2度目の響き展を目前に

私にとって今がこれまでの人生の中で一番の山場を迎えているように思われます。
多分することが多く自分の限界を越えているから…

1日24時間…今日のするべき事を書きだし確認しながら
それでも忘れてしまうこともあり…半端なく落ち込みますが こりないようで…

必ず朝の日課として手帳を確認するのですが
そんな時に限り確認してなくて…
昨日の整体の予約を忘れ
皆さんに迷惑をかけ…今とても凹んでいます。

早速整体への謝りの電話をいれました。
素直に “ 昨日は忘れてしまい…ご迷惑をおかけして…すみません…  ”
快く “ 大丈夫ですよ… ” と
次回の予約をさせていただき
今度は忘れないようにと 手帳に書き込みましたが不安が残ります。

何かをし始めると ついついのめり込んでしまい忘れる事も多くて
良くある事として反省しています。

a0255892_18251590.jpg

                           秋の夜長の景色の始まりとして


東京の展示会からの帰りの新幹線の中で
気が焦り 少しでもとブログを書き始めています。
東京発17時30分 “ のぞみ ” での4時間20分の旅の時間の使い方として

辺りはすでに日も暮れ
夜の高層ビルは
夜空に浮かぶ灯かりの魔術師のように幻想的…神秘的にも…

B.stuff展も終わり皆様に革の魅力をお伝えできたのでしょうか?

そして “ 響き展 ” まで後1週間となりました。

本丁蔵部も他の催事が入り準備することは出来ずにいますが
その前にすべき事…そう一番大切な段取りが山のようにあります。

その初めとして

蔵は空いていると聞き 昨日スタッフのMさんが初のお掃除隊として出向いてくれました。
その報告をメールで頂いたのですが とても力強く頼もしいと
すでに彼女はスタートを切ったかのように思えました。

しかも皆で手分けしてポスティングしてくれているようで…感謝です。

ようやく一週間後に何が起きるのか…ドキドキやワクワクと慌ただしくざわめき始め
ついに来たと言う感じとなり 緊張してきています。

a0255892_18251971.jpg

                              すすきに紅葉に秋の気配を感じ
                              もうすぐ十三夜の月に想いを


来週の20日(月曜日)から 本格的に24キロの旅が始りますが
しかし21日22日は展示会で留守をしますから
3日間でこれだけの空間を造る事に…俄然やる気が出始めています。

お陰さまで心身共にも元気だから出来る事
これも整体のお陰だと感謝しています…なのに…

大きな器材や家具などを一陣としてトラックで運びます。
そしてその日を境として最後の仕上げの段階へと…

こちらから再度確認をしなければと思っていた矢先の事
昨日 会場に活け込む木をお願いしている風花さんより 最後の確認の連絡を頂き
段取りの良さに感心…又反省をする事になりました。

ギャラリーの空間を森のように…そうすれば優しい風が吹き…
そしてその風舞う中で思いっきり遊べれば素敵と夢見ながらいます。

木と言えば
B.stuffの展示会に伺えば何時も木が活け込みされ
その空間には爽やかな空気が放され 癒される自分を感じていました。

そこで Droguerieでも使いたいと紹介して頂きましたが
偶然にも何度か伺ったお花屋さんでした。

a0255892_18281231.jpg

                             店から眺める海へと続く道に


知らずして前を通りがかり 余りにも素敵で誘われるがままに中へ…
今までに見た事の無い花や木たちの楽園のようで
都会的な研ぎ澄まされた空気感と それに勝る優しさが 程良く刺激してくれていました。

そんな風花のエネルギーがドウダンと共に届き
その同じステージで仕事が出来る幸せを
噛みしめながら楽しみたいと想いがつのります。

前回は6月紫陽花の頃でした
今回は10月紅葉の頃と秋終わりを迎えての魅力が出せればと考えています。

a0255892_18315057.jpg

                                Blogを更新する10分前の
                                外から眺めたお店です


25日26日は
TINAのフェルトとDroguerieの服とのファッションショ―を企画しています。

あまり言いたくはないのですが
恥ずかしながらモデルは…私とスタッフとで…何故って?
理由は簡単なこと
つまりTINAが好きだから 作家が好きだから…
だから出来ると思っているだけの事!

想像してみて下さい
楽しそうでしょ…ならば私も大丈夫と思われる方々で溢れそうでしょ…
しかし どうなるか幕があがらなければ私にもわからない事としてあります。

本当は人前に出るのは恥ずかしくて苦手なのに…
こんな事を言うと何時も嘘だと言われてしまうのですが…本当のこと

でも無理してでも頑張っていれば…どうにか?

しかも やるしかなく…!
何が起きるか自分でも想像できず  ひとつのドラマのように
その時には自分ではない自分がたくましくモデルを演じているのではと

それがTINAの長谷川さんから
今年の始めにお話を頂いた事への結果と繋がるからです。

a0255892_18341992.jpg

                    玄関横の植え込み
                    ブルーベリーの木の影が壁に優しく浮かび


成功への道に進むべき
成功って…まず転ばないこと
多分出来るはず…恥ずかしがらず歩けば…

皆さんにお願いがあります。
笑わないで 応援してほしいと…
そんな楽しいひと時を皆さんと一緒に過ごせれば もっと嬉しいと思います。

私も生まれて初めての事
ワクワクしたりドキドキしたりの時めく自分に戸惑いながらも
24キロの旅支度がそろそろ終わりに近づきます。

いよいよ出発の日が…
今回は2度目…どう響き合えるのかがとても楽しみとなります。

そして その日を迎えるために

皆様のエネルギーをかりながら…

a0255892_18372091.jpg

                      Nさんから頂いた沖縄すずめうりが赤く実り
                      やっと収穫の時を 
                      クリスマスに向け 天日干しされ

p.s.ギャラリーで
   Droguerieが周南に移動して 普段通りのお店として存在しています。
   25日26日は 小さなファッションショーを11時から
   25日は TINAのデザイナー長谷川雅子さんが在店されます。
   25日26日は コットンハウスAyaの代表 小原洋子さんが在店されます。

 素敵な空間でAyaの服たちとDroguerieのものたち
 そして ゲストとしてTINAのフェルトのものたちとで繰り広げる
 素敵な空間が生まれます。

  
 コットンハウスAyaについて
   Droguerieのお付き合いの中で一番長いでしょう。
   何も変わることなく25年もの月日が流れているようです。
   お互いに認め合い 小さな事までもが分かり合える友のように…今では
   しかし ここまで変わることなく続ける難しさ
   しかも 国産にこだわりながら…
   だからこそ飽きることなく今日もまた優しくそっと…
   そして小原さんや高井さんの人としての魅力に癒されています。
   

 蔵cafe
   100年の蔵にて3日間だけのカフェが生まれます。
   限定メニューとして
     秋なすの焼きサンド
     クラのデザートプレート
     和紅茶
     cafe' bonオリジナルブレンドコーヒー
       
     小さなマルシェもお楽しみ下さい。


 お庭にて
   本丁蔵部のオーナー(原田さん)の日々のお世話から
   生まれる素敵な和庭が存在しています。
   快く開放して頂けるそうで ゆっくりとお楽しみ頂けそうです。
   素敵に苔むす空間もございます。
   苔は踏まれることにより命を無くし…心あるご配慮で楽しんで頂ければ
   嬉しく思われます。


   さあ いよいよ始まろうとしています!

   一人でも多くの方々と一緒に

   30年を前に皆でワーワー ギャーギャーと楽しみたいと…

   みんな集まれドウダンの森へ…

                                       Droguerieの時間
                                             2014.10.18
by aoikusah | 2014-10-18 18:39 | 2014年9月・10月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/20299019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 響き展まで後2日 皆既月食 と ビースタッフ >>