ぼたん雪

さすがです
最近の天気予報はよく当たるようです。

昨夜から降る雨が次第に雪に変わり
今は静かにみぞれ混じりのぼたん雪となり深々と降りつづいています。

暖炉に火を入れ部屋の中から外を眺める景色は
心穏やかにやさしい景色としてみつめていられます。

a0255892_14004861.jpg
テラスのテーブルの上にはみぞれが積もり薄氷のように模様を映しだし
この冬見るはじめてのけしきが広がります。

そんな寒さの中

小鳥たちの声が心地よく
こんなに寒いけれど「もうすぐ春ですよ」と伝えているように聞こえてきます。

そんな不思議な時を過ごし
小さな幸せを雪たちが運んでくれているよう

一年の中でも最も寒いころ大寒を迎えていますが
この頃になると日が長くなりはじめ春へ向かう季節のようです。

「三寒四温」を繰り返しながら春へと導かれていくのでしょう。

a0255892_14014572.jpg
今お野菜が高いころ
こんな時だからこそ冬野菜をいただきましょう。

わたしのお勧めの冬野菜「小松菜」です。

今は一年中店先に並んでいますが
旬は12月から3月のころ

寒さに強く霜を受けるほどに甘みを増し葉が柔らかく美味しくなる
生命力たくましい冬の代表野菜

しかも庶民にやさしいお財布価格ですからさらにうれしいことですね。

我が家では毎日のように食卓に並びます。

昨日は「白菜と小松菜とお揚げさん」をお出汁で煮るやさしい味の煮物でした。

わたしも「小松菜」のように

特別ではなく

普段の暮らしの中で息づくような存在に憧れてしまいます。

寒さの中に仁王立ち

果たしてできるでしょうか

しかしそんなことではなく

自分のすべきことを

貫き

遂げること

  ps。展示会をのぞいてみましょう

a0255892_14132435.jpg
a0255892_14135509.jpg
a0255892_14142927.jpg
a0255892_14150086.jpg
a0255892_14152126.jpg

   19日より「春のB.sutaff展」を開催しています。
   旅をテーマに春待ちわびろころを楽しみにしての企画展です。
   上質な革そして職人の手仕事の極めしかも軽くて使いやすい
   最高の者たちとの出逢いを…25日(木)までですので
   是非ご来店お待ちしています。


                Droguerieの時間
                     2018.1.22



# by aoikusah | 2018-01-22 13:42 | 2017年11月・12月 | Trackback | Comments(0)