今年最後の企画を迎えて

早いものですね。
12月を迎えたかと思えば ほぼ半ばと…

今年最後の企画展 “ 冬のしつらいと暖かコート展 ” も今日までとなりますが
“ ギャラリー青い草 ” が皆様に嬉んで頂ける空間へと生まれ変わり
“ いつまでもここに居たいわね… ” などと言って頂き
今年最後でもありますし 今週一杯の日曜日まで楽しんで頂くことにしました。

“ お正月のしつらい ” です。
これから迎えるお正月に 少しでもお役に立てればと
和の心地良い空間で 静かにお待ちしています。

a0255892_17353375.jpg

                        松葉とクロガネモチ 赤の水引を使い
                        小さなステージを作り


11月に入り これまでに4回の企画展が続いています。

2階のスペースも忙しく早変わり…
終日を迎えたかと思えば 2日後3日後には次の初日を迎えていました。

自分で決めた事ながら 少々頑張らなくては追いつかない程で
余韻を味わう暇もなく…

スタッフには大変な思いをさせましたが
楽しむをこの上なく満喫し得たのではと 身勝手ながら思っています。

私はとても充実し楽しかったです。

しかも 私は裏方の仕事が大好きで…
表舞台に立つよりは むしろ性にあっていると思っていますから…

小さな事を手仕事で進め作りあげて行く作業 工程がたまらなく魅力的で
又それを考える作業も大好きなのです。

a0255892_17473858.jpg

                         階段下のステージ
                         刈り取られた稲穂をあしらい


そんなに簡単に生み出せる訳ではありませんが
色々と頭の中はグルグルと 目はギョロギョロと動き回りながら…

しかも 何かを見つけようと鬼気迫る時など
挑戦する気持ちと苦しみあえぐ切なさとが入り乱れ
そこが又快感なのかも知れません。

今この時となった瞬間 つまり時間の限界まで来ると
身体が勝手に動き始めます。

まず小さな図面を描きます。
この時は まだ大まかな器材の配置です。
これまでを結集して30分~1時間位はかかるでしょうか?

小さな小さな空間ですが 皆さんの笑顔と出逢う為には
これまで以上のものを生まなければ絶対に許されない!
そんな気持ちで臨んでいます。

勿論 自分が楽しくなければ感動はあり得ないので…これが自分との闘いとなり
これが又幸せな時間となるのです。

a0255892_17494671.jpg

                      大きな壺に10本の南天を活け込み
                      迫力のあるお出迎えを


会席が終わり “ 冬のしつらい展 ” までに3日程ありました。

1日目 倉庫から道具を運び出しました。

小さな和ダンス 大きな和ダンス 畳 建具など…

2日目 レイアウトの完成までを終えて…

ここまでくれば出来上がったと言ってもいい程概要が見え始めてきます。
これまでの道のりが 自分の中では長くもあり半信半疑でもありで
やっと先が見え始め 少しの安堵となります。

3日目 ここまで来れば後は植栽を活け込み仕上げ…

新年に向けての器やお正月飾りなどでの細やか演出となるのですが
何時もの事 時間が足りず作業は深夜にまで及ぶことになります。

見て下さる方々の期待を思うと この最後の仕上げまでが気が抜けず
ひとつひとつに命を吹き込み最終を迎えます。

a0255892_1752320.jpg

                       床の間を飾る
                       冬に頂く ”ん” の付くお野菜を飾り


非日常の夢ある優しい出逢いにしたくて
皆様がその空間を目にした瞬間から響きあいたい!と願いをこめて…

毎回なのですが初日はお客様の反応が怖くて
自分の思いが伝わるかしら…など
不安でその場所に居られず いつも遠くで見守ることになります。

最近嬉しい事に 若い方に
“ お正月のしつらいが気になるようになりました… ” と声をかけて頂きます。
少しずつ大人の階段を登られているようですね。
きっと日本人のDNAが 背筋が伸びるような心地良さをもたらせているのでしょう。

和のおもてなしの心は 人に見せびらかすのではなく
気づけば “ こんなにも私の事思って下さっているのかしら… ” と
奥深きものではないでしょうか?

そして そっと気付かせるような…

そんな思いの方々が寄り添えば
まずもめごとはこの世からなくなるのではと

a0255892_17551476.jpg

                大きなガラスの器の中に
                小さなかぶと二十日大根とで おめでたい紅白に


少しずつの気持ちの持ち方で幸せになれるとすれば
相手を攻める前に まず自分を思い直す事から始めましょう。

そうそう完璧な人はいないと思うからです。

私はと言えば反省も沢山しますが この性格ですから前向きに考えて行きます。

勿論 自分も含めてですが 人の性格はそうそう変われるはずもなく…
ここまで来れば 何となく理解出来る様になりました。

つまり相手に求めるよりも 求めなくて上手に進める方法を考えれば良い事です。

私もまだまだ修行中だと思いながらです。
“ 押しても駄目なら引いてみましょう ” の精神でゆったりと行きましょう。

a0255892_1805969.jpg

                        ニッチにクロガネモチの枝を活け
                        大好きな影を作り 楽しむ


今思えば未熟さ故の滑稽な話があり…

“ 目は口ほどにものを言う… ” と聞いていました。
どうしても誤解を解きたくて でも自分の言葉で言えなくて
私は相手の目を見て自分の気持ちを一生懸命に語りかけていましたが
しかし 何ひとつとして理解してもらえず…終わりました。

自分で自分が分からなくなる時も
しょせん皆個性の塊 分かり合えなくて当り前なのかもしれませんね。
求め過ぎるのではないでしようか…

今から40年以上も前の話です。

その時の教訓は “ 思いは言葉にして伝える ” でしたが…
やはり今でも私には無理のようです。

攻撃するよりされる方が楽だと…わたしには
後は自分が思いを変えれば幾らでも楽になれるし…誰も傷つかずに終わります。

a0255892_1842914.jpg

                             新年を迎える為に
                             新しいキャンドルを添えて


今年も色々とありましたが
何ひとつと無駄な事はないと信じています。

楽しい事はより楽しく

苦しい事 悲しい事も次の楽しい事へとつながって行くはずですから…

あともう少し 皆さん頑張りましょう。

                                      Droguerieの時間
                                           2013.12.12
by aoikusah | 2013-12-12 18:08 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/19134216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aoikusah at 2013-12-18 14:04
ミチコ様
お褒めの言葉沢山にありがとうございました。こちらこそ素敵な家族にして頂き 少々恥ずかしくもあります。皆普通で ただ好きな事を頑張っている それだけの事のように思います。
これからも益々おしゃれをしながら二度目の人生を満喫したいと思います。少しだけ大人になれているはずですから今度はゆっくり優しくの道のりが良いですね。頑張りましょう!今でも身の回りで色々と事が起こります。これも生きている証のようなものだと思いながら前向きに考え今がやがて静かな波に変わると信じて時を待つことにしています。
その為には自分が楽しみ笑顔の波を起こす事だと思っています。そしてこちらこそ息子がお世話になり感謝しております。私たちも朋ちゃんの笑顔が大好きです。ずっとこのままでいてほしいと思います。大晦日には年越しそばのお手伝いに行って頂く事になっている様で 姉たちもとても感謝しておりました。私も仲良くしてくれて嬉しいです。それからお林檎とても優しい味で甘くて 美味しく頂きました。家族やスタッフにもお裾分けさせて頂きました。ごちそうさまでした。これからも宜しくお願いいたします。
<< 記念すべき100回目 無事会席を終えて >>