豊かな野菜と畑

梅雨が明け 本格的な夏を迎えています。
うだる様な暑さです。何か 暑さ対策してらっしゃいますか。

歩いていると ゴーヤや朝顔の緑のカーテンや簾を目にします。
昔ながらの知恵と工夫ですね。
見習いたいものです。

暑い暑いと口で幾ら唱えても 涼しくなるはずもなく
分かっていてもついつい…
この季節の合言葉の様に使ってしまいます。 “ 今日も暑いですね! ” と

a0255892_1131163.jpg

                           Tさんの畑で実った野菜たち
                           みずみずしくて 艶やかで
                           見ているだけで幸せになります


その暑さの中 先週畑の草取りに行ってきました。
とは言っても数時間ですが…
5・6年ぶりでしょうか?
Tさんとの久しぶりの再会からの話となります。

“ お久しぶりですね。 お忙しいと思ってはいましたが 心配していました ” と
すると 
“ 10年前から農業を始めて 忙しくしていて ” と

“ えっ! えっ! 農業? ”

Tさんは周南にて “ 陶千矛 ” をされています。
食文化を中心に提案され 33年を迎えられている大先輩です。

a0255892_11395469.jpg

                   朝収穫した 沢山の野菜
                   大葉は柔らかく 香りも高く
                   Droguerieのお客様へ お土産としてお裾分け


私との初めて出逢いは と言ってもTさんには勿論記憶にない事…
今思えば20才後半から 仕事を始められているその頃の出逢いです。
その時はすでに 一国一城の主でした。

器と食のお店でした。
大きな黒い柱が昔懐かしい家屋を思わせ
作家ものの器を堂々と使いこなされている事が素晴らしくて 感激した事
今でもはっきり覚えています。

奥より小柄で威勢のいい女性が現れ
お客様と大きな声でお話されていました。

その時は俗に言われている “ 遣り手 ” な方だと…遠くから

a0255892_11521182.jpg

                 夏の小さな出逢い ガラスとBag手仕事2人展
                 前日の準備の風景から


何度となく お話はさせて頂いていましたが
こんなにもゆっくりとお話したのは初めての事です。
その時に農業の話を…
10年前から田んぼや畑を始められたことなど…

やはり 全てにおいて先駆者なのだと思いました。

今でこそ農業レストラン 
そんな言葉も耳にしますが…
やはり彼女は偉人だと!!

家庭菜園ではなく 本格的な農業の規模なのです。
それを全部一人で作っていると聞き 耳を疑ってしまいましたが…

そんな時 “ 一緒に畑に来る? ” と誘われ そのまま約束!

a0255892_11554081.jpg

             今井七重作
              紬の帯や着物 ビンテージの布と皮で
              独特の世界観で作り上げているバックたちが並び始め


早朝は収穫から

場所が分からず 途中で待ち合わせをさせて頂き迎えに来て頂きました。
優しい!

車で後を追いかけながら…次第に山近くまで 緑で溢れる車窓になり
身体も心も現世から解き放されて行くかのように感じます。

国道や県道から一歩踏み込めば こんな豊かな風景があり
そこには静かで穏やかな時が流れていました。

a0255892_1231837.jpg

                    仮屋園宏道作
                     日の当たる窓辺にガラスを並べる事に
                     風 水 太陽 海など 自然をテーマに
                     独特の手法で世界観を表現


長靴に履き替えると “ 好きなだけ取って ” と
でも この畑の野菜はお客様の為に心をこめて育てている宝物に見え
では少しだけ

“ いくら取っても次々と実を付けるから大丈夫!
 野菜もスゴイ力を持っているからね ” と

そして “ 楽しいよ!! ” と満面の笑顔で。

決して自分には出来ない事 感服です。

結局 茄子 胡瓜 オクラ ピーマン 韮 大葉 かぼちゃ 玉葱と
沢山の野菜たちを頂きました。

a0255892_12552261.jpg

                       持つ人の事を考えながら追求され
                       自分の想いも詰め込まれた
                       個性的で優しい空気がそこに

夕方から草刈りに来ると…
となると 私とすれば一宿一飯の恩義があると言うか 
手伝いさせて頂く事に…

無農薬 有機栽培で育てられた取れたての野菜はそのまま持ち帰り
ドゥログリーのお客様へお裾分けさせて頂きました。
もちろん私もスタッフも…

その晩早速に頂きましたが 味も香りも濃く 柔らかで美味しくて…
その味からも 大きな優しさに触れた気持ちに。

そして 夕方からもう一度畑へと出向き草取りのお手伝いを
夕方5時はまだまだお日さまは高くて そんな中より夕暮れまでの時間を
日々されていることに頭が下がります。

a0255892_12121266.jpg

                    一つひとつに名前が付けられています
                    流氷 月の街 木漏れ日 種 天の川など
                    そこに 作り手の気持ちが寄り添う

聞けば私と同じ歳

これからもまだまだ続く長い道です。
身体を大切に いたわりながら 楽しみながら 
ゆっくりと…と願います。

久しぶりに長靴を履きました。
そして畑へと…
私には新鮮で楽しい時の過ごし方でしたが これが日々の暮らしの一部だとすれば 
やはり偉大で素敵な方ですね。

お互いにまずは身体が資本です。
健康に気を付けて 余り無理せずマイペースで!

美味しいお酒も 一日の終わりに感謝して…

乾杯!

お疲れさまでした。

a0255892_12175783.jpg

                         作業も終盤にかかる頃
                         気が付けば 外は芸術的な日暮れ時に
                         雲にかかる夕日と青空に浮かぶ月
                         仕事の合間のご褒美を頂きました


今回の経験は私にとって 久しぶりに味わう甘酢っぱさと刺激的な味でした。
まだまだ高鳴る感動を覚えている事が嬉しくて

やはり還暦を迎えてから生まれ変わっているかのように 新しい出逢いを頂いています。
これからが又楽しみと…

                                     Droguerieの時間
                                         2013.7.19



 
by aoikusah | 2013-07-19 12:29 | 2013年7月・8月 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/18082014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aoikusah at 2013-07-20 14:56
アオシマミチコ様

こちらこそご無沙汰しています。
久しぶりのメール ありがとうございました。
嬉しく拝見しました。
ここなちゃん 朋ちゃんがメールで写真を送ってくれました。
お目めが丸まるしていて 愛くるしくて…
これからが又楽しみですね。女の子ですから…
引越しされたそうですが この歳になると憧れます。
快適な様子に 少し羨ましいですね。
今の我家は 草原の様にそよそよとなびく程の草たちです。
見て見ぬふりが 随分上手になりました。
それもまた良しとして…
一足お先に還暦を迎えてしまいました。
先日 孫たちと遊園地に行きました。その時の事です。
入場券を求める時に 60歳以上は割引きになっていました。
思わず そのままでと反抗したくなりました。
しかし これが現実ですね。
自分だけがいつまでも変わらず若いと 勘違いをしているのでしょうか?
でも 第二の人生の始まりですから良しとしましょう! 
まだまだこれからです。
また機会がありましたら ご一緒したいですね。
遅くなりましたが いつも息子がお世話になりっぱなしで ありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。
この暑さお身体お自愛下さい。
<< 夏のさりげない暮らしの中で 黒い手帳 >>