会席を終えて…ふきのとうの苦み

年が改まり 初めてのイベント 会席が無事終わり
今はほど良い疲れと充実感で満たされています。
そこに とても幸せな自分がいます。

a0255892_1915781.jpg

                          前菜の四種盛り
                             黒豆の梅ぜりーのせ
                             大根と奈良漬の甘酢和え
                             菜の花のお浸し
                             ローストビーフのサラダ仕立て


昨年より献立が中々決まらず 一旦は決めるのですが
何故か納得していない自分がいて。
そんな事では 気持ち良くお招きする事は出来ないと…。
中途半端な気持ちでスタートしてしまえば 後悔するに決まっていますから…。

また構成を立て直す作業を何度となく繰り返しました。
ほぼ良くても 一つでも気になると全てのバランスが取れなくなってしまい
今回はいつもより献立に時間を費やしてしまいました。

しかしその間 食の事をずっと考えさせて頂いている訳ですから
とても自分の勉強になりました。

やっと本番の三日前に決定しました。
その結果が 今回の “ 新春の歓び膳 ” となりました。
今日のblogは 会席について書いてみようと思います。

今回は全部で20品目の献立となりました。
冬と春一番の食材を使ってのお料理です。
日本料理は季節で頂き 五感で楽しむものだと考えています。

a0255892_19184934.jpg

                               新春の歓び膳の献立


私も食べる事が大好きです。
食べる事で身体の隅々までが幸せで満たされる程
生きている実感を味わえる瞬間は 私の中ではかなり大きくて…。
なので 皆様にも同じ感動を味わって頂きたいと そんな想いで作らせて頂いています。

もし料理が苦手な方でも とても簡単な献立なので 
皆様が家庭で頑張って頂ければと思いながら運んでいます。

美味しい食事は人を笑顔にし 幸せにしてくれる大切な文化だと思います。
美味しい料理とは 豪華な食事ではなく 心暖まる食事だと思います。

食べて頂く方々を思い または自分のためでも良いのです。
何を作りたいかの目的を持って料理する事が大切です。

a0255892_19231848.jpg

                        しっかり味付けされたビーフ
                        沢山のローリエ ローズマリーに包まれて

a0255892_19221753.jpg

                        180度で45分 じっくりと焼かれ
                        とても美味しそうです
                        ローストビーフの出来上がりの瞬間です


栄養満点な粗食が 私は好きです。
家庭料理とは 旬の食料をひと手間かけてご馳走にする
これが優しい幸せな味となるのではないでしょうか。
そして それが代々受け継がれる家庭の味となり 母の味となるのでしょう。

食文化も 魚より肉を好まれる方が多くなっている様子。
調理法も 揚げ物や炒め物が主流へと…。
少し寂しさを覚えます。

昔ながらの食文化を見直しても?
“ 煮物 ” “ 煮浸し ” “ 和え物 ” “ お味噌汁 ”
そんな一品を食卓へと願います。

a0255892_19292426.jpg

                        それぞれに茹でられた旬の野菜達
                        これから それぞれのおだしに浸かります


私は食に対して こんな思い出があります。
子供が成長し 家から巣立ち里帰りする時に
子供たちが好きだった献立で張り切って料理しようと…

なのに 子供たちが何が好きだったのか自信がなくて 本人に尋ねると
“ おばあちゃんの… ” が食べたいかなぁって
まず一声がこれでした。

しかし 確かに私でもそう思うかもしれないと…。
ひと手間かけて大事に作られている料理は やはり誰が食べても美味しいのですね。
そして懐かしいまでの記憶として 他では食べられない懐かしい味として思い出へと…。
私も受け継いでいるかしら…。

今思えば 我家は子供中心の献立ではなく
大人中心の献立を作っていた事を思い出しました。
私は大家族で育ちましたので 子供の頃よりおばんざい的な
大きな器に盛られ あれこれと少しずつを沢山頂く そんな食卓で育ちました。

ですから 私も同じ様に沢山並んだ食卓が好きだし 今もそうです。
簡単な料理でも良いので 食卓の上が満たされていると幸せを感じます。
例えば トマトを切って
塩と胡椒とオリーブオイルで和えただけのサラダでも 一品となります。

a0255892_19321094.jpg

                           菜の花のお浸し
                           これからじっくり おだしに浸かります


決して贅沢ではなく 冷蔵庫の中やストックにある乾物などで作ります。
多分 今ある物で一週間は買い物しなくても
工夫しながら楽しい食卓が囲める自信はあります。
その工夫が知識力となるので 日々の食に対する努力は必要かもしれませんね。

食べる事が大好きな方々は 皆様大らかな方々が多い様な気がしてしまいます。
身勝手な解釈でしょうか。

私は欲に任せての食べ方を 今は少しだけ反省しています。
健康に長生きしたいと思う様になり 今は “ 腹八分目 ” の理想を念頭に置きながら…
しかし 本当に難しい格闘です。
ストレスを感じさせない程度にバランスをとりながら…?

この会席が 身体に優しい食事を もう少し深く考えてみる機会となれば幸せです。
そして 芽吹きだした “ ふきのとう ” の様に
春のほろ苦さと同じ様に…。

a0255892_1934699.jpg

                            芽吹き始めた ふきのとう
                            今日は天ぷらとして 春の目覚めを


ごめんなさい
今日は会席についてと初めに書いているにもかかわらずに 長々と…。
来週のお楽しみにという事で また詳しくお伝えさせて下さいね。

                                     Droguerieの時間
                                         2013.1.31
by aoikusah | 2013-01-30 19:37 | 2013年1月・2月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/17236540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 二度目のお料理教室 運命のお店を >>