです。

a0255892_175981.jpg

                              末野美由紀らしさが光る 瞬間

ここで B.stuffがまた登場します。
初日を迎える前にと 深夜 準備がまだ少し残っていたので 仕上げるために店へと…
そして 今回の作品を少し勉強しておこうと。
そこに経歴が置かれていたので見てみると 驚きました。
B.stuffにて個展と書かれていて
何度見ても やはりB.stuffって書かれているし…
とても気になり 初日を迎え 早速本人に確認してみると
“そうです。お話しているとばかり思っていました”と言われて…。

また不思議な縁をここでもと 驚くばかりでした。

a0255892_18111413.jpg

                           テラスのブラックベリー
                           今年はジャムが出来そうなくらい 豊作です

18年前に 社長より初めての個展のチャンスを頂いたという経緯を聞き 
全てが納得出来るかの様に…。
やはり ひとつの点が点ではなく 線となる瞬間を見たかの様でした。
同じ感性と視点に立っているのでしょうか?
どの作品を見ても心揺らぐのは。

3日間一緒にお仕事をしましたが 楽しくて
お客様からも“また来て下さいね…”って声をかけられていらしたし
とてもうれしい光景でした。

Droguerieも同じなのです。
皆様が自分の持っている魅力に気がつかれ そしてもっと磨かれ
より素敵な大人へと変わられる様が見ていたくて 触れていたくて
一日一日を大切に 充実した時間が積み重ねられます様に
そのお手伝いがしたくて 頑張っています。

今日の自分より 明日の自分が素敵と思えるような 暮らし方
それは 自分自身が作るもの。
人と人との出逢いを大切にしながら。

a0255892_1822395.jpg

                             大好きなネジリソウが
                             やっと顔を見せてくれました

やはり地球は“まるい”
全部自分がした事は 最後には自分に戻ってくると考えれば
全てが誰の責任でもなく 自分がしたこと
人を攻めること ねたむこともなくなり
心穏やかに すべてが平和です。


これから 夏に向けてのおしゃれは?
私好みのおしゃれは 自然体でいられること。
そして より自分が自分らしくあるためのもの…

私の今の旬は 白!!
白を着ていると落ち着きます。
白の綿のパンツ 白の麻のシャツ といった感じです。

爽やかで涼しそうだし 清潔感一杯だし
しかも このお年頃になれば 顔の表情を柔らかくしてくれています。
色の効果です。

a0255892_1843822.jpg

                            麻の白いシャツとパンツ そして
                              綿の白いカーディガンで 着こなす

しばらくは白から離れられないと…。
今までも お洋服の中では一番好きな色でした。

全身白タイツにならない様に…。

そのバランスを考えるだけでも おしゃれが楽しくなりそうです。

そして夏といえば 思い浮かぶものが沢山あります。
花火 風鈴 スイカ 金魚 ゆかた 盆踊り かき氷 海開き 等々
皆さんは どんなことをイメージされますか?
考えただけでも ワクワクしませんか?

夏 ギラギラ照りつける太陽からのエネルギーに 解放感を学び
故に欲望にかられ…
そんな自然に身を任せる自分も 時には大切にしたらと思っています。
これは 私の希望ですので

そしてこの夏
どんな出逢いが待っているのか とても楽しみです。

もうすぐ7月 夏到来です。

夏にむけて楽しむぞ!!

夏バテもしない私は もっともっと楽しめそうです。

自分を認めながら ゆるやかに前向きに…。


次回イベント予告

               真夏のYM展
                 6月30日(土)~7月6日(金)

                    全てのYMを見て頂きます。
                    お楽しみに。



                                  Droguerieの時間

                                      2012.6.28
by aoikusah | 2012-06-28 08:00 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)

たった1本の梅の木 されど…

我家の雑草の庭の中に 樹齢何年でしょうか
私が子供の頃からある梅の木の季節です。
この2・3年 恒例のようにスタッフで梅を収穫し 梅酒やシロップ漬けを作っています。

午後より雨と聞き…。
その前より ポタポタと落ちゆく梅の果実を かわいそうにと横目で見ながら…。
もう限界だ!!
この機を逃せば 絶対後悔することは間違いないと…。

意を決して ひとり早朝よりバケツを片手に 30分程で一杯に…
これは ひとりでは無理だと思い スタッフ2人と共に 梅取りに出かけました。
2人は初体験で “キャーキャー”と大興奮で…。
私も毎年のことながら みごとな梅に驚いてしまいます。

a0255892_18363061.jpg

                                  我家の大きな梅の木

何ひとつ手入れされずして 何故この様に大きな梅の実を沢山私たちに恵んで下さり…
ただただ 感謝で一杯です。

しかも 梅の木もかなり大きく 木の下に入り込むと すっぽりと森の中にいるかのように マイナスイオンに包まれて 癒されていくのです。
そして 葉の下を小さなちょうちょ(蛾かもしれませんが)が数百はいるでしょう。
ヒラヒラと飛びかう様が神秘的で とても幻想的で。

a0255892_18393061.jpg

                            広がりのある枝が まるで森の様に
                            その下で ちょうちょが舞い踊る

“ワァーワァー” “スゴイ スゴイ”って 
しばらく言葉にもならず 見とれてばかりでした。

少し落ち着き やっと収穫へ…。
今度は その目の前の獲物 梅の実に驚いている様子で…。
いつまでたっても作業にならず…
でも たった1本の梅の木で こんなにも幸せを頂けるって…。

