トゥモローランドの服と出逢う

この最近沢山の素敵なご縁をいただき
久しぶりに満ち足りた時を過ごしています。

皆それぞれ価値観も思想もちがい
中々和気あいあいってことも難しいのが現状
しかも仲良しごっこは甘過ぎて苦手…

それに分かり合えないからと言って人としての価値は決まる訳でもなく

それ以上に刺激的で尊敬できる方に出逢うと奇跡が起きたほどに自分と同化してしまう
単純なわたしなのです。

そこが又自分の好きな所

しかも「自分が好きだ…」だなんて簡単に言える人も珍しい…と疑問が

a0255892_17464000.jpg
a0255892_17471495.jpg
a0255892_17475073.jpg

しかし昔は
ちょっぴり臆病で
なんて伝えると
皆さんの反応は「えー嘘…」と驚かれてしまいます。

やはりこれまでの人生の経験と体験から
多くの喜怒哀楽を味わいながら
やっと今の自分との出逢いを頂いてきたようです。

「はじめまして」の繰り返しを重ねた数だけ学び
それ以上に知識や人としての優しさまでもいただいているようです。

今回は少しだけ春のおしゃれのアイテムを紹介してみたいと思います。

まずは「トゥモローランド」

Droguerieの代表的な存在として30年近く一緒に過しています。

その中でもわたしがはじめてトゥモローランドを訪れたとき
一目惚れしたブランド「ギャルリー・ヴィー」がありました。

それからのお付き合いを頂いていますが
今なお一目ぼれのまま…魅了され続けています。

a0255892_17492449.jpg
a0255892_17495859.jpg
a0255892_17503878.jpg
a0255892_17511878.jpg
a0255892_17514463.jpg
          いかがでしたか?
          上質な素材にこだわり流行に左右されずシンプルで着心地良く
          自分の魅力を引き出してくれる…そんな提案は変わることなく
          素敵なわたしの大切なものに移行される…

「GALERIE VIE」について

  装うこと 味わうこと 住まうこと
  そのすべてに自分ならではのスタイルを創りだすために
  ギャルリーヴィーは
  変わらぬ自分らしさを発見できる
  生活のギャルリーヴィーです

  余計なモノすべてが削ぎ落とされた空間
  時の流れを知らせる自然の光
  デザインが過ぎないウェア
  季節が感じられるやさしい色
  装いによろこびを与えてくれるアクセサリー
  旅を楽しむかのように個性的なグッズ
  イマジネーションがふくらむ美しい時間

  すべてはパーソナリティーを表すために

これが「GALERIE VIE」のコンセプトのようです。

これを読んだとき
わたしが携わる人たち全て皆おなじであることに
驚きをかくしきれません。

やはり人が好き
そこに尽きるように感じてしまいます。


                     Droguerieの時間
                          2017.3.13



by aoikusah | 2017-03-13 16:53 | 2017年3月・4月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/23716018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春の足踏み 旅とビースタッフ >>