大人なクリスマスを

10日後は師走を迎えています。
月日は待ってくれる気配もなく刻々と時を刻んで行きます。

ここに来てようやく時間に負けない有意義な日々を過ごしたいと焦ります。
しかし中々思うようにいかずに格闘しながらの日々を過ごしています。

21日 昨日より ギャラリー青い草 にて 
“ 星の数だけ祝福されてのクリスマスとMIYACO展 ” が始まりました。

a0255892_19273052.jpg

                 カフェもクリスマスに模様変えしています


世界中がワクワクしながら待ち続ける大イベントですから…
私の中でもかなり大きな存在としてありました。

今週に入り さすがに気持ちは焦りだし
まずレイアウトから
何となく考えていた事を形にしていきます。

その配置が決まれば全体を想像出来るようになり…
ここで大きな勘違いが何時も起きるのです。
本当はこれからが大変な作業が山のように有るのですが
あたかも出来た様な錯覚におちいります。

a0255892_19314444.jpg

                 ニッチがコーヒーの香りに包まれて
                    キャンドルの灯かりで


2日前からは仕上げの作業に取りかかり始めるのですが

森の中に住む妖精たちと一緒に過ごすクリスマスにしたくて
今年も自然の恵みとして杉や檜を少し頂きに 近くの山まで車を走らせます。

欲張り過ぎずに丁度良い加減を頂きます。
わずかな枝さえも残さずに…感謝しながら全部使い切り
最後に残る小枝は 
逆に愛しくて皆に見てもらえるように カフェのテーブルに飾りたくなるのです。

自然の恵みに感謝し感動しながら完成して行きます。

a0255892_19355416.jpg

                         今年は大人な感じに


クリスマスのものたちは小さくて可愛いものばかり…

ドイツやフィンランドで手作りされた木のおもちゃ
森に住む妖精たちもたくさんいます。

ハートを持った女の子の妖精や男の子
今年はどの子とご縁を…
なんて考え その子たちの居場所を見つけながら森を作ります。

自然の恵みから生まれ 人の手の温もりの中で育ち
やがて私たちの心の中に幸せを運んでくれているようです。

今年のクリスマスは少し大人な感じて仕上がりました。

a0255892_19384676.jpg

                   山の恵みに感謝して
                     温もりのあるフェルトを飾りに


クリスマスを迎える支度は家族皆でしましょう。
私も子供の頃を振り返れば 
その時の楽しさが懐かしく思い出され…心が温かくなります。

準備もスタッフみんな良く頑張ってくれていましたが
夕方母より電話があり

“ ささげを煮たのだけれども おむすびにして皆にあげようかと思うのだけれど… ”
と遠慮気味に

“ もちろん皆喜ぶに決まっているよ…! ”

“ じゃぁ 後で取りに来て… ”

皆にその事を伝えると大喜びで…

“ これからもっと頑張れます! ” とはしゃいでいました。

a0255892_19434564.jpg

                 MIYACOのレースのように素敵な花かごに


手前味噌かも知れませんが 母の作るおむすびは本当に美味しいのです。
母なりに皆に気を使ってくれているようで嬉しく
ありがとうの感謝でした。

今回はMIYACOの服と一緒にと考えていましたから…大人のクリスマスとなり
素敵なレースと可愛い妖精たちとで素敵な空間が生まれています。

一つのものを造る時は皆の気持ちが寄り添い その瞬間はとても輝くことになります。

a0255892_1946967.jpg

                クリスマスとMIYACOの服たちが寄り添い…


そんな中 サプライズが一つあり
TINAの長谷川さんより荷物が届きました。

とても軽く振ってみても音もせず
“ なに? ” と興味深々

届いたことが嬉しくて 直ぐに開けてみることに
黄緑色の包み紙がオレンジと黄色のフェルトの紐で素敵に結ばれていました。

紐をほどき出て来たものが
箱の真ん中に赤のフェルトでハートがズドンと…思わず

“ キャー可愛い…! ”

とてもチャーミングな手紙も添えられていました。

a0255892_19514738.jpg

                  心臓がはみ出しそうなハートでしょ


響き展の時のお礼として送られて来たのでした。
箱の中にはフェルトのリングが9個入っていました。

“ エー可愛い過ぎ…! ”

スタッフみんなも大感激の嵐で大変な騒ぎに…

大きなハートからノックアウトさせられた激的な幸せを頂いたようでした。
こちらこそ嬉しくて感謝で一杯になりました。

そんな最中の出来事でしたから クリスマスも幸せの中で完成を迎えました。
1週間だけの異空間の出来上がり…
だからこそ その日の為だけに頑張れる事としてあるのでしょう。

a0255892_19553679.jpg

                色とりどりのフェルトのリングが…可愛い!


一期一会の繰り返し

だからこそ同じ出逢いはしたくても出来ない出逢いとして分かっているのです。
27日まで開催しています。

きっと可愛い妖精と出逢えますよ!

今年のクリスマスはどのように過ごされますか?

私のイブはとっておきの魔法のリキュールで乾杯を…

                                      Droguerieの時間
                                            2014.11.22
by aoikusah | 2014-11-22 18:13 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/20412321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 寒さゆえ気持ちは暖かく 友との旅 >>