背の高い場所には まだまだ実は沢山残っているのですが 手が届かず 諦めて戻る事に。
でも バケツ3杯は収穫出来ました。
下に落ちた実は拾って 自然な香りをガラスのボールに入れて 楽しむことにして…
甘い香りで癒されました。

居残り組のスタッフが “これから私も行ってきていいですか”
“でも余りないし 高い所だから”と声をかけましたが…
しばらくして こんな作業はひとりでは盛り上がらないので もうひとり連れを行かせる事にしました。
しばらくすると 小さめですが バケツ一杯にして 
“楽しかった” と良いながら帰ってきました。

“木登りもしたし…”

“自分が木登りなんてするとは 夢にも思っていなかったし 子供のする事だと思っていました…本当に楽しかった…皆にも こんな体験させてあげたい”など。

本当にこんなに自然に恵まれている事に 今さらながら幸せだと。
しかも 皆と一緒に楽しむ環境があることに 幸せを感じています。

梅の木も やっとほっとしている事でしょう。
一年間 頑張って実らせ やっと収穫され 軽くなり 肩の荷をおろしているのでしょうか?
お疲れ様…そして 来年も宜しくね…。

そしてその後 雨となりました。
梅雨の合間の ひとつの作業が   明日は梅酒づくり。
ひとつひとつ きれいに洗い 乾かし これもまた 楽しい作業のひとつです。
これがおいしい梅酒となり シロップとなる訳ですから…
想像すると ヨダレが出てしまう程です。
本当に楽しませてくれる 1年後となりゆくのですから。

a0255892_18425997.jpg

                                きれいに洗われた梅が 
                                ついにその瞬間を待つ時


梅酒は cafe' bonでの会席の時の 飲み物として…
シロップは デザートとして登場しています。
今年の梅酒作りの完成のご褒美に スタッフ皆で 昨年のシロップ漬け一個丸々入れ
ソーダー水にして頂きました。
梅に感謝です。おいしくて おいしくて!!
至福の時でした。

cafe' bonの 黒の長ダンスの上に並べ 眺めてはにんまりと微笑んでいます。
本当に極上の梅酒です。
飲みたいと思っている方々 いらっしゃるでしょうか。
ご馳走したい程です。
でも多数につき 全員とまではいかないので やはり断念でしょうか。
ごめんなさい。
ご縁があれば…。

a0255892_18451161.jpg

                                古きも新しきも 
                                どちらも味わいたい


やはり 人生諦めたらおしまいですから…。
何年も頑張って思いを募らせていれば いつか叶うと私は信じています。
でも そのための努力をしながらでなければ…。

たった梅酒一杯のこと されど この梅酒が飲めることの意味深き所に…。
この梅の木が 樹齢60年以上だとすると もっとかもしれません。
その時代に 自分が存在しない時の梅が 命をつなげてくれて 
こうして今 頂けるという事ですから。

そう考えてみると 周りにも沢山の出逢いを頂いている気がしています。
改めて 見直してもいいのではないでしょうか。
もっと心豊かに…。
そんな過ごし方が出来れば 素敵ですね。


                                 Droguerieの時間

                                     2012.6.21
by aoikusah | 2012-06-21 08:00 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)

ピュアな笑顔に学ぶこと…

私は 一男一女の母でもあります。
仕事をしながらの子育てで 親としての自信はまるでなくて。

先日も書かせていただきましたが 3月末に結婚した息子がおります。
6月6日に2人で 初めての里帰りをしてくれました。
2人にとって 2泊3日の旅ですが 結婚してから初めてで 少し事情が変わった訳ですから…とても緊張していたのでしょう。
軽井沢にての 親族だけでの式だったので 6日は2人にとって 皆さんとのお披露目となりました。

a0255892_18104650.jpg

                                パーティーの時に頂いた花束

カフェを借りて 夕方より小さなパーティーを予定して…。
私は“響き展”で気持ちが一杯だったので 何も準備が手につかずにいて 
どうしよう…とあせるばかりで 時間はなくなるし…。
思いきって 若い方におまかせしようと…。

“何か少しだけ楽しい事考えて…?”

皆気持ち良く “はい”って。

うれしかったですね。
これで安心してイベントにうち込めると…。

響き展は 本当に気持ち良く迎える事もでき 終える事も…。
皆様にとても感謝しています。

a0255892_18273517.jpg

                           ドウダンの森が Droguerieの中へ
                                  優しくとけ込んで

6日もまた 皆様のお陰で 温かな手作りのパーティーとなり 感激でした。
何が起こるのか 全く知らないままでのスタートでしたから…。
本当に 皆さんに愛されていると 本人たちと共に 幸せを頂きました。
笑顔が沢山で とても楽しいひと時で…。
やはり 皆がひとつになるって 素敵な事なのですね。

