誕生が続き…最高

息子たちに待望の赤ちゃんが生まれ
とりあえず新しい家族に逢いたくて 11日12日と東京へ
そして昨夜戻りました。

そこには皆の笑顔が溢れていました。

そして なりたてのパパとママとベビーが存在し
最高の幸せと少しの不安とが見え隠れしながらも…安堵です。

後は子供が自然に親に育ててくれるはずですから…大丈夫!

命の誕生がこんなにも周りの人たちを温かく幸せにしてくれることの素晴らしさを
改めて思う機会を頂いたようでした。

a0255892_164460.jpg

                          病院へ車を走らせ
                          並木が優しく迎えてくれるように


もちろん 言うまでもなく愛おしくて可愛くて
いくら見ていても飽きなくて…ずっと見ていたくて

こんなにも優しい心地良さが 私の中で揺り籠のように何時までも揺れているようでした。
息子たち家族に感謝です。

何があっても今の気持ちを忘れないでいて欲しい
それが出来れば きっと皆で幸せになれるでしょ。

人生 何時の日も晴れの日ばかりではないでしょう?
時には嵐の日も訪れるでしょう?
しかし必ず治まり晴れの日は戻って来るはず
その日までは ゆっくりと時を待ちましょう。

a0255892_169534.jpg

                            横浜の赤レンガ倉庫へ
                             久しぶりに帰る時間まで


自分一人が大変だと思えば…大変となり
大丈夫だと思えば大丈夫となるでしょ

誰もが歩む同じ道…

思いを変えれば それもまた楽しくなるはず…の人生が私は好きです。

いつも笑っていたいですから…
“ 笑う門には福来り ”
誰しも怒っている人の傍よりも笑っている人の傍に居たいと思いますよね。

久しぶりに沢山の赤ちゃんたちに出逢えて
幸せのエネルギーを頂き帰りました。

a0255892_16142256.jpg

                 歴史ある港町の姿を残しながら
                  クリスマスを待ちうける楽しそうな笑顔が溢れて


11日はDroguerieの30年の誕生日でしたが
新たな命の誕生にすっかり忘れていました。

新幹線の中で携帯がメールを受信しています。
スタッフからの可愛い “ おめでとう ” の文字が…感激でした。

皆さんからも心温まる思いを沢山頂いています。

a0255892_16241618.jpg

                           お祝いの電報が届きました
                            心からの感謝です


今日は朝から幸せな気持ちに
スタッフ皆からと素敵なお花を頂きました。

皆の思いがそこにある…そんな優しい花束でした。

30年間の感謝を思います。

お客様にも幸せのお裾分けが出来るようにと正面のテーブルに置かせて頂きました。

a0255892_16304789.jpg

                    Droguerieの近くの素敵なお花屋さんから
                       最高の贈り物として
                      優しい言葉と共に頂きました


これから始まる1年は思いも深く楽しみながらと思います。

いつのタイミングでか…?

皆様と一緒にお祝いが出来る日を楽しみにしています。

皆様ありがとうございました。

                                   Droguerieの時間
                                         2014.12.13
by aoikusah | 2014-12-13 16:53 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/20513352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aoikusah at 2014-12-15 19:23
美智子様
こちらこそ何もお手伝いできなくて申し訳なく思っています。
しかも可愛いくるみちゃんに会えて幸せでした。今日は退院出来良かったです。朋ちゃんより写真を送って頂きましたが素敵なドレスに包まれて幸せそうでした。ありがとうございました。心からお礼を…感謝しております。又会いに伺わせて頂きます。その節は宜しくお願い致します。急に寒さも厳しくなりましたが皆様お身体大切になさって下さい。これからも宜しくお願い致します。
              浜敬子
<< 冬のしつらい…お正月 30年への冒険 >>