人を思う気持ちに また彼岸花

今日も秋日和で すがすがしい一日となっています。
青空には鰯雲やちぎれ雲が 
風に吹かれてゆったり散歩しているかの様に見えています。
全てが のんびりと気持ちの良い時が過ぎています。

今日はとても素敵な出来事が。
人の思いやりにこんなにも心打たれた事は久しぶりでした。

お客様との出来事です。
いつもイベントの際はハガキを出させて頂いています。
そのお客様は来店されると
“ いつもハガキの文章に心ときめき ついつい来たくなってしまうの… ”
とおっしゃって頂きます。

a0255892_1329244.jpg

                      これまでのイベントのハガキを集めてみました
                      ごく一部を


でも来てしまうと いつも素敵などと おだてられ 
ついついその気にさせられてしまうでしょ。
でも いつもお洋服を着ていると褒められるのよ。
って とても楽しそうにお話して下さいます。

少しご年配の方(とても若々しく足取りもしっかりと。でもひょっとすると 母と同じくらい?)
気持ちもされる事も私よりもっと前向きで チャーミングな方です。
今回の来店は 少しだけ久しぶりでした。
“ お久しぶりです。お元気そうですね ”って声をかけました。

“ そうでもなかったのですよ!!体調を崩してしまって… ”
今日お会いした限りでは いつもと一緒でおしゃれされていて とても素敵に…。

その方が どのくらい魅力的かを 少しお話したいと思います。
とにかく沢山あるのですが 最初の印象に残るお話のひとつから。

a0255892_1332221.jpg

                         K様から頂いた写真 その1
                           たんぽぽの綿毛
                           綿毛に包まれ 風に乗りたくなりました


夏の暑い盛りの頃 
“ 少し暖かいコートはありませんよね ”って。
“ 少し寒い所へ旅をするので 何かあればと…。カナダの息子の所へ訪ねて行くのに。”

いつも ひとり旅。
チケットもパソコンで ご自分で取られると…。
すごいでしょ!!
私は驚いてしまって。
何ひとつ不安がある様子もなくて… 本当にスゴイ!!

そして こんな事もありました。
“ 今度コンサートがあり その時ウクレレの演奏をする事になったの…
  だから この前頂いたワンピースを着て出る事にしているのよ ”って。
“ ウクレレですか? ”
“ 少し船の上で習ったのよ ”
“ そんな船での教室って どちらで習われたのですか? ”
“ そうではなくって 船の中では時間がたっぷりあるでしょ ”

その瞬間 顔から冷や汗がタラって 少々恥ずかしくて
船での世界一周の旅でした。

“ 数ヶ月も船の上だと その中に色々と趣味な方がいらして その周りにサークルが…。
  教えて頂いたの ”との事でした。

a0255892_13363113.jpg

                        K様から頂いた写真 その2
                          島田川に群生する 松葉雲蘭
                          Droguerieの庭にも 春訪れます


こんな事もありました。
“ もうすぐヨーロッパへ。でも 血圧が高くて無理かもしれないの。
  家族からは“ 中止した方が… ”って言われていて ”
出発の2、3日前の話でした。
“ でも とりあえず成田まで行って 無理ならば帰って来る事にしているの ”って。

それから しばらくしてご来店になり
体調は全く問題なく 大丈夫だったそうです。
行きたいという気持ち 楽しむ気持ちが勝たれたのでしょうね。

私にお土産をと モンサンミッシェル教会のキーホルダーを頂きました。
こんなサプライズ 初めての事で とても感激してしまいました。
うれしくて うれしくて!!