マスターからは 2人のためにケーキや肖像画を頂いたりと 
心のこもった贈り物に 大興奮でした。
素敵な花束も沢山頂き その花の香りに包まれて 熟睡したのではと。

皆様 お忙しい中 本当にありがとうございました。
2人にとって 一生忘れられない1ページ 人生の門出となったことでしょう。

正くん 真紀ちゃん 洋光くん ぶんちゃん そしておばあちゃん そして皆さん 
ありがとうございました。
これからも末ながく 宜しくお願い致します。

7日は 天草へ結婚の報告をする為に お墓参りに出かけました。

天草というより 九州は初めてという お嫁さんこと朋ちゃんは 
とても楽しみにしていた様子。
きっと大好きになってもらえると思っていましたが 
予想通り 気に入ってもらえたようでした。

a0255892_1814912.jpg

                            南阿蘇のカフェで 優しいもてなし

いつもは2人での旅ですが 今回は息子たちとの4人での旅…
何でしょうか 私たちにとっても初めての事で…楽しかったですね。
いつもより…いいえ いつもも勿論楽しいのですが。
若者のリズムに乗せられてしまったかのように 忘れかけていた感覚が まだ私たちにもあるんだって…。
そして 2人の屈託のない笑顔に 私たちもとても癒されてしまったのでしょうか。

何を見ても キャー スゴイ!! キャー ヤバイ!!
そんな言葉 時々は口にしますが それでも言い方が少し違っているように…。
ストレートな表現が出来るって いいなぁって見ていました。
とてもピュアですね。
本当に素直で 可愛い2人だと…お似合いです!!
こちらまでが幸せに。
でも 年を重ねた私たちには また違った魅力があるはずですから…。
素敵な暮らし方は出来ます。頑張っていますもの!!

a0255892_18165715.jpg

                           こんなに近くに イルカがいる
                           ここはどこ? … たぶん天草

3日間 若い人と一緒に過ごして感じたこと。
まず2人ならば 今さらなんてそう思う場所へは行かなくなりましたね。

今回はイルカの群れを見るツアーへ…
これが“キャーキャー”と 大興奮でした。
海原で生息しているイルカを目の当たりにした訳ですから。
しかも 250頭位いるらしく 自然界の偉大さに感動でした。

頭ごなしに判断するのではなく 何にでも体験する事の大切さを学びました。
だって こんなに素晴らしい光景と出逢えるなんて…思っていませんでしたから。

これからも まだまだ楽しめる自分がいることへの 再確認の楽しいひと時でした。

2人にとっての2泊3日の旅も 山口 天草 熊本と どんな思い出と出逢えたのでしょうか?
また これを機会に ひと回り成長できている事を…。

a0255892_18201747.jpg

                           初めて2人で歩く 南阿蘇の草原

皆様の優しさに触れて…。
そして 皆様からのご縁を頂きながら 学ぶことも多く…。
2人のこれからが楽しみです。

いつも傍にいますから いつでも声をかけて下さいね。
これからも 宜しくお願いします。


                                   Droguerieの時間
                                       2012.6.14
by aoikusah | 2012-06-14 18:31 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)

ついに迎えた日 そして終わった…

ついに終わってしまいました。
待ちこがれていた“響き展”でしたが…。
自分に出来る事は全てしたという達成感は 
とても疲れた身体には気持ち良く刺激をくれています。
a0255892_1843929.jpg

                                 “響き展”の初日
                                 お客様をお迎えする準備完了

24キロの旅も バタバタとしながら…
行きかう景色も新鮮で楽しくて。
音楽を聴きながら…。
何が始まるのか まだ見ぬ未知への不安と期待で…
ワクワクしていた時が なつかしいと思える程に…。
まだ2日かしかたっていないのに…。

今日は6月5日です。
もう早朝より出向いて行く事もなく 日々の暮らしに戻っています。
昨日は 引越しの後片付けで 忙しくしていましたが やはり淋しいですね。
実在しない空間にDroguerieが3日間だけ完成した訳ですから
それを壊し 撤退するって 思っている以上に淋しく 切なかったですね。
スタッフの中には 達成感と淋しさで涙する子もいたりと…。
こんな素敵な涙は 頑張った人だけが味わう事が出来る ご褒美です。
彼女たちは またひとつ大きく成長したのでしょう。
うれしい事です。
勿論 私も一緒です。

ドウダンツツジが東京より届き 10本の子たちの顔を見た瞬間
“キャー 素敵!!”って大きな声で叫んでいました。
人里離れた山奥の地から はるばる山口までの旅…“ありがとう”って…。
これから私がドウダンを心地良い地へ導かなければいけないと 
頑張る気持ちが沸き立ちました。
a0255892_1751734.jpg









a0255892_17581767.jpg
           蔵カフェ
           気持ちの良い風が通りぬける






  本丁蔵部が ドウダンの森に
  そこにDroguerieの香りが



その木の気持ちになり
あなたはどこに?
あなたはどこへ?
って思うと 木ごとの位置が決まります。

私の中では ここでほぼ終了したような思いでした。
本当は それから手作業が沢山でしたが…。
本丁蔵部の空間と ドウダンツツジの融合で とても素敵な森が出来 感激でした。
a0255892_1872663.jpg

                              ブルーのアンティークのガラスと
                              ドウダンの優しい葉影


たった3日間のために とても多くの方々のご協力を頂く事が出来
そしてこの時を迎えられた事に とても感謝の気持ちで一杯です。
こみあげてくるものが大きくて 幸せの中にいましたね。
“やって良かった”
本当に楽しくて 楽しくて毎日が…。
私の中では 響きくるものは沢山あり 大きな波紋を残してくれました。
ひとつひとつの思い 場面 出逢った物たちが キラキラしていて その空気を感じながら動けた本番の3日間と準備 後片付けの貴重な時間に とても感謝しています。

