企画にのぞむ

11月も今週で終わりです。
“ 楽しむをいっぱい詰め込んだクリスマスと イヴに装うMIYACO展 ”
無事に迎える事が出来ました。

初日より沢山の方に見て頂く事が出来 嬉しくて…
少し早目のクリスマスを味わって頂けたこと
そこに皆さんの笑顔があったことが 一番の私の幸せでした。

ほっとしているのも束の間 気持ちはすでにに30日から始まる会席へと向かいます。

クリスマスとMIYACOの二つの企画 
スタッフ皆で作業に追われ バタバタと走り回りながら
少しずつ出来上がる瞬間に触れての 楽しい2日間を過ごしました。

a0255892_17323265.jpg

                幸せいっぱい詰め込んだクリスマス展をお届けします
                    H様から頂いた満開のユーカリの木と
                    白樺の落ち葉にて


いつも時間との戦いとなります。
勿論今回も例外ではなく 慌ただしく過ぎゆく中 後5時間…後3時間と
時間の過ぎゆく速さに追いつけず…
気が付けば 残り1時間で仕上げなくてはという状態に…

終わりの時間を決めてしなければ 永遠に続きそうです。
それまでも頑張ってはいましたが それからは倍速で身体にムチ打って最終を迎えます。

事前に構成は立てますが 同時に考えながらも進めて行きますから
思いのほか時間を費やしてしまいます。

少しずつ出来上がる過程も 楽しみながら進めています。
皆様に喜んで頂ければ…夢が届けられればとの思いから…
自分とも闘いながら 苦楽の2日間を過ごさせて頂きました。

無論 完璧ではありませんが 
自分の中では 一つの事をやり終えた充実感や達成感はあり 
ほど良い疲れが心地良さへと変わります。
しかし 身体は少々疲れ気味のようです。

a0255892_17371836.jpg

                 白いボールの中に幸せをいっぱい詰め込んで
                 フワフワと飛び行き


今回のクリスマスのテーマは “ 夢を泡にみたて… ” でした。
白い球を赤色とりどりの裂き布でリボンに結び 泡と見立てました。
その中に夢をいっぱい詰め込み
フワフワと何処までも飛び続けることが出来る…なんて想いです。

夢は子供だけの世界ではなく 私たち大人もまだまだ夢の途中なのですから…

今回のブログの中で ドゥログリーのクリスマスを紹介させて頂きます。

まずは 大人が子供たちの為に夢を
それにはまず 自分が大いに楽しむことも大切
そして 世界中の全ての人に素敵な夢を届けたいとの想いが今に

私もクリスチャンではありませんし 異国の文化としてですが
すでに子供の頃から慣れ親しんで来ている 毎年の心待ちにしている行事のひとつとして
楽しまない訳にはいかず…

それでも私は…? なんて方も
せめてクリスマスの飾りの一つでも お気に入りの場所に置いて見て下さい。
きっと夢心地に…

a0255892_17431883.jpg

                      階段の踊り場を玄関にして
                      手作りしたリースを飾り お出迎え


ドゥログリーでも 北欧のおもちゃがお待ちかねです。
どれもが丁寧に心をこめて作られ その細やかさや色合いに作り手の温もりを感じ
私たちの心までをも ふっくらと暖かくしてくれているようです。

もしこのブログを見て頂けていれば
画像を通して 幸せの泡が届けられます様にと祈ります。
そして “ 可愛い ” “ 素敵 ” なんて そんな小さな幸せがあって欲しいと願います。

これも自己満足なのかもしれませんね。
もし願いが叶うとすれば 私たちはとても幸せです。

でも 決して押しつけではなくて
すでにそれ以上に 私やスタッフは沢山の幸せを頂いているのですから…

a0255892_17464029.jpg

                     手作りされたドイツのサンタクロース
                     口から煙をもくもくと


皆さんは イブまで後1ヶ月も楽しめる訳ですから 日々頑張ってみて下さい。
楽しむ為に頑張るって 不自然な気がしますが
何事も 無理をすることから始まる気がしています。
幸せも倍増するはずですから やはり頑張ってみて下さいね。

