吉祥寺で見付けたもの

一年の中で最も寒い この季節です。
春の足音も少しずつ感じながら…
やはり 三寒四温がしばらく続きそうな日々です。

2月に入り 5日6日7日と東京へ展示会で行ってきました。
またもや大寒波の時
これも私との相性でしょうか 今年はついています?!

勿論 しっかり着こんで行きました。
しかし 期待する程寒くもなく安堵しました。

a0255892_11542977.jpg

                        今日のDroguerieの風景 その1
                        寒さと春の狭間に咲く ビオラ達


今回は盛夏の展示会とギフトショーへ行く事が目的。
そして素敵な刺激を求め 出逢う事が私の使命でしょうか?
自分を奮い立たす事は 常に心の中にある事ですが
東京とはいえ早々あるはずもなく…。

6日は大雪の予報で 電車が7割しか動いてなくて大混乱でした。
その中 晴海のビックサイトまで私も頑張り いつもの倍の時間がかかり到着しました。
駅のホームから階段の下まで人があふれる状態で
行列 行列でしたが 皆さんお行儀よく並ばれてトラブルもなく…やはり感心しました。

ギフトショーは日本全国より 今日の日の為に来場されている人達であふれています。
会場に入り 時間のある限り歩き 何か輝く物と出逢いたいと思うのですが…。
5年前 10年前 15年前 その頃の様に感動しない自分がいます。

a0255892_11571946.jpg

                     風景その2
                     地植えのヒヤシンスが今年も顔を出し始めました
                     ようこそ


以前は何を見てもときめいていた様に思うのですが…
ただ物として見てしまえば 同じ繰り返しの物ばかり…。
そこで終わってしまうのです。

人が時間を費やし経験を重ねてゆくと とても複雑に…
勿論 良い意味です。

若さという未知数である世界は 全て楽しく幸せを実感出来ます。
一旦それを通り過ぎると より深く内面的に考え感じなければ満足しなくなります。
人はより深く追求してゆきます。
今の私がときめく瞬間は…

a0255892_1202338.jpg

                         風景 その3
                         ニオイスミレが
                         優しくベビーの小物たちに寄り添い


7日 吉祥寺にて展示会がありました。
今 東京で一番住みたい街だそうです。
理由は 老いも若きもが楽しめる街
そして駅周辺1キロ内に満たされる物が全て揃っているのだそうです。

可愛い雑貨屋 おしゃれなカフェ お洋服 美味しい食事処
勿論 井の頭公園の様に自然もいっぱいあります。
やはり都会ならではでしょうか?
需要と供給のバランスがとれているから成り立つ事です。

田舎には田舎の良さがあります。
逆に人口が少ない お店が少ない…
無いからこそ見つけた時の希少価値は感動に値します。

a0255892_1233672.jpg

                          風景 その4
                          これからの季節 小さなガラスたちが
                          庭先の花を添えながら


でも 都会でも素敵なお店となると やはり捜しても早々ある訳でもありません。
自分を満たしてくれるとなると 難しいですね。

その日は吉祥寺にてお昼を頂く事にしました。
“ 多奈加亭 ” という老舗です。
吉祥寺のTというメーカーさんで この辺で美味しい所を訊ねた所
紹介して頂いたお店です。

a0255892_1262523.jpg

                     風景 その5
                     Droguerieは春一色になっています
                     アヤのスカートにも ミモザが満開になりました             


老舗らしく重厚で趣があり ゆったりと時が流れています。
今回はカウンター席に座りました。
不動の人気メニュー 多奈加亭サンドのランチを頂く事にしました。

カウンターの中で手際よく飲み物を入れられている姿に 見とれてしまいました。

陶器が優しく音をたてています。
湯気が優しく立ち込めます。
手は目線と共に かろやかに動きます。

そんな時間を楽しんでいると 目の前に運ばれてきました。

まずは目で見てとても美味しそう!
そして飲み物の入ったカップソーサーが
白地にブルーの絵柄で 私の大好きな器でした。
どうして私の好みが分かるのですか?って聞きたくなる程でした。

それから20~30種もある器の中から
その方へをどの様にして選ばれているのか不思議で。
注文が入り 器を選ぶ瞬間をずっと見させて頂いていました。

a0255892_1212522.jpg

                     風景 その6
                     1960年代の イギリスのカップ&ソーサーです


やはり その時の空気感だったり 多分彼女に何かがおりてきていると感じました。
とても楽しそうに選ばれているのです。
時間を掛ける事もなく 瞬間にです。

“ ブラボー!! ”

勿論全てが自家製です。
パンもサクサク モチモチでとても美味しく
サンドしてある和風チキンもとても美味しく頂きました。

今回3日間を通して 私がときめき感動した唯一の出来事でした、
そして 私が幸せを頂いた時間となりました。

人は決して物では幸せにはならない。
そこにいる人と会い 語らい その空気に触れながら
だんだんと幸せを自ら高めてゆくのでしょう。

そこにDroguerieがあると思って頂ければ とても幸せです。


     ps.  少しだけきちんとした洋服展
          2月14日(木)~20日(水)

   立春を過ぎ 春一番を待ちこがれる日々です。
   この春も色々な人生のドラマが繰り広げられる事でしょう。
   私がより私らしく装う事が出来るオシャレを もう一度自分と語り合いましょう。
   MIYACOのレースを中心に 心ときめく春の素敵なひと時を過ごしてみませんか。

a0255892_12162727.jpg

a0255892_12165195.jpg
a0255892_1216407.jpg
















                       素敵なレースに ただただ見とれ
                       言葉もなく…やはり素敵



a0255892_1016871.jpg
a0255892_10162518.jpg
















                     ギャラリー青い草にて
                        春の気持ちの良い空間が生まれました


   おまけの一言
     今日はバレンタインだったのですね。
     素敵な恋 沢山生まれましたでしょうか。
     ときめくは 自分を元気にする一番の良薬ではないかと思います。
     実は 私も最近少し不足しているかも…。
     恋とは 男女だけとは限らず 仕事でも遊ぶでも何でもOK!!
     今日から頑張りましょうね。
     ファイト!!


                                    Droguerieの時間
                                          2013.2.14
by aoikusah | 2013-02-14 08:00 | 2013年1月・2月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/17304650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 芸術的なトゥモローランドの展示会 二度目のお料理教室 >>