その時は その瞬間でしかなく 二度と出逢うことの出来ない大切な時間です。
初日を迎え 皆様のお顔を見るまでは
“一緒に響きあえるかしら…?”って不安もあったり…
でも それ以上に自分自身が楽しむ方が先だと思っていましたから。
それに 沢山の方々に来て頂けて 私の方が逆に幸せを頂いていたように…。
a0255892_18115414.jpg

                                ドウダンと 
                                母の庭より朝摘みした 隅田の花火を

どんな小さなことでも 始める事は容易なことではなく
だからこそ その先に待ってくれているはずのものは未知数の幸せが多く
そして それを捜す時間の経過を楽しむことで 
新たな出逢いが生まれてくる気がしています。

本丁蔵部のたたずまいは やはり住まれている原田さん そのものでした。
心配りと笑顔が全て もの語っていました。
素敵な方と一緒にお仕事をさせて頂けた事に とても感謝しています。

ありがとうございました。

コットンハウス・アヤの代表小原さんと 高井さんにも 
初日に4時間という滞在時間でしたが
アヤファンの方々には ひとりひとりに あたたかい言葉での会話がはずみ
楽しいひと時を頂けたと思います。
心より感謝しております。
a0255892_1753541.jpg

                        アヤさんと お客様の楽しい会話が弾んでいます

“響き展”は終わってしまいましたが 私たちの旅は まだ始まったばかりです。
これからは その響きあえた事が どの様に広がり 結ばれていけるのかが楽しみです。

ドウダンツツジは室積へと…
そしてDroguerieの森として また新たな地ですこやかに しばらくは過ごせるでしょう。

“終わった”のではなく これからがまた“始まり”です。
感動しながら 汗をかきながら 泣きながら 笑いながら…
人って 素敵ですね。

“響き展”の3日間は とても勉強させて頂く機会となりました。
やれば何でも出来るという事を 改めて実感しましたし とても楽しめたことが
私には 一番大きな結果となりました。
a0255892_1818146.jpg

                               素敵な看板が出来ました
                               もちろん まさくんの手作りです


そして皆様から これほど愛されている事も…
少しうぬぼれでしょうか?

皆様と一緒に歩んでいるなって…
だから とても楽しいのでしょうね。

                                   Droguerieの時間
                                        2012.6.6
by aoikusah | 2012-06-06 18:22 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)

皆 集まれ!! ドウダンの森へ

本来なら5月31日 更新日なのですが 
ついに来た!! “響き展”の前日ですので 気持ちに余裕はなく
実際 時間に追われていると予測されますので 今こうして書いています。
今日は29日です。

すでに焦ってきていて 毎朝blogを書いているのですが 最後まで到達する事が出来ずに
これで4回目のスタートをきりました。
今日は終わりまで。

前回に第一陣の話をしましたが あれから何日か24キロの道のりを
行ったり来たりを ドキドキしながら楽しんでいます。

a0255892_951945.jpg

                               素敵な空間が楽しめる本丁蔵部
                               ここで皆様をお待ちしております

後残すところ 3日をきりました。
緊張度も そろそろピークを迎えています。
何をしたら良いのかアタフタ…コワイ!コワイ!いつのも事?

この半年を この“響き展”の為だけに取り組んできたように…。
今は決断した時の思いが 素直に素敵に表現出来ればと思うばかりです。

こんなに たいそうに書かれたら 一体何をするのって!!感じでしょ。
6月1日に全てが…。
a0255892_945265.jpg

                             28年間ずっと一緒に見守ってくれている
                             ベンジャミン

私自身 初日を迎え 皆様と同じ目線で楽しむ事を とても楽しみにしています。
目に見えない空気感だったり 思いだったりと…
では“何も見えないじゃない…”って言いたくなる方々も。
…でも それがしたかった事なのです。

5年程位前かでしょうか この思いは?
昨年の震災後は 特に強く思う様になりました。
人の笑顔が少ない?
皆 元気がない?
本気で これから先楽しめる?
大丈夫って?

私は どんな事があっても笑っていたいし 笑顔でいれば 幸せは手の中にいる。
そして 福の神はやって来ると そう信じていますから。

不安でいるより 楽しい事を見つける努力をした方が 人生丸儲け…でしょ。
お金も時間も 何もいらない。
自分の気持ちだけで良いのですから。

楽天家な私が思う事!?って
“そんなの無理でしょ”って意見もあるでしょうね。
でも 楽天家も なるためには 結構大変なのですよ。

周りにも 似た感じの方々は沢山いらっしゃるように…。
とても楽観的に思えますが 中々強くて 優しい方々だと感じております。
とても素敵です。
そんな方々の周りには 同じ匂いのする方々であふれています。
昔より “類は友を呼ぶ…”
本当にその通りだと思います。

絶対その方が居心地良く 楽しめるはず。
分かりあえる気楽さは 人の気持ちがわかる人同士だから…。
同じ目線で…無理せずに。

Droguerieは 自然豊かな室積にあります。
この場所だからこそ 出来ている今のDoguerieだと思っています。

そんな小さなお店から発信している 小さなひとつが
心の中の小さな幸せのひとつになれば 私はとてもうれしいことです。
それだけで 私たちは また頑張れますから。

昨日は スタッフ全員で 掃除に出かけました。
お店は午後からのOPENにして…。

a0255892_9425967.jpg

                                初めて全員で本丁蔵部へ

人をお招きするには まずは掃除から。
皆で一緒にすることに意味があり 同じ所に立ち 同じ風を感じられれば
全てが心地良い空気へと変われるはず…。
とても頑張ってくれて…皆素敵です。
とても気持ちの良い空間が出来ました。
私は ひとりひとり大好きですから…。スタッフのこと。
私ひとりでは何も出来ないし 一緒にいてくれて ありがとう。
心より感謝しています。

