雪が降る

立春を迎えたその日 私は東京にいました。
夏の展示会で2泊3日の旅の途中…

一番寒くて辛いこの季節の展示会となります。
その日 東京は雪になると天気予報で…
とにかく 寒くない様に沢山着こんで出かけることにしました。

東京の冬は 無機質のビルの谷間を吹きさらす風で 一層寒く感じるようです。

こんなにも大勢の人たちで溢れている大都会の中
見知らぬ人達が 交差するほどに足早に行きかう街

その中に佇ずめど 気持ちを交わす人は誰もいない… 
寒さが手伝ってか 心までもが寂しくなってしまいます。

a0255892_19029100.jpg

                              午後7時の渋谷駅
                              大粒のぼたん雪が降り


やはり予報通り 夕方より大粒のぼたん雪が深々と降り始め
見る見るうちに雪一面の銀世界へと… 

その頃 吉祥寺の展示会場にいたのですが
隣の公園の木々の枝先まで雪が積もり 幻想的な景色となり 
どうせ寒いのならば 雪との遭遇は嬉しくもありました。

傘をさし歩いていると “ ボソォ ボソォ ” と
傘の上で積もり行く雪の精が 静かで優しく聞こえ共に歩きます。

目には大粒のぼたん雪
かき氷機の刃金から サクサクと削り落ちる優しい綿のような雪が舞い
久しぶりに見る雪に感動していました。

大きな口を開け 降る雪を食ベていた子供の頃を懐かしく思い
深々と冷え行く現実との狭間に 心の温まる景色を想います。

今や汚染された雪となり
少し悲しい環境へと…

皆さん足を止め この立春の日に降る雪をカメラで写されたいる方々が多く
この日のこの時の記念として…

a0255892_193118.jpg

                         外は冬
                         室内に小さな花壇が出来ました


そしてこの日も お友達と一緒に食事の約束をしていました。
日比谷線の恵比寿駅に6時に待ち合わせをし
少し早目の時間でしたが 寒くてホームで待つことに…

皆思いは一緒らしく
早目の集合となり そのまま八丁堀 “ 伊藤家のつぼ ” へと
予約の時間まで少し早く 駅のベンチで時間の調整を
これもまた他愛の無い話に盛りあがり 楽しい一時に…

いざ出発!
程々にお腹も良い感じに空いて来ました。

私たちが一番乗り…
ご主人の心温まる料理を堪能できる時間は 私たちを至福の時へと誘います。

a0255892_19574.jpg

                            優しいピンク色のラナンキュラス
                            香りも優しく


美味しい食事は 美味しいお酒へと…
今日良く頑張ったご褒美として…明日から又頑張る活力にもなります。

何を食べても “ おいしい ” と大きな声で言えるこの時が素敵すぎます。

旬の物や季節の先取りされた物に 手間ひま惜しまずの料理たちに
伊藤家の感性と愛情を感じ 心奪われてしまうのでしょう。

いつも満席 勿論今日も満席です。
皆の笑顔が溢れ 会話も弾み 幸せの真ん中にいるようです。
ついつい長居をしてしまいます。

又来させて下さいね…

何事も永遠に続く事はなく 楽しい食事会も終盤を迎えます。

外は 降り続いていた雪は止み 冷たい風が温まった身体を誘います。
今日も一日が心地良く終わろうとしています。

a0255892_1971989.jpg

                       優しいオレンジ色のラナンキュラスは
                       まるでバラのように美しく


2日目は “ ギフトショー ” へ

毎年春と秋の2回開催され 出展社数2400社が世界より集結しています。
感動するほど心ときめく出逢いを求め 毎回出向いています。

今回のテーマは “ 創造と発見 世界に広げようギフトの輪 ” でした。
人と人 心と心のコミニケーションのひとつとしてのギフトが
素敵な出逢いとその輪を広げる為にあると…

恥ずかしがり屋さんも 照れ屋さんも 自分の思いをギフトにして託す事で
意志の疎通をはかる事が出来るように…

その日は10時から夕方6時まで 歩き回り捜し求めていましたが
心振るわせるものに 出逢えない自分がいました。

私が世の中に 何を求めているかが大切な事で
今のままでも 色あせない魅力を感じられれば…それで良いのでしょう。

a0255892_19182293.jpg

                         コットンハウスAyaから
                         エンブレースのポーチが届きました


若い時とは違い 多くを知り行く中 そうそう感動は生まれずにいます。

もっともっとの要求に押しつぶされそうになったり…
し続ける難しさを年々重ねているようです。

同じ事の繰り返しを どのように楽しむかが今後の課題のようです。

2日目の夜は A社の方と食事をご一緒させていただきました。
其の夜も刺激的な晩餐と…

同じ目的を持つ同志のように 刺激と勇気を頂きました。

後輩の私とすれば まだまだ未知の世界を知り
するべき事も多くと思う機会となりました。

自分の経験では出逢えない世界を …
人の歩まれた時間と空間の供給を許された時に
未知の世界を覗きみ出来る喜びに 学ぶ事も大きく

a0255892_19214694.jpg

                  CERASUSのブレス
                  ターコイズ ソーダライト アイオライトの天然石が
                  様々な真鍮のチェーンに遊ばれて


自分がこれから先も 出逢えないはずの話を聞きながら
ドキドキしながら 楽しい時間を頂いたことに感謝しております。

そんな時 春の芽生えのように私の中で
小さな何かが生まれ始めているような気がしていました。

私自身もまだ見ぬ得体のしれないものが…

東京の雪の中で 心の春が訪れたようで うららかな気持ちで帰路に着き…

昨日の山口は雪となり 夕方にはすっかり銀世界へ…

今日から始まる春の企画に花を咲かすようにと
今朝は雪も止み 雪解けの滴が春の小川のように…

チュウリップ ラナンキュラス ヒヤシンスなどの春の花たちの優しい香りにのせて…

a0255892_19145442.jpg

                     エヌビュローのベージュのタフタのスーツを
                     光沢と張りが程良く 素敵に

 p.s.
   少しだけきちんとした服展
    2月8日(土)~14(金)

  やがて 暖かくなり桜の季節を迎えます。
  これから迎える様々な節目の時へと…
  少しだけきちんとおしゃれ出来るお洋服を 提案させて頂きます。
  MIYACOのレースを中心に お届けしていますが
  自分らしくある為の着こなしを 春の香りと共に見つけましょう。
  より素敵な自分と出逢うために…
  心よりお待ちしています。

                                       Droguerieの時間
                                             2014.2.8
by aoikusah | 2014-02-08 19:26 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/19439586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 雪の狭間に 冬の雨に春をみる >>