“ どうしてですか( 何故私に )”
“ いつもお洋服を選んで頂いて そのお礼です ”
って言われたのです。
どこに行っても 素敵ですねって褒められるそうなのです。
“ 自分では決して手に取らないはずのお洋服を いつも勧められて
  でも それが素敵だと褒められているの。 
  だから いつも選んで頂いているでしょ ”って。

こちらこそ ありがとうの気持ちで一杯になりました。
それが年末の事でしたので つたない絵を描き 年賀状をお出ししました。
すると年明けに またそのお礼にといらっしゃって下さいました。
“ その年賀状を額に入れて飾ってあるのよ。
  孫の写真の横にね ”って…。
何だか申し訳ない様な…
まだまだ秘話は沢山あるのですが。

a0255892_13494191.jpg

                         今日のcafe'bon センターテーブルへ
                         庭で摘んだ草花を そして熟したぶどうの蔓


本当に久しぶりのご来店で
そして今回は ドキドキする程 される事に感激…
優しさにあふれた サプライズが…
“ 車の免許もこれが最後にしようかと思って
  すると ここへも中々来れなくなるでしょ。
  それに出かけるところもなくなれば お洋服もいらなくなるし ”
“ そんな事おっしゃらないで下さいね ”
そんなやりとりを…。

“ 今日は差し上げたい物があって ”と。

まず お庭で取れた栗を頂きました。
それも 皮がむかれていて 灰汁抜きまでされていて。
私も栗が大好きですが 皮むきが大変とわかるので。
“ すぐに食べられますからね ”って優しく言われました。

それから 今回のイベントのハガキの文章に 彼岸花の事を少し書きました。
“ あなたは彼岸花が好きらしいって分かったので 
  私の撮った写真を頂いてもらえないかしら ”って。
“ 写真ですか? ”
“ 上手ではないのよ。
  気に入ったらでいいのよ。無理しないでね ”って。

車まで取りに戻られて 戻って来られるのが小走りでした。
それにも少々驚いてしまいました。

a0255892_13412174.jpg

                        K様から頂いた写真 その3
                          今年の最高の彼岸花
                          こんな素敵な彼岸花は 初めてです


驚きました!!
一眼レフのプロ並み!!
B4サイズくらいに引き伸ばされている写真の数々…
“ この中で2枚でも3枚でも どれでもいいのよ ”

どれもが素敵で声にもならず
“ エェ…… エェ…… スゴイ!! ”
“ そんな事ないのよ。ただ好きなだけなの ”って言われて。
遠慮なく3枚頂きました。

その時に
“ 絵ならば 中々頂いたのに処分するのは気が引けると思うけれども
  写真は もういらないと思えば いつでも処分していただいて大丈夫でしょ ”って。

後の後の事までの気遣いに 完璧だと。
ここまで気を配られるK様は 本当に素晴らしい尊敬出来る先輩だと。

私もこんな風な年の取り方が出来るのかなって
学ぶ事が多くて。
だから私たち皆に もっと多くの事 お話聞かせて下さいねって お願いしました。

今回もお勧めした2枚のジャケットとブラウスを 楽しそうにお求めになって頂けました。
でも “ うれしいわね。また来たくなりますね ”って。

それから 切手も収集されていたらしく 今は手紙を書く方もなくてと。
切手も沢山“ 使って下さる? ”って。
コレクションなので とても素敵な切手ばかりでしたが
遠慮なく頂かせていただきました。

a0255892_1346442.jpg

                         K様から頂いた 切手の数々
                         大切な言葉を沢山添えて お届けします


こんな心温まる出来事
スタッフも一緒に感動していましたが 私もうれしく涙が…。

ひとりでも多くの方々に このシチュエーションをお知らせしたくて
“ blogに書いても大丈夫ですか? ”

“ いいですよ ”って なんのためらいもなく。

色々と詮索するのではなく 私もそうなのですが
ありのままの大切さ 人がどの様に理解するかの不安よりも 
今の自分の気持ちに正直に生きる方が とても楽だし 幸せ。

そんな人たちの中で過ごせる事に 感謝もしながら
こうして今している事の意味もある様な気がしています。

K様とは まだまだこれからのお付き合いをと楽しみにしています。

人を思う気持ちは何よりも素晴らしく それを相手に伝える手段は様々。
そう思うと 私はまた頑張りたくなります。

人の笑顔に触れるため…。

ps. K様から頂いた写真はDroguerieに置いてあります。

                                Droguerieの時間
                                    2012.10.18
by aoikusah | 2012-10-18 13:52 | 2012年9月・10月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/16586580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋 この時を 大好きなかぼす そして夕暮れ >>