今日の午後 青山のお花屋さんより ドウダンが届きます。
今は このドウダンに逢えるのが とても楽しみです。

“響き展”は 本丁蔵部の空間と ドウダンの木の優しさの融合だと ずっと考えていましたから…。
ドウダンの顔を見て その表情から この子の立ち位置を見つけながら
やっとスタート。最後のレイアウトが決まります。
本当は それからが沢山の仕事が待っています。

a0255892_958097.jpg


a0255892_9583697.jpg




      運び込まれた道具たちに 
      少しずつDroguerieの香りが。
            29日午後。



 
仕上げはやはり 31日の深夜まで続く予感がしています…。
いつものことです…。
そして ついに初日を…。

                                     Droguerieの時間
                                         2012.5.31
by aoikusah | 2012-05-30 10:09 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(1)

ついに第一陣 出発!!

ついに行動開始です。
響き展にむけて 5月22日(火) 第一陣として 
大きな荷物をトラックに一台 運び込みました。
初めての24キロの旅の 記念すべき日です!!

頭の中では ずっと思い描いていた事。
運ぶ物 黒いたんす チェスト ソファー キリム 鏡 ハンガーラック 灯りなど…。
そして道具箱 掃除用品 後はこまごまとした物…
とりあえず 積み終え出発です。

今回のイベントで 本丁蔵部の空間ともうひとつ 植物との融合をと考えていました。
ここにも ひとつの出逢いがあるのです。
a0255892_20102481.jpg

                                 お客様から頂いたバラ
                                 ポストカードのバラとともに

ドウダンツツジについて

ドウダンとの出逢いは B.stuffのBagとの出逢い。
DroguerieにてB.stuffのイベント時は いつもドウダンがセットでした。
山にある大きな枝をBagに添える。
当り前の様にして来た事ですが…。
木も皮も 命ある物。
何故このふたつを…今考えると その訳を伺った事はなくて…。

そして B.stuffのBagを初めてむかえる日。
一緒にドウダンツツジも東京より届きました。

初日の準備は 社長とスタッフの方が来店されて して下さいました。
その時 社長より 本当に沢山の事を教えて頂きましたね。
ディスプレイ 照明について 勿論皮についての深い知識や 時々人として等々。
その時の出逢いがなければ 今の私はいないかなって思える すごい方でした。
社長を見ているのが楽しかったし お話が聞けるのも うれしくて仕方ありませんでした。

ドウダン ご存じですか?
西と東と地域で違うらしく いつも東北の木をいただきます。
木立がきれいで そよそよって感じで 新緑の後の花も咲き また新芽を出したりと
見た目は優しい木なのに 強い木です。
近くでは手に入らず 今回も東京のお花屋さん(風花さん)より届きます。

昨夜 会場への着日を連絡する為 FAXを送信しました。
そこに 明日改めて電話させて頂きますって書き残して。
すると 午前中に風花さんより電話が入りました。

昨夜はFAXありがとうございました。
確認ですが…と
丁寧で明確な言葉の中に優しさ 思いやりさえ感じられました。
絶対素敵な方で 仕事の出来る方だなって…すごいと!!
やはり素敵なお花屋さんなんだなって つくづく思いました。
a0255892_20115634.jpg

                                 ブラックベリーの花が咲き始めました
                                 テラスにて

東京に行くと よく花屋さんには立ち寄ります。
だって 沢山の花たちの中に入り込むと 疲れた身体が癒され 元気が出てきて また頑張ろうって思えるから…。

風花さんも 偶然にもそんな中のひとつのお店でした。
何度となく前を通り 素通り出来ないお店でした。
通りまで素敵でセンスの良いオーラが 満ち溢れています。

そんなお店から“響き展”に10本のドウダン達が届きます。
森の中にいる様に 新緑の木々にうもれながら この時を感じて頂ければ…。
このドウダンだけでも 沢山の響きがある訳ですから。
今回は これだけでも満足かなって 私的には思えています。

ドウダンについて これだけ語れば 木々達に逢いたくなったのではないでしょうか?
是非 そんな思いのBagと木と そして私が大好きなお洋服 器 なども。

a0255892_2013051.jpg

                                   Bagとドウダンツツジ
                                   前回のイベントより 

明日もまた本丁蔵部へ出かけます。
少しずつDroguerieの香り 風を詰め込みに。

私もまだ見ぬ出逢いを楽しみながらの日々を感謝することにして…。

振り返ると 皆さんの“お陰様”が沢山ある事に 改めて気がつきます。
28年間分をありのまま出し尽くせれば良いのですが…。
それが今回したい事。
皆様と一緒に響きあえる事で 私もまた 次の目標が見えると また頑張れるはず…楽しみです。

時間の経過は本当に早く 庭のたんぽぽも綿毛となっています。
彼らも旅立ちの準備をしています。
黄色のたんぽぽも可愛い 白い綿毛は不思議を感じさせます。
風に自分の身をまかせ ふわふわ ゆらゆらと。
生命のたくましささえ思えます。
自分を風にゆだねるって 不安でしょ…どこへ連れて行かれるかと思うと…。
でも お互い頑張りましょう。たんぽぽさん。
a0255892_20135868.jpg

                                 今朝のたんぽぽの綿毛さんたち
a0255892_20145363.jpg

                                 鼻の頭に綿毛を付けて 可愛い
                                 木漏れ日の下で

それから もうひとつ。
洋服をかけるラックを オリジナルで作る事にしました。
思う様な物がなくて…。

二度目の登場
駐車場の看板を作ってもらった 甥っ子の正くんに相談しながら…

どうする?

