つらいことのりこえてね

11月に入っても尚 目まぐるしく動いています。

3日4日は久しぶりに等々力で蕎麦屋をしている娘夫婦と孫たちと過ごして来ました。
まめな方では無い私の家族は普段は余り連絡もとらずなのですが…
良く言われている…何もないのが無事の知らせと

しかし 本当は気にはなりながらも忙しさに追われて
気が付けば時間が合わず連絡も取れずが本当なのかも知れません。

a0255892_16132230.jpg

                         朝 目が覚めるとそこには
                         紅葉の高原の景色が広がりました
                         牧場でロバと馬に…気持ち良さそう…


夏以来の出会いに
孫たちが待っていてくれるのかと少し心配でしたが
玄関で顔を出し待っていてくれていました。
そして駈けより “ けいこさん… ” と抱きついてくれて嬉しかったですね。

着くなり “ お腹がすいた… ” と
蕎麦屋も忙しい時間で お昼の用意は少ししてありましたが…
そこで私の来るのを待っていたようでした。

そうめんの用意がしてありましたので一緒に作る事にしました。
お湯を沸かし そうめんを入れて茹で…ざるに移し水で洗い
孫に教えながら…
 
a0255892_16201178.jpg

                           花奈のフォトグラフです
                             中々素敵に撮れていませんか


“ ヌルヌルを取ると美味しくなるから…おせんたくするようにゴシゴシして… ”

“ わかった… ”

“ 何か他に作る? ” と聞くと

“ 花奈が作ってあげようか? ” と

“ じゃぁ 作って… ”

“ わかった… ” と冷蔵庫を開けてきゅうりを取り出し

“ かんたんだからね ” とマナ板と自分の包丁を出し 半分に切り始め…

“ 小さい方が良い…?” なんて聞かれて

“ 冷蔵庫からマヨネーズだしてね… ”

  きゅうりを切っただけの料理でしたが
  初めて孫から頂く料理として嬉しくて 早速3人で頂くことにしました。

“ いただきます ”

“ おいしい? ” と 聞かれて

“ おいしいよ! ” と

“ たくさんたべて…まだあるからね… ” と言われ本当に愛おしくて…

“ もっと美味しくなるように少し作っても良い… ” と聞くと

“ エー…いいよ… ” あまり乗り気ではなさそうな返事が
  薄焼卵を焼き ハムとを細く切りテーブルへ

“ 出汁の中に入れて一緒に食べてみて…美味しい? ” 

“ おいしい!おかわり… ”

そんな他愛もない会話が心地良く癒されて行きます。

a0255892_16273034.jpg

                    青空 紅葉 爽やかな空気の自然豊かな中で
                              気持ち良く散歩ができました


今回は久しぶりに娘達の家族旅行に一緒に…楽しいひと時を過ごして来ました。
花奈は8才 玄太は5才になりましたが 相変わらずはしゃいでは泣き…まだまだ子供
大変そうですが誰もが通る道…やはり可愛い…

2人から久しぶりに手紙を頂きました。

家族としての意味も深く 優しさと愛されていることに感激します。

花奈はホテルの備え付けのメモ紙に書いて 手渡ししてくれました。

  表書きに
   元気でね。
   つらいときものりこえてね

何でしょう…驚いてしまいます。
娘と顔を見合わせて笑ってしまいましたが
子供は神の子なのでしょうか…かないません。

今回も楽しい事色々とありましたが 
2人からの温かい手紙が最高の贈り物となったようでしした。

日々は家族と言えども色々あります…
しかし言葉なくとも理解し合える大きな存在としてあるようです。
これから又頑張る力を頂いたように元気がよみがえります。
素敵な時間をありがとう。

a0255892_16332092.jpg

                        YMらしいステージが出来ました
                         今が盛りの紅葉にも負けないほどの


4日5日は東京での展示会でした。
すでに街の景色はイルミネーション…冬のクリスマスの中へ誘われます。

6日は7日から始まるYM展の準備
中々身体の切り替えがつかないまま時間に追われて走りだし…
そのうちYMモードのスイッチが入り始めます。

a0255892_16365755.jpg

                        後染めの発色と
                        ガーゼなどの生地感に優しさを思い
                             着心地の良さを感じます


私が一番好きな時間として

今回はYMと皆様を結ぶ空間をどのように提案したいのかが身体を巡ります。
しかもDroguerieでは無くてはならない服ですから…大事です。

何時もの事 走り始めると楽しくて楽しくて…
気が付けば後もう少しの所まで進んでいます。

後は仕上げ…
此処からが勝負と気合いが入ります。
それは自分の身体がその場所の空気と一体になれば一気に出来上がります。

今回もYMさんからお手伝いに来て頂き
準備の段階で本物のYMの魂をスパイスとして頂き…一緒に仕上げさせて頂きました。

a0255892_1648365.jpg

                        マンサクの木も紅葉し始めています


秋の紅葉のように
木々たちが来年の春に備え冬支度を始める命の盛りのように色付き
しかもYMには たくましさや優しさまでを感じてしまうのです。
そこには人の思いが手仕事として丁寧にされているからかと

そんなものたちに出逢いをして頂きたい機会として…

7日初日を迎えました。
賑やかな中 皆さん楽しそうに過ごされている様子に幸せを頂きます。

するべき事のある幸せ

自分の居場所がある幸せ

感謝出来る幸せ

して頂ける幸せ

健康である幸せ…

a0255892_16431324.jpg

                   Droguerieの庭にも山茶花の季節が来ました
                     寒くなり始めるとそっと…貴重な冬の花として


そして楽しいことを まだまだ見つけ

楽しいこと まだまだしたい…

孫から教わる

つらいことのりこえて…これからも

                                      Droguerieの時間
                                             2014.11.8
by aoikusah | 2014-11-08 17:16 | 2014年11月・12月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/20361038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 友との旅 ついに終わった響き展 >>