春の野菜に恋する

春を待ちわびる日々

昨日は少し荒れた春雨でしたが
今日は気温も11度と春の陽ざしを注いでくれています。

春の足音が少しづつしのび寄り…ウキウキ
ずいぶんと日も長くなり…もっと楽しんでと…ワクワク

空の色も爽やかな青
そして雲までがフワフワと気持ち良さそう

山肌も枯れた木裸の先に芽生える小さな命が白くやさしげに
 
土の中からは草花たちの新芽が顔を出し可愛い
 
虫や小鳥までもがこの瞬間を待っていたかのように羽音をたてる

全てが私をやさしく包んみ ゆりかごのよう

こうして三寒四温を繰り返し…じらされながらも
暖かな陽ざしに心もほっこり やさしい風にふれると爽やかな気持ちに
a0255892_17052865.jpg
                 「少しきちんとした服展 ミヤコ編」
              今開催していますが素敵なレースに心弾んでいます
              今日の画像は展示会の風景をお届けいたします
a0255892_17302840.jpg
              ミヤコにお似合いの春の花を生けてみました
a0255892_17324426.jpg
               ミヤコより届きました小さな画集
               素敵な提案が沢山…
               今回はモデルとして美也子さんご本人も
a0255892_17364148.jpg
                華やかな素敵さもあります

そして私にはもうひとつ楽しみが
それは春野菜の旬を迎えることです。

食べることは勿論ですが
見るだけでも幸せになるほどに愛おしく感じてしまうのです。

理由は簡単

つまり昨年の寒さに向かう頃に種まきや苗を植えられ
寒い冬期に地中にしっかりと根を張り下します。

春に芽を出し成長するための必要な栄養素を貯えながら
害虫などから身を守る成分までもをじっくり溜めこんでいます。

ですから春の野菜は栄養豊富なうえ
独特な強い香りや苦みによる解毒作用や抗酸化作用を持ち合わせているのです。

故にわたしは春野菜の真の強さに心魅かれていくのでしょう。

控えめなのにたくましく

やわらかいのに真ある旨さ

しかし口には「ほろ苦い」

やさしさだけではなくその奥に潜む自分への戒めまでもを感じさせられます。

人の体も冬は新陳代謝が落ち
脂肪や毒素や老廃物を溜めんでいるようです。

春になると体の細胞もいっせいに目覚め活動しはじめることでバランスを崩し不調に
昔から「木の芽どきには気をつけましょう」が理解できます。

春野菜や山菜の強い香りや苦みには「抗酸化力」があり
つまり「活性化酸素」を除去し
病気の原因や老化を予防する効果があるそうです。
a0255892_17391332.jpg
              グリーンのレースが春の装いに
              タンポポのギザギザした葉っぱのよう
a0255892_17431745.jpg
              大好きな春一番の花
              ヒヤシンスは香り豊かに寄り添います
              25日まで開催しております
              春の素敵なミヤコとの出逢いを…お待ちしています

春野菜の代表といえば
新キャベツ 新玉葱 アスパラガス そら豆 蕗のとう 菜の花 竹の子…など

「いっぱい食べたい!」
これからが楽しみな食卓となります。

今や季節も関係なく温室栽培などで毎日のように食べる事は出来ますが
やはりその季節の旬なものを
思いっきり食べるのが一番のご馳走となり 滋養になりそうです。

春野菜を思いっきり食べ元気モリモリ

元気になれば何でも出来る

まず自分の体調を整え 身心ともに元気に

そしておしゃれして 思いっきり遊びましょう。

春を待ちわびる命と共に

れんげ タンポポ 菜の花のように

その花たちに群がるミツバチやちょうちょたちと一緒に

考えただけでも心弾み…スキップしてしまいそう

あー待ちどうしい…

                                  Droguerieの時間
                                         2016.2.21

by aoikusah | 2016-02-21 13:23 | 2016年1月・2月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/22504829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ひな祭りに 春の着こなしを >>