とても素敵なアイアンのラックが出来上がりました。

次回のblogで紹介する事にしますね。
まだ少しだけ 未完成なので…。

何だか小さな出来事のひとつが とても深く うれしくなります。


                                        Droguerieの時間
                                              2012.5.24
by aoikusah | 2012-05-24 08:00 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)

響き…ともに…

今日は “ 響き展 ” について お伝えします。

                  6月1日(金)2日(土)3日(日)
                     10:30~18:00

Droguerieにとって6月1日は 革命の日!(少しおおげさ…?)
たった24キロ程の旅ですが 今から緊張しています。
今まで歩んだ道 これから進む道を客観的に見たくなりました。
本丁蔵部の空間をおかりして まずは自分が楽しめ そして皆様との新しい響きが どんなかたちで生まれてくるのか…。
皆様の心の響きを お聞かせ下さいね。
これからも五感で感じる“本物”を 衣食住にて提案できればと 思いがつのります。
カフェも併設しております。
お祭り気分で…楽しいひと時を…。
a0255892_13284593.jpg

ご迷惑をおかけしますが お近くのPをご利用下さい。
a0255892_13294617.jpg

  蔵カフェ
  150年の蔵と 苔むした庭に 爽やかな風が通り抜けます。
  こんな場所でのカフェ時間 いかがでしょうか。
a0255892_14365692.jpg

                          もっと素敵なプレートに   頑張り中

響き展を企画してから 半年が過ぎました。
そして 残り半月となり 少々あせってきています。
今は本当に出来るのって ドキドキしています。
不安度120%以上…。
そもそも自分でしたかった事なので “不安=楽しみ” でもあるのです。
今の自分に何がどこまで出来 皆様と一緒に楽しむ事が出来るのか…
まるで “たまて箱” を開ける前の気持ちと一緒なんでしょうか?
一瞬にして 何が起こるのか…何が響いて来てくれるのか…

私自身もその空間に早く出逢いたいですね。

“一体何をするの?”
“内容は?”
Droguerieをご存じではない方々には そうですよね。

Droguerieは 28年前 衣・食・住を提案するShopとして スタートしています。
時代と共に そして私の加齢と共に 色々と迷い楽しみながら 28年間歩いて来ました。
今の時代 何か不安を感じています。
心に余裕がなく それすらも感じることなく過ごしている人達が増えている気がします。
何かにつまづき 立ち止った時 前に進む事が出来るのかなぁって…。

日々楽しむ事を知っている人は 絶対に負の中からも幸せを見い出す事が出来る人だと信じています。
a0255892_13472691.jpg

                               白のアジサイ 自宅庭にて

たとえば 通りすがりの草花を見て 美しい 可愛い 
これだけでも 命の尊さ 生きている幸せを感じられて 救われます。
日々の思いを豊かにすることは 自然界で沢山学べるし 頂く事が出来ます。
a0255892_13541398.jpg

                               我家の梅の木の 今
                               今年も 大豊作の予感

DroguerieはShopなので 勿論物は売り 買って頂いてもおります。
求められるひとつとして とても大切な役割だとも思っています。
その為にも 他にはない手仕事の術がなす物達を提案するために捜し求めて…。
しかもこの時代 物はどこにでもあふれています。
だからこそ そこに 目に見えない付加価値が求められているのでしょうか。

この“響き展”で それが何かを感じて頂ければ…
本丁蔵部という空間を皆様と共有し 響きあえれば 
そんな思いで企画しています。

お洋服 インテリア雑貨 器 カフェ 植物 風 音 空気 人…と。
全てが ひとつの空間を作ります。
私たちにも同じ空間が 家庭の中にあります。
自分自分の個性で 作り方 感じ方が違うでしょ。
それがまた とても楽しみ…。
人を招き 各々の個性で響きあえれば 人生とても刺激しあえ もっと楽しく過ごせるのではないでしょうか?

