山と海の狭間に夢を見る

今朝は寒のもどりでしょうか?
陽は差し込んでいますが 久しぶりに冷たい朝を迎えています。

3月6日の暦を良く見ると “ 啓蟄 ” “ けいちつ ” と書かれていました。
私も良く分からなくて調べてみると
啓蟄とは陽気に誘われ 土の中から虫が動き出す事と…

この頃になると 日増しに暖かくなり始め
やはり冬ごもりしていた虫たちも目覚め 姿を現し始めているようですね。

a0255892_1683715.jpg

                      今日は広島から可愛いお客様が
                      名前はノアちゃん
                      人が大好きで 皆のお出迎えをしています


私の身体の変化も 多分この事と同じなのでしょう。
冬の間じっと耐えていた悪魔たちが コソコソと動き始めているらしく…

昔から良く耳にする “ 木の芽どき… ” でしょうか?
私はこの季節ならではの事と受け止め
早く過ぎ去れとばかりに その時を待つことにしています。

身体は全てを受け止め 正直に反応しています。

私も当然 その一人で
春のこの季節は体調を崩しますが 寝込む程の事もなく揺々と過ぎています。

そんな時 私の特効薬の一つである整体へと向かいます。

そして “ 大丈夫ですよ… ” 
その一言を頂けると 不思議と切れかけていたエネルギーが充電され始めます。

身体は疲れていても 大丈夫の安心感が私を前向きにと導きます。
身体と心のバランスが健康には一番ではないでしょうか。

a0255892_161227.jpg

                  お待ちね 春のメニュー ピタパンサンドが始まります
                  3月4月の2ヶ月限定で…


2月の末に息子たちが里帰りをしてくれました。

私もこの時とばかりにお休みを頂き 
一緒に素敵な出逢いを求めて 小さな旅をして来ました。

今回一番楽しみにしていたのは 久留米の “ ギャラリー山帰来 ” へ伺うことでした。
10年来のお友だちのお店で 私も久しぶりのこと…
Uさんの想い描く世界に触れたくて とても楽しみにしていました。

築100年の古民家の佇まいに まずゆったりと癒されます。
時を刻まれた空間は言葉にならない程の優しさがあり 時が過ぎ…

着いたのが程良くお昼時…
早速お薦めの日替わりランチを頂く事にしました。

a0255892_16155174.jpg

                    山帰来の日替わり膳を
                    身体に優しく 春を思わせるおもてなしの料理が


テーブルには 綺麗に水替えされたガラスの花器に
気持ち良さそうにクリスマスローズと菜の花が入り

そんな自然なおもてなしが素敵過ぎて…

そんな空間ですから お客様の笑顔や会話も弾み
春の陽ざしの中 皆様楽しそうでした。

テーブルの上には手書きされたその日の献立が置かれ 温かさを増しています。
その時は 椿の花が描かれていました。

目の前に膳が
器 味 盛り付けと どれもに優しさ満ち溢れ 春満載…
しかも旬の食材が上手に使われ ひと手間が伺えます。

a0255892_1618230.jpg

                   Droguerieの庭にも 土筆がたった一本顔を出し
                   春の訪れを知らせています


膳の真ん中に 摘みたての菜の花と土筆が添えられ…感動…やられました!
土筆は 出勤時に料理担当の方が見つけ摘まれたそうです。

そのお客様を思う気持ちが優しく ひとつの小鉢にまで行き届き
春の久留米の旅を一瞬にして満喫したかのようでした。

いつまでも居たいと思わせる不思議な魔力を感じます。
久しぶりに素敵な刺激を頂けて 感謝と共に頑張る意欲も頂き
最高の旅となりました。

でも その瞬間から私の中で何かが始まろうとしています。
こんなにも素敵な空間と時間を提案されている事への闘志を思うと
その何かを得たいと思ってしまいます。

多分目に見えない 肌で感じられるエネルギーのようなもの…

a0255892_16215941.jpg

                              小さなラッパスイセンの群れが
                              この一週間で見頃になり


若い2人にとっても とても良い刺激になったようでした。
ありがとうございました。

そしてもう一つ 最近のときめき…

ドゥログリーのすぐ近く 海岸線沿いにあるパン屋さん “ meli-melo ” のこと…

そのパン屋さんが昨年の春  カフェとお花やさんを併設されたと聞いてはいたのですが
中々伺う機会がなくて…

急ぎ 贈り物にお花が必要となり 初めて伺う機会を頂き 早速…
車を駐車場に止めた瞬間から ときめきが始まりました。
その時の鼓動を聞かせてあげたいくらい…

そしてお店までのアプローチに…お庭にと…
春とは言え まだ植物は枯れていましたが その名残から充分に想像が付きます。
春を待ち遠しいと思うばかりの植物たちが そこに居るようで…

そしてお店の中に…
素敵なパン屋さんが其処に…の瞬間! 次のときめきが…

a0255892_16232541.jpg

                           海に面したお花屋さんによるアレンジ


趣のある佇まいが広がり パンの香りに包まれた優しい空気が流れていました。
その奥にカフェとお花たちが 笑顔と共に素敵な空間を存在させています。

“ EVERYDAY IS LIKE SUNDAY ” 
その名前らしい花たちが並んでいます。

アレンジをお願いしました。
それが前回のブログで紹介したものたちでした。

勿論 美味しそうな香りに包まれたパンたちも求め 早速頂いてみました。
笑顔になれる美味しさがありました。
味もスゴイ!
やはり かなりのこだわりを感じます。

こんな近くに素敵な場所がある事がとても嬉しくて 嬉しくて…
もっと早くにと…後悔したりと忙しい心模様が止めどもなく繰り返されていました。

初々しく 元気な力が溢れています。

a0255892_16274666.jpg

                    春を告げるトサミズキに やっと花が付きはじめ
                    Droguerieの庭にも春の足音が…


瀬戸内の山と海ありの小さな町 室積から
小さくても大きな夢ある幸せの発信が出来ればと 改めて思う時を頂きました。

私の原点でもあるこの場所から何が生まれるのでしょうか?

楽しみは先に…

夢は大きくが私の未来へと続きます…

                                      Droguerieの時間
                                               2014.3.6
by aoikusah | 2014-03-06 16:31 | 2014年3月・4月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/19537298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春に好きなもの 春の風に >>