冬のしつらい…お正月

12月に入り毎週のように 大寒波により日本列島が荒れています。

私の住む室積は
瀬戸内で山と海に囲まれた温暖な所に位置していますから
雪は珍しくて…

先日も少し早目の雪に思わず外に駈けだし
子供のように “ すごい 雪だ… ” と無邪気にはしゃいでいました。
しかしこれも珍しい事として 素直に反応してしまいます。

a0255892_14564496.jpg

                     ししとうがらしと和紙で
                      お正月飾りをつくりました

報道で見る北国の景色には憧れてしまいますが
暮らすを思えば大変な事なのでしょう…?

やはり一長一短 何事も全て良しは難しい事としてあるようです。

急な冷え込みに心身ともについて行けずにいます。

a0255892_1559742.jpg

                    富山県五箇山和紙のお獅子
                 山の清らかな水に恵まれ職人の手で守られながら


Drogerieの暖炉のこと
毎年の事なのですが
どのタイミングで火を入れればいいのかと思いを巡らせていますが
ちらつく雪に今ここでと…
昨日暖炉に今年初めての火を入れました。

小さな暖炉ですがDrogerie全体を優しく隅々まで暖めてくれています。

薪がパチパチと音を立て メラメラゆらゆら炎を燃やし
ストーブの上のやかんは優しい湯気を立ちこめ
静かな時が流れます。

a0255892_157291.jpg

                      40数年前の母が娘を思う…
                   やっと日の芽をみたように嬉しそうです

いつまでもこうして眺めていたい…
心も身体もポカポカとほっこりして来るようです。

そう考えると
寒い冬の過ごし方も色々と…ゆっくりですが心暖まる時間を頂いています。

それからもうひとつ
今年最後のイベントが始まっています。

“ 冬のしつらいと暖かコート展 ” (18日~24日)

2階ギャラリー青い草にて お正月のしつらい
皆さんが楽しみに待っていて下さる企画の一つになります。

今年は植物の力をかりて 
南天を沢山活け込むことで 神聖で素敵な空間が生まれています。

a0255892_153153.jpg

                 素敵な南天の杜が生まれています
                  お正月を迎える支度を考えます

ここで久しぶりの豆知識

南天は日本原産の落葉低木
南天の音が
“ 難天 ” ( なんをはなれて吉句てんずるという心なり ) に通じるところから
古くから松竹梅や万年竹と同じく 正月の祝いの花に用いられているようです。

お正月は 新年の事始めとして何かしらの覚悟をと…そんな気持ちになります。
ですから自分へのけじめとして
新たな目標や目的を持ちたい日としても 大切な意味ある日としています。

そして
お正月は年神様やご先祖さまをお招きをする儀式として
一年の収穫に感謝し 豊作を願う儀式としても大切な行事でもあります。

日本列島 皆でお祝い出来る年初め 賑やかな光景が浮かびます。

a0255892_15545590.jpg

              京都羅工房さんにて手描きして頂きました
                 縁起の良い吉祥の図柄です

何故だか心が弾み神聖な時として
それを形にして心から念を頂く事も大事なことして受け止めています。

ですから “ しつらい ” は “ 室礼 ” としても頑張りたいと思います。

同時に 暖かくて軽くて着やすい…そんなコート展もしています。
年末年始に暖かくしてお出掛け出来ますように…

a0255892_17305153.jpg

                    着心地のいい暖かなコート
                    冬だからこそ綺麗な色で軽やかに

素敵な大人としてドンドン前を見て歩いて欲しい…と望みます。
ベーシックからカジュアルまでを
ダウンからウールまで 
今年最後まで精一杯頑張る気持ちで!

今年も後10日余りとなりましたが

身心共に 暖かく健やかに気持ちの良い年越しが出来れば最高に嬉しいですね。

a0255892_17363519.jpg

                 お客様のT様より30年のお祝いにと
                 白い花籠を…初心に帰るように
                 嬉しくて

                 
暖炉の傍に腰をかけ

心穏やかに本を読みながら美味しいコーヒーを頂き

暖かな家の中から 風に揺れる木々たちを眺め

風舞う木枯らしの音を静かに聞けば

心の風景を探る静かな時を頂き

最高に満ち足りた素直な気持ちを呼び覚まされます。

そして これからを想像する時間までもを頂けて

そんな寒い冬も たまらなく好きです。

                           Drogerieの時間
                               2014.12.19
 
by aoikusah | 2014-12-19 13:35 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/20548031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年最後に 誕生が続き…最高 >>