自分を知ること 人を知ること
共に響きあうことへ 導かれるでしょう。
a0255892_1418201.jpg

                            作り手 荒川尚人 京都にて
a0255892_14223933.jpg

                            作り手 谷井直人 滋賀にて
                                   器 5人展を企画しております

ひとつの事を計画し 進める事の難しさを 自分と格闘しながらの日々です。

充分 時間があったはずなのにと…自問自答の今日です。本当に私らしい…。

ここまで来たら 今出来る範囲でどう工夫するか どこまで表現出来るか を楽しむ事にします。
新たな挑戦は かなり心の重圧を感じます。
小鳥のような小さな胸の持ち主の私としては 自分を追い込むことでしか前へ進めず…。
それでも失敗を怖がらず その日を楽しみに待つことにします。

でも皆さん がっかりしないで下さいね。
いろいろと書いてはいますが ただただ見て頂きたいだけのこと。
もし おまけがあるとすれば 共に語り 響きあいたい…。
夢にむかって…



もうひとつ 素敵なお知らせ。
6月1日 小原洋子さん(コットンハウス・アヤ代表)来店して頂ける事に。
“響き展” で アヤを紹介したいとお話したら

a0255892_15192358.jpg
“何か出来る事ないかしら”

“今のお気持ちだけで 充分です”

“じゃぁ 私たちがお伺いさせて頂こうかしら…”
 



こんないきさつで。 

アヤとは 20年以上かしら…
担当の高井さんも ずっと変わることなく
私もお店を始めたばかりで それ以来のお付き合いです。
お二人ともに 思いやりのある素敵な方々で これまで一緒にお仕事が出来て
とても光栄だと思っています。

私としたら 大きなプレッシャーを頂いたような でもそれ以上に大感激で 感謝の気持ちでいっぱいです。
これも ひとつの響きなのでしょう。

皆様にも 直接お会いして おしゃれについて たくさんお話して頂きたいと思います。
私にとって 刺激が頂ける方々です。
アヤファンの方には 是非お会いしてほしいです。
心よりお待ちしております。


                                      Droguerieの時間
                                         2012.5.18


 
by aoikusah | 2012-05-18 15:24 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)

笑顔に逢うために

待ちに待ったゴールデンウイークも 終わってしましました。
皆さんどの様に過ごされましたか?そして沢山の思い出にめぐりあえましたでしょうか?

私は旦那様の郷里の天草へお墓参りに行って来ました。
5月の連休の恒例となっています。

天草までの車の旅 車窓からの景色 新緑 おいしい空気とさわやかな風 自然の恵に満たされます。
天草の景色は 彼にとってはとてもなつかしく 意味深きものなのでしょう。
天草五橋 数百もある島々 有明の海 エメラルド色の海 沈む夕日…毎回感動してしまいます。
a0255892_11134177.jpg

無事にお参りを終え その晩は熊本に宿をとります。
 
そしてもうひとつの楽しみは 夜ご飯です。
和食ごのみの私は 小料理屋を捜します。
その日 お目当ての店で。
7時間余りの旅は 終着へ…。

おもてなしを受けながら頂く 料理とお酒…。
私にとって 食べる事は至福の時です。
料理とは 器との調和 そして五感で楽しませ 舌をうならす事…。
ご主人の温和な表情に 優しくもあり 時には頑固そうな趣を見たりと…。
これも味わいのひとつですね。
a0255892_180197.jpg

和食は その季節の旬の魚や野菜と どう向き合うかで決まる?
天草産のうに 車えび 甘鯛 あわび 渡り蟹…
今日の魚   看板に書いてあるチョークの字を見ただけで おいしそう!! 全部食べてみたいって思ってしまいます。
そして 目の前に置かれる瞬間 しばらくは見入ってしまいます。
この器に この料理ですか!!
そして一口食べるごとに
ウナル!!
うなる!!
大きな声で言いたいところを我慢して お・い・し・い!!って 
一口入れるごとに 小さな声で言ってしまいます。
そして笑みも。
a0255892_1805684.jpg

それから もうひとつの楽しみ。
食後にBarに行きます。
行った事のない私は とても興味がありました。

“お腹の様子は いかがでしょうか”と聞かれるので
“日本料理を沢山食べてきました”と伝えました。
“どうしてですか?”
“何を食べられたのか そして満腹度で作るものを考えます”

これは このお店に初めて行った時の会話でした。

今回5度目でしょうか。

昔なつかしいジャズが流れ バーテンダーの方の背には 山ほどのボトルが並び 
静かな会話が始まる…
とても親しみやすく 居心地の良い空間で とても気に入ってしまいました。
お酒を通して未知の世界へ…
知らない事を教わる面白さと楽しさで ワクワクします。

カウンターの上に どっさりと摘みたてのイチゴとミントが置かれていました。
今日は この2つだ!!と思い まず“ミントで何かお願いします”
彼は 私たちの幸せになる顔をイメージしながら作ってくれるのです。
出されると まず見た目の美しさと可愛らしさに驚き 
一口飲むと 見たままの味に二度驚きです。
a0255892_182911.jpg

彼もどうすればお客様に喜んで頂けるのか…不安になり 先輩の方に聞かれたそうです。
すると “何も考える事はないよ。自分が相手の事を一生懸命思い その思いで作って差し上げれば大丈夫!!” って言われたそうです。

その時も 職種は違っていても一緒なのだと思いました。
ひとりひとりが 人の為に 自分は何がしてあげられるか 
そんな風に考えれば 皆幸せの輪が広がって行くのでしょうね。

Droguerieも 皆さんと一緒に楽しみ 笑顔が沢山生まれる場所として これからも捜し続けたいと思っています。

Barのカウンターの中に “響き” というウイスキーを見つけました。
6月1日2日3日と “響き展” を企画して以来 とても気になる字となっています。
人は意識することから 物事が始まる気がします。
大切な事ですね。

次の日 南阿蘇の雄大なパノラマを楽しみながら 家路に着く…。
a0255892_1115521.jpg

                                草千里ヶ浜にて 米塚


     Droguerieのイベントのお知らせ

                 5月11日(金)~17日(木)
                      初夏のAya展

これから始まる夏へむけて 沢山の麻や木綿のパンツ ヴラウス ワンピース スカート
など 洗いざらしで着れ とてもプロヴァンスです。
Made in Japanの心を着てみて頂きたいと思います。
心よりお待ちしております。



   響き展のお知らせは 次回へ持ちこしさせて頂きます。


                                            Droguerieの時間
                                                2012.5.10
by aoikusah | 2012-05-10 08:00 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)

私にとって5月とは?

