土筆と靴

瀬戸内に佇む穏やかな地にもやっと春到来のようです。

昨日はじめて土筆発見!
「キャー可愛い…」「…すごい」「見てみて…」なんて
たかが「土筆」にどうしてこんなにも大興奮

されど土筆のようです。

誰もが無邪気で可愛い子供の頃
辺り一面に広がるレンゲ畑にツンツン伸びる土筆たちが群生し
両手に持ち切れないほど毎日のように摘んでは遊んでいました。

a0255892_11240793.jpg

それでも毎年春になればいつものように
れんげ畑はピンクの絨毯を敷きつめたようにふかふかで
こわしてしまいそうで…何処から足を踏み入れたらいいのか…なんて今でも思いだします。

半世紀前とも思えないほどやさしくほのぼのとした今はなき素敵な記憶
だからついつい興奮してしまうのでしょうね。

その他にも小さく芽生えた命が庭のあちこちに
厳しい冬の寒さに耐えながら この日をどれだけ待ち望んでいたことでしょう。

偉いですね。

だから私は春の息吹に誰よりも魅了されるのでしょう。

a0255892_11265739.jpg
a0255892_11274452.jpg
a0255892_11281547.jpg

そしてDrogierueにも花を咲かすように
毎日のようにに素敵で時めくものたちが入荷しています。

その中でこの春初めてデビューした靴を紹介してみたいと思います。

皆さまにとって「靴」とは自分にとってどんな立ち位置に存在しているのでしょう。

「KISSA」の靴はご存知ですか?
私はまだお店を始める前に履いていた一つでした。

a0255892_11305186.jpg
a0255892_11594343.jpg

「KISSA」は(故)高田喜佐さんが切り開いた「靴のファンタジー」の世界でした。
履くだけの道具から おしゃれの為のものとし

70年代にDCブランドが多数生まれ
71年にはロンドンコレクションなどを手がけ

76年には「大人のズック」ユニークなコピーをかかげ
子供の頃素足にズックのように 
時には裸足で走りまわった自由さを靴の原体験としているようです。

その履き心地に多くのファンを生み
今の時代に求められるかのように…少しずつ進化しながら今此処へ

そしてもう一つインポートの靴たち

「エルナチュラリスト」
2003年、北スペインのパンプロ―ナで誕生したもの
トレードマークのカエルが象徴するように自然のあらゆるものからインスパイアされ
素材と心地良さを追求され作られています。
繊細な色合いは履くほどに変化して風合いを増していき
つま先を広くとった木型を使い革は植物の樹脂から抽出した成分でなめした
ベジタブルタンニングレザーやサイクルラバーを使用しています。

a0255892_11320975.jpg
a0255892_11331994.jpg

「ロインツ」
1918年にオランダのティルブルフで生まれ
アッパーとインソールを同素材で袋縫いした作りは
包みこまれるような履き心地が特徴です。
コンセプトは「シンプルであること」
デザインと履き心地の良さの完璧なコンビネーションを追求しています。
特徴的なソール「3Dコンフォート」
360度に丸みを帯びたソールは足と地面との衝撃を弱め足裏全体に平均して
体重がかかるようにデザインされています。
やさしく包まれる「素足感覚」
アッパーと中敷きをそのまま袋縫いすることで 足をやさしく包みこんでくれます。
まるで日本の足袋のような感覚です。

a0255892_11340764.jpg
a0255892_11350338.jpg

日本製は基本だと考えていますが
やはり長き歴史の中で育まれた物たちにはかなわないと思う事も確かです。

そんなものたちがDroguerieで春一番に花開きました。

ゆったりとした大地のめぐみ

あまくてやさしい春のかおり

そしてさわやかな風たちを友とし

土筆や靴に逢いに…

                       Droguerieの時間
                             2016.3.5


         ps
                  春から初夏のAya展
                3月25日(金)~31日(木)

a0255892_11390171.jpg

        昔から「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉どおり 過ごしやすい気候となり
        桜の蕾もふくらみ…開花が心待ちになる季節となりました。
        そんな中今回の「Aya展」は大きな声で叫びたい程の素敵な企画です。
        Ayaのお二人の代表「小原洋子さんと彩さん」をお迎えして
        素敵な企画として…小さなショ―そしてトークなどまじえ…
        Ayaファンの方々には是非お逢いして頂ければ最大の幸せかと
        とても魅力的な方々です「おしゃれ」について大いに語り合いましょう。



by aoikusah | 2016-03-05 11:08 | 2016年3月・4月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/22563218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フワフワな春に ひな祭りに >>