美味しいお店と出逢い

今日はいつもより早く目覚めました。
昨夜のうたた寝が効いているのでしょうか。

ソファーでうたた寝…側にシヨータ君が添い寝をしてくれて
より気持ちの良い眠りの中…気づけば深夜
お互いにうたた寝の良き相棒のようです。

a0255892_1502944.jpg

                 我家のエゴの木が満開を迎えています
                 白い花から甘い香りが運ばれ
                 蜜蜂たちが羽音をたてながら嬉しそう

生まれながらに目が不自由なショ―タ君ですが しっかりと心の目で過ごし
今年で13歳となりますがまだまだ元気です。

わたしが家にいる時は殆どを一緒に過ごし
時々自分で判断出来ない時にSOSとして…鼻でツンツンし求めてきます

ショウタのやさしさに包まれ
小さな命から大きな力と愛を貰いながらの日々に感謝です。 

その他にもわたしを元気にしてくれているもの
まずあげるとすれば “ 食 ” でしょうか?
一日のご褒美にこれ以上のものはないと考えられます。

仕事が体力知力の限界を越えようとも
美味しいお酒と食事が待っていると思えば頑張れます。

食べる事が好きなので作る事も苦にはならないのですが
外でいただく食事は別物として好きです。

a0255892_1563441.jpg

                  きゅうりの酢の物にたっぷりのじゃこ
                    今日のおとおしでした
                新鮮な食材を味わいながら まずは乾杯から

週末となると一週間のご褒美に
そして身心ともに疲れた時には気分転換にと何かと理由を付けては

今は気ままな二人暮らしなので誰にも気兼ねなく食べに出かけられています。

旦那さんと二人で
母と三人で
家族で
スタッフやお友だちなどと賑やかに…とその時々で楽しんでいます。

お気に入りのお店の一つに “ おばんざいばー育代 ” があります。

始まりはお客様からの情報から
聞けば即行きたくなり…とりあえず行ってみました。

a0255892_151575.jpg

                   素敵な空間で真剣に料理中
               頂くまでもが楽しみな時として味わえます

これが育代さんとの出逢い
行き始めて何年になるのでしょうか?
7年8年もっと…?
今では家族のように かゆい所に手が届く程の心地良さ
通いたくなるのも無理ありません。

しかもはじめて伺った時の事も良く覚えています。

玄関から趣きがあり期待できそうな予感
予約なしで伺ったのですが丁度私たちの分の席だけ空いていて

“ どうぞ… ” と声をかけて頂き中へ

a0255892_1516594.jpg

                まずは地元のお刺身から頂きます
                今日は地物のカレイ
          シコシコしながらの歯ごたえ…甘みと旨味に癒されます

一番奥の離れ的小さな個室に通され
照明もほど良く…趣きも大人としての空間が心地良く

これは料理も期待できそうと頬笑み…?

その時何を食べたかまでは覚えてはいませんが
すべて美味しかったことを覚えています。

疲れた心身に良薬を頂いたように元気を取り戻し
久しぶりに良いお店に出逢えたことが何よりも嬉しくて

多分2.3日後にまた行き
その後も又伺っていたように…はまりました。

育代さんの料理に対する情熱が深く 旨味としてやさし味わいとなり
器に始まり盛り付けや室礼までに細やかな心配りが伺えていました。

a0255892_15224965.jpg

                     新作の献立
                     モナカの皮に挟まれて
                 チーズとナッツそしてお野菜たちが
                 美味しいハーモニーを奏でています
                 これにはワインが合う…頂きます

小さな感動が時が刻まれるごとに積み重なり
同じおもてなしをさせていただく身として嬉しくて感動していました。

それからはその時々の献立が楽しみとなり
季節を堪能させて頂いています。

日本料理は春夏秋冬の食材に心をつくし 
五感をおもてなしされながらの食文化
そんな贅沢がこの国ならではこそ味わえることに感謝しています。

“ おもてなし ” 最高です。

                                  Droguerieの時間
                                          2015.5.4
by aoikusah | 2015-05-04 14:33 | 2015年5月・6月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/21191026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ミヤコのレースに魅了される日が 春の雨音での目覚め >>