2012年も すでに5月を迎えています。
こんな書き方するって どういう意味って思われますよね。
月日がたつのが本当に早くて。そう思うのは 私だけでしょうか?
5月はもう初夏かしら…こわい!!…。
当り前のことなのに グダグダと書いていますね。
a0255892_16365289.jpg

                   アカシアの木に 花が咲き始めました。すずなりのごとく。
                                    Droguerieの庭にて。

だから今 この時を足あとを残せるくらいに歩いていかないと。
後悔したくないので…。
何をって?…
自分で自分をほめてあげられないでしょ。
よく頑張ってるねって。
そうすると 自分にご褒美を沢山あげる事が出来るし 堂々と…。
その為に毎日を楽しみながら 皆様と一緒に幸せさがしをしているのだと思っています。

私は色々と楽しむ事が出来る人です。
たとえば 仕事からの帰り道 自宅まで徒歩1分…。
なのに 夜空に広がる青い空
一面群青色から橙色に何重にも層を作り また群青色へと…
そこに黄色の月と星が 絵の具の見本を見ているかの様に 幻想的で(表現力がなく…。生まれて初めて見た夜空の色に感動感動で 思わず感嘆の声が出てしまった程。
ほんの2週間前の事です)
素直に歓びがこみあげて来たり。
昨夜は “グゥァグゥァ” 蛙の声…?すごい もう夏が始まろうとしている…。
たった1分の道のりですが とても楽しめる瞬間を頂いています。
a0255892_16524920.jpg

                                室積の景色 小さな滝壺①
a0255892_16542691.jpg

                                室積の景色 小さな滝壺②

誰もが平等に与えられている自然界からの贈り物…。
生きている幸せを感じます。
家に帰ると おいしい食事を。
これも1日頑張ったねのご褒美ですから 時間をかけてゆっくりといただいています。

見るもの 聞くもの 味わうもの 全てが四季を楽しめてうれしい限りです。
私にとって5月は 木々が香り 花が咲く。
初夏の風が心地良く 青空も気持ち良く…全身がとけていくかの様です。
a0255892_16453763.jpg

                                室積の景色 象鼻ヶ崎 
a0255892_16461264.jpg

                                室積の景色 展望台より

5月5日子供の日。
沢山の鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいます。
これからもずっと見ていたい景色です。
中々都会では むつかしいかもしれませんが 
時折マンションの窓から小さな鯉のぼりを見つけるとうれしくなります。
男の子にバンザイ。頑張って たくましくねっ…なんて。

屋根より高い 鯉のぼり
大きい ま鯉は お父さん
小さい ひ鯉は 子供たち
おもしろそうに 泳いでる…
a0255892_16562043.jpg

なんて歌う事も…。なんだか癒されます。
でも童謡って歌詞があいまいで…不安。
考えてみると 私にとって半世紀前!?    この現実の方がすごい!!
驚きと淋しさとで 複雑な気持ちです。
 
少し車を走らせていると 田植えの準備でしょうか。
もう田んぼに水がはってあります。
水面に写る新緑の山の景色に呆然となり これにも見入ってしまいます。
泥にまみれて耕された方々の仕事の終りに 私たちが客観的に見たり 感じたり出来る この季節だけの楽しみ方の風情でしょう。
a0255892_16571240.jpg

                                 室積の景色 田園

今日も いっこうに進まない文章ですが 書きながら私が楽しんでいるようです。

Droguerieの5月はどうでしょうか?
やはり ドアも開放し 少しでも初夏の風を感じていれる様にと。
暑くなるまでの とても短い間だけ出来る事…。一番好きな空間となります。
時々 羽虫も来店しますが これも出逢いだと思えば また楽しめます。
あちこちに蚊取り線香をたきながら…。
a0255892_16593535.jpg

つまり私にとっての5月とは 6月の前の月で 初夏という事。
いつも楽しい 時々つまづく事もありますが。
そして いつでも どんな時でも楽しむ事が出来る私は 自分でも好きかなぁ…。
驚きましたか?

自分の事 好きでいられる事は とても幸せです。
これも皆様から頂いている 様々な事に感謝しているから。
何かお礼がしたくて 私には何が出来るかしらって考えてしまいます。

皆様と笑顔でお話出来たり…
かゆい所に手が届く様な 商品を見つける事が 私の仕事だと思っています。
それを通して より深くつながっていられたら うれしいですね。

今から6月1日 2日 3日の響き展へ向けての毎日が これから1ヶ月…。
つまり5月は 私にとっては その準備に取り組む1ヶ月となるでしょう。

頑張る!!

楽しみにしていて下さいね。
a0255892_1711980.jpg

                                  響き展DMより


       次回 詳しくお知らせいたします。

                                          Droguerieの時間
                                             2012.5.3
by aoikusah | 2012-05-03 08:00 | 2012年5月・6月 | Trackback | Comments(0)