ただただ…

もうすぐ10月を目前としております。
つまり 今年も後3ヶ月余り…
毎年のことながら 一年の早さを痛感しております。 

これからの年末まで 自分とどう向き合うか考えながら
もうすぐ又一つ歳を重ねる現実を受け止めない訳にもいかず…

そして毎年の事ながら 今年を振り返ります。
色々あったけれど それなりに頑張っていたのではと…

相も変わらずですが 特別後悔することも余りなく
これだけでも幸せな日々だったと嬉しく反省しています。

a0255892_11352879.jpg

                                高く澄みきった青空に
                                半月の月が薄らと見え


しかし まだ3ヶ月今年も楽しめる時間が残されているとすれば
これからどの様に過ごすかで 今年の反省も嬉しい結果になればなどと…

ブログを書き始めてから 自分自身と真剣に向き合えているような気がしています。
時間に追われていたとしても 必ずこの時間はいる訳ですから…
どんなに忙しくても 時間は捻出できるものだと…

今の時代 沢山の方がブログやラインなどで自分表現をされていますが
まだその現状に付いて行けてなく…

ただ私の場合 ドゥログリーの存在を皆様に知って頂くことが第一でした。
それから 自分が不得意 苦手な事への挑戦もありで始めた事なので
文章も書けるか不安でしたし 続けられるかも不安…

不安だらけでのスタートでしたから する事に意味があり
今は続ける事に意義があると思っています。

a0255892_11392787.jpg

                          テラスに毎年顔を出すフジバカマ
                          赤と白の可憐な花を咲かせます


毎回何を書けば良いのか考えてしまいます。
そうそう日々の暮らしの中に感動する話題があるはずもなく 毎回模索の渦の中…
しかも 時間に追われ始め…
毎回こんな感じで臨んでいます。

今こうしていながらも
朝の日差しが気持ち良く 部屋の中まで優しく届き
木々もそよそよと風に吹かれ揺れています。

窓越しに木の葉影がゆらゆらと陰を落とし
小鳥がさえずり 車のエンジン音が聞こえ 行き交う様子…
秋ののどかな ゆったりとした気持ちの良い時間と空間がここにあります。

a0255892_11413068.jpg

                           テラスのブドウ棚の実りを迎えて
                           小さな房が七色に輝き


何かを見出したくて見つめている時…
しかも何ひとつとして頭に浮かばない時は とりあえず今の状況から書き始めています。

不思議な事に 手が止まることなく走り始めるのです…

しかも直接パソコンに入力する事も出来ず 
ノートに一度書き何度も読み直しながら まず文章を完成させ
それからやっとパソコンへ入力しています。

しかも つい最近までスタッフに入力してもらっていましたが
自分が決めた事 少しずつでも迷惑をかけないようにと思えるまでに…
しかし 今でも丸裸では自分でこなせなくて 手助けしてもらいながらです…

a0255892_1146650.jpg

                        昨年植えた白の彼岸花が
                        気が付けば顔を出してくれていました


最初は文章を入力するだけで4~5時間かかっていました。
今はその半分くらいに…
それでも出来る事が嬉しくて…

いつの日か気負うことなく普通に出来る日が来るのかと 心配になる程のレベルです。

ですからその時まで頑張ってみる事にしていますが 挫折するかもしれません。

お陰で字も書くし 辞書も引きます。
勉強になる事も多く まさに60での手習いでしょうか…

しかも このつたないブログを読んで下さる方がいて下さる幸せ
とても感謝しています。

a0255892_1148138.jpg

                     年末に向けて器が入荷し始め
                       和田一人作
                       七福神が描かれ 幸せがこの手の中に…


書きながら何を書いているのか 大丈夫なの…?
毎回同じ事ばかりを書いているのでは…?
と そんな不安だらけでいるのですが…

この性格です。
仕方がない これが今の自分に出来る事で終わってしまいます。

でもしている事で 少しでもどこかで皆さんと繋がっている気がして嬉しくて。
独り善がりかもしれませんね。

a0255892_11581942.jpg

                         工房 青
                           鬼と龍の平盃
                           少し小さめですが 小鉢としても


秋の気持ち良さは 高い青空と様々な雲に表されているように思われます。

昔よりこんな言葉もありますね “ 天高く馬肥ゆる秋 ” などと…
秋は空が高く澄みわたり 馬も食欲が増し肥える…
私も同じ
秋の食材は危険区域…
日々の体重のなり行きが心配になりながらも 我慢する事もなく美味しく頂いています。

空を見上げると 入道雲からうろこ雲 鰯雲 鯖雲に変わり 優しい雲が流れています。
鰯雲が姿を見せ始めると 鰯が大漁だと言われているそうです。

何ともこの国の表現の美しさに 文化の深さや愛情を感じてしまいます。
万事が相手を思い 優しく思い巡らせ 楽しむ心が潜んでいるように…

a0255892_1224639.jpg

                       宮原靖尊作
                         赤絵で描かれた花の楕円深鉢
                         年末年始の料理に


私も先駆者の方々に見習い もっと日々を楽しみ 
小さなひとつひとつを見逃さず 受け止め 受け入れながら
残り3ヶ月余りを一層楽しむ事にしたいと思います。

今日で秋のB.stuff展も終わりますが 沢山の方に見て頂きました。
本物とは何かがお届け出来ていたら良いのですが…

ドゥログリーにはいつも B.stuffは傍にいます。
これからも見ていて欲しいひとつです。

p.s.
今日はお知らせが2つあります。

① 9月28日(土)29日(日)

a0255892_12143169.jpg

                              昨年の社員旅行の思い出より

   ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが
   この2日間は社員旅行の為お休みさせて頂きます。
   私たちも思っきり楽しんで沢山のエネルギーを貯えてこようと思っています。
   宜しくお願い致します。

② 10月4日(金)~10日(木)
      Ayaと軽井沢への旅展

a0255892_1271849.jpg

   山々の景色に色を添えながら自然に語りかけ 少しずつ紅葉へと移りゆく季節です。

   今回はドゥログリーに森を創り 軽井沢の高原と化し
   皆様と一緒に旅に出かけた気分で楽しんでみたくて…
   小さなカフェテラスもご用意してご招待したいと思っています。

   4日は三鷹の森よりAyaの方が来店されます。
   より楽しい時間が流れます様に…
   心からお待ちしております。   

                                      Droguerieの時間
                                            2013.9.26
by aoikusah | 2013-09-26 12:20 | 2013年9月・10月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/18680355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 二度めの天草と南阿蘇 そして飯... 彼岸花の季節に >>