そして 皆さま心待ちにされていたレースMIYACOとなります。

大人の装いに欠かす事が出来ないのが レースではないでしょうか?
米澤美也子さんの手がけるレースには あらゆる要素が潜んでいるようです。

貴賓高くエレガントに 乙女の様に可愛くチャーミングにと 様々な表情を見せられて
まだ気付かぬ自分の魅力を引き出す魔法のように感じてしまいます。

毎日慌ただしく暮らす中で 無意識に女性としての魅力を摸索している私たちなのでは

ゆえに おしゃれをする時 
繊細で優しい素敵なレースに包まれたくなるのではないでしょうか?
私もその一人です。

a0255892_17483828.jpg

                 MIYACOのジャケットコート
                 手刺しゅうの優しさが心まで暖かく包みます


以前は レースは大人の女性だけの装いだと思っていましたが
レースは誰のものでもなく 着たいと思われた方に優しく寄り添います。

流行もなく 世代を越えて愛され続けるレースの世界が永遠に…今もここに
当然今の私は 幸せに満たされています。

そして30日から始まる会席 “ 小春日和膳 ” に向けて ひたすら最終段階へと…
今も尚 試行錯誤している時間が続いています。

いつもの事ですが 迎えるまでは不安で一杯ですし
初日を終えるまでは緊張は解けません。

最善で臨まなければ 皆様にも食材にも失礼になる訳ですから…

今の会席はcafe' bon 3周年を迎えた時に
何か皆様にお礼がしたくて の企画が始まりとなります。
それから皆様にお声をかけて頂き 今日まで続いています。

a0255892_17555138.jpg

                          30個の夢の泡が飛ぶ中に
                          小鳥の巣を


食べる事 作る事の楽しさや 幸せを感じて頂ければ私たちは幸せです。

旬の食材を使い 五感で楽しみながら頂く料理は最高だと思います。
食事を皆で共にする歓びも…

食いしん坊の方は 美味しいものを食べている時は絶対に笑顔になります。

食文化は 私の人生の中でとても大きな存在となっています。
身体の源 
つまり 生きる事の一番大切なエネルギー元となるのが食文化だと思うからです。

今や “ 旨味 ” が味覚の一つとして 世界で注目されています。
鰹と昆布の出汁で食材本来の旨味を引き出します。

こんな生意気な事を言ったら プロの方から叱られてしまいそうですが
日本人として生まれた以上は 私の身体の中にも “ 出汁 ” が好きなDNAが
しっかりと根付いているようです。
嬉しい限りです。

a0255892_1802485.jpg

                        紅葉したドウダンツツジの木に
                        ガラスのオブジェを飾り


今はどの野菜も一年中店頭に並び 旬がいつなのか分からなくなる程です。
会席でお出しする 旬の冬のお野菜を少し紹介してみます。

まずセロリから…11月~5月が旬
 独特な香味で好き嫌いがはっきりしている野菜ですが
 江戸時代にはオランダ三つ葉と呼ばれていたそうです。
 カリウムが豊富で ビタミンCも多く
 香りの元の成分アピインは イライラを鎮める働きがあるそうです。

長いもは11~12月が旬
 長いもは 分解酵素であるジアスターゼを 大根の3倍も含んでいる
 生で食べる唯一の芋です。
 消化しづらい麦飯と合わせて食べるのも その為だそうです。
 美肌効果 老化防止 疲労回復など バランスの良い健康野菜のひとつです。

小松菜は11月~4月
 ビタミンCと食物繊維で美肌に
 カルシウムが多く 骨粗しょう症予防に効果があり
 ビタミンDを含む茸と一緒に食べると 吸収が倍増されるそうです。

知識の一つとして調べていくと 身体に良いものを沢山食べたくなります。

a0255892_17582631.jpg

                       絵画の様にアンティークの額縁に


私たちは365日 3度の食事を頂いていますが
本気で向き合うには 少々荷が重すぎるかと思いながら

これから益々寒くなり 甘みが増し 冬野菜がどんどん美味しくなる季節です。
冬を毎日元気に過ごす為にも 暖かい手料理が食卓に並び
その傍らに幸せな笑顔が溢れていますように…

私は 後少しだけ会席までの道のりを楽しむ事にします。

皆さんの笑顔と出逢うために…

                                          Droguerieの時間
                                               2013.11.28
by aoikusah | 2013-11-28 18:03 | 2013年11月・12月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/19050963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無事会席を終えて 星の数だけの幸せを >>