残暑のおしゃれ

久しぶりのブログとなります。

暦の上では立秋 秋のはじまりのようですが
年々上昇する気温に追いつけず身心ともにズタズタが本音となります。

しかもこれからが残暑厳しく
強烈な暑さは当分衰えそうにもなく
暮らし方を上手にしながら夏の名残を楽しむすべしかないようです。

暑いからと云って何もしない訳にもいかず

「暑い」を口に出せば涼しくなるのであれば大いに言いたいがなるはずもなく

ならば「楽しい…」と感じながら過した方が身心ともに健やかになりそう

少しでも涼しく過せるための
残暑のおしゃれを提案してみましょう。

これ程の暑さであればおしゃれの一番のポイントは「涼しく」着こなすでしょう

簡単なのは昭和の名残
どこもしめつけずにストンと着れる「簡単服」つまり「ワンピース」

しかしここでも素材と形選びが大切となりますね。

次にトップスとボトムの組み合わせを

a0255892_14512462.jpg

まずは素材の組み合わせから
シルクコットンのフレンチスリーブのブラウスと綿のロングスカート
質感を変えエレガントに
色は黒と薄ピンクで濃淡の演出で素敵度を主張しています
少しお袖が下がることで安心
長丈は素足でこなせる…ともに涼やか

a0255892_15011901.jpg

ベーシックな色でまとめてみました
ベージュの綿のTシャツとリネンのスカート
やはりフレンチスリーブのお袖と付かず離れずのサイズ感が素敵な着こなしを演出
しかも同色での着こなしはワンランク上に

a0255892_15060491.jpg

涼しいインド綿の長丈シャツとリネンのフレアーパンツ
同色系で大人らしさを
シルクに染まる深緑のやわらかさが質感を高る この時期に欠かせない大判のストール
華やかさをプラスしています

わたしは均整のとれた体型ではないこと
しかもコンプレックスを持ちつつの日々を過ごしています。

しかしその事実を認める事が一番おしゃれするには近道だと思っています。

ただその事実を受け入れれば良いだけのこと

隠すと補うは別

しかも毎年のように

身体も心も変化していきます

それがまた素敵なこと

いつまでも一緒は

面白味がない

だから

今…

                      Droguerieの時間
                           2016.8.10







by aoikusah | 2016-08-10 14:04 | 2016年7月・8月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/23098395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山の日 東京 日帰り旅 >>