無機質な冬に

一年の内でもっとも寒いと言われる 大寒を迎えています。
この厳しい冬を忍ぶ… 春を待つための大切なひと時なのでしょう。

植物や動物たちも 万物が眠りの時へと…
優しくも 力強くも 自らが生き抜く術を長い年月を経て学んで来たように…

落葉した枯れ木も 冬の象徴ですが 私には寂しそう 可哀そうとは思えず
丸裸になれども 何時も凛々しく見えています。

自分の事を誰よりも熟知し 
その上で 我が身を守る為に葉を落とし 厳しい冬に備えます。

土の中でしっかりエネルギーを蓄え いずれ訪れる春を待つ為に…

しかし 冬の寒さの中でも芽吹き 生命の素晴らしさを教えてくれる物たちもいます。
マンリョウやナンテンの赤い実は 厳しい冬に咲く花のように見えています。 

a0255892_2012848.jpg

                                 Droguerieの庭に咲く
                                 健気な赤の山茶花の花


そして椿や山茶花も 粉雪の降る中 
黄色のめしべを見せびらかせながら 元気に咲いています。
固くしっかりとした 濃い緑色の葉に守られながら…

誰も寒い日には 家から出たくなくなりますが
健気に咲いている花たちを見ていると 挨拶をしなくてはと…ついつい庭へ

冬の景色は 零下に近い大気だからこそ神秘的にも映り
凍りつく気配の中で見せる姿に 感動してしまいます。

空は青く澄みわたり 雲を低く落とし 素敵な鈍よりの冬の空へと
不思議と癒され 感性をもくすぐる楽しめる冬の空へと…

いつの日も その時々の楽しみ方があるようです。
何故か 穏やかで優しい気持ちに満たしてくれる 冬の景色です。

寒いからと言って 何も事を起こさないのが一番悲しいかも知れません。

寒すぎて外出できない日には 家の中での楽しみ方を見付ければ良い事…

a0255892_20155136.jpg

                               薄紫色のニオイスミレ
                               スミレの香りに心は春へと

私だったら
まず 普段より少し丁寧に掃除をし 心のリフレッシュをします。
居心地の良い空間が生まれる事で 心地良い気持ちと時間が流れ始めます。

冷えた身体には 温かい飲み物と好きな音楽を聴きながら
本を読んだり 庭を眺めたり 瞑想したりの時間を過ごすでしょう。
この上ない至福に包まれそうです。

今の私には少し難しいようですが
毎日のように 朝のひと時 このような過ごし方を少しだけ持つようにしています。

私の一日の始まりに大切な時となり
“ 頑張ろう ” “ 生きている ” と思う瞬間のようにも思えます。

人は皆十人十色で 考え方も 捉え方も違うかも知れませんが
今の私が思う “ 生きる ” は
“ 生きるもの達と出逢うためにあるのでは… ” と思われます。

皆 ひとりではなく
万物と何かしら関わりながら 暮らしています。
その一つひとつと向き合う事が 人をより深く感動させてくれているようです。
その感動から 元気を頂き生きるエネルギーへと変わり行き…

a0255892_20193966.jpg

                          オリジナルレース
                          グレー地に大好きな花柄を黒一色で 


“ しあわせ ” も又 一緒だと思います。
自分がどう受け止めるかだけではないでしょうか?
良くも悪くも 二つにひとつの選択となります。

生きて行く上で 不足を思わない人は まず居ないでしょう。
ただその思いを開放出来る人は 早く幸せを手の中に掴める人かと…

例えば 庭に花が咲いています。
この事から何が生まれるでしょう。

可憐な姿を見ることから…小さくて綺麗と時めき

香りを匂うことから…ほのかに甘い香りに包まれ優しく想い

手にとって触れることから…ビロードのように柔らかくて癒され

皆に “ 見て!” と声をかけることから…みんなの歓声が生まれ

花を摘み花束にして差し上げることから…みんなに幸せを届けられ

こんなにも多くの幸せの波紋が広がります。
気が付けば こんな小さな幸せはゴロゴロと其処かしこに…

小さな花にも心があり その心と会話が出来るとすれば
人生何倍も楽しくなれそうです。

a0255892_19224631.jpg

                      オリジナルレース
                      ハシゴレースを10色の糸で楽しく 素敵に


もっと自然に触れることが出来れば 自分を見つめる事にも繋がりそうだし
その瞬間から 皆生まれ変われるような気がしています。

私たちは自然の中で共存しているのですから…

何も変わらないと思われがちな 冬枯れた庭 山々 空 太陽…
耳を澄ませば鼓動が聞こえ 小さな変化は毎日のように繰り返されているようです。

私たちと何ひとつとして変わりなく…

見つけた者の勝ちですね!
見つけた数だけ心豊かに過ごせるでしょう。

この冷たく無機質な冬の時間だからこそ
研ぎ澄まされる感覚の中で ゆっくりゆっくりと過ごすことも
冬の素敵な暮らし方のひとつでしょう。

これから迎える春を 待ちわびる準備として

春になればと心の中で想像しながら その時を待つ…

ゆっくり休息して 春の日の為に力を貯える時としても…

a0255892_20272844.jpg

                        一針の芸術 エンブレース展のDM

p.s.
 一針の芸術 エンブレース展
   1月24日(金)~30日(木)
 昨年の夏からの想いがやっと形になりました。
 まだ生地が生まれたばかりです。
 エンブレースは 一度に千本の針と糸とで織りなす芸術です。
 複雑に柄を浮き出し その姿に心魅かれます。
 自分の人生のひとつとして 何時もそばに居て欲しいと願うひとつです。
 皆様に素敵な出逢いをして頂ければと願いながら…
 久しぶりに3柄オリジナルを作らせて頂きました。
 これから始まる素敵な大人時間をエンブレースとともに…
 ひと手間かけられた本物は 心も身体も優しく包み込みます。
 この期間に一度ご覧下さい。
 心からお待ちしています。

a0255892_20313294.jpg

                                 Droguerieの時間
                                       2014.1.23
by aoikusah | 2014-01-23 20:34 | 2014年1月・2月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/19376542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冬の雨に春をみる いつ だれかが 気付く >>