「BAR」から生まれる

昨年11月から始めた月一度の企画「夕暮れ時のBAR」

1月は21日(土)雪降る中 無事に終える事ができました。

参加して頂いた皆さまには深く感謝し
お手伝いして頂いた方々には「ありがとう」の言葉をもう一度

a0255892_17433963.jpg
                 会席で皆さんをおもてなしいた器たちが
                    安心して鎮座しています

普通に仕事をしながらの月一の「BAR」ですから
全て予約を頂き満席(15~20名)の状態で楽しんでいただければ嬉しい事と思っております。

室積の山手に位置していますから人通りも少なく
足どりは簡単と言える場所でもなく…

しかも「BAR」ですから

旨い肴と酒をいただき

艶っぽい真の会話が弾み

きっと素敵な仲間が生まれ何かが起きると信じています。

不便だからこそ それを素敵なこととなし

人との素敵な出逢いがあり

そこへ美味しい「飲食」があれば

どこからでも行きたいと思う条件は可能な気がしています。

a0255892_17471360.jpg
               広島のM様から20日の夕暮れ時に頂いた花束
                「明日は雪で来れないと思い…前日のBARへ」
                      その日も雪舞う日でしたのに…

全てが需要と供給

このバランスにもう一つ相性は不可欠のようです。

現代社会の不屈の中で疲れた身体を休めるかのように

癒されたいとの思いからさまよい

やっと辿り着いた場所が「夕暮れ時のBAR」だとすれば

引き寄せられるように足繁く通うようでしょう。

黄昏時から芳純な香りに誘われ

やさしい明りをもとめ

いやされ

はぐくまれ

やがて旅立つ

こころの旅へ


                      Droguerieの時間
                            2017.1.24



by aoikusah | 2017-01-24 17:35 | 2017年1月・2月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/23573318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< インフルエンザに 二人展から学ぶこと >>