生命力…やはり鱧

昨夜は久しぶりにゆったりとした気持ちで眠りにつく事が出来ました。
2ヶ月余り 18日から始まる会席が満足いく献立にならなくて
毎日24時間 頭から離れずにいましたから。

昨日やっと決定!!

a0255892_15495340.jpg

                           cafe' bonのテーブル席から見たテラス
                           秋を少し感じてしまいます


もう時間もなく 今ここで決めなくては
自分の精神状態もかなりキツクなるしと思っていましたので。
料理はとても楽しいものだし大好きなのです。
しかし 皆さまに予約をして頂いてまで食べて頂く訳ですから。

座られた瞬間 待って頂く時 ひと皿目を置かれた瞬間 ふた皿目を…と
そして食べ終えてから

“おいしかった…”

この流れを自分なりに求めているので。

勿論 私なりの力の限りではありますが
楽しんで頂きたいと思う気持ちは かなり強く。
これが 今自分で出来る事の最高で望めれば 一番の喜びとなります。
日常の旬の食材を使い 暑さに負けない今の季節にうれしい献立となりました。

膳の献立は当日のお楽しみとしておりますので 今はお伝え出来ませんが
次々回(23日)のblogで 献立と簡単レシピをお知らせする事にしますね。

a0255892_15535018.jpg

                           お客様より頂いた一枝に
                           熟しゆくブルーベリーの実が


でも少しだけ…。

魚は地元の鱧と鯛を使います。
地元の鱧は全国的にも有名らしく。

夏の魚といえば やはり鱧です。

鱧は味わいのある魚で「魚」偏に「豊」という字を当てています。
流通事情の悪かった その昔 瀬戸内から京都まで 魚を運ぶのに
唯一生きて届くのが鱧だったといわれる程 生命力が強い魚なのです。

栄養補給の夏の魚として 関東はうなぎ 関西では鱧といわれています。
鱧は生命力が強く 顔もごつく 人相も悪い魚ですが
白身で味はとてもデリケートな魚です。

a0255892_15592891.jpg

                           採れたての旬の野菜が
                           和風だしの中に ゆっくりつかります


小骨は一尾に840本程もあるそうです。
鱧の骨切り包丁が出来たのは 室町時代。
そんな昔から美味しく頂く為に 努力があり 歴史があるとすると
是非夏に食べておかなければいけない魚だと。

そして それが食べられる環境にいる自分に感謝ですね。

私は 鱧の湯引きをわさび醤油で頂くのが大好きです。
とても淡白な味ですが 旨味があり上品ですね。

今回 会席では天ぷらで頂きます。

a0255892_1611941.jpg

                          夏の生の野菜たちを小さく刻み
                          お塩で それぞれの旨味を引き立たせて


それから…

いやいや これだけでやめておきましょう。
お楽しみがなくなりますから。

こうして食にかかわっていると
少しですが学ぶ事も多く 普段に知らずにいた事が沢山ある事を知ります。
今までになく充実する自分を感じます。

ひとつの事にチャレンジし 課題も多く難しい程 
得るものはやはり大きいと思わされます。
そんな時間が過ごせた今回も とても楽しかったと感じています。

後は本番のみ!!
スタッフと一緒に 皆様の笑顔と出逢える様に頑張るだけです。

a0255892_167386.jpg

                         B.stuff 大人気のメッシュシリーズ
                         秋色新色シナモンが とても優しく
                         ほのかに香りもしてきそう


皆様に沢山の声をかけて頂き 始まった会席ですが
私もただただ食べる事 作る事が好きなだけ

a0255892_1612112.jpg

                        この写真を見た時  全ての表情にくぎづけになり
                        職人さんたちのこだわりが 
                        改めてバッグに触れたくなりました 


そんな料理を心待ちにして下さる方々
反対にエネルギーを頂いている気がしています。
だからこそ 精一杯のおもてなしが出来る様にと 思いがつのります。

この残暑の中 来店して下さる皆様へ
私たちの心が届きます様ように。
食べ手も作り手も同じ空間で 一緒に楽しみたいものです。

少しだけ余裕が生まれたのか その日がとても待ち遠しくなってきます。
もう少し 予約もアキがあります。
是非一度 一緒に楽しんでみませんか?


                  晩夏の涼膳

           8月18日(土)19日(日)20日(月)
               11:00~14:00

            予約限定 1日20食  ¥2100
                    


                                       Droguerieの時間
                                             2012.8.9
by aoikusah | 2012-08-09 16:21 | 2012年7月・8月 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drogueriei.exblog.jp/tb/15937740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夢を摘む 森の中 孫から教わる笑顔 >>