寒さゆえ気持ちは暖かく

11月最後のブログとなります。
次回は師走…駆け足のように早く過ぎてしまいそうです。

先日 お客様のI様より素敵なお花を
さり気なく “ おめでとう ” と他のお客様への配慮のように小さな声で
白の胡蝶蘭を頂きました。

a0255892_18514246.jpg

                   純白で気品高く凛々しくもあり
                     優しく全てのものに染まる色として…


しかも その演出のさりげなさが最高に素敵で
セロファンで包まれる訳でもなく 
オリーブグリーンのリボンが茎を束ねてあるだけでした。
それが簡潔でカッコよくて 
その方の感性の素晴らしさに感服させられてしまいました。

いつもブログを読んで頂いている様子
なので30年目のお祝いに…
思いがけないサプライズに大きな幸せをいただきました。

その幸せのお裾分けに 今回のブログで紹介したいと思ったのですが
そこで問題が発生します。

a0255892_18593096.jpg

               こんなにも素敵なオリーブグリーンのリボンが
                   優しく結ばれただけで…


さて…このリボンの色を伝えたいと思うのですが今の私には深緑?
しかも一番の要となるべき大切な所ですから

緑色について調べてみることに…

一言で言い表せないのが当たり前…300~500色位?あり
途中までは数えていたのですが 余りの多さに途中で断念…
その中でオリーブグリーンと呼ばれる色を選びましたが
改めて言葉や単語の難しさを学びました。

しかも この色はこれからの人生で忘れない色としてありそうです。

そしてこの頃になると一年を振り返る季節ともなり
一年の感謝を込めて贈ったり贈られたりの気持ちのやりとりで幸せをいただきます。

a0255892_11423779.jpg

                1年の感謝を込めて贈るもの
           今治kontexのオーガニックコットンの優しい肌触りです


普段はお世話になりっぱなし…
甘えっぱなし…
お世話焼いたり焼かれたりの繰り返し…など

この季節は 日頃の感謝に気持ちを添えての贈り物が出来る時でもあります。
その方の笑顔を思い浮かべながら何にしようかしら…
なんて考える時間も贈り物の一つとして 
相手を思う大切な事のように思われます。

私もこれからを思うと多忙の日々が予測されますが
今は未だ のんびりゆっくりとした時間を過ごしています。

a0255892_1984033.jpg

               暖かいウールのストールも喜ばれそう


今はこうしてブログを書いていますが 
部屋の窓から見えている景色は
Droguerieの屋根と黄色く紅葉した葉をかすかに残したアカシアの梢
その奥に紅葉を迎えた山々が雨雲に包まれて寒々しく佇んでいるようです。

何となく気落ちして来ます。

冬は自然界から色が消え 無機質な世界へと誘われて行きます。

もちろん
冬はそれが良い…
冬はそれで良い…
しかし せっかくならば
その冬ならではを楽しむ事にしましょう。

a0255892_1911347.jpg

                   12月5日(金)から始まる
              KI 石田和江さんの手編みのニット展から


寒いからと言って背を丸くするのではなく
寒いからこそ堂々と胸を張りながら寒さを受け入れ楽しみましょう。

まずは暖かなおしゃれから…

軽くて上質で肩の凝らない緩やかな着こなしを頑張って始めましょう。

a0255892_19313646.jpg

               この季節にグリーンのセーターと
               ヴラスブラムの軽くて暖かなロングコートを
               シンプルな大人としての着こなしです

暖かな食卓

暖かい想い

いつの間にか雨も上がり太陽の日差しが心に届き

私の気持ちを小春日和に少しだけウキウキと暖かく…

                                    Droguerieの時間
                                          2014.11.27
by aoikusah | 2014-11-27 18:16 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/20432028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 30年への冒険 大人なクリスマスを >>