2泊3日の旅の行方

この最近とても気持ちの良い日々が続いています。
ほんの少しの間ですが 天然の風だけで気持ち良く過ごせる季節となりました。

天気の良い日は カフェスペースのテラス側の扉を開放し楽しみます。
Droguerieが最も気持ちの良い季節を迎えます。
まだ虫も少なくて…。
そのうち いろんな虫たちで賑やかになるでしょう。
それはそれでまた 田舎の暮らしのひとつとして…。

そして この季節だけ楽しめるカフェテラスです。
私たちも時間に余裕がある時は たっぷりと楽しみます。
庭のハーブを摘み アフタヌーンティーを頂きます。

a0255892_199251.jpg

          市之倉さかづき美術館にあるRagenを紹介してみます
                         その1
                           コンクリートの打ちっぱなしの館
                           看板がまず…らしく


なんとも癒される時間の過ごし方となります。
小さなスペースですが 自分たちが手を入れた庭の草木の緑を愛でながら…。

鳥が鳴き 時折かえるの声も聞こえて来たりと
耳にする音からの季節も また趣きがあります。

今は田植えを終えた水田が初々しくて…。
秋の黄金色の稲穂の収穫を迎えるまでの変わりゆく様も これからの楽しみ
田舎ならではの日常に見る事の出来る風景ですね。

庭木の紅色のアカシアの木も 一ヶ月余り満開を楽しませてくれていましたが
今は毎朝 花びらのお掃除に追われています。
“ お疲れ様 来年もまた宜しくね ” と伝えながら。

a0255892_19152941.jpg

                       その2
                         木漏れ日の下を通り抜けると
                         Ragenの世界が広がります


我家はエゴの木の下が 白い絨毯の様です。
今も尚甘い香りをたたえ 蜜蜂たちで賑やかです。
後もう少し楽しめる様です。
季節の移りゆく早さを思います。

気が付けば 山ぼうしの木も白い花を付け始めています。
そして シュンランも花が咲き
我家の庭も すでに初夏の花へと様変わりしています。
風薫る季節から水香る季節へと巡ります。

a0255892_19175017.jpg

                       その3
                         無機質なコンクリートと
                         窓から差し込む光と影
                         素敵な空間を作り出しています


水が似合う花といえば そう紫陽花です。
私が6月生まれという事もあり 特に愛しく思ってしまいます。

梅雨時に咲く花 雨に合うとさらに生き生きとして艶やかな色を放ち
私の心にまで色彩やかな潤いで優しく満たしてくれているようです。
梅雨時の晴れ間のように…。
これからが楽しみですね。

豆知識として 紫陽花は草の様にも思えますが
日本原産とされる落葉低木なのです。

a0255892_19221817.jpg

                       その4
                         小道を渡りテラスを抜けると
                         そこはカフェスペース

今週2泊3日と出張でした。
昨夜戻りました。
勿論 秋冬の展示会です。

急に東京では夏日を迎え その中で見るウールたちは少々気難しく思えていました。
しかし 素敵な出逢いを沢山頂きました。
皆様とのご対面には もうしばらく先の事になります。
楽しみにしていて下さいね。

1日目と2日目は夕方まで東京で
3日目は多治見のRagen(ラゲン)が発信しているお洋服を求める旅へと。

この旅は4人のお仲間との珍道中で とても楽しみながらお仕事が出来ました。
皆様ありがとうございました。
そして いつもながら皆様のパワーを充電させて頂きました。
重ねてお礼でしょうか。

a0255892_19345635.jpg

                       その5
                         扉を開けると
                         アンティークの家具が置かれた
                         大人なカフェスペースが


まず多治見のRagenにてお洋服を選びました。
デザイナー大窪京子さんの独特な世界を感じる服たちです。
とてもエネルギーを頂ける服といったら良いのか…。

そしてもうひとつの目的は この春新しいお店をOPENされました。
その方の世界観がとても興味深く
是非訪ねたいと思っていたのでワクワクして行きましたが
やはり裏切らずに素敵な空間がそこにありました。

市之倉さかづき美術館 敷地内に佇み 彼女が生み出す館を感じました。
そんな彼女が作るお洋服たちは どれも魅力的!!
私も大好きな服の一枚でしょう。

この度のお洋服が近日入荷します。
着心地良い素材 ベーシックカラー 個性的なデザインはバランス良く
一度出逢ってあげて下さいね。

a0255892_19293100.jpg

                         その6
                           二階の雑貨スペースより
                           テラスを眺め

館は服 雑貨 カフェとで構成されています。
池のほとりにあり 緑の木々達に囲まれ 雄大な風景の中に佇んでいます。

勿論カフェでランチ カレーを頂きました。
五感を楽しませてくれる味となっています。

光 風 水など 身体が求めて止まない目に見えずして癒されるものたちが
とても近くに感じました。

そしてRagenを後にし 三重のお友達のお店
津市にある “ 黒板や ” へと。

初めて伺う地です。
噂に聞いていた田んぼの中にあるお店
本当に噂通りで
小道に入ると “ エエー!! ”
さらに “ エエー!! ”
と くねくね曲がりながら田んぼの中へ。

a0255892_1932657.jpg

                      田んぼの中に立つ古民家 黒板や
                      自然と共にゆっくりと時が流れています


田植えを終えた水田が広がり 随分緑深くなり そよそよと風に吹かれていました。
なんとも気持ちの良い景色が広がります。

その日はちょうど定休日でしたが お姉様に出迎えて頂き
ゆっくりと楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
やはり その方々の人柄が伝わってきます。
人に優しい気配りの行き届いた素敵な空間がありました。

田んぼの中の一軒家です。
そう!! 逆に捜す楽しみもありそうですし 見付けた時の喜びを思うと最高ですね。

また一緒に旅させて下さいね。
ありがとうございました。

この2泊3日は 多くの事を学ぶ旅をなりました。
その地へ行き その空気に触れる事は とても大切な事。
その思いがあるから この場所を選びます。

Droguerieも この地で今この時を皆様と一緒に楽しむ為に
日々過ごしています。

小さくてもいい ひとつでもいい そんな幸せを見つけて欲しいと願います。
そして 皆様の力を借りながら…。

                                    Droguerieの時間
                                        2013.5.17
by aoikusah | 2013-05-17 19:38 | 2013年5月・6月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/17801879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 昔懐かしむ時 懐かしくAyaを思う >>