桜の下で遊ぶ子供たち

月曜 火曜と東京でしたが 寒の戻りでしょうか
急に寒くなり 桜ももう少し先まで楽しめそうです。

月曜日に 久しぶりに娘家族と一緒にお花見を計画してくれていたのですが
あいにくの雨でした。

夕方より雨があがり 近くにある砧公園に行きました。
広々とした公園で この寒さで桜も満開のままで美しく。
樹齢400年もの桜たちが雄大に優しく迎えてくれました。

a0255892_18354958.jpg

                           雨上がりの砧公園の桜 その1
                             桜の優しさに そして大きさに感動


子供たちが遊べる遊具もあり
とても楽しそうにキャーキャーと走り回り 戯れながら
洋服が汚れる事など関係なく グシャグシャになりながら大はしゃぎでした。
見ていると私も一緒に寝ころびたい程でしたね。

何でしょうか 大人はついつい後の事を考えると残念な結果を出してしまいます。
でも 子供たちが楽しそうにしているのを見ながら 私も気持ちは一緒に遊んでいるのでしょう。

桜を愛でながら散歩し
子供たちは椿の花が落ちていたのを拾い始め 手に持てる限りを持ち
“ 家へ持ち帰り水に入れてあげるの ” と言いながら
私の両手をも広げさせ “ 一緒に持って ” と言われて すんなりと了解し…。
結局 ビニール袋に全部入れて持ち帰りました。

そして水に浮かべて飾りましたが 
子供たちはその瞬間はとても楽しく想像をしているのでしょうが
家に帰った頃には忘れており それ以上に夢中になるものが出てくると
すっかり花の事など忘れてしまっています。
可愛いものですね。

a0255892_1842623.jpg

                            雨上がりの砧公園の桜 その2
                              この木なんの木…
                              こんな桜 初めてです


かと思うと “ あの椿はどうしたの? ” って突然言ってみたりと
あれもこれもと大忙しです。

はしゃぎ過ぎて叱られて 叱られて泣いて
泣いたと思ったら笑ってと
尽きる事のないエネルギーを 今日も目の当たりにし
子供たちにはかなわないと思いました。

子供の様なエネルギーが今の自分にあるとしたら
今の何倍も楽しむ事が出来るでしょうか。

しかし 無理な事です。
だから大人は 体力より少しずつ知識力を身に付けながら
頭脳で頑張り バランスを取っているのでしょう。

とすると もう少し頭も鍛えなければ
子供たちに負けています。

身体が小さいだけで判断して 子供だからと決めつけているのではと
反省してしまいます。
本当は大人以上に相手に対しての思いを持っているにも関わらず
表現力がまだつたなく 上手に伝えられなくて喧嘩し 泣いてで終わってしまう…。

a0255892_18444920.jpg

                            雨上がりの砧公園の桜 その3
                              手が届く所まで桜が咲き


でも こんな繰り返しが大切なのでしょうね。
人と人とのコミュニケーションの取り方 関わり方を学んでいるのでしょう。

子供に学ぶ事の多くで 大人のエゴを感じてしまいます。
そして 大人の理不尽で抑え込んでいないかと反省してしまいます。

それも この私の年齢になれば分かるのですが…
子育てには手遅れ…。
だから 昔の様に何世代もの家族が一緒に生活する大切さもあったのでしょう。

孫 子供 親 祖父母と
誰かがすぐ傍にいて助けてくれる。
勿論 多くの一長一短があるでしょうね。

私も親から叱られる前に 祖父母より叱られていました。
躾ですね。
親は日々の生活で精一杯で 時間的にも精神的にも余裕がなく
子供の言う事に耳をかせなくて。
今思えば心が痛みます。

a0255892_18462019.jpg

                          雨上がりの砧公園の桜 その4
                            見上げれば空に届くばかりの
                            満開の桜


その時その時代で 家族の在り方も様々でしょう。
でも どんな状態であっても 互いに愛する事が出来れば
家族としての絆は生まれてくるはずです。
頑張りましょう。

2日目は展示会へ エバム エバ と ヴラスブラムへ…。
そして ゆっくりとひとり時間を楽しみたくて
お昼を原宿 松原庵 “ 欅 ” で頂きました。
前菜と季節の蕎麦を頂き とても美味しくて…大満足でした。

ビルの4階にあるのでエレベーターで…。
私の様にひとり客が 玄関で帰りが3人一緒に重なりました。

その時最後が私だったのですが 20代前半の男の子が
エレベーターを “ 開 ” にして待っていてくれたのです。
若いのに心配りが出来るのに驚きました。
 

“ ありがとうございます ” と言って駆け込みました。
出る時も一緒です。
私たちが降りてから自分が…。

a0255892_18485880.jpg

                         雨上がりの砧公園の桜 その5
                           一本の木より 
                           白 ピンク 赤の八重の桜が咲き


素敵な若者がいる事に感激しました。
自分さえよければいいのではなくて…。

やはり年齢には関係なく 出来る人は出来るのですね。
何事も 出来る人と出来ない人は何が違うのでしょうか?

本当は一緒だと思います。
ただ少しだけ心に余裕があるかないかだけではないでしょうか。

私も桜に負けず 皆様の心に響けばと思いは募ります。
そして その夢に向かって桜の様に
いつか気が付いてくれる時が来るまで 一歩ずつ前へと…。

                                     Droguerieの時間
                                          2013.3.28
by aoikusah | 2013-03-28 18:53 | 2013年3月・4月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/17525502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おしゃれは元気の素です 桜 そして続く道 >>