大好きなかぼす そして夕暮れ

楽しみに待ちこがれていた秋
空気は冷たくて美味しく 澄みきった青空に深呼吸したくなります。

気持ちが良い!!

夜は星がとてもきれいに見えています。

先日も歩いていると どこからともなく甘い香りが…
そうだ 金木犀の香りだと気が付き 周りを見渡しましたが姿はなく…
こんな風に季節を香りで感じる。
しかも 幸せにしてくれる甘い香りで…。

a0255892_18284739.jpg

                         ぶどう狩りが出来そうな程に
                                    熟した房たち


私も最近知りましたが…
見飽きたかの様に 朝顔が今盛りを迎えていること
何故かなつかしさを思わせる 青紫色の花を咲かせています。

朝顔は 本来秋の花なのです。
10月になっても咲く花に 皆夏の名残りの花のイメージがあり
違和感を持ってしまいます。

そう思って周りを見渡すと 何故だか淋しそうにも見えたりと。
ひっそりと咲いている様に もっと堂々と咲いて大丈夫よって。
でも 私が思っているだけで 意外と気持ち良く咲かせているのかもしれませんね。

秋の味覚といえば 色々とあります。

私の大好きなかぼすが やっと旬を迎えます。
6月頃からも出回っていますが 温室育ちでまだ水気が少ない。
10月に入って ようやくみずみずしくなり 
ギュッて絞ると 爽やかな香りと同時に 飛び散る果汁。

やはり秋刀魚でしょうか。
秋の代表の魚ですものね。

かぼすの香りが大好きなので あらゆる料理に添えてしまいます。
白身のお刺身 天ぷらも かぼすと塩で頂きます。

この様に 食欲旺盛で 私はとても元気なのでしょう。
今日も美味しく頂きそうですし。
目の前に広がる秋の食材に ついつい心奪われてしまうのです。
本当は 少しダイエットした方がいいのに…。

a0255892_1842947.jpg

                        エバトカクコ作 (東京在住)
                          素朴な表情に癒されます
                          ミニギャラリー開催間近 お楽しみに


テラスの山ぶどうが 実りの秋を迎えています。
イベントの時に 幾度となくドウダンの木を送って頂いた木の枝を
ぶどう棚へと組み立て 毎年楽しんでいます。

今 オープンテラスにしています。
気持ち良くて開放的で すぐにテラスに出られる事もあり 外でカフェされる方が多くて…。
今日も沢山の方に 可愛いって見て頂いています。

小さな房が 青からぶどう色へと変わっていく様は とても愛おしく
毎年沢山の実をつけてくれて 私たちを楽しませてくれています。

お客様より “ 見てみて ワァー可愛い!! ” なんて言われると
ついつい一房 “ お家で飾って下さい ” って差し上げて。
幸せは皆で分け合えばいいですよね。

a0255892_1831366.jpg

                        青からぶどう色へと変わっていく様
                                      小さくて愛おしい


普通のぶどう房の 10~20分の1くらいの大きさなので 本当に小さく
でも ぶどうなのです。

時々鳥たちが食べたいのでしょうね。 来ています。
沢山あるので “ どうぞ ” って言ってあげたいのは山々ですが
目の前でされると 頑張って大きく成長した山ぶどうに対し
“ 駄目!! ” って気持ちで見ています。

でも 自然の摂理からすれば 
鳥に食べてもらい フンで種を落とし 新たな命を誕生させる
森の中では循環されているのでしょうね。

持ちつ持たれつの精神ですね。
今の私たちにも とても大切なあり方ではないでしょうか?

昨日はとてもうれしい事がありました。
お客様が 先日のお礼を言いたくてと来店されました。
さっそうとブーツを履き お出掛けされ 
その時お友達より素敵!!って褒められたそうです。

a0255892_18332390.jpg

                              今日入荷しました
                               カジュアルな服装に


今年も秋冬のおしゃれは絶対にブーツを履いて頂きたいと提案しています。
脚が出せない多くの方々 私もその一人でした。

でも ブーツが細くて履けないと不安があり 
トライしてもファスナーが途中までしか上がらなくて…
恥ずかしくて悲しくて
そんな思いを幾度となく…。

その方も そのお一人でした。

私を信じて  大丈夫ですから…
その方の気持ちは 私も一緒…手に取るようにドキドキ 不安が伝わってきます。
でも 履けました。
鏡の前の自分は どことなく勝利の笑顔となり とてもうれしそう。

そんな方が何人かいらっしゃいました。

“ 私は一生ブーツは履けないと思っていました ”
“ 人生が変わりそう ”
“ スカートが履ける ”

a0255892_18354820.jpg

                         軽くて履きやすく  
                         モカベージュが 優しい装いに導く


などと 美脚の方々には理解しずらいかもしれませんが 
そのくらい大きな幸せを頂けるのです。
コンプレックスを持たない方はいない様ですが…。
誰から見ても素敵で…そんな方でさえ “ あるわよ!! ” って言われます。

つまり 世界にひとつだけの花 ひとりひとり違う種を持つ…一生懸命になればいい
大好きな歌詞です。

私のおしゃれの基本は 流行も関係なく
自分自身を自分で認める事から始まると思っています。

上を見ても下を見てもきりがなく 今の自分が最高になる様に努力する事が大事だと思っています。
やはり 努力している方たちは とても輝いて見えます。
だって 自分が頑張って勝ち得た財産ですから。

a0255892_10562548.jpg

                            夕暮れのカフェ
                            私の一番好きなアンティークの灯りが 
                            漆喰の白壁に陰を落とす


そのお手伝いを私たちはさせて頂いていると思っています。
DroguerieはDroguerieらしく 私は私らしくが一番心地よくて
無理せず 素敵に…。
皆様と一緒に 幸せ捜し出来ればと思っています。

先日夕方 スタッフと庭の草取りを…。
空があかくなり始め 久しぶりの夕焼けに 感動の日暮れのシーンを頂きました。

絶品!!

a0255892_18385561.jpg

                             眩しい程の夕焼け
                              海に沈む夕日をただただ


空も海もがオレンジ色に燃えていました。
太陽が地平線から姿を消すと 空が七色へと変化して
絵画のごとく 絵の具の見本を見ている様です。

パレットの中で 私はこんな色出せるかなって…。

絶対無理!!

全てが偶然から生まれる 自然界のあり方
一度たりとも同じはあり得ないのではないでしょうか。
とすると 今の私たちも同様です。
今の空気は今しか吸えないし 明日はまた明日の…。

今を この瞬間を大切にしたいですね。

燃える夕日に ありがとう と感謝の気持ちで一杯になりました。

                                     Droguerieの時間
                                          2012.10.11
by aoikusah | 2012-10-11 18:47 | 2012年9月・10月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/16564347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 人を思う気持ちに また彼岸花 天草 南阿蘇の旅 >>