秋一番に燃える景色

やっと迎えた秋本番ですが 
皆様にはいろいろと秋の予定が決まっていらっしゃいますか?

この時期 日本の景色には欠く事の出来ない風情ではないでしょうか?
山の木々が色づき始めています。
先週登場した栗の木のイガグリたちも 緑から茶色へと そして美味しい栗の実へと成長させています。

この毎年の繰り返されている その季節
幾度となく感動を頂いています。

a0255892_1746099.jpg

                            白い彼岸花 
                            母の庭に毎年咲き続けて


私たちも同様 日々の繰り返しをしているのですが 昨日より今日 今日より明日と
健康でより楽しめる様に頑張りたいですね。

私の秋の予定の第一陣は スタッフ皆との社員旅行で 29日(土)30日(日)とで
熊本の天草と南阿蘇に出かけてきます。

皆揃っては久しぶりな事
私はうれしくて とても楽しみにしています。

いつもスタッフに天草や南阿蘇の感動の出来事を伝えていました。
皆とても “行きたい!!” とつのるばかりらしく…
では 今年の社員旅行は皆で行ける熊本に決定しました。

ですので 2日間はお休みさせて頂きます。
皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。

a0255892_17493632.jpg

                          久しぶりのショータ君
                          朝なのに 眠くて仕方ない様子


急に2ヶ月前程に決定しました。
まだまだ先の事と思っていましたが ついに明後日となり
スタッフの興奮は抑えがきかない様子で その話になるとニタニタと。

久しぶりに参加できるスタッフは “どうしたら にんまりが抑えられるか大変です…”
なんて声を聞くと 私までがうれしくなってしまいます。

後は天気が心配です。
皆が てるてる坊主を作りますって言っていて
なんて素朴で素敵なのかしら。

そういえば 子供の頃はよく作っていた事思い出しました。
大きいのをひとつ…小さいてるてる坊主は沢山屋根の軒につり下げた記憶があります。
とても楽しみにしていたのでしょうね。

絶対晴れて!!って思いで。
ドキドキ ワクワクしていたのでしょう。

a0255892_17532216.jpg

                              ショータって声を掛けたら
                              見つめてくれました


そんな純粋な気持ちでの楽しみにしている事…
私には最近ないのではと 一抹の淋しさを感じてしまいました。

あわただしく追われている毎日の生活の中に 
計画的に休息を取らなければストレスが溜まってしまうから…
そんな思いで出かけている様な…。

それでも いつもと違う時間や空間に自分を置く事の意味は とても大きく
私にとっては 自分の今ある場所が客観的に見る事の出来る ひとつの過ごし方となっています。

そして 旅での発見や出逢いも沢山あります、
小さな草花を見たり 人の優しさに触れたり その場所々の空気を思いっきり吸ったり
美味しい物をいただいたり 他人の笑顔に触れたりと…

旅はいいものですね。

2日後の皆との旅は どんな事が待っていてくれるのでしょう。
私が大好きな場所へ 一緒に行きたくて 見せてあげたくての旅の始まりです。

旅については次回のblogでご報告しますね。
どんな珍道中になるのか とても楽しみです。

a0255892_17581516.jpg

                             秋空に向かう彼岸花
                             優しくもあり 激しくもあり


昨日 とてもうれしい事がありました。

Droguerieのお客様が体調を崩され 入院されていらっしゃいました。
その方より 突然お電話があり その声の元気な様子に本当にうれしくて
しかも週末に退院されると…

そして電話の内容が やはりすごい方だと感動したのが
病院の売店で雑誌を買われたそうです。
その中に載っていたジャケットが入荷してる?って…
そして 今しているB.stuff展のハガキに写っているBagは まだある?

この前向きさに とても大きなパワーを逆に頂きましたが
ここまで言えるまでの 自分との格闘を思うと 涙が…。

やはり素敵な方は どんな状況にいても素敵なんだと思いました。
私もそんな方々に力を頂いているのだから 
もっと頑張らなくてはと 強く心に受け止めて。

おしゃれが大好きな方にとっては お洋服は魔法なのです。
自己満足の世界なのですが それが出来ている事で いつも笑顔でいられますし
ポジティブにもなれるのです。

そんな術を知ってしまうと より深く追求したくなります。
その為に 作家の方々も自分と戦いながら まい進出来るのでしょう。

皆 その出逢いを求めながら 
私はお洋服は着飾るのではなく 心で着るものだと思っています。

皆さま お待たせいたしました。
ついに我が庭 室積にも彼岸花が咲きました。
彼岸にやっと間に合いましたかの様に 
とても不思議です。

a0255892_1811084.jpg

                             土手一面の彼岸花
                             共に歩いているような


やはり浄土の道に導かれるかの様に咲き 幻想的ですね。

まだまだ咲き始めたばかり。
これから しばらくは畦一面を真紅に埋め尽くすでしょう。

秋一番に燃える景色…
彼岸花

                                     Droguerieの時間
                                         2012.9.27
by aoikusah | 2012-09-27 18:03 | 2012年9月・10月 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/16436643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-10-03 23:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 天草 南阿蘇の旅 彼岸花に出逢う >>