秋のビースタッフ展

やっと追けたのに
先週は更新できずにいました。

何度となく机に向かったのですが最後までたどり着けず
書きたい事も定まらず

無理やり書こうとすればするほど…心が離れ折れていくようでした。

何事も
素直な気持ちが満ち足りて はじめて感動し進めることを学びます。

先週は一年ぶりの「b.stuff展」が始まり

a0255892_1475481.jpg

a0255892_149059.jpg

                  秋の恵みをいただきに
             今年は大ぶりのイガグリたちが…感謝です

ゲストもお招きしての始まりでしたから少しばかり緊張
今さら…なんて思われるでしょうが 何時も言っている様に根は気弱でしょ
前日から熟睡できずに朝を迎えていました。
でも反対に楽しい事として 待ちどうしかったのでしょうか?

やはり本物に囲まれると不思議なほどに緊張と心地良さに包まれます。

一つひとつ丁寧に心を込めて作られる職人技に触れ
声も出せぬ程の幸福を頂きながらの日々

今や何が本物かを見極めるのは難しい時代へ

しかし「B.stuff」の革たちは自信を持って「本物」だとお伝え出来ます。

秋一番のイベントとしてふさわしく
「おしゃれの決め手」とし「Bag」は大きな意味を持つと考えてもいます。

a0255892_1415135.jpg

a0255892_14172375.jpg

久しぶりに「B.stuff」の「SPIRIT」

スピリットとは魂

B.stuffのBはBAMBOOのB

日本の美と文化を象徴する植物に松竹梅があります。

これは日本人の宗教観の中において大切な存在です。

昔から懐石料理やうな重などのランク付けとして松竹梅が良く使われています。

松は最高のAクラス 竹は普通でBクラス 梅はその次のCクラスとなっていますが

松が上で梅が下と云うわけではありません。

選ぶ人の嗜好や価値観によって決められるものであって

傍目を気にしたり見栄で選ぶものではありません。

ビースタッフのバックは不要な物を最小限にとどめ良い材料を用いて

高度な技術で完成されたものです。

この姿は先の竹 つまりBクラスに位置するものです。

竹は静寂でありながらリズムを感じさせます。

又単純な中に宇宙の広がりを見る事が出来ます。

そして四季折々自然と観応して日本の美を演出してくれます。

それは私たちにとって理想の姿でもあるのです。

いかがでしたでしょうか?

a0255892_1418479.jpg

a0255892_14193237.jpg

               本物に囲まれて凛とした空気が流れはじめ
            秋空とともに爽やかで大人の空間が生まれています

Droguerieの一員としての「B.stuff」とともに過ごせることに感謝し

これからも共に成長しながらと願います。


                      Droguerieの時間
                               2016.9.26
by aoikusah | 2016-09-26 11:34 | 2016年9月・10月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/23243052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋の始まり 彼岸花のように >>