会席を終えて さらに次が

昨日 初夏の会席 “ 風薫る膳 ” が
皆様に喜んで頂きながら無事終了しました。

毎回の事ながら 試作からの一ヶ月間はドキドキしながら時を過ごしています。
献立を決めてからも 本当に良かったのかなど不安がつきまといます。
その時は “ これでいい ” と決定のはずなのに…ついつい考えてしまいます。

しかも 今回はイベントと出張と時間に追われていましたので。
全てに余裕が持てない事への精神的な焦りに 潰されそうでした。
しかも自分での段取りですから やるしかない!!です。

a0255892_1485545.jpg

                           お客様より頂いた可憐な花たち
                           心と身体を癒してくれます


スタッフにも沢山無理をさせてしまう結果に。
なのに 皆とても頑張って応えてくれています。

私もお客様に喜んで頂き その時の笑顔と出逢いたいと思ってしています。
自分たちがしている事で 少しでも幸せのお裾分けが出来ればと。
多分スタッフも 私の気持ちと同じ思いで一緒に頑張ってくれているのでしょう。

a0255892_14133336.jpg

                 風薫る膳
                   食前酒
                    雪の下(薬用とされている)を一ヶ月浸けこみ


まず私が楽しんでする事が一番!!
そうすれば スタッフも笑顔で楽しむ事が出来るはず。
つまりはDroguerieのお客様も楽しんでくれているはずですから…。

今回も大きな笑い声や 楽しそうなおしゃべり 笑顔と沢山出逢う事が出来ました。
食べる事が大好きな私とすれば 自分たちが料理したものを皆様に食べて頂ける
しかも “ 美味しかったです ” なんて言われたりすると
単純ですから天にも昇るくらい うれしくて うれしくて…。

a0255892_14394255.jpg

                     先附 ほうれん草のオレンジグラニテ掛け
                     お造り 地物の鯛の昆布じめと蛸


私たちの方こそ感謝の気持ちで一杯になり
“ こちらこそ ありがとうございました ” の気持ちに。

しかも お客様よりプレゼントを頂いてしまいました。
来て頂くだけで嬉しいのに…

a0255892_1446477.jpg

                       膳 
                        夏の走りを使った食材で身体に優しく


ご自分で丹精込めて育てられている花をブーケにしたり 枝ものだったりと。
そして 初めてのプレゼントとして
“ 今釣ってきました ” と クーラーボックスから鯵や黒鯛など
しかも まだ若い女の子たちから。

“ 来る前に室積の波止場で ”
“ 今日は大漁でした… ” と。

そして会席の後 “ ゆっくりして帰ればいいのに… ”
“ これから魚をさばかないといけないので 今日は帰ります ”

a0255892_14221475.jpg

                    それぞれの食材たちが
                    美味しい形へと姿を変え 出番を待ちます


こんな会話が女の子たちと出来る事に驚きます。
頼もしくて この地に住む事を当り前の様に理解して 楽しんでいる様子に
“ 素敵 ” と大きな声で叫びたくなりました。

私の憧れる自給自足を楽しみながらこなしている事に
スゴイ大きなパワーを感じてしまいました。
この子たちのこれからが楽しみです!!

a0255892_14251660.jpg

                      地物の鯛が 利尻の昆布に挟まれ
                      熟成され時を待ちます


こんな風に皆様と一緒に楽しむ事 している事で
今まで遭遇出来なかった事が目の前に現れます。

頑張っているからこそ 神様が色々な出逢いを下さったり
もっと楽しみなさいと言われている様にも思えます。
結果 自分自身が一番幸せの渦の中にいる様ですね。

a0255892_14281560.jpg

昨日終わった 初夏の “ 風薫る膳 ” を第三回目の料理教室として
少しだけお伝えしてみます。


a0255892_14302285.jpg

① 胡麻豆腐

   昆布だし 550cc
   葛粉 50g
   白練りゴマ 50g
   塩 小さじ1/3

 1.冷ました昆布だしに塩を入れ 白練りゴマを少しずつ溶かす。
   その後葛粉を混ぜ 溶かしてから弱火にかけ とろみがつくまで混ぜ続ける。
 2.もったり固まり始めた所で 型に流しいれる。


a0255892_14312924.jpg

② わかめのきんぴら(2人分)

   生わかめ 100g
   生姜 1片
   赤唐辛子 1本
   ごま油 大さじ1
   醤油 大さじ1強

 1.わかめは洗って水気を切り 食べやすい大きさに切る。
 2.生姜は薄切りにしてから千切りにし 赤唐辛子は種を出す。
 3.フライパンを熱してごま油を入れ 生姜と赤唐辛子を炒め
   香りが立ったらわかめを一気に加え強火で炒める。
 4.鍋肌から醤油を加え よくからめる。


a0255892_14321699.jpg

③ 夏野菜の塩昆布ポテトサラダ(4人分)

   じゃがいも 2個
   キャベツ 3枚
   グリーンピース さやから出した物1/2カップ
   塩昆布 細切り5g
   マヨネーズ 大さじ3
   オリーブオイル 大さじ1
   こしょう 少々

 1.じゃがいもはさいの目に切り ひたひたの水を加えて茹でる。
   熱いうちに粒が残る位に潰す。
 2.キャベツは5㎝位に切り さっと湯通し(シャキシャキ感を残す)し 固く絞る。
 3.グリーンピースは塩を加えた熱湯で固めに茹で 冷水に取り水気を切る。
 4.材料が冷めたらボールに入れ マヨネーズとオリーブオイル こしょうで味を調える。

a0255892_1454184.jpg

                 デザート
                  パウンドケーキをフルーツでデコレーションし
                  キウイの砂糖漬けを添えて


どれも簡単ですが美味しいです。
作ってみて下さい。
旬の香り高く 素材の味が楽しめるメニューです。

それから今週末 6月1日(土)から “ 響き展 ” がスタートします。
休む間もなくの企画ですが Droguerieの館全体がどの様に響いてくれるのかが
とても楽しみです。

後4日でどこまで楽しむ空間が出来るかは 私自身も未知数…。
今このblogを書きながらも 頭の中の整理整頓が全く出来ずにいます。
今思っている事は まず不可能な事なので それをどこまで近づけるのかが…。

後4日間と思いながらも 後3日と12時間…。
確実に時は過ぎて行きます。
30日には 東京の “ 風花 ” さんよりドウダンが届きます。
ドウダンの森で 皆様をお待ちしております。

a0255892_14181010.jpg

                       花ちゃんより 心暖まるお花を頂きました
                       いつもありがとう
 

ひとりの小さな出す音色が
皆様の心にどの様に響き共鳴し合えるのか とても楽しみです。

その日まで その時を夢見て…。

                                    Droguerieの時間
                                          2013.5.28
by aoikusah | 2013-05-28 15:00 | 2013年5月・6月 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/17858556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-06-01 21:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-02 21:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 二回目 響き展を迎えて 昔懐かしむ時 >>