筍をいただく

今年の筍は時期も遅くて収穫も少ないようです。

近くの市場でもやっと出始めたころ
春の風物詩のひとつとして私の中では筍は欠かせないもののひとつです。

a0255892_19155133.jpg

竹林に子孫を育み
そのやわらかな大切な命をいただく旬の味覚です。

熊の毛に包まれたような硬めな筍をより美味しくいただくために
まずは新鮮な筍の見分けが出来ることが大切でしょう。

美味しい筍の見分け方として

 ・穂先が黄色いものを選びましょう。
  緑や黒いものは育ちすぎで「えぐみ」が」強いです

 ・切り口の色がより白くみずみずしいものを選びましょう。

 ・より重いものを選びましょう。
  軽いものは水分がなくなり鮮度が落ちています。

 ・形がずんぐりしていて皮の色つやがよく出来るだけうすい茶色のものを選びましょう。

 ・泥がついている場合は泥が乾いてないものを選びましょう。

 ・根もとの赤い粒々が小さくて少ないものを選びましょう。

これだけの知識があれば美味しい筍を頂けそうですね。

後は灰汁ぬき

お出汁で時間をかけて丁寧に
手間暇をかけた程は美味しいご馳走に辿り着くでしょう。

a0255892_19172778.jpg

自然の恵みに感謝しながら
今日も美味しく筍ごはんと煮物
昨日新玉葱をいただきましたからサラダにしていただくつもり…

季節を味わう一番幸せな時間

至福の時

今日は昨夜から降り続いた雨の一日

春雨なのか新緑の山々に霞が立ちこめ幻想的な風情をただよわせています。

a0255892_19190810.jpg
a0255892_19195604.jpg

目先の青紅葉にやさしい雫がひそみ

その一つひとつに小さな宇宙がひろがる

雨後の素敵な景色

雫がおしえてくれる小旅行のように心弾む

いつの

どの景色にも

想像をこえる感動を覚える

                        Droguerieの時間
                              2017.4.26


# by aoikusah | 2017-04-26 18:00 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)