丁度1ヶ月前

9月に入り何かと慌ただしく 秋分の日も過ぎ…もうすぐ10月を

秋分の日は 春分の日と同じく昼と夜の長さが同じになる日の事…
これから次第に日が短くなり 秋が深まる頃となります。

皆様はお彼岸の日に “ おはぎ ” 食べられましたか?
私が子供の頃には先祖供養の日として 母がおはぎを作り仏様にお供えをしていました。
そのお下がりを楽しみに頂いた懐かしい記憶ですが 今でも大好きな食べものです。

ここで豆知識として 
“ おはぎ ” と “ ぼたもち ” の違いをご存じですか。

もち米でお餅を…秋に収穫されたあずきの餡で包み作ります。
秋の頃に萩が咲く頃だから…おはぎと
春の頃に牡丹が…小豆もこし餡にしてのぼたもちとされているそうです。

a0255892_1449392.jpg

                        小道を挟むように彼岸花が満開を迎え
                        遠くにある お地蔵様まで続き


私も秋分の日 人並みにお墓参りしてきました。

行く道すがら田畑の土手や道端に朱赤の彼岸花が満開の時を迎え
秋に見る華のある景色に心地良い穏やかな気持ちで見惚れています。

最近 季節がめぐる中 旧暦のある暮らしを 大切なこととして受け止めています。
古き時代を思えば ひとつひとつに優しき心が潜み
そして向き合えば 身心ともに豊かな思いで満ち溢れていくようです。

昔の人たちは 
こうした季節の移ろいを感じながらの生活を 心から楽しんでいたのでしょう。
物ではなく風物詩からの贈り物に思いを寄せながら心豊かに暮らす…
とても素敵な事ではないでしょうか?
私も少しでも寄り添う暮らしをと望んでいます。

a0255892_14513794.jpg

                         本丁蔵部にて
                         久しぶりに立つ空間が
                         懐かしい時間をよみがえらせます


秋の高い秋空にもその事が…

夏の入道雲に変わり うろこ雲や鰯雲が青空に広がります。
鰯雲が現われれば鰯が大漁になる…などと
長い歴史の中で学ぶ知恵のようです。

そして秋魚と言えば秋刀魚
秋刀魚だけは全てが国産 天然物…安心して頂く事が出来ますね。

秋刀魚と言えば “ 塩焼き ” が定番となります。
脂がのり旨味がしっかりと
これに大根おろしとすだちがあれば絶品の美味しさに…

その他にも私の周りに沢山の小さな秋の訪れが

庭先に 母から球根を貰い植えた白の彼岸花が2度目の開花を
山椒の実は赤く色付き
メープルの木の葉は目にも鮮やかに紅葉していたりと…

そんな小さな秋を楽しみながらの日々を過ごしています。

a0255892_14543462.jpg

                           蔦が絡む窓越しに素敵な夢を見る


気付けば周南での “ 響き展 ” も後1ヶ月余りとなりました。

昨日DMが出来上がり
これでやっとスタートラインに立てました。

慌ただしい中 思いはあれども身心ともに余裕がなく集中できずにいました。

そんな中 周南に向けての思いは募るばかり
少しでも多くの楽しい事が出来ればと欲張りながら…そんなジレンマの中に

さすがに1ヶ月を目前とし…スタッフ共々緊張感がみなぎり
24キロ先の旅支度がいよいよ本格的に開始です!

2年前はただ無我夢中で
不安の中で何が起きるのか分からない状態のまま
とにかく無事に迎え終わりますようにと…がむしゃらだったように思えます。

a0255892_14555692.jpg

                                レンガ造りの本丁蔵部
                                なぜか懐かしむ気持ちが


しかし今度は2度目
少しは成長した “ 響き展 ” にしたい…
そんな八方ふさがり的な状況の中から生まれる新しい感覚や物事…
未だ知らぬ自分と出逢う事が出来ると信じています。

先日もお墓参りに行って来ましたが
いつも楽しみにしている事があるのです。

お寺までの階段を上りきった所に掲示板 ( 黒板 ) があり
そこにご住職の方のひと言が 白いチョークでほっこりとした優し字で書かれ
毎回それを読むのがドキドキするほど楽しみなのです。

a0255892_1502885.jpg

                         本丁蔵部の趣のある蔵
                         三日間だけの蔵cafe'が生まれます

今回は

“ 出来る ” は
誰もがやれば出来ない事は何もない
“ 出来ない ” は
あきらめた時から出来なくなる…

そんな意味合いの事が書かれていたと思われます。

こうして又人生の教訓を頂きました。

2度目の響き展もまた 一歩先に進む為に必要な事としてあるようです。

企画の一番の目的は
TINAとDroguerieの想像の世界の “ 小さなファッションショー ” と考えての
企画としています。

a0255892_1532858.jpg

                          生まれたばかりのTOUTE TINA
                          色鮮やかなフェルトのバックとブーツ


TINAの発信している世界で一つの物づくり…それから10年後の今
TINAから新しくTOUTE TINAが誕生しました。
この生まれたてのホヤホヤのものたちと遭遇し 
楽しい空間と時間が流れ…そして何かが起きると…

Droguerieもお陰さまで12月に30年目を迎えます。

30代で始めたお店でしたが今では60代となりこれから30年後は…?
30代は初々しく
40代ではがむしゃらに
50代では真面目に
とにかく一生懸命に走り続けて来たと振り返ります。

皆様に支えられ愛されながら
家族や周りの人たちにも多くの我慢や無理を…今さらながら沢山の感謝です。

a0255892_1555668.jpg

                     庭先のメープルが心弾む紅葉を見せ始め


とにかくDroguerieが大好きで
これから続く60代に これまで以上に楽しく頑張りたいと思いは募るばかり…

そのはしりとして
響き展に向けての1ヶ月余りの時間を一つひとつ形にしながら

3日間の舞台に向けて

夢心地のように楽しみたいと思います。

そして その先に…


p.s.                   秋ときめくAya展
                  9月26日(金)~10月2日(木)
a0255892_15465096.jpg

もうすっかり秋となりました。
朝や夜ともなると フルオーケストラによる虫の音が心地良く聞こえてきます。

ジャンルで言えば何になるのでしょうか?
バラードでもなくジャズでもなく…
昔懐かしむ心の音色とでも…
何もかもがこれから始まる心ときめく空間へと誘われているようです。

Ayaの秋冬も生まれ始めています。
そんな季節のAyaを覗いてみたいと思われませんか?
心よりお待ちしています。

※10月2日(木)まで開催しております。

                                      Droguerieの時間
                                             2014.9.27
by aoikusah | 2014-09-27 15:08 | 2014年9月・10月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/20234326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中秋の名月に 秋の草花から… >>