昔懐かしむ時

先週に引き続き 今週も火・水曜日と東京でした。
この時期 展示会のラッシュです。
時めく秋を迎える為に ファッション界がうごめいています。

私としては流行を意識している訳でもなく ただシンプルで着やすくて
それでいて今の自分をより素敵に時めかせる要素を
持ち合わせている服との出逢いを求めているだけなのです。

今回は 久しぶりに息子たちと一緒に。
若い人と一緒だというだけで 会話が弾みます。
日常会話に花が咲きます。
昔を懐かしむように…

a0255892_14485086.jpg

                       今のDroguerieの玄関戸は
                       風の通る道として 開け放されています
                       さわやかな風がテラスへと


“ 若いっていいわね… ” から始まり
私の大好きなKIさん(手編みニット代表 石田和江さん)にて
思いのほか昔話に花が咲き始め ついつい長居をしてしまいました。

石田さんがKIを立ち上げて30年になるそうです。
私もほぼ同じ
勿論KIさんの方が少し先輩ですが お互いに 
“ スゴイね!! ”
“ 30年も続けてこれた自分たちを褒めたいね ” って。

若い時は無我夢中で突っ走る事が出来ます。
エネルギーがピカピカっていうか 体力がありますから。
怖い物もなく ただ一生懸命に頑張る感じです。

しかし30年も続けてくると 立ち止まらずして繰り返す難しさを学んできます。
より深く追求するように…。

a0255892_185717.jpg

                      ベビーバスの花壇の植え替えをしました
                      ハーブを中心に香り立つガーデン
                        ロベリア ペラルゴニウム ハニーメロン
                        スーイートハーブメキシカン 斑入シレネ

これもした!
あれもしてきた!
これから一体何をどうしたらいいの!
このままでいいの!
って迷える子羊の様に悩みながら 格闘が始まります。

そして次第に時間に追われる様にもなってきます。
自分に対して多くの課題をかせているのでしょうか。

そして その頃の流行りの雑誌(ポパイなど)で紹介されている
自分の手がけた作品たちのファイルを見せて頂きました。
小引き出しの中は 30年に渡るゲ―ジの宝の山で溢れていました。

a0255892_18561250.jpg

                      玄関からの風が テラス席へ通り抜け
                      この時期だけ楽しめるオープンカフェ


細やかな技法や多色の組み合わせに 私の知るKIさんのニットとは全く別物
とても初々しく新鮮でした。
そこには 何も語らずしてエネルギッシュな若さを感じてしまいます。

石田さん本人も “ よく頑張っていたわね… ” と。
でも そんな作品を今の石田さんが手掛けるとすれば
どんなニットが出来るのか すごく興味が湧いてきます。

石田さん自らも “ また作ってみようかしら! ” なんて…
“ 見たい!! ” と思わず。

そんな楽しいひと時を若者たちと一緒に。
いつか実現する時を楽しみに待つ事に。

a0255892_158869.jpg

               久しぶりにYMのお洋服を紹介してみます
               その1
                 今のヤッコマリカルド 白のピンタックのシャツ
                 手仕事の技が優しく主張しています


そしてYM(ワイエムファッション研究所)へ…。
YMもまた 今年で35年を迎えています。
YMとのお付き合いも かなり古いです。

正直 当時はとても難しい服に手こずっていました。
今となれば 故に楽しく着こなすを学べた服だと思いますが。

ピンタックシャツに始まり 多色の染め 独特のスタイル
そこに大きな壁が立ちふさがり 越える事が出来なくて…。

a0255892_1510430.jpg

                      その2
                        ヤッコマリカルドの妹 ジュディ
                        少し小ぶりで 可愛くオシャレ


そんな時 ヤッコさん(ヤッコマリカルドの代表のお一人 ハヤタヤスコさん)より
“ お話があります。少し時間頂けますか? ” と。
思わず “ はい!! ”

その時 一時間位でしょうか 手取り足取りで教えて頂きました。
鏡の前に立ち 今まで無理だと避けて来た数々の服を着せられ
“ ほら素敵じゃない。よく似合っているわよ… ”
と言って下さっていましたが 鏡の中の私は その時はまだ納得してなくて。

でも それからですね
YMがある程度自信を持って着られるように成長したのは。
とても貴重な時間を頂き 感謝しています。

今回ヤッコさんと出逢い そんな話をさせて頂いたら
“ 私もその時の事 よく覚えていますよ ” って。

a0255892_15181889.jpg

                      その3
                        ジュディのワンピース
                        シフォンの様な薄めの綿素材で
                        着こなしが色々と楽しめそう


それから皆さんに とてもうれしい報告です。

7月に真夏のYM展をする事に決定!!
しかも35周年という事もあり Droguerieにて楽しい企画をしましょうという事になり
ヤッコさんが来店される事になりました。

ですから その日はYMの好きな方 皆集まれ!!ですね。
せっかくのご好意から生まれた機会ですから
ヤッコさんの35年の歴史あるファッションについて色々と語り合いながら
ヤッコさんの魅力に迫ってみませんか?

そして 直接レクチャーを受けて下さい。
ご本人も “ とても楽しい企画にしましょうね ” とおしゃっています。

営業の方より
“ 夏の企画にヤッコさんにDroguerieへ行って欲しくて ” と提案されましたが
本当に来て下さるのか不安でした。

でも この度ご本人より
“ 一緒に楽しみましょう 何をするかはこれから色々考えましょうね ” と笑顔で。
YMと本気で向き合ってきたご褒美でしょうか。

a0255892_1522532.jpg

                その4
                  爽やかな紺のワンピース
                  ミヤコのエメラルドグリーンのストールを巻き
                  ショートブーツを履き さっそうと


YMは独特の世界を持つ服だと感じます。
手仕事で作られるピンタックのシャツは 総ピンタックになると
一枚のシャツが出来上がるのに 丸一日24時間かかるそうです。
しかも 熟練された技術のもと 感覚だけで縫われています。

そんなエネルギーを持つシャツを 自分の手にする事が出来るのは
やはりすごい事です。
着るだけで自信に満ち溢れます。

私にとっても オシャレに不可欠なもの 元気になる素でもあります。
これからも 私の傍にいつも一緒にいるでしょう。
生涯現役でいるために。

a0255892_18584995.jpg

                    寄せ植えの中のひとつ ペラルゴニウム
                    名前はディアウッド・ラベンダーラス
                    可憐なピンクの花が咲き続けます


25日(土)より三日間 風薫る膳の会席が始まります。
初夏の風がさわやかに吹くといいのですが
私も後二日 その日に出逢える時を楽しみにしています。
本番は一度だけですから
皆様と一緒に風の中へ。

そして一週間後は “ 響き展 ” へと続きます。
皆様と一緒に どんな音が鳴り響くのかもまた 楽しみのひとつとなります。

こうして時は過ぎ 優しい時を刻んでいます。
ひとつでも素敵な思い出 頑張ってこれた思い出を
またいつの日か昔話として語り合いたいと願います。

                                     Droguerieの時間
                                         2013.5.23
by aoikusah | 2013-05-23 15:29 | 2013年5月・6月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/17831110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 会席を終えて さらに次が 2泊3日の